今日は現在の行き詰まった状況を打破するべく、

取っておきのネタを披露致します♪


『若鷹正のすべらない話』

第1話です。


あれは、2~3年程前のお話・・・



大学の友人、後輩としこたま飲んだ僕は、

大学の友人の草野クン人形さんと

大学の後輩(歳は一緒)のひげダンスさんの三人で、

大学の友人のメリーさんのお家に泊まりに行きました。


メリーさんも一緒に飲んでいたんですが、

あの人は歳をわきまえず、学生ペースで飲むので、

いつも酔っ払って大変です・・・最近は僕もそうです。


メリーさん家へ行く途中、

コンビニに立ち寄りました。


僕はどうしても

『ペヤングソースヤキソバ』

が食べたくなり購入。


メリーさんは

「うまいトムヤムクンがあるんだよ♪お前らも絶対買った方がいいよ!!」

とかごちゃごちゃ言いながら、カップのトムヤムクンを買っています。


かなりしつこく奨めていました。


僕は嫌いではないですが、

トムヤムクンなんていうアクの強いもの、

無理矢理奨められても・・・酔っ払ってるから困ったものです。


各自、好きなものを購入し

メリーさん家に到着。


初めての訪問なので、とりあえずは



ピンポン連打♪


これで目が覚めるでしょう、メリーさん♪

怒られつつメリーさんの部屋に入室。

まあ、よくある男性の部屋ってかんじです。


ふとんは敷きっぱです。

そして、早速3人は度肝を抜かれます・・・











































枕にTシャツを被せてあります♪


理由をメリーさんに聞くと、


メリー「いや、あれやねん・・・」

何だよ・・・


一度も関西に行ったこと無いくせに、

酔っ払うと関西弁を使い始めるメリーさん・・・いつもの調子です・・・

一番関西人に嫌われるパターンです♪


メリーさんは続けます・・・










メリー「ほら、あれや、

かわいいやろ♪」

かわいくしたいなら、かわいい枕カバーを買いましょう♪



そんなこんなで一段落したところで、

お待ちかね『ペヤング』を頂くとしますか。


若鷹正「メリーさん、お湯ある?」

メリーさん「おう!あるよ!まかせとけって、俺が作ってやるよ♪」

ノリノリです・・・


一種の不安にかられながらも、

面倒くさいのは嫌いなので、

お任せしました。


メリーさんはペヤングの袋を開け、

かやくを麺の下に敷いてます・・・


ここでワンポイントレッスン♪**********

カップヤキソバを作るときは、

かやくを上にふりかけるとふたに取り付いたり

湯きり口に引っかかって面倒なので、

麺の下に敷きましょう。by若鷹正
**********************


なかなか順調に作っています。


ポットのお湯を注ぐメリーさん・・・


ジャーーーー・・・







































ゴパッ、ジョパッ、ジョパジュパッ・・・

・・・まさか














































メリー「すまん、お湯無くなったわ。」

ああ?それは困るぜメリーさん!!


だから、先にお湯はあるか聞いただろ?

なぜ、その時にちゃんと確認しないんだよ!!





メリー「わりい、わりい、今から沸かすから♪」


若鷹正「おま・・・このお湯が半分入った「ぺヤング」はどうすんだよ!!」


メリー「だから、今沸かすから、ちょっとまっとき♪」


そう言いながらやかんでお湯を沸かし始めます。



メリー「ちょっと待っとってや、すぐ沸くよ♪」


すぐ沸くとかそういう問題じゃないだろ・・・



そうしている間に、


「ぺヤング」の下半分がみるみるふやけていきます。



そして、お湯が沸くころには、



お湯は完全に吸い取られ、


下半分はべちゃべちゃに・・・上半分はそこそこふやふやになり、


「ペヤング」のカップからあふれんばかりです。


カップヤキソバってお湯入れたままほっとくと増えるんですね♪



若鷹正「お前これどうすんだよ・・・もうお湯いいからこのまま作るよ。付属のソースは?」


メリー「おっけい!えーっとソースは・・・」


おっけいじゃねえよ・・・


早くソースをよこしやがれ・・・







メリー「あれソースがねえ、どこやったかな・・・」


おいおい、なんだよそれ・・・





メリー「みつからねえから・・・

























































ブルドッグソースでいいかな?」

よくないです♪



よくねえけど・・・ほんとにねえのかよ・・・


はあ、もうなんでもいいよ・・・ソースをくれ。


メリー「おっけい!ブルドッグソースは冷蔵庫にあるから出してくれ♪」


おっけいじゃねえっつってんだろ・・・


・・・はいはい冷蔵庫ね・・・



冷蔵庫を見ると、そこにブルドッグソースはありません。


若鷹正「ねえよ、ブルドッグソース。」


メリー「んな、わけねえよ・・・ここに・・・ないね・・・。あれ?」



探し続けるメリー、そして、

























































メリー「お前、ブルドッグソース隠したやろ!!」

隠すか、ボケナス!!

