December 28, 2005 05:10:21

汝、愛の綱・・・

テーマ:La Vie de Amour

           線は無数の点から成り、平面は無数の線から成る。


           体積は無数の平面から成り、超体積は無数の体積から成る。


                                      J・L・ボルヘス著  『砂の本』より


今回、僕がBayeuy と言う街に訪れたのも、人と言う点と点が繋がり、それが共有する時間へと変化した。

     

       それが『必然』なのか『偶然』なのかは問わない。ただ、確率でそうなったのだ。


             人生を『幾何学の法則』で解釈するのは滑稽であるし・・・

 

 


  今年のNOELは、Manu(マニュ)の家族と共に過ごす。残念ながら母なる海の元へは行けなかった。


              この街から数キロ離れた場所には海があると言うのに・・・

         

         何故かと言うと、悪天候とマニュの家族の都合の為だ。 C’est La Vie  !!


  * 自分のデジカメは壊れてるので、マニュの家族らが撮影したものを添付してもらいBLOGに掲載。


  ①


写真①はNOELを共に過ごしたマニュの家族たち。皆親切な人々で共に有意義な時間が過ごせました。


  特に、マニュの両親であるパトリックとジルダにはプレゼントまで貰い、本当にお世話になりました。


                         Merci  mille fois !!


      写真②はNOELの前日。CAENと言う街のショッピングモールのレストランにて。

              

                マルセルとバンソンにルーシーそしてソフィー。


 ③ 


                写真③は左はジュディーで右はソフィー。


           写真④ジュディーが抱いている赤ん坊はソフィーの娘クララ。


   生後6ヶ月。とても可愛いクララを、僕は日本人の叔父さんとして愛し、そしてまた癒される。


          ソフィーとは 《過去ログ指先で語る愛 》 で淡い思い出がありました。


                       そんな彼女も一児の母に・・・


                  こんな感じで過ごした今年のNOELでした。


     今回の経験は、日本人独特と言うか、淡白な愛の質の家庭で育った僕にとって


  西洋の愛の質はとても深く、奥行きがあり濃厚で、そこに恥ずかしながら民族性を感じたものでした。


   そして、人との出会いがこの様に絆を拡散して行き、生涯忘れられない抜け殻と成る。


                                                          Monde

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
September 01, 2005 05:07:27

恋愛に関する短いレポート

テーマ:La Vie de Amour

waldgrenzeさん こと「もりサン」から、『恋愛バトン』を受け取りました。このブログは結構友人が見ているし、結構恋愛に関して僕は秘密主義者だし、そんなに恋愛を語れるような者じゃないので(苦笑)なので引き受けようか非常に悩みましたが、答えられるところは答えます。



★初恋はいつですか?

幼稚園の頃かな?いとこのお姉ちゃんでした。

★今までつきあった人数を教えてください。

ジョー・パス


★今好きな人はいますか? (いる人は)好きなところは?

残念ながらいません。

★好きな人とデートで行きたい場所は どこですか?

何処でしょうね?東京だったら馴染みのカフェ(JAZZ喫茶マサコ)や代々木公園でのんびり。後は映画館巡り。怪しそうな珍店巡り。パリも似たようなもんかな?(苦笑)


★こんな人は絶対無理! っていうのありますか?

お互いの自由を尊重しない人。他人の悪口を言う人。思い遣りが無い人。

★恋愛対象年齢は何歳~何歳ですか?

恋愛に年齢制限なんて無いと思います。


★浮気は許せますか? 許せる人は、どこまで?

状況によるが許せる方だと思います。彼女に男友達がいるのは当たり前な事だし、それを一々嫉妬するのはナンセンスだと思う。お互いの関係に亀裂が入らない程度なら大丈夫。そう言う僕も自由主義者だし!!


★同棲ってしてみたいですか?

お互いに個室があれば考える。1部屋に2人は難しいですね。経験済みなもので・・・


★あなたが愛情を感じた行動は?

辛い時、悲しい時に側に居てくれたとき。

★愛と恋の違いは何だと思いますか?


恋について

・恋というのは一つの芝居なんだから、筋を考えなきゃだめだよ。      by谷崎潤一郎

・恋と噂話はいちばんお茶を美味しくさせる。                   byフィールディング


愛について

・ほどほどに愛しなさい。長続きする愛とはそういうものだよ。        byシェークスピア

・愛する。それはお互いに見つめ合うことではなく、一緒に同じ方向を見つめることである。
                                              byサン・テ・クジュペリ

恋愛について

・恋愛とは二人で愚かになることだ。                        byポール・ヴァレリー

・魅力あるもの、キレイな花に心を惹かれるのは、誰でもできる。
だけど、色あせたものを捨てないのは努力がいる。色のあせるとき、本当の愛情が生まれる。
                                              by遠藤周作

                    

★一番長く続いた恋愛は?

