青い小鳥に誘われて、やってみました、「新月の願い事」。

ほんとかなぁ?って半信半疑だったのですが、なぜか今日は、「特別な新月」を感じたので、やってみることにしました。

「新月の願い事」というのは、ジャン・スピラーという占星術師の方が提唱しているアフォメーションの一種なんだそうです。

やり方はいたって簡単なのですが、私の愛しい青い小鳥は、この方法で願い事がバンバン叶って、まるでわらしべ長者のごとく、幸せ街道まっしぐらってな感じなのです。

口から出ること全てが肯定的で、もう確信に満ち溢れた幸せオーラが吹き出ているので、こちらまでついつい幸せになっていく、という強烈な幸福引力・・・。
こういうハッピーな人の近くにいるとき、自分が「うまくいってないな・・・」なんて思っちゃうと、自分の心の底にある幸せまでも、ハッピーピープルに引き寄せられていってしまうので、負けずにガンガン、幸せをジェネレートしていかなければいけません。

やり方は、インターネット検索するとすぐに一杯出てきますが、どれも書いてあることは似たようなこと。
本の引用だからなんでしょう。本家の本を紹介しようと思ったのですが、やはりパソコン不具合でアマゾンのアフィリエイト機能が使えないので、それは後日。

でも、今、ちょうど新月の願い事をするための絶好調な時間帯なので急いで更新です。

やり方は下記の通り。書き込むシートは、専用のものがインターネットでダウンロードできます。
やり方などの詳細を紹介しているHPはいっぱいありますが、私がわかりやすくてオススメ!と思ったのはこちらです↓
「新月のデクラレーション」http://homepage2.nifty.com/froms/declaration.htm


今月はてんびん座の新月だそうで、願い事はこんなことに適しているんだそうですよ。

 ★パートナーシップ関する事 (結婚、共同事業)
 ★バランス・調和・平和に関する事
 ★社交性に関すること
 ★交渉に関する事
 ★贅沢に関する事(気品・洗練・エレガンス)

 体の悩みや病気は、尻部、腰、腎臓、膀胱の病気や不調に
 とても効果があります。


お願い事の仕方にはちょっとしたコツがあるのですが、まぁ、それはベテランの方々のホームページでも見ていただくとしてw

ともかく、全て、自分を主語に、肯定的な文章でハッピーになった自分をイメージしながら、完了形や進行形=「なりました。」や「なります」「です」といった断定的に書くという。

これって、面白いなぁと思ったのは、日本人がお願い事をするときって、「・・・なりますように」っていいますよね。

モンゴル人のお願い事って、「・・・になることを願ってお祝いします。」みたいな言い方をするんですわ。
お祝いの言葉じゃなくっても、「・・・になります」、「・・・します」という感じで、当然、現在進行、あるいは現在完了形っぽい言い回しで、実現しないわけないじゃん!みたいな確信に満ちた感じの動詞の形を使うのが、違和感あったのですが、(だって、まだ始まってもいないのに、なぜ、「なった」ことや「なる」ことを喜んだり、感謝したりするのじゃ?みたいな)、これもまた言霊を大切にするモンゴル人らしさなのかも・・・?

で、またうまく書けないんですよ。
ピンクっぽい地の紙にピンクのインクで書くと効果絶大、ということを書いているページもあったのですが、ピンクにピンクじゃ、同系色で見えないジャン!

なので、私は、CD専用マーカーの青色フェルトペンを使用してみました。
鉛筆やシャープペンシルはダメで、インク物で手書きじゃないとダメなんだって。

これがまた、書き損なうことこの上なし。
2個以上10個以内の願い事を書くわけですが、最初はなかなかシンプルな願い事なんて思いつかないわけ。
書き出すと、あれもこれもで願望が噴出してくるわけですが、その辺、優先順位がごっちゃごちゃ。
まあ、どんどん叶っていくわけですから、順不同でもいいのかもしれないけれどw

それにしても、これは潜在意識に働きかけるテクニックともいわれていますが、まさにそうなのかなぁ?

