昨日、日中の最高気温が、なんと+10℃近くまであがったところもあるウランバートル。
春一番と思われる生暖かーい風がびゅーびゅー。
ソートンとのみっちり散歩で汗だく、ぜいぜいなっているところに、ちょうど電話がなりました。
日本のテレビ番組プロデューサーからモンゴル取材の打診。いや、電話とりそこなわないでよかった!

実は、以前、ごちゃごちゃになったまま、手がつけられない状態になってしまった会社ホームページも直そう!と思ったまま、時間がとれずにトンザ状態になっていたので、どうやって連絡先をゲットしてくださったのか・・・?

ま、テレビ業界、広いようで狭いですからね。
網を手繰っていけば、どこかで必ず縁がつながるってことで。
でもご連絡いただけて、ほんと光栄!

はやく、ちゃんとホームページをアップしなくては。

んで、そのときに、犬の散歩から帰ってきて、汗だく状態になったばかりだったので、うっかり、「いやー、今年は春が早いかもしれませんねー。」なんて調子いいことを言ってしまいました・・・

バチがあたったようです。
本日、朝から猛吹雪。窓の外はホワイトアウトです。

昨日の夜、汗が冷えちゃったのか、ちょっと微熱気味でお腹がゆるくなってるので、今日は、まったり休養日。
いいなぁ、自営業って。
ほんとは今の時期は、ガツガツ営業したほうがいいとは思うのですが、自分のペースで、よい仕事との縁を大事に育てていく、というのが今年の方針なので、焦りは禁物。


天気予報だと、曇りのはずなんですが、予報そのものをぶっ飛ばせ!といわんばかりにビュービューと吹雪いてます。

新雪に足跡をつけるのが大好きなソートンはそわそわしてますが、お腹がクルクルして力が入らない。

30kgの巨体を制御する自信がなく、ベランダで「ワンツー」をさせて、自分はひたすら寝てます。

体力回復するには、がっつり寝るのが一番。


この時期のモンゴルは、暖かくなった次の人か翌々日くらいにこんな感じで雪が降ることが多いです。

モンゴルの諺に、「女心と春の空」というのがあります。

それにしても、昨日のほんわかムードから、突然のこの冷たい仕打ち・・・。
モンゴルはさすがに手ごわいです。

季節の変わり目で、モンゴルの天気は荒れ模様になりやすいです。

国内便などを利用してのモンゴル旅行を2-4月頃にお申し込みの方は余裕あるスケジュールでの計画がお勧めです。

有視界飛行が主であるこの国の国内便は、目的地、出発地いずれかが曇ってたり、ガスってたり、雨や雪で気流が安定していないと、欠航になることもあります。

自分たちのルートが好天でも、機体の数が少ないので、フライトスケジュールが崩れることもよくあります。

空港に到着してから、チェックインしようとして、いけしゃあしゃあと、「フライト時刻、変更になりました」と言われても、怒らないで、ゆったりと構える心の余裕がないと、モンゴル国内を飛行機で旅行するのは大変です。

カウンターのスタッフ自体も事情をあんまり把握していないこともありますから。

特に、地方からウランバートルに帰る、という便での待ちは本当に辛いものです。

何度も、198、というフライト運行状況案内に電話で問い合わせても、
「まだ飛んでない、もうしばらくしてからかけなおせ」といわれてしまう。

お客様、焦る。

空港から街に戻って、国際電話で、翌々日(帰国してからの)の仕事の予定調整などしなければいけない・・・

いや、まだ飛ぶ可能性ありますから・・・

としぶとく空港で待っていると、そのうち飛んでくる、ということもある。

でも、結局、機体がなくて翌日に・・・

なんてことも。

モンゴルで国内便が飛ばずに、地方に取り残される、という経験は、18年間のうち、ほんの1-2回なのですが、それでも、自分が他の国に旅行しようと思ったときに、ぎりぎりスケジュールで組まれている旅行企画は、どんなに面白そうでも申し込む気になれない。。。


モンゴルでは、国内便スケジュールは、事前の連絡なく、突然、当たり前のように航空会社の都合で変更されます。
しかも、今年の春・夏のフライトスケジュールは、モンゴル国内でも出ていません。
ですから、現在出ている春・夏の旅行企画は、日本の旅行会社が、前年の例を参考に暫定的にパンフに載せている場合もあります。料金とか、まだ定かではないですし。

