ロボぴちょんくん トラバキャンペーン参加中!

モンゴル国はついに日中も氷点下に突入だそうです。
厳寒期用の防寒装備をぜーんぶモンゴルにおいてきてしまった私は、モンゴル復帰がすでに億劫になっています。
愛犬・ソートンが待っているという事実さえなければ、もうこのまま日本に永住したいほど、この国、快適です。

さて、私にとっては、ミストサウナで暮らしている!と思うくらいのしっとり感あふれる日本の空気ですが、それでも、大和撫子のお肌には、これからカサカサ乾燥シーズンなんですね。

エアコンでカサカサになるなぁ、と思ってたけど、そっか、暖房でもなるんですね。

ロボぴちょん君は、部屋にうるおいを与えながら空気洗浄してくれるんですって。すごいなぁ。
モンゴルにあったら、すっごい人気者になりますね。

とにかく冬の空気がきたないウランバートル。
乾燥かっさかさになる集中暖房。

環境にも優しいんでしょうね。

退治してほしいもの・・・
ついでに腹黒いモンゴル人の欲得で渦巻いたどすぐろい陰謀を一掃していただきたいです。
人間関係にもうるおい、ほしいです。

金が動かなければ、目の前の石ころひとつ、動かさない、とすらいわれる市場経済化によって、労働対価をすべて金計算、といわれても過言ではない、くらいすさまじい人もいるのは、とてもさびしいことです。

ただ働きを強要っていうわけではないけれど、90年代のモンゴル人はもっと無償で人助けをすることを当たり前って見返りを期待しないでも、反射神経レベルで困っている人を助けてくれてました。

「ありがとう」とか「ごめんなさい」って言葉、今はしょっちゅう聞くけれど、90年代では、どちらの言葉も滅多に使いませんでしたね。

それは、別に傲慢だからってことじゃなく、当たり前のことをしている「お互い様」の親切に、いちいち「ありがとう」っていうのは水臭い。
お礼がほしくて動いているわけではない、というモンゴル人の優しいプライドがあったから。

逆に「ごめんなさい」についても、騎馬民族のプライドですね。
自分は絶対、悪くない。
謝ったら、命を取られても文句をいえない、くらいの状況以外は、自分の非を認めない。
相手に許しを乞わなくても、友達なら許すのが当たり前だし、許せないなら、もう友達じゃないから一生袂を分かつ、というきっぱり感がありました。

いずれにせよ、日本人の私にはなじまない風習ではありましたが、当時のモンゴル人の誇り高さは、何かすがすがしいものがありました。
かっこいい!って。

最近は、「ありがとう」も「ごめんなさい」も日常会話でよく使われるようになりましたが、逆に、せちがらくなっている気がします。

ぴちょん君、モンゴルにも、日本の麗しい人間関係の潤いと、クリーンで親切な助け合い精神をもたらしてくださいな。
AD
あーしたかーら、沖縄、沖縄、おーきなーわー音譜

るるるるーん、と浮かれまくっています。

準備、全然、できません。
がらくた荷物候補だけがたまっています。
ぜったい、重大な忘れ物、しそうです。

パスポート、、、いらないんだよね、そういえば。

飛行機乗るのに、パスポートいらない旅、、、何年ぶりでしょう?
すっごい不安なんですが・・・。

案の定、控え目55ℓザックにしたのに、パンパンです。
そして、ビデオの三脚入れるの、忘れました。

着替え、どれだけいるのか、わかりません。
手持ちがないので、その辺は安心・・・。
スタッフ資料がえらい騒ぎで飛び交っていて、これ、全部、プリントアウトしていくの?と思うとびびりです。

デジカメとビデオカメラと現金さえあれば、あとは実はどってことないんでねぇの?という気もしています。

イベントのあと、どこにとまるか、決めてません。

でも、そんなことはどうでもよくって、お祭りだから、浮かれてます。

結局、モンゴル行くのも、沖縄行くのも、1週間すぎる旅だと荷物、一緒?
AD
運転免許証の更新のため、安全講習を受けている最中に、どうやらモンゴルより電話があった、らしい。
家でゴロゴロしていた年金生活者の父親が、モンゴルからのにくさんからの電話を受けて、帰宅後にその旨を伝えられ、大パニック。

にくさんの携帯、通じない!

母も父もかなり心配。

「ちょっと、にくさんの声の調子とかどうだった!」と母、詰問。

「会ったことない人だもん。声の調子なんかわかんないよ」と父。
ようやく、電話受付ができるようになったばかり。
相手の名前をちゃんと記憶していただけでも上出来、としなければいけない事務能力ゼロの男です。

授業中で連絡がつかないのか!

ソートンは先週末にテレルジに送り届けられたはず。
事故にあったか?誘拐されたか??

もうパニックです。
トムに続き、ソートンにまで私の不在中に何かあったら、もう精神的なショックは大変なものです。
だからといって、今回の一時帰国もリフレッシュ含め、今後の活動の転換期となる重要な期間なので、中途半端に端折ることはできません。

だから、他人に預けるんじゃないわよ!みたいに母親に攻め立てられて、もう意気消沈。

国際電話っていうんだから、緊急事態なのです。

はやく出てくれー、にくさーん!!
半分涙目。

やっぱ、他人に預けてはいけなかった。
仕事がダメになっても、自分がボロボロになってもソートンと離れちゃだめだったんだ。
どよーーーーーーん・・・


ようやく30分後くらいに、にくさんと連絡がつきました。

実は、私の出発前日に電話料金二重取りの請求書がきて、支払わないと裁判所に訴えるなどと脅されたので、その関連書類をにくさんに、私の担当弁護士のところへ届けていただくことをお願いしていたのですが、弁護士、いないわけですよ。

15日に電話局に出頭しなきゃいけない話だったのに、地方出張だとかで不在でですね。。。
ちゃんと顧問料の前払いまでしてやったというのに、私がいなくなった途端に、手を抜くから、ほんと困ったもんです。
はやく、会社のゴタゴタを解決してしまいたい・・・

結局、にくさんが弁護士事務所の場所を確認しようと電話をかけてくださったことが判明して、へなへなとひざの力が抜けました。

はやく1月中旬になってくんないかなぁ。
もうソートンと離れ離れになるのはやめよう、と心に誓ったのでした。

にくさん、ほんとお忙しい中、ご足労いただきまして恐縮です。
今となっちゃ、にくさんだけが頼りの私とソートンですので、なにとぞよろしくお願いしますですだ。
AD