アニバーサリー男

テーマ:
大掃除の最中、ずーっと、眠り続けていた父が目覚めた。
クリスマスは、彼は大学1年生から定年退職+1年まで、ずっとベートーベンの「第九コンサート」に動員されていて、家に帰ってくる頃には、かなりお疲れモード。
ケンタッキーフライドチキンあたりのスモークチキンかなんかを帰宅途中に購入してくる、くらいでそれほど盛り上がりません。バリバリのカトリック教徒のわりに、ほんと、質素なクリスマス。

定年退職してからの父は、ほんと、「涅槃に入っちまうんじゃないか」っていうくらい、自堕落な生活。
寝大仏のようです。
夜中ずーっと、撮りだめしているサスペンス劇場のビデオを見続け、朝刊をとってから、就寝。
昼間ずーっと眠り続けて、夕刊到着の頃、目覚める。
父の仕事は、新聞を取ることくらい。

このままでは、長生きできそうにないけれど、別に本人は気にしていないようです。

そんな父が、1年に1度張り切るのが、12月30-31日。
角松を飾り、おせち料理を作る頃。

なぜか、正月、元旦というものに対しての情熱がなみではないです。
年賀状も書かないくせにね。お年玉もさしてくれなかったのに・・・。

アニバーサリー男。

おせち料理の中でもお得意は、魚介類系とローストビーフ。

今年は本日30日の夜11時まで、眠り続けていたから、ないのかなー、と思ってたら、先ほど、アメトークが終わりにさしかかったあたりから、ムックリ起き上がり、現在、ローストビーフ制作中です。

ブリとタイとエビなどの調理は完了した模様。

ぐうたらなわりに、料理はかなり手際がよく、お得意なのです。

父がテンションが最高潮になるのは、大晦日からのカウントダウン。

年越し蕎麦と元旦の雑煮に、人生のすべての情熱をかけちゃうのかなぁ。。。ってくらい張り切ります。

雑煮もそれなりに美味しい澄まし汁系なのですが、年越し蕎麦を食べ終わったとたんに、「モチは何個焼くか?」と早くも「雑煮モード」に入られるのは困ります。

そして、脂ノリノリ、ぎっとぎとのブリの切り身が入るのが私は苦手で、苦手だっていうのは、もう30年以上言い続けてるんだけど、父はかたくなに出世魚のブリを入れています。

弟はこの雑煮を食べるのを拒否って、なんと中学3年生(だったかな?とにかく中学生になってた)で、友達と一緒に初日の出を見に行く前に、父親に激怒されて、大粒の涙をこぼして、ひぃひぃ泣いてました。
そんな弟も今や立派な妻子持ち、マイホームをゲットした立派な日本男児です。
やっぱり、弟も正月は気合が入るようなので、我が家の父系のDNAにインプットされ、父になると発動するようになっているのかもしれません。
雑煮にブリが入っているかどうかは不明だけど。

男の人って「一年の計は元旦にあり」って大事にする人、多いんですか?

ともかく、味見した感じ、ローストビーフは大成功だったようで、おおはしゃぎしている声が階下で聞こえております。

昔「アニバーサリー女」というネタがありましたが、我が家の女は、年中行事にはいたってクールなので、男が行事に燃えております。

AD
びっくりしても「ウォッ」って叫ばないようにします。
「うひゃー」ヽ((◎д◎ ))ゝ、も封印します。

ってことにしたら、いったい、どうやって驚けばいいんだ?
AD
 500円以内で友達にプレゼントをするなら何? ブログネタ:500円以内で友達にプレゼントをするなら何? 参加中
もう2008年も残すところ2日。ありゃりゃー。こんなぐだぐだな年末でいいのか?
いいんです!

「500円以内で友達にプレゼントするなら何?」というお題。
デフレで、あらゆるものがお安い日本ですが、500円って、都会で外出すると、なんかぶらぶらしてるだけでもあっという間に、500円硬貨、なくなっちゃいませんか?
東京は空気吸うのもお金がかかるのか?

民主化が始まったばかりのモンゴルで、「敵国」日本についてのトンチンカン情報の中に、「日本は大気汚染がひどくて、空気の缶詰を吸って暮らしている、というのは本当か?」とよく確認されたものです。
空気、有料・・・。ガーン

こういうことが信じられてたのは、高度経済成長期からの公害問題が大袈裟に報道されていたからでした。今や、世界の首都としては1,2位を争う大気汚染国となってしまったモンゴル。
おまいらこそ、「空気の缶詰、大量購入の必要ありだぜぃ!」
草原や針葉樹林帯のフェトンチッドとマイナスイオンたっぷりの新鮮な空気をぎゅっと圧縮缶詰にして、500円くらいで売ってほしいもんです。冬のウランバートルで。

きっとバカ売れすることでしょう。

さて、500円といえば、モンゴルでは、今1円=14トゥグルグくらい。10月が10.5tgだったので、なんかすんごい円高。円に対しては弱いドルも、外貨不足のモンゴルではブイブイ言ってます。
なので、今、モンゴルに500円持ってけば、結構、いいもん、、、買える?

いや、これが買えないんですわ。大したもん、かえない。
そもそも、「ちょっと外国人ウケのよいもの」になると、原価が100円程度のものも、ふっかける、ふっかける!市場経済ってすごいなぁー( ̄□ ̄;)!!

なので、旅先でのお土産購入が好きな私にとっては、結構、ツライ国です。
100円程度のものはちゃっちいし。
500円程度となると・・・。

プレゼントってインスピレーションなので、義理土産といわれるプレゼント購入は苦手。
誰に買うかっていう対象が確定していないと、ほんと、わけわかりません。
大量買いすると、10個くらいでも、モンゴルでは、結構な大金になっちゃう。
タイやマレーシアではすんごい大人買いができるのにね。
モンゴルってほんとに、発展途上国?被援助国なの??ってくらい物価、高いっす。

今年はフェルトグッズがお気に入りの大人買い対象でした。
ゲルのオーナメントとか、携帯ストラップ、ピアスなんかは、200円くらいで買えちゃう。
でも、昔は500円程度だったフェルトスリッパが今や3倍以上!
日本でも、ちょっとしたスリッパでも2足1000円くらいで買えちゃうのにね。
モンゴルの価格感覚はよくつかめません。

最近はあんまり購入してないんだけど、アルヒというモンゴル産の38-40度くらいのウォッカは、400円前後で結構いいのが買えます。

日本での500円の価値っていうと、100円均一のところで、消費税5%がついちゃうから、500円÷105円/個で、4点買えるかぁ。

モンゴルでの500円は、500x15円=7500トゥグルグ。消費税に相当する付加価値税(VAT)が10%。6750トゥグルグ・・・。

韓国料理屋さんで、汁物の定食(キムチチゲとかユッケジャンとか)を頼んじゃうと1人前で終わっちゃうな。

日本で買える500円のものって、ほんとササヤカでプレゼントって感じにはなりづらい。

なので、とりあえず、「遠いところから」っていうモンゴルのウリを活用して、かわいい小物とかを買うのが、ベターチョイスですね。

それにしても、、、世界的な不況、来年はどうなっちゃうのかな?

500円が素敵な価値を持つように、お金を大切に、かつモノの価値を自分なりに見極められるようになりたいもんです。

AD