そういう料金値上げのリスクヘッジができるような料金体系で運営しているのかもしれませんね。

現地と事前確認をしている旅行会社さんにお願いする、というのが天気が不安定な時期、モンゴル国内の事情が確定していないときの鉄則・・・と思います。

確認入れてても、ぎょえー!!!!!!
って感じで勝手に変更されも、「乗せていただく」我々にできるのは、脳の血管をぶちきったり、血圧を上げて頭痛になったり、プンスカ気分で旅を台無しにしないように、普段から平常心の鍛錬を心がけるくらい。
春は、日頃や長い年月で滞積した疲れが出やすい季節です。


モンゴルの春は、右往左往しながらも、確実に近づいていますよ。
一応、今年も、2003年から引き続き、モンゴル観光年みたいです。

春うらら・・・がいつくるのか予想がつかないのが、モンゴルの春の面白いところです。
モンゴル人の「青天の霹靂!」な恋物語と一緒です。
AD
不正投票で大騒ぎになった2004年のモンゴル国国会議員総選挙。

そのときにばら撒かれた軍資金は、
現金・アルヒ(モンゴルウォッカ)・学童用の学用品・衣類・子供の靴
そして、けばけばしい3原色駆使の中国製健康器具だらけの公園設置
などでした。

全国的な軍資金ばら撒き作戦は、与党、野党、どっちもやってて
お互い様って感じでした。

人口増加政策のために公約された
子供助成金や新婚夫婦への一時金の祝い金の配布などは、
金額・規模ともにかなり小さくなりましたが、去年から始まりました。

選挙区までマイクロバスを借り切って
団体の有権者を、強化地域に送り込むなど
日本では考えられない掟破りも、与党・野党入り組んでやってたし、

なんと、「死んだはずだよお富さん」
選挙投票日当時には、とっくの昔になくなっているはずの
死亡者の名前で一票が投じられてたりと
大混乱でした。

当時の与党・モンゴル人民革命党の選挙に投入した資金は莫大で、
選挙活動中、空港から市内に入る道のでかい看板は
すべてが革命党からの立候補者でうまり、
テレビでのよいしょ放送・CMは革命党ばかり。

唯一、アメリカ資本のEagleテレビとチャンネル25くらいが
選挙投票日ぎりぎりに民主連合が制作費を出して作らせた、
「民主化運動の歩み」というドキュメンタリー番組ぐらいが
野党派がメディアに露出した感じ。

なのにふたを開けてみれば、
なんと1議席差で、民主連合が勝利!

夜を徹して、開票速報を放送し、開票の様子をリアルタイムで放送する
といってたはずのテレビ局は、革命党不利となるや、突然の放送打ち切り。

なぞのロックコンサートに放送が切り替わっていた・・・

といったことは過去。

このとんだ茶番劇みたいな選挙で残った産物が三原色の公園フィットネス設備。

中国でも人気ですが、こちらでは子供用にしてはでかすぎる!
設置当初は子供達がおおはしゃぎで遊んでいましたが、
一冬越したら、利用しているのは、おじいさんやおばあさんばかり。

3年ほどがたった今では、鉄くずを拾って売るのが商売のホームレスのおじさんたちが
頑丈なボルトすらぶち壊して、盗んでいくので見る影もない。

でも、ソートンの散歩コースには、いくつかの遊具がまだ残っています。
これが、結構、いいんですよ。

背中伸ばし器とか、スカイウォーカーみたいな遊具、自分の体重で腕と腹筋が鍛えられる器具、
ウェストひねり器、クロスカントリー状のフトモモ裏の筋肉が強化できる器具・・・

場所によって様々なので、3-4箇所の公園に立ち寄れば、
無料で体験できる立派なフィットネスジムです。

しかも距離的には、1-2KMの範囲に分布しているので、朝晩1回ぐるぐる回れば
万歩計もなんとかノルマクリア。

氷点下のときは、鉄製の遊具は危険なので、二重の手袋とだぶだぶの羽毛ジャケットと
もこもこのオーバーズボンという厳重なる防寒具で着ぐるみ状態で使ってました。

氷点下20度以下くらいになると、素手で鉄製のものに触ると張り付いちゃって
凍傷になる危険がありますからね。
マスクしてないと、気管支や扁桃腺、肺などに汚くて冷たい都会の空気によって
炎症を引き起こしてしまいますから要注意。

とかいいながら、一冬続けているのだから、
実は私は健康オタクになりつつあるのかもしれない。

身体を動かすのは好きです。

大失敗!と思った通販の
岩盤浴マットもちゃんとヨガマットと腹筋・背筋運動など室内運動や
キャンプのときのテントマットとして活用してるし。

汗だくになってから、我が家自慢のでっかいジャグジーにつかる。

モンゴルならではの贅沢!

