「がん保険」を選ぶ前に「がん予防」が先

講演は「アルカディアコンサル」へ
  


テーマ:

「マネーの達人」に5月24日から「今井雅之氏のケースのリスクマネジメント」

の記事が掲載されています。


http://manetatsu.com/2015/05/45369/



「大腸がん」の予防の確率は  80%


「がん検診(早期発見)      20(?)%


リスクマネジメントを正しくしていれば、救えた可能性は非常に高い。


詳しくは「マネーの達人」の記事をよく読んでください。



AD
いいね!(58)  |  リブログ(0)

テーマ:


人気ブログランキングへ


ブログランキングにご協力お願いいたします。

貯蓄が500万円無い方は是非これを見てください




相談先はアルカディアFP事務所へ。

http://arcadiafp.net/


平成23年10月31日までにエクセルファイルをご注文された場合は500円です。


AD
いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


人気ブログランキングへ


ブログランキングにご協力お願いいたします。


エクセルで発売します。


誤解で多いのは「がんが遺伝する確率」「がんを予防できる確率です。


注文先はアルカディアFP事務所へ。

http://arcadiafp.net/


平成23年9月30日までのご注文された場合は500円です。


下の画像は目次ページ(グラフ付き)です。








生命保険見直し・生命保険相談は信頼できるFPが一番大事なものを守る-gr600



















AD
いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


人気ブログランキングへ


ブログランキングにご協力お願いいたします。


エクセルで発売します。


グラフを読めば「がん予防」は77%以上できる

エクセルファイルで販売開始
国立がん研究センターの 「がんの予防」科学的根拠にもとづいて
(国立がん研究センターのリンク先も紹介してますから、確かめられます)

誤解が原因で大事な人を「がん」から守るためののソフトです
93%の方が誤解していることもあります。
次の12の質問に答えられますか?
1・夫婦・二人のどちらか、あるいは二人とも「がん」に罹る確率は
2.日本人で「がん」で亡くなる場合、3種類のがんでおよそ50%が亡くなります。
  その3種類の「がん」はわかりますか?
3.その3種類の「がん」の予防方法をそれだけ答えられますか?
4.女子のがん死亡者で「乳がん」で亡くなる方の人数うは何番目でしょうか?
5.サプリメントは摂りすぎても「がん」にならないでしょうか?
6.大腸がんに罹りやすくなろと言われる肉を答えられますか?
7.ピロリ菌に感染し、胃が委縮していると「胃がん」の確率は何倍でしょうか?
8.ピロリ菌を除菌すれば「胃がん」に罹らない?
9.ピロリ菌を除菌する場合にどんなリスクがありますか?
10.たばこの喫煙で罹りやすくなるがんをすべて答えてください。
11.生活習慣お改善でがんおお予防は何%できるでしょう
12.遺伝する「がん」は何%でしょうか?



注文先はアルカディアFP事務所へ。

http://arcadiafp.net/


平成23年9月30日までのご注文された場合は500円です。



生命保険見直し・生命保険相談は信頼できるFPが一番大事なものを守る-gr600
















いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


人気ブログランキングへ


ブログランキングにご協力お願いいたします。

2020年の総人口に占める65歳以上の割合は29.1%と予想されています。
1964年の東京オリンピックのときは6.2%だけです。


ギャンブルで最初に損をして、どんどん掛け金が大きくなるのと同じ失敗をする可能性が高くなります。

総被害額4207億6700万円の安愚楽牧場では老後の生活費の大部分の1000万円以上の被害者が3972人もいたそうです。


そういう場合は相談料を支払ってでも、専門家に相談する方法もあります。




私自身も法律など、自分の専門外のことは専門家に相談します。


老後の不安がある方も多いでしょうが、あせって運用しようというのは注意が必要です。
いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ブログランキングにご協力お願いいたします。

生命保険を見直しする時に何から見直すか、迷うことはありませんか?
いりいろな考え方がありますが、一つの考え方として「がん保険」から見直してはどうでしょうか?

理由は簡単です。

「命」を守れるかどうかは「がん保険」の確率が高いからです。

下は1996年にハーバード大学が公表した「がんの原因」ですが、私が現実的に予防しやすい順に並び替えてあります。
私に著作権があります。

『医薬品」や『電離放射能」『環境汚染』は予防は困難ですが、それ以外は、予防できることが多いのです。
医師はこのようにパーセンテージで教えてくれません。
批判されるのが怖いのでしょうか?
アメリカ人のデータですから、日本人と全く同じではありません。

でも、知っていれば80%近く予防できるのです。


真剣に大事な人を守りたいなら、この際相談してみてください。
ポイントを書いたものをプレゼントさせていただきます。
生命保険見直し・相談は中立公平・ 信頼できるFP事務所へ-がんの原因 公開用



いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



今回の記事は出版企画用のサンプル文章と目次です。
日本人の「がんの知識」はどの程度でしょうか?

