へっへっへ、酔っ払っちまったぜ!書きまくるかな・・・若鷹正です、お元気ですか?へっへっへ。


最近、サトーゼンさんに頼りすぎているというもっぱらの噂ですが、

まあ、その通りです・・・だって面白いんだから。


サトーゼンさんネタはもういいよ・・・とおっしゃる方は、今日は見ないでください。

絶対に見ないでください、絶対に!

・・・まあ、後悔しますけどね♪




先日、一緒に飲みました。

お互いに知っている夫婦の話になりました。


サト「あの二人からどんな子供が出来るんでしょうね・・・?」

最近、その奥さんが身ごもったのでそんな話になりました。


若鷹正は話を広げようと全力を尽くします!!


若鷹正「そうだねえ・・・旦那は目は大きいし、嫁は顔がちっちゃいし、可愛い子が生まれるんじゃない?」

サト「・・・」


サトーゼンさんから返事はないけどがんばります!!



若鷹正「旦那はまあ、鼻も高いし、嫁は・・・」

サト「まあ、









































そんな話どうでもいいじゃないすか、興味ないし・・・」






??・・・あんたから振ってきたんじゃないか?


若鷹正「はあ?お前から振ってきたから、こちとら話を広げようとしてんのに・・・なんだよ・・・」

サト「まあ、自分は




































火消し役なんでね♪」



・・・火種を作って、燃えたら消火ですか。


若鷹正「お前自分勝手だねえ・・・まあ、いいさ・・・

ところで、ファイヤーは火だけどさ、「火を消す」って英語で何て言うんだろうね??」


サト「なんすかねえ・・・ああ!






































ノットファイヤー(not fire)

じゃないすか?」



安易だ・・・安易だよ。

まあ、そうかもしれないけど・・・

その答えは安易すぎるだろう・・・


若鷹正「それはないだろう・・・いくらなんでも・・・」


そんな馬鹿話をしているところに、

誕生日のマンマミーヤさん登場♪

これは心強いぞ!!そして、おめでとう♪


若鷹正「おお、マンマミーヤさんお疲れ。あのさ突然なんだけど、ファイヤーは「火」だけどさ、「火を消す」って英語で何て言う?」

マンマ「う~ん、なんでしょうねえ・・・う~ん・・・」


なかなか難しいようです。


マンマ「「ファイヤー」って別の意味もありますよね♪」

おお、若鷹正も知ってるぞ!

若鷹正「「クビにする」だろ??」

サト「へえ~、そうなんすか・・・じゃあ「雇用する(fireの逆)」は・・・

(若鷹正・マンマ「エンプロイ「employ」だ♪」)
















































































ハイヤーすか?」

安易だ・・・安易だよ・・・


若鷹正「エンプロイ(employ)だろう。」

サト「そうだ!!」

あっさり認めるサトーゼンさん、なんの確信もなく口走ったようです・・・しかし・・・



この時すっかり忘れていた若鷹正と、

わかっていてツッコまなかったのであろうマンマミーヤさん・・・


そして・・・

奇跡を起こしたサトーゼン!!!



もうお分かりの方もいらっしゃると思いますが、

ハイヤー(hire)「雇用する」という意味なのです。


普通「ハイヤー」は出てこないでしょう・・・


う~ん、サトーゼンさんはわかってて言ったのか、

はたまた本当に奇跡なのか・・・


真相はサトーゼンさん自身もわかりません・・・














しかし、馬鹿話でも勉強になるな若鷹正日記は・・・
AD

コメント(6)