去年6月からこのブログでも、いろいろ書いてきたモンゴル人共同経営者とのゴタゴタ。
実は、もう相手の望む形で、私もそれで解決できるならハッピーって思うことにして解決させちゃおうって思ってるわけですよ。
相手の問題と私の問題はハッキリ分けて考えてみたんです。最近になって、ようやく。

私が求めていたのは、私が苦境に陥ったことで色んな自分の欠点や他人に対して酷いことをしてしまっていた、ということに気づき、反省し、修正し、どんどんハッピーになれたように、彼らも自分たちの犯した過ちを認識し、悔い改めることで、もっともっと優秀なビジネスマンになって成功して欲しいってことだったけど、それってすっごいおせっかいなんだわさ。

彼らは、彼らのやり方で、私と対峙したわけで、彼らは今までも、これからも彼らの本質でやっていくことに揺らぎないわけです。だって、彼らは彼らだから。

なので、そういう人たちに対して、何をどうこうしてくれっていうのは、無意味なことかもしれない。価値観が違うんですものね。

で、私は、自分がハッピーになれる最高の方法は何かって考えてきたんです。
ぐるりとめぐりめぐって、モンゴルで会社が稼いだお金なんだから、今、彼らがそれを自分たちのものにしたいっていうんだったら、あげちゃおう。
だって、私は金銭以上に、これまでのモンゴルで私がやってきた仕事でかけがえのない出逢いや経験、ネットワークや知識などを財産として蓄えてきていて、それは誰も奪うことはできない絶対的な私の資産なんですもの。
彼らは私が築いた財産のほんの一部にしか過ぎないお金だけを持っていった。
車とかガレージとか、まぁ、そういった会社の財産も奪っていったわけですが、意地悪みたいに差し押さえているだけで、彼らは会社名義であるそれらを使うこともできない。

嫌がらせが嫌がらせとして通用しなくなっちゃったとき、イジメって無意味で、しかけている側の方が不幸になっちゃうんだよね。

彼らが意地悪で奪っていったものを、私が「返して、返して」って泣き叫んだところで返してはくれないし、法律をつかって正義を勝ち取ったところで、彼らは納得しないしスッキリできないから、ハッピーになれないで、私を恨み続けるかもしれない。
だとしたら、他人の悪意を背負い続けるって、疲れちゃうから、司法で勝利しても人生で嫌な思いが続いちゃうんじゃ、意味ないなってこと。

私は、裁判に勝利したり、彼らを社会的制裁を加えてどん底に貶めたいなんてちっとも望んじゃいない。

ほんとに望んでいるのは、このモンゴル国で幸せに、いろんな人たちとの出逢いを喜び、共通の知り合いがいるってことで幸せな気分を共有しあいながら、理解しあって協力しながら、安心して暮せること。

ソートンと一緒に、愛する人たちと幸せな生活を送ること。

お金なんかすぐに稼げる。
私にホントに必要なものなら、いつだって戻ってきてくれる。

今、彼らは私のお金をたくさん、ほんとにたくさんせしめて、そのお金で車を買ったり、分譲マンション建てたり、雑誌を発行したりしているけれど、それでも、自分の中学・高校時代の親友と金銭トラブルで裁判所に訴えたり、訴えられたりとたくさんの訴訟を抱え、私とのことでもちっとも平安でいられないでいる。
国外に逃げてみたり、電話番号を変えてみたりしているけれど、そんなことで、自分からは逃げられないし、私からも逃げられない。

だから少なくとも5年間、一緒にモンゴルでの仕事をした仲間である彼らを、せめて私に関わることでの悩みや苛立ちを解消してあげたいって思うようになりました。

金額がどれほど大きいったって、もうそんなこと、どうでもよくなっちゃった。
だって、もし、そのお金が裁判に勝つことで戻ってきたとしても、私も後味悪い思いをすると思うのです。

だからもう、一度手放すことになっちゃったものは、景気良く、バーンとモンゴル国の経済流通の流れに流しちゃおう!

