今頃になって、マインスイーパにはまっている若鷹正です・・・

上級のハイスコア198秒・・・ザコです♪


さて、今日のニュースです。

3億円分の宝くじの当せん券を偽造して換金しようとしたとして、警視庁富坂署は20日までに、偽造有価証券行使と詐欺未遂の現行犯で東京都板橋区のアルバイト従業員・野口宏容疑者(20)を逮捕した。
まあ、偽造は勝手にやってくれていいんですが、3億円は欲張り過ぎですよ野口さん♪

謙虚に100万円くらいにしておけばいけたかもしれませんよ。
 調べによると、野口容疑者は18日午後2時20分ごろ、文京区本駒込のみずほ銀行駒込支店に、今年発売の「サマージャンボ宝くじ」1等2億円と2等1億円、4等10万円の偽造した当せん券計3枚を持ち込み、換金しようとした疑い。
おっと、3億円の内訳は

「1等2億円、2等1億円、4等10万円」ですか・・・

10万円ってのは何なんでしょうか?

そもそも、サマージャンボ宝くじの4等は10万円しかもらえないんですか・・・
 偽造券は、当せん番号の部分に別の宝くじから切り抜いた番号を




































セロハンテープで張り付ける


-とシンプルなもの。みずほ銀行によると、100万円を超える当せん券はその場では払い戻しせず、1週間ほど真がんを鑑定するという。だが、今回は窓口で対応した女性行員があっさりと見抜き、通報。駆けつけた警察官がその場で逮捕という“スピード決済”となった。
シンプルですねえ、そりゃあ無理でしょ♪

小学生の工作ですか?

「100万円を超える~」ってありますよ、やっぱり100万円位にしておけば

女性行員をかわせばうまくいけたかもしれないのにぃぃ!!
 野口容疑者は偽造を認め、「生活費や遊興費が欲しかった。うまく換金できると思った」などと供述しているというが、富坂署関係者は「極めて幼稚な手口で、果たして鑑識に回す必要があるのか…」と困惑していた。
認めちゃいましたか・・・あっさり認めたんでしょうか?

少しごねて欲しかったですね。

「偽造なんて身に覚えがありません。買った時からセロハンテープで貼り付けてありました!!」

ってな感じで♪


「うまく換金できると思った」ですと・・・くくく、おめでたいですね♪

元旦に生まれた若鷹正よりおめでたい方ですね♪

ところで、4等10万円についての供述はないんでしょうか?


鑑識は何を鑑識するんでしょうか?

購入された後に貼り付けられた事でも証明するんでしょうか?


しかし、ある意味、女性行員もよく通報しました!!

こんなシンプルな工作は、その場でつっこみたくなるじゃないですか。

ちょっとツッコミ癖のある・・・いや、ぼんくらしてる方だったら、

その場で「お客様・・・こちらは・・」

とか言っちゃいそうですよね。


このお手柄で、まず、一つ目のハードルを跳ばせなかった事で、

野口さんも次はもうちょっと考えるでしょう。


次は、女性行員程度は騙せる程度のものを作りましょうね、野口さん♪

あと、欲張り癖もなくしましょうね、野口さん♪


今回の件、若鷹正も何かを偽造する際の参考にさせて頂きます。

皆さんも、セロハンテープは無理なようなので、やめておきましょう♪

両面テープならいけるかな?


若鷹正は、野口さんの更なる御活躍と御発展、

そして世界の平和を心より願っています♪
AD

コメント(4)