一例として、下のグラフを見てください。




日本一バカ正直だから 老後と命を守れるFP事務所-6




人口10万人当たりの「胃がん」の死亡者は

日本の男性は

50.2人
アメリカの男性は

6.4人
ざっと10倍近い胃がんの死亡率です。
欧米の国だけでなく、アジアの日本の近くの国でも日本の半分くらいです。
世界中で、日本だけがこんなに「胃がん」で亡くなる確率が高いのです。

詳しくは、順を追って説明させていただきますが、「ヘリコパクター・ピロリ菌」(以下ピロリ菌と略します)という細菌と「胃がん」の関係が分かってきました。
今の50歳以上の方にこの菌を持っている方が多いことも分かっています。
「胃がん」だけでも男女、合わせて1年間に4万人亡くなっています。


もうひとつグラフを見てください。
1996年にハーバード大学から発表された「がん」の原因の割合です。
このグラフは私が予防しやすい順に並び変えたものです。

コピー防止のため一部のみ公開させていただきます。




老後と命を守れる 信頼できる FP事務所 No1-がんの原因 公開用




老後と命を守れる 信頼できる FP事務所 No1-がんアンケート公開用












アメリカ人の結果ですが、日本人は「ピロリ菌」の影響などが大きいと予想されています。
「自然界の放射線」や「家族の遺伝」などは、ほとんど、防ぐことはできませんが、逆に、その他の項目は生活習慣などの改善で予防できるものが多いです。
仕事で化学物質を扱う場合などを除けば、70%以上は予防が可能ということです。
今までの「がん」の本は多くが「医師」によって書かれていました。
この本では逆に(医学知識)のない方でも(予防)できるという自信をもてるように書いてあります。
医学的な正確さを追及し、100%防ぐことを目指すといつまでも、「がん」のことを知ろうとしないでしょう。
「がん」の本を真剣に読もうとするのは、「医療関係者」か、残念ながら「がんに罹った人」が多いと予想されます。

「知る」ことで「がん」を70%以上防げます。

この本がきっかけになれば、情報はいくらでも手に入れられます。


目次


1.胃ガンはアメリカ人の10倍の死亡率
2.「がん」の原因はわかっている
3.知らないから「がん」になる
4.人の体は60兆個の細胞でできている
5.細胞分裂のおさらい
6.「がん」はコピーの失敗
7.1日5,000個がん細胞ができる
8.5,000対ゼロ 免疫の力
9.「がん」細胞の分裂は止まらない
10.「がん」が大きくなるには年数がかかる
11.発見のタイミングは限られている
12.がんに罹る確率
13.4人家族が「がん」に罹る確率 92.6%
14.「がん」で亡くなる確率」
15.三つのがんでおよそ50%
16.三つのがんの予防で他のがんも防げる
17.肺ガンとその防ぎ方
18.胃ガンとその防ぎ方
19.大腸がんとその防ぎ方
20.正しい情報の集め方
21.約30%は防げない
22.早く見つけることが大事
23.「がん」を減らせば、日本の借金も減る?

マネー編
24.先進医療を利用する確率は低い
25.重粒子線治療・陽子線治療の仕組み
26.通院治療の方が、費用がかかる
27.「分子標的薬」の仕組み
28. 一生、薬が必要な慢性骨髄性白血病
29.使う確率の高い、「大腸がん」の薬
30.高額療養費制度のお話
31.会社員には傷病手当があります
32.公務員には附加給付の精度があります
33.「医療保険」より「がん保険」が重要
34.所得補償保険という保険もあります
35.「がん保険」の選び方

以上



いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


なぜ、私のFP事務所は馬鹿正直に金融商品を販売していないのでしょうか?
私の事務所は「信頼できる FP事務所」で検索すると、YahooとGogle で1位に検索されます。

事務所を直接、調べられたわけでありません。

次のことだけは間違いなく言えます。
1.人の命を一番大事にしています。
2.人の命を大事にするために、商品な度どの流行に左右されず、最高の提案をします。

時間を追って説明させていただきます。

親友二人が47歳で「すい臓がん」で亡くなりましたが、私は当時、何もしてあげられませんでした。
その後、「大腸がん」で亡くなった女性(TVの番組に周転・その後本も出版されています)が北海道伊達市の女性だったのをきっかけに「がん」について、何年間も、調べました。