金は天下の周りモノ。

私は自分がやりたい仕事、できる仕事、やるべき仕事を誠心誠意で私らしくやり遂げることで得られる幸福な報酬を自分が望むだけ存分にいただくってことを選びます。
誰にも後ろめたい気持ちになったりしないで気前よく、自分の才能を発揮して、他人のためにつくす。
これってかなりかっこよくて幸せなことでしょう?

お願い事を書いてて気づいたことなんですが、私、今、またとても恋愛をしたいモードに入っています。
仕事がひと段落ついたからってこともあるんだと思うけれど、漠然となのですが、またとても素敵な恋をするんだなって予感がいっぱいです。

月のない夜空には、かなり高いところで星がまたたいています。
こんな夜はお願い事をかなえる種をまいておくに限るってこと。

9月30日の日本時間夜01:13までが一番、いい時間帯。
まぁまぁなのが、9月30日の1:14から10月1日の10:46(AM)まで。

10月1日の10:47-13:27は判断がにぶるボイドタイムなる時間帯なので、そこはさけて、再び、10月1日の13:28から17:12まで、がオススメなんだそうですよ。

ともあれ、10個の願い事をその新月の星座に適した形で文章にするっていうのは、頭を相当に使います。
こういう風に頭を使うことで、潜在意識に働きかけて、夢をかなえる自分を創っていくってことなんでしょうね。

私の願い事、叶っていくのが楽しみです。





AD
モンゴル国の新内閣が無事組閣され、10月12日に全国一斉に地方選挙が行われることになっています。

国会議員選ほどの盛り上がりは当然ないし、選挙活動もとってもささやか。

活動資金が少ないせいか、あんまりポスターをべたべたはったり、PR用のプロモーションビデオを人気歌手やバンドを使って作るっていうこともない。

ウランバートルの場合は、バヤンゴル、バヤンズルフ、ハンオール、ソンギノハイルハン、スフバートル、チンゲルテイなどいくつかにわかれた地区ごとに市議会議員を選ぶことになります。ドゥーレグの下になるバグも選挙で選ばれるのかどうか、さだかではないけれど、知事、アイマグ(県)会議員、ソム長、ソム議会議員、など各レベル一斉なんだとか。。。

週明けの今日、ようやく自分なりに穏やかな日常を取り戻してみると、街頭演説の声が聞こえてきます。

斜に構えてみることもできるけれど、選挙の時に立候補者がかかげる公約や政策理念がほんとに実現したら、モンゴルはとても素晴らしい国になるんじゃないかな、って思います。

さてさて、、、

日本も新内閣誕生後、あっというまに色々な問題発言続出なわけですが、、、
私の一時帰国中に選挙、あるかなぁ?
AD
約2ヶ月ぶりに日曜日らしい日曜日を過ごすことができました。
危うく遅刻で締め出しくらっちゃいそうになったミサも、ギリギリセーフ。
パンプスでダッシュしたら、足の裏、マメが出来ちゃった(・・。)ゞ

我が家のお風呂はやたらとでかく(とある日本人留学生の友達曰く、「ラブホテルみたい・・・」)、なかなかお湯がたまらないのです。
かつ、今回はなんと、お湯はガンガン出るけれど、水が出ない!という変則パターンの断水だったせいで、お風呂場はサウナ状態!水温が50度近くあったので、今度は冷まさねばならなくって、、、せっかくためたお湯を無駄にするのも悔しいから、と、ぐずぐずしていたら、10時20分!!

でも入るだけ、入って、ドライヤー全開で乾かして、おめかしして、ダッシュ!ダッシュ!ダーッシュ!!

教会に入る道路が一方通行だらけのあみだくじみたいな場所なので、タクシーでいくよりも走ったほうが速い!

