AKB48の歌詞についての私の距離?

テーマ:
今回、AKB48の歌詞について、思う所が有ったので、歌詞の
勝手な解釈ではない、私の考えを書きます。
『君のことが好きだから』で、私が書いた勝手な解釈に
コメントをして貰った人からの意見を読み、『なるほど!』と
思い、思い出してみれば以前に買った本『別册カドカワ』の『秋元 康』特集
の中の『もしドラ』の作者岩崎夏海氏がインタビューの中で
秋元氏の作詞方法について
『秋元さんは、作詞の方法はふたつしかないっておっしゃるんですよ。
 一つは、歌手にその歌手のファンが言ってほしいことを言わせる。
 もうひとつは、その歌手の方が言いたいことを言わせる。』

と答えていました。

『君のことが好きだから』も『Answer』も『シアターの女神』も
もしかしたら『僕の太陽』も『チャンスの順番』も『君が星になるまで』も『ジグソーパズル48』
などまだまだ有ると思いますが、この曲が
『歌手にその歌手のファンが言ってほしことを言わせる』曲

『青春と気づかないまま』や『ファンレター』や『初日』や『支え』
 まだ有るだろうが、この曲が
『その歌手の方が言いたいことを言わせる』曲

なのだろう。
だがしかし、私としては、こう言ったAKB48の歌曲の中の何割かを占める
数多いとてもいい曲が、この二つの括りで簡単に解釈されるのがとても
寂しいです。

だから、私はあえて二つの作詞方法によって作られた秋元氏が作詞
したAKB48の曲を、『二つの作詞方法』を無視して
単に、書かれた歌詞として勝手に解釈して行こうと思います。

でも、全く無視出来る訳ではありません。
『シアターの女神』や他のいくつかの曲は、勝手に解釈
しょうがありません。それは、それで素直に解釈します。

だって、つまらないと思います。
『Answer』は私の好きな曲ですが、この歌詞の『僕』が
AKBのファンで、守りたい『君』が『AKBのメンバー』
言われてみれば『なるほど~』と思うのですが、
これだと全く『物語』がない。

以上、これが私のAKB48の歌詞に対する距離です。

AD

コメント(3)