最近、サトーゼンさんに頼りすぎだと感じている若鷹正です・・・。

だって、面白いんだもん、しょうがないでしょ??


アメブロさんのニュースより・・・(お仕事中は閲覧にご注意ください♪)
運転中の考えごと 100万人以上が「セックスのこと」
【ロンドン 4日 ロイター】
 5日に発表された調査によると、車を運転する100万人以上が、前方の道路よりもセックスのことを考えているということだ。そのほかの数百万人も、仕事や家族のことを考えながら運転していることが分かった。

「分かった」って言われちゃしょうがないですね。

皆さん、ばれてしまいましたよ。

 この調査は自動車保険会社が実施したもの。5人に1人のドライバーが、運転に集中しているのは運転している時間の75%に満たないと認めており、120万人はほとんどセックスのことばかり考えていると答えた。

セックスのことばかり」ってまた大袈裟ですが、

どこの人口に対して、120万人なんでしょうか?

ロンドンですかねえ・・・


ちなみにロンドンの人口は750万人弱・・・

大人が550万人くらいか?

ドライバーは何割ぐらいなのかな・・・350万人くらいにしますか。


てことは、3人に1人はセックスのことばかり考えながら運転・・・

男女は問わないのかな??


それはそれですごいですが、5人に4人は75%以上の時間集中して運転してるって事ですか・・・

それもたいしたものだと思います。


まあ、ここでいう「集中」の定義もよくわかりませんが。

 ドライバーたちが運転中に考えている「運転以外のこと」はセックスだけではなく、主に仕事のことを考えているドライバーが320万人、200万人は家族のことを考えているという結果が出た。

そんな大袈裟な・・・

別に結果出さなくても、普通じゃないすか?


つうか、人口の定義がさっぱりわかりません・・・

 クランフィールド大学で運転に関する調査を専門とするドーン氏は調査結果について、「危険な習慣は身につくのも簡単ですが、それをやめるのも同じくらい簡単です。でも車を運転する人はまず、運転に集中しないと危険に直面するということを認識しなければなりません」とコメントした。
(この後の記事は興味が無いので割愛します・・・興味のある方は上記のリンクでご覧ください。)

しかし、ドーン氏はつまらないコメントしますねえ・・・

ここは若鷹正流の解釈で♪


人間は、「お疲れマラ(男根)」と言う言葉もあるくらいで、

生命の危機に瀕する程セックスがしたくなるそうです。


なぜか??それは、

人間(動物)は子孫繁栄の為に生きているからです。

死に直面する時ほど、子孫繁栄の本能が呼び覚まされるってことなんでしょう。


そして、運転そのものが人間にとっては危険ですよね・・・ということは・・・


運転する。
 ダウン
危険だ!!
 ダウン
セックスのことを考える。
 ダウン
集中しない。
 ダウン
さらに危険に直面!!
 ダウン
さらにセックスのことを考える。
 ダウン
さらに集中しない。
 ダウン
とっても危険だ!!
 ダウン
ドキドキドキドキドキドキドキドキ


なんだ、ドーン氏わかってるじゃないですか♪

・・・


しかしまあ、よくもこんなどうでもいいこと調べるものです。

別のこと調べたら、たまたまこうなったのかな・・

でも、正直、この調査結果はどうなんでしょうか?


運転中だからどうだってわけじゃなく、

普段からセックスのことを考えがちになるのは普通じゃないですか?


欲求のままに快楽に溺れたりするのはどうかと思いますが、

エロい事考えるのは別にしょうがないんじゃないですか?


何か別のことを考えなきゃいけないっていう時以外は、

皆さんも、そっち方面のこと考えるたりもするでしょ・・・


あれ??違うのかな?

俺が欲求不満なのか?

いやいや、皆さん正直になりましょう♪


こんな調査結果も出たので、

どうせみんなも考えてるんだから、

皆さんも、堂々とセックスのこと考えながら運転しましょう♪



AD

コメント(6)