「分子標的薬」という末期がんでも延命できる薬が増えつつあることも知りました。
けれども、「死亡原因の1位」でありながら、医師以外では「がんの予防方法」については知られておりません。
実際に「国立がん研究センター」の調査結果では「がん」を70%以上予防できると答えたのはわずか7%でした。

「がんの具体的な予防方法」についてははもっと知っている方が少ないと予想されます。

調査をしなくても、日本人の食事が欧米化しているのは予想がつきます。

いざという時に「命」を守るのに役立つはずの「がん保険」さえ、随分と誤解されていますし、いまだ、完全な「がん保険」も販売されておりません。

がんいついての有名なある医師が「日本はがん対策後進国」で「国民のがんをしらない」とおっしゃっています。(毎日新聞社「続・ドクター中川のがんを知る」より)

その医師でさえ、防げずに「がん」に罹った場合のために、どういう「がん保険」が良いは一言も書いていません、立場上、特定の商品のことを書けないのでしょう。

では、一般の人はどうしたら良いのでしょう。

「医師の本」は残念ながら、一般の方が読んで、おもしろい本ではありません。

保険ショップは多数の商品があっても、ビジネスですから、利益を優先します。
全部の営業員が必ずしも「がん」の治療に詳しいわけでありません。

顧客の利益より自分の利益を優先する場合もあるでしょう。

これでは、大事なお客様の一番大事な命やご家族の命も守れないから、私のFP事務所は、金融商品は販売しておりません。

A社の商品を販売して、自分が取り扱っていないB社の商品の方がお客様の命を守れるかもしれない。

そう考え、金融商品の販売をやめることにした、日本で一番馬鹿正直ですが信頼できるFP事務所です。


応援してください。
いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



人気ブログランキングへ

下のグラフを見てください。

1996年には、バード大学が公表した{がん」の原因です。

既に17年も経っています。

私が分かりやすいように言葉を変え、予防しやすい順に並び変えました。

現在は「胃がん」と「ピロリ菌」の関係もわかっています。









日本人の「がん」の知識は驚くほど、遅れています。

下のグラフは国立がん研究センターのグラフですが、がんを70%以上予防できると答えたのは

7%だけです。


日本一バカ正直だから信頼できるFP事務所 のブログ-7



理由はどうあれ、「がん死亡率」が思うようにように下がっていません。






私は実際に、某役所で提言してきましたが、予算のこともあり、結果として、全く取り合ってもらえませんでした。


日本人の「胃ガン」死亡率はアメリカの約10倍です。


中国と比べても日本人の「胃がん死亡率」はおよそ2倍です。





老後と命を守れる 信頼できる FP事務所 No1-6





日本一バカ正直だから信頼できるFP事務所 のブログ-5



私の推定では「日本人」のがん死亡者はうまくいけば半分にできたはずです。

悪くても20%減らすことは難しくありませんでした。


今「肺がん」「胃がん」「大腸がん」だけで年間約16.5万人 なくなっています。

全がんのおよそ46.%がこの3種類のがんだけで亡くなっています。

けれでも、この3種類のがんは比較的、予防しやすいがんです。

「胃がん」については先ほど書かせていただきました。

3種類の「がん」を半減させるだけで20%以上減ります。


そう考えるとこの17年間、国と医師は何をやっていたのでしょうか?


私、一人で対策を考えても100万人以上の命を救えたでしょう。


それでいて、2025年には医療費が54兆円になると見込まれています。


もとは我々の税金です。



いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

人気ブログランキングへ

今日 検索した結果 yahoo とGogle [信頼できる  FP事務所」で検索してみると

1位でした。中身を比較されたわけでありませんが、金融商品は販売しない  「中立公平」なFP事務所は日本中探してもごくわずかです。
さらに書かせていただくと、事務所に相談された方には
「がん」を70%以上予防する方法を説明させていただいています。
4人家族では誰かが「がん」に罹る確率は90%を超えます。
国立がん研究センターの調査結果では「がん」が70%以上防げる
ことを知っていたのは

わずか7%です。
 
これでは、具体的な「がん予防」の方法を知っている方はもっと少ないと予想されます。
近い内に説明させていただきたいと思います。
無料相談で「がんの予防法」と「がんの金銭対策」を教えてもらえないFPとわずかな負担で家計改善から、「がんの予防方法」から
「がんの金銭的対策」まで、できるFP事務所とどちらがよいでしょうか?
私も元々は、親友二人が47歳で「すい臓がん」で亡くなったことと
「大腸がん」で亡くなった女性が北海道伊達市の女性だったのをきっかけに「がん」について、勉強しました。
「人の命は地球より重い」
と考えているから、「がん」の予防・治療方法に詳しくなったのです。
本当に日本一信頼できる FP事務所を目指して、頑張ります。

がんの原因 公開用

 

いいね!(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。