5月の天気を聞かれても、答えに困る、というのは毎年のことですが、それにしても今年はちょっとひどすぎます。3日連続の雨降りなんて、何年ぶりのことでしょう。。。
記憶にございませんわ。

なにゆえ、最高気温+28度の翌日に猛吹雪なの?
そりゃ、上昇気流で湿った空気が雲になり・・・
いや、そんな気象学はどうでもよくって、ウランバートルはそりゃもうすごいことになりました。
メインストリートのエンフタイワン通り、両側3車線のモンゴル一の大通りが、シャーベット状のみぞれドカ雪に阻まれ、なんと交通規制で大渋滞。

いわゆる「ゲル街」(最近はちょっとした一軒家も建ってます)は未舗装道路が多く、しかも側溝もなく雨水は逃げ道がないため、遠慮なく大地をえぐって行進だ。

私は、何はともあれ「基礎が肝心要」と幼少時代から叩き込まれてきたわけですが、この国では、基礎打ちしてる建物ってあんまりないですね。
てなわけで、洪水になると、基礎がない「ほったて小屋」がどんぶらこっこと流れてきて大惨事が発生するのです。

遊牧民のゲルは、地震にも竜巻にも山火事にもそれなりに対応できる「移動」という強みを持った最強建築物ですが、固定式になっているウランバートルのゲルは、雨漏りはするは床上浸水はするはでそりゃもう大変なことになっています。

なぁんて、世間様の大変さを「いやはや、いやはや」なんて、したり顔で眉をしかめていた私ですが、自宅に帰ってびっくりです。

独りでお留守番させていた愛犬「ソートン」は、愛用の化繊毛布にくるまりすぎて、「皮膚炎」を起こしたので(暑すぎるとお肌の弱いシェパードはかぶれるそうです。)、ベランダで涼んでいただいていたわけです。
朝の曇り空が午後には雨となり、そして、私が帰ってくるころには、ベランダ屋根のスキマから、どしゃどしゃと降り注ぐシャーベット状みぞれでグシャグシャ。
おまけに雷様が景気よく「ドンガラドン」と鳴り響いて、一人ぼっちのソートンは、すっかりパニックで腰をぬかしておりました。

ずるずると前足だけで這い蹲って、ベランダから部屋に入ってきた泥だらけの物体は、まるでlホラー映画「リング」の貞子が井戸から這い上がってきたときのよう。



そして、最上階の我がアパートは、天井が雨漏りで落ちていました。


ある地域によっては、電線やら変圧システムやらにたまった霙でショートし、大停電。

大雨のため復旧の見通したたず、という状況とか。


先週は第四火力発電所の爆発で、ウランバートル中が約4時間に渡り大停電しました。
でもCafeANDの前にある国会議事堂はさすがに自家発電システムでコウコウと電気がついてました。

なんか、波乱万丈だなぁ。

とりあえず、自分が田舎に遠征に行く前に、雨漏りだけは修理していきたい、と思う今日この頃です。
AD
黄沙に吹かれるってこともなく、ポプラの新芽が膨らんできました。

日本も新緑がまぶしいことでしょう。
皆様いかがお過ごしですか?

更新が滞り、まったりのんびりしているうちに、ゴールデンウィークに突入、怒涛のごとくすごしました。

まるかじりにコメントを下さっていたADLINEのUさんもカフェにお越しいただきまてご対面。インターネットでのオンラインなやり取りがオフで実際につながったー!って感じです。

モンゴル帝国800周年記念ってことでいろんな日本の方もモンゴルにいらっしゃいます。

でも、まだまだ盛り上がってないのかな?
日本にあるモンゴル旅行を扱う旅行会社のウェブサイトでも宣伝されているみたいなんだけど・・・

イベント自体は、段取りが大丈夫なのかなぁ?と私はちょっと心配なんですが、モンゴルに行こうかなって思っていただくきっかけになるならいいなぁ、とも思います。

(でも、3,000人もの観客を集めて1ヶ月以上もやる騎馬軍団行進イベントでの、草原荒廃対策などがとられていないなら、環境保全と遊牧文化保全を目指すエコツアーをやる私達モンゴルホライズンとしてはお勧めできないよなー)
どうなんでしょ?そのへん。


まぁ、代理店契約もしていない弊社が口を出す問題じゃない、といわれてしまえばそうなのですが、イベントが終わっても、モンゴルの遊牧生活は終わらないから、地元の人たちの生活、そして自然環境が人間の生きられる状態で保持されるかが心配なんです。

ビジネスとして、儲かればいい、あとはモンゴル人がなんとかするでしょ!ってもしも、そんな考えで日本人の大企業の人たちがやっているイベントなら、いくらモンゴル政府が協力しているイベントだとしてもよくないんじゃないかしら?

