ソートンを無事、ダルハンの一時預かりの里親一家に送り届けてきました。
いやぁ、すっとびましたよ。
時速120kmくらいでぶっとばすんですから。

幸い、アイスバーンではなかったし、ウランバートル-ダルハン間の舗装道路は状態がいいので、そんなに怖くはなかったけれど。

山や草原が真っ白でキレイでしたが、あまりにかっとんでいたので、写真は撮れませんでした。

11時に家をでて、ブンブグル食料市場でソートンの1か月分のえさになる、蕎麦の実と粟を5kgずつ、内臓と羊のほほ肉などのミンチを詰めた袋10kg分を購入してから、一路、ダルハンへ!

3時間弱で到着し、ソートンを預けて、かわりに友人の弟君がウランバートルで出稼ぎするのであいのりしたい、というので乗せてあげました。

ひゅーん!と走りまくり、なんと6時半にはウランバートルに到着です。

最後にダルハンに行ったのが10月上旬だったのですが、それからまた道路の料金所が増えていました。
片道220kmの舗装道路で、往復2000tg。納得いかないぞ、往復って、、、。

それにしても、ウランバートルの煙はすごいです。
田舎の清浄な空気をたっぷり吸い込んだ肺が一気に汚染された気がします。
石炭臭い・・・。目がしみる。

こんなところで毎日住んでいられるって、やっぱり慣れは怖いなぁ。

喘息にならないように気をつけなきゃ、、、ってどうやって気をつけるんだ?
AD

これからダルハン

テーマ:
来週からモンゴルの鉄鋼の街・ダルハンでのお仕事です。
いつまでになるのかよくわからないのですが、2月は、ダルハンで過ごす時間が長くなりそうなので、一足先に、パートナーのソートン(ジャーマンシェパード5歳オス)を友人宅にあずけにいってきます。

去年は、すっかりお世話になっちゃった、バヤンウルギーアイマグ出身のトゥバ族一家。
私の留学時代からの友達だから、かれこれ20年弱のつきあい。
子供2人と私の同年代夫婦と、彼らのそれぞれの弟や妹とにぎやかな大家族でソートンも可愛がってもらっています。
広々とした庭がある、手作りのログハウスです。

まずは、食料市場でソートンの1ヶ月分の肉と穀類のえさを調達してから、一路ダルハンへ!
舗装道路ができたから、乗用車でも3時間半から4時間くらいでいけるので、日帰りも可能になりました!
AD
仕事が始まる直前は、いろいろ雑事が増えて、緊張することが増えます。
体が硬くなって、首や肩や腰、日頃からコリやすいところが、がちがちになってきます。
室内が15℃前後で、屋外が-20℃前後っていう、温度差35度って、衣類で調整していても、知らないうちにストレスがたまるだろうし。

最近は冷え性は女の敵っていうし、とお風呂も長めに入ったり、ホカロンやホッカイロみたいな携帯回路をお腹や腰に貼ったり、リンゴ酢を飲んだりと、体を温めるのによい、といわれるものを、いろいろ試しています。

お酢をお湯でわって飲むと、鼻につんとくるけれど、少しずつ、コクン、コクンと飲んでいくと、なんとなくお腹から指先まで、温かさが広がっていく気がします。

体を温めるというのは、なんというか、ゆっくりと優しさが全身をめぐってくるイメージ。

-30℃を下回る寒さになると、羽毛コートやオーバーズボンなど完全防寒防風装備で身を固めていても、1時間ほど外出していると、太腿やお尻、腰、足先などがキーンと冷え切ってしまいます。

お風呂に入るのが一番いいけれど、お湯が断水しているときも多いから、足湯でまずは体をあたためます。
お湯が出ているときは、外出前に、バスタブに半分くらいお湯をはっておきます。
我が家があるアパートは、お湯用の再加熱用の熱交換ボイラーの近くにあるので、水圧が十分なときは、60℃前後のあついお湯がじゃんじゃんでるのです。
逆に水が出なくなっちゃうときもあるから、半分くらいお湯をはって、2-3時間放置しておくと、お風呂の適温になっている、という作戦。

眠るときは、最近は羽毛シュラフと湯たんぽを導入。
これ、最強防寒睡眠対策です。
やっぱ、化繊に比べて羽毛シュラフの温かさは段違い!軽いのに、えらい!

怒りっぽくなっているときは、自分の体が硬くないか、チェックします。
カチカチにこっているときは、毒づくまでにストレッチや柔軟体操に深呼吸をしてみます。

寒いモンゴルだけじゃなく、日本でも試してみると、ちょっとストレス改善になるかもしれません。
AD