皆様お待たせいたしました!

 

やっとモンダンヨンピル茨城の映像アップが始まりました!

 

本日アップされた映像はモンダンヨンピル訪問団の日本到着から福島訪問までです。

 

モンダンヨンピルの先発隊は、茨城を訪問する前、モンダンヨンピル結成のきっかけとなった東日本大震災の影響で今もなお苦労している福島のハッキョ、同胞を慰労し、後援金を渡すために福島を訪れました。

 

到着、そして福島でモンダンヨンピル一行は同胞と暖かいふれあいの時間を過ごしました。

 

どうぞご覧ください!

 

 

AD

モンダンヨンピル事務総長、キム・ミョンジュン監督の文化芸術講座が開催されます。

 

ミョンジュン監督は今までもたびたび講座やTVでウリハッキョについて語ってます。

 

2011年、震災直後に「世の中を変える15分間」という番組でもミョンジュン監督はウリハッキョについて語りました。

 

世の中を変える15分間

観ていない方は是非ご覧ください。

 

今回はソヒョンという場所の公開講座にミョンジュン監督が参加します。

 

そこで語るのはもちろんウリハッキョ。

 

カムサハムニダ。

 

 

2016ソヒョン文化の家公開講座
文化芸術講座

2016..24 午前10時~12時
「ウリハッキョ」映画監督から聞く
朝鮮学校の話

解放から71年、未だに日本には
朝鮮学校があります。
在日同胞1世を経て4世に
至るまで一途な想いで
日本地のどこかで
ウリマルを習っています。
もしかしたら、私がなっていたかも知れない
「ウリ(私たち)」の子たちです。

 

キム・ミョンジュン監督
映画「ウリハッキョ」「グランドの異邦人」監督
朝鮮学校と共にする人々モンダンヨンピル事務総長

AD

モンダンヨンピル茨城コンサートから早くも1ヶ月が経ちました。

 

感動のモンダンヨンピルコンサートの前日、モンダンヨンピルのクォン・ヘヒョ代表を中心に先発メンバーとして、多くのアーティスト、訪問団が福島を訪れました。

 

彼らはそこで、困難に立ち向かっている同胞、先生、そして子どもたちを慰労しました。

 

そして、モンダンヨンピルは、昨年行われたストーリーファンディング「海を渡った子どもたち」の後援金を福島ウリハッキョに伝達しました。

 

モンダンヨンピルHPにアップされましたので、ご一読下さい。

 

モンダンヨンピルカムサハムニダ。

 

「海を渡った子どもたち」後援金を伝達してきました

 

アンニョンハセヨ。朝鮮学校と共にする人々モンダンヨンピルです。
 
昨年9月中旬から11月末までに行われたストーリーファンディング「海を渡ってきた子どもたち」の後援金をすべてお渡ししたというニュースをお伝えします。
 
モンダンヨンピルは、2011年の東日本大震災を契機に開始しました。巨大な地震と原子力発電所の爆発は、世界中の人々に大きな衝撃を与えました。そして福島、原子力発電所があったその地域に「ウリハッキョ」もありました。福島朝鮮初中級学校です。
 
モンダンヨンピルは6月30日、「モンダンヨンピル2016遠足in IBARAKI」の一環として、福島朝鮮初中級学校を訪問しました。大地震と原子力の爆発で気苦労が絶えなかった同胞、そして困難な中でも、ウリハッキョを守っている幼い生徒に会って切ない時間を過ごしました。
 
そして、ストーリーファンディング「海を渡ってきた子どもたち」の後援金の残りを福島朝鮮初中級学校オモニ会に渡しました。
 

 

 


焼肉会が行われる中、クォン・ヘヒョ・モンダンヨンピル代表がオモニ会会長に後援金を伝達し、学校の発展と子どもたちの将来のために使ってくださいという言葉を伝えました。この後援金は、ウリハッキョを応援する故郷の人々の声も共に込められていたことに違いありません。
 
ストーリーファンディング「海を渡ってきた子どもたち」と一緒にしていただき、ありがとうございました。
福島朝鮮学校に寄付金を伝達することで、長かったストーリーファンディングをすべて終了します。
 
ありがとうございました。

AD