フィットネスクラブもウランバートルに結構増えていて、
1ヶ月の会員利用費が$120の高級クラブから、$10程度のお気軽フィットネスまであるんですが、
公園だとタダだから。

自分が鍛えたい筋肉のための器具は公園にいくらでもあります。

不正選挙だろうがなんだろうが、ウランバートルの公園整備が行われた恩恵は
投票権のない私も受けてるので、やっぱり4年に一度、国をあげてのお祭り騒ぎ・・・
じゃなかった、民主選挙は大事です。
AD
モンゴルの冬は、どうしても運動不足になりがち。
だって、寒いんだモノ。

といってた昨今ですが、最近はめっきり暖かくなってきました。

腱鞘炎もギプスを外し、簡易サポーターみたいなものを
作業中にはめるという感じで、
さらに再び、右腕でも鉛筆書きができるように
利き腕矯正をする日々。

サンバのリズムに浮かれて、
ソートンとの散歩も、
気分はリオのカルナバルの練り歩き・・・

いいんです。
朝早いから、通りすがりの人はいない校庭だから。

もうちょっと夜明け前、くらいのときには、
デューク更家さんの、
あのニョロニョロ歩きで仙骨立てて
美しくならねば!とかやってた。

基本は歩くこと。
足裏のツボがいい感じに刺激されるんじゃないかなぁ。。。

そんな簡単に体重が減るとは思いませんが。

万歩計をつけて、出歩いているんですが、
さぶい時のウランバートルでの私の行動範囲は狭く、
移動に車を使うことが多いため、
なかなか1万歩突破が難しい。

スケートリンクの氷が溶け始めているから、
そろそろ校庭のスケートリンクも取っ払われる感じです。

そうしたら、400mトラックをぐるぐると元気に歩けるようになる。

ほんとはおんなじところを歩くのは好きじゃないんだけどね。
デューク式の歩き方で、普通の道路を歩くのは、
さすがに恥ずかしいお年頃になってきました。

打ち切りになってしまった「あるある大辞典Ⅱ」ですが、
あの中のダイエット方法、
全部が全部、でたらめってことではないと思ってます。

お気に入りは、
大腰筋のトレーニング。
これは効きますよ。

自分でやってみたから。
やりすぎると、腰痛がひどくなるので
加減が必要だけどね。

基本はやっぱり歩くことなんだろうな。

食べる量・摂取カロリーよりも
運動や新陳代謝で消費するカロリーが
多くなれば、理論上は
どうしたってやせるはず。

一昨年は、
暇に任せて、
かつコーチやお医者さんたちの協力のおかげで
2ヶ月毎日、2時間、約2-3kmの水泳ダイエットを敢行し、
13kgやせました。

食事も自分で
カロリー計算ができるメニューを見ながら、
モンゴルにある食材で自炊をしました。

エンゲル係数が低くなった分、
体重も徐々に減ってきてたから、
やっぱ、運動不足の上に
食べ過ぎてたんだなー。

去年の夏に
食いしん坊グルメな取材班のスタッフと一緒に
外食しまくっちゃって、
またお肉がついてきちゃったのですが。

さらに日本でもおいしいもの食べて、
かつ2週間は風邪引きさんで寝込んでたから
運動不足。

暖かい春の訪れとともに、
ダイエットにがんばろっと、
という気持ちになってきた。

これも、サンバのリズムについていこうと
前向きになったからかな?

いえ、実は、ジルバを70歳のおじ様と踊ろうとして
息切れしてついていけなかったからなんです。でへへ。

そうそう、ダイエット成功したときの
おいしく・たのしく食事調整ができた
レシピ本、ご紹介しておきます。

最初は1600kcalのレシピではじめました。
今回は、でぶりすぎたのと、
プールの利用料金がはねあがり、
かつ、こっそり2時間泳ぎまくっても
黙認してくれてたコーチたちが
みんな、解雇されちゃったので、
水泳作戦が取れないから
1200kcalでチャレンジします。



1600kcalの健康献立―献立のたて方教えます 春夏秋冬の1か月献立カレンダーつき/荻原 悦子

¥2,310
Amazon.co.jp

やせたい人の1日1200kcalの献立―おいしい食事で健康に暮らす 満足できるおいしい朝食・昼食・夕食・ブランチの73献立/検見崎 聡美

¥1,260
Amazon.co.jp

AD