記者会見でもそんな質問はなかったみたいなんですが。

もっと心配したほうがいいぞ、モンゴル人も。主催者も。

他人の心配をするよりも前に、まずは自分達が生き残れるかが一大事だった、というのがこの2,3ヶ月の顛末でした。いやはや。書きたいことはいっぱいあるけれど、いまだに自分の中でまとまりません。

そして、モンゴルホライズンが登記した2002年5月3日から、なんと、まるまる4年が過ぎ、5年目に突入してました。
なんだかんだと、モンゴルの混沌としたビジネス界で、あっぷあっぷしながらしがみついている自分に、、、


「よく、やってるなー」という感想を抱く今日この頃。

母方の伯父さん夫婦によく言われていたこの台詞。
あきれ果ててのつぶやくともなるけれど、何か心の中心に灯火がともるようなパワーを持つ言葉です。


実は、3月末に、税務監査が入り、財務担当のモンゴル人経営パートナーがちゃんと処理していたはずの会計報告がめちゃくちゃで、追徴課税やらなにやらで、自分にとっては膨大な額の人生の「授業料」を支払う羽目になりました。

やっぱり自分の会社は自分で守らないといけないな、と今更ながらに大反省。
モンゴル人って一筋縄じゃいきませんね。


というわけで、先月まで「日本語観光ガイド養成講座」で講師をやっていたモンゴル・日本センターで、今は、「若手起業家支援セミナー」で生徒として学んでいます。

最初からちゃんとやっておきゃよかった、ということがてんこ盛り。

ビジネスでもなんでも、「ゲーム」はルールを熟知し、やり方を知っているものが勝つ。これは鉄則なのだなぁと思い、自分がモンゴル人経営パートナーに対して、常に「負けていた」のも、自分がゲームの主導権を握ってなかったからだ、と思い知らされました。

これって経営責任者としては、ダメダメだったってことです。
いくらお仕事を一生懸命やっても、収益をあげても、経営手腕と仕事の能力は別物で、会社をやるからには、ちゃんと経営手腕や経営者としての感覚も平衡していなきゃいけないんです。と自分に言い聞かせる今日この頃。

日本センターでやっている約1ヶ月のセミナーには、起業を目指す老若男女いろんな人が参加しているし、講師の方々も実際にモンゴルビジネス界で起業のコンサルタントや財務コンサルタントなどをやっていらっしゃるので実践的な経験に基づく授業が面白いです。

今更ながら・・・と思いつつ、やっぱり学ぶことは面白い、と思う今日この頃です。
ただ、4年間の間に自分がイメージしていた軌道から、ずさんな財務管理のせいで大きく外れてしまっていることもわかり、どうやって軌道修正していきゃいいのか、、、
ちょっと途方にくれちゃったりもしています。

仕事は順調に入ってきているし、カフェも少しずつ上向きになっているんだけど、ますます軌道がずれちゃわないか、足元を確かめながらソロソロ歩きをしています。

モンゴル建国800周年記念の今年、、、モンゴルホライズンはその「500分の1」なわけです。まだまだ勝ったり負けたりしながら、がんばらなくっちゃ!
父親を失い、家族とともに取り残され、部族の人々(きっと親戚や友達もいただろうに)に見捨てられ、それでも、世界史でも史上最大の帝国を築き上げたチンギスハーンの国でベンチャーをやっているのだから、騎馬民族に負けないパワーをもたなきゃね。

というわけで、更新もぼちぼちやっていきますんで、応援してくださいまし。
時間があったら、ノービザ、直行便あり、のモンゴルに遊びに来てください。

旅行手配も、取材手配もまだまだバリバリ受付中です。

ぃよろしくぅ!

AD