自分でも信じられないんだけれど、子供の頃の持久走並に速かったっす。
約2kmの道のりを13分って、パンプス履いて、コートを抱えて、聖書を持って、だったら悪くない。自分的には。

こういうギリギリなことをやった上に、賛美歌で飛び跳ねたからマメができちゃったわけですがw

なんでも先週だかに、クリスチャンの青年有志の大きなワークショップがあったらしく、その報告と、キリストの奇跡体験の共有(「証言」ゲルチルトっていう時間)の時間がたっぷりあって、面白かったです。
モンゴル人のスピーチって独特で、時々、その自己中心的なロジックや、感極まって泣きながら「証言」しちゃってたり、もう神がかりになってしまう人がいるので、信仰のない人や慣れない人は、ちょっと「引く」かもしれない・・・。
でも、モンゴル語の勉強にもなったりするので私は楽しんでいます。

日常の何気ないことも、クリスチャン精神で、神様の啓示だ!と思って受け止めると、キラキラと感謝に満ち溢れて生きられるのねぇって。

私にも神様のご加護があっての日々なのねぇ。なんてw

ほんと、どん底から這い上がってきた、というよりは、たった一つのことを受け入れたら、簡単に全てが解決してしまったわけで、これもまた啓示かなぁ。

つまりは、「汝の敵を愛せよ」ということ。
「許す」ということを完全に受け入れるだけで、自分自身の迷いがなくなり、全てはお望みのまま。

なので、これからは適切なタイミングで適切に望むことで、全てがうまく行く、というわけ。
真剣にいろいろなことを見つめ、感じることで、これから本当の自分らしい生き方がひらかれていくのです。

なので、これからどうするか、は私にとって大きな課題。

いろいろとモンゴルの法律が変更され、外国人がこの国で会社経営をしていくのは決して簡単なことではなくなっています。
金鉱山開発のおかげでGDPはうなぎのぼりで上昇しているけれど、だからといって、ほんとに庶民の生活水準が底上げされたかっていうとそういうわけではないし。

モンゴルにしがみつく、という生き方ではない、何かが自分の中でうごめいてる気がする今日この頃。
これまでも「しがみつかなきゃ」、とか「モンゴルでしか仕事がない、生活できない」という状況であったことはなく、別にどこでもいいやぁ、という流れのままにモンゴルにいたわけですが、これからは、きちんと見つめ、しっかりと自分の足で踏みしめ、仕事を育てていかなければいけないわけです。

日本に拠点を持つこと。これはもともと寒くなったら、渡り鳥のように日本に戻り、日本で出来るお仕事を精一杯やりながら、心と体のリフレッシュとパワーチャージをしたい、と思っていたのですから、何はともあれ必要なこと。

テレビや映像の制作も相変わらず好きだから、センスや勘、フットワークをブラッシュアップしなきゃいけないな。

あとは諸々のODAやビジネス関連など専門性を持った、このモンゴル語力とコーディネーターとしての経験を活用すべく、いくつかの通訳派遣会社の試験を受けたり、登録をしていきたいって思っています。

他には、やはりモノを書く仕事を、積極的に増やしていきます。

これまでの憑き物をしっかり落として、というか古い殻を破って、新たな道を自分が進んでいくこと。
これ、大事。

夏中かけて、旅人としての感動を取り戻したのだから、秋は、沖縄を皮切りに一人旅のバイタリティを動かしていこう。今まで全国各地、世界各国にいる仲間のところを訪れることで、普通のツアー企画では味わえない楽しさや魅力を堪能してきましたが、やっぱり原点に戻って、あてどない旅での出逢い力を鍛えるゾ!