若鷹正「なんで俺がこの状況で、ブルドッグソースを隠すんだよ!!」


メリー「だよな・・・」

若鷹正「あたりまえだ!!」





メリー「ほんとに隠してないんだな?」


疑うなよ・・・


若鷹正「しつこいねお前も、隠してねえよ・・・」



メリー「そうかあ・・・だよなあ・・・実はさあ・・・
























































ちょっと前に泥棒に入られたみたいなんだよね・・・

その時に盗られたかもしれん・・・」
盗りません♪

泥棒さんはブルドッグソースは盗りません・・・


スーパーの万引きじゃねえんだからさあ、盗らないよ・・・


それ泥棒さんに言ったら怒られるよ?

警察「お前が盗ったんだろ・・・













































ブルドッグソース!!」

おかしいでしょ?

若鷹正「泥棒はブルドッグソース盗らねえだろ・・・他に何か盗られたのか?」」



メリー「いや特に何もないけど・・・」


じゃあ、気のせいだろうよ・・・



メリー「だってよぅ、帰ってきたら・・・

































































ベランダの鍵開いてたんだよ・・・」
お宅が閉め忘れたんだね♪

もういいから、ソースをくれ・・・


そう思いつつ台所に行き、シンクの中に「ペヤング」のふたがあったので、


それをどかすと、ペヤングのソースの粉が出てきました。



・・・あるじゃん。


メリー「おお、そんなとこにあったのか、すまんすまん♪」


お前、悪いと思ってねえだろ・・・



そのころ、「ペヤング」はふやふやで冷え切ってます。


若鷹正「もういいよ、もう食わねえよ・・・」


メリー「そうか、わりいな♪」


だから、お前、悪いと思ってないんだろ?



「ペヤング」はあきらめました・・・


最初から自分で作るべきでした。


メリーさんは、さっき沸かしたお湯でトムヤムクンを作っています。



メリー「このトムヤムクンがうめえんだって!!お前も食いたいか?」


俺が食いたいのは「ペヤング」です・・・


若鷹正「いいよ、いらねえよ・・・」


メリー「そうか、うまいのに・・・」



そう言いつつ、お湯を入れたトムヤムクンを机に置いて、


メリーさんはトイレに行きました。



僕は一矢報いてやろうと、


奴のトムヤムクンに「ペヤング」の麺をぶちこんでやりました。



へっへっへ、あいつの驚く顔が楽しみだ♪


3人で彼を待ちます。


メリーさんが戻ってきました。

メリー「へっへー!!これうまいんだぞー♪」

そう言いながら、トムヤムクンのスープをすするメリーさん。


メリー「うめえ!!やっぱりうめえよ。」


そして、具を口に運びます・・・

ペヤングの麺も口に運びます・・・そこで一言!!



















































































































「そう!この麺がうまいんだよ♪」




















はうっ!そっそんなバカな!!

その麺は・・・ペヤングだぞ?

お前が大好きなトムヤムクンにペヤングは入ってないはずだ!!

飲んでいたビール(まだ飲んでいた)が鼻から出そうになりながら、

若鷹正「そっ、それ、ペヤングの麺だけど・・・」






メリー「ああ、そうなんや、これがうめえんだよ♪」

そうなんやって・・・わかってないでしょ♪


そして、メリーさんはトムヤムクンを満足気に食べ干しました。


まあ、喜んでもらえたならそれでいいですよ。

翌日、その話をすると・・・



メリー「ああ、そんなことがあったんだ・・・だから、ペヤングが机の上にあるんだ。全然覚えてねえよ♪」

無意識ですか・・・






彼の行動は我々にとっては完全に、


想定の範囲外でした♪
AD

コメント(12)