勉強ももっともっとしたいこと、研究して論文をまとめてっていうこともやりたいテーマが出てきたので、ちょっと真面目に論文などに目を通したりしたいな。

本もむさぼりたいし。音楽も聴きたい。泳ぎたい!体を動かすっていうのは、ここ数日、とみに大事だなって実感。走ること、力持ちになること。右ひじは相変わらず痛いけれど、でも鍛えないわけにはいかない。

自分の体重を言い訳やあきらめの原因にしたくないっていうのを痛切に感じているのです。
重力に逆らうというよりは、お金などだけでなく、自分に不必要なものはどんどんそぎ落としいていくべきだってw

小さなことから大きなことまで、動かす力が自分の内部に備わっているのを感じる今日この頃。

時々、こんなにうまくいっちゃってて、いいんだろうか?って疑問がわいてくるときがあります。
そんなときは、川平慈英さんのように「イインデス!!」と力強く肯定しちゃったほうが断然、いいに決まってる!
うまくいってるのは、うまく行くべきだからで、それは私が望んだことだから。
だから、もう不安になったりしないで、そのままを受け入れていこうって決めたのです。

モンゴルはタフな国だから、わずかなためらいや油断に容赦はないってつくづく思う。
でも逆にいえば、自分はもっともっとタフになれるし、成長できるってことを実感させてくれる国でもあります。

モンゴル人に騙された!っていう日本の方、つくづく、いっぱいいるんだなぁって感じるのは残念なことだけれど、それでも皆さん、モンゴルと繋がり続けているのは、その残念な出来事から人生の大切な何かを発見し、人間的にも成長しながら、この国を好きでいるからなのだと思ったり。

モンゴルにいるときに考える「これからどうしよう?」は日本に帰ってから、日本という空気の中で考えるのとは、なぜか全然違うのです。

モンゴルにいると、「この国で何をどうやってやろうか?」と仕事を作ることを考えます。あるいは、「こういう仕事、したいなぁ」って。そういうイメージが、次々にわいては実現していく。

日本にいると、「この仕事、できるかなぁ?」って少しの不安とお金の必要性を抱えながら、えいって飛び込んで仕事をゲット。仕事に就くことを考えます。一緒に働く人たちとのコミュニケーションのひとつひとつが私にとってはとても新鮮でエネルギーとして吸収されていくことを幸せと感じる。

何よりも日本にいると大好きな、大切な人と、すぐに会えちゃう。
電話で話すってことはあまりしないから、会えるっていうのは、私にとって、とても、とても大切なこと。
メールは簡単すぎて、距離が縮まらない。
手紙はちょっと恥ずかしい。なんででしょうね?そんな難しいことじゃないのにね。

やっぱり、一緒の空気を吸って、呼吸して、体温を感じて、瞳を見つめて、ポンポンポーンと直接、心のキャッチボールができる距離感が何よりも大事。
そして、それは日本で感じたいこと。

モンゴルだけじゃだめになっちゃったのは、何よりもその辺なのです。
自分の中で、モンゴルと日本の距離の遠さを、あんまり不安要素にしたくないんだけれど、それでも、離れているから不安、っていうのではなく、近くにいることで生まれるものを渇望する気持ちが強くなってきちゃっているってこと。

仕事はもちろん、まだまだモンゴルに貢献していかなきゃいけないし、貢献できるし、貢献したいのです。

でも、それとは別に、大好きな、愛する人たちと会うことで、私ができること、それもまたいっぱい、いっぱいあるんだってこと。

こんな風に、日本で暮らす自分をイメージしたのは、実は人生で初めて。

17歳からずーっと外に、外にと広がっていった私の世界。
家から離れる、肉親から離れる生活は2歳からスタート。だからホームシックなんてかからないって思っていたけれど、去年の家族のサポートを受けてから、あらためて家族ってすばらしいなぁ、大切にしたいなぁって素直に思うようになりました。

日本を拠点に、日本だけっていうことはありえないけれど、日本の素晴らしさを十分に吸収しながら、モンゴルやその他の世界と繋がっていけたら、最高!

もっともっと心を柔軟に、解放していくために、これから、私は心のストレッチとパワートレーニングを始めます。

あ、もちろん、体の方のトレーニングもねw
AD