ジャコ・パス・トリアス

★究極の選択です。 一生、人を愛することしかできなくなるのと、人から愛されることしかできなくなるのと、どちらかを選ばなければならないとしたら、どちらを選びますか?


・愛されないということは不運であり、愛さないということは不幸である。   byアルベルト・カミュ 

なので勝手ながらどちらも選びません!!                                    


★バトンを渡す人


渡しません。しかし、このブログを見てくれた方で参加したい人は自由参加と言う形にします。『もりさん』勝手ながらスミマセン。


この様に何日か掛けて書きましたが、我ながら羞恥心をくすぐられました(笑)答えにくい部分は偉人の残した言葉から当てはまるような言葉を適用しました。改めて自分の書いたものを読み直すと羞恥心が増しますね。しかも時間を掛けた割には、不甲斐ない答えでしたが(苦笑)まあ女性の方は或る一人の男の恋愛論だと思ってください。そして愛に関してはフランス人のような達人にはかないませんが、日本人特有のストイックな恋愛論も僕は嫌いじゃないです。そんな事で愛とは何でしょうね?                                

                                                          Monde

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
May 25, 2005 06:47:04

指先で語る愛

テーマ:La Vie de Amour

 前回の記事に励まし、応援、のコメントをいただきました。あなた達にMelciをあげたい !! 

mireineさん  1107さん  orangekissさん  moncheribebeさん  nabenabeさん   sweet-bluestarさん

そして今抱えている問題も少しずつではあるが、良い風が吹いてくると思うので安心して下さい。


最近気づいたのだが、僕のBlog読者は女性の方が多い。男性が少ないのだ。何故だろう?

Blog人口は女性の方が多いのか?まあその事は置いとこう。そんな事で今日は特に女性なら関心を示す話題にしようと思いました。それは僕がフランスで経験したAmour(愛)についての些細な出来事です。


 2003年の7月にルームメイトManu(マニュ)の実家があるNormandie (ノルマンディー)のBayeux(バイユー)という町へヴァカンスに行った時の事でした。この町はTapisserie(タピスリー)で有名な町なのです。そして彼の家族と会った時に、Manuのお姉さんSophiue(ソフィー)と初めて会いました。彼女はエマニュエル・ベーアル似の顔立ちで、ショートカットの金髪に。唇が印象的な都会擦れしていない女性でした。(彼女にはフィアンセがいます。)バイユーではいつも、マニュとソフィーそれに僕の3人でアニスの香草で造られた蒸留酒Pastis(パスティス)というアルコールを飲みながふざけあったものだ。そしてパリから300キロ離れた町で過ごしたヴァカンスは生涯忘れられない。そしてPastisの味をたまに思い出だすのだ。

                        

 それからして、その年の9月の初頭。ヴァカンスでソフィーがパリへ遊びに来た時の事でした。

3日ぐらいの滞在だったと思います。またマニュにソフィーそして僕の3人で葡萄酒を飲みながらふざけあっていました。その時やたらとソフィーが僕の手を触ると言うか指先で愛撫してくるのです。僕も少し酔っていたのであまり深く気にせず、コミュニケーションなんだろうと軽く思いながら彼女の指先を感じていました。


そして酔いも覚めかけた頃に、自分の部屋のベットで寝そべっていると彼女が部屋へ入ってきたのです。「どうしたの?」問うと、彼女は口元指を当て「静かに」と言う合図をしました。僕は(どうしたんだろう?)と思っていると、彼女はあの嘗めまかしい唇を重ねてきたのでした。それはとても柔らかな唇で、さすがに驚いてしまい、一人の男として興奮してしまいました。あの時は接吻していた時間が、やたらと長く感じました。しかしその反面、僕は彼女のフィアンセも知っているし複雑な気持ちでその時を過ごしたのです。そうしている内に、隣の部屋からマニュが「ソフィー」と呼んでました。彼女は「今行く」と言いながらその場を後にしたのです。その夜はとても寝付けなく、Cinemaのワンシーンで「指と指が絡めあう場面」を今日の出来事と照らし合わせたり、何故彼女は「フィアンセを知っている僕に接吻したのか?ただの火遊び?」そして「彼女の唇」など。そしてこれがフランス人のPassionement Amour(情熱の愛)なのかと夢想に更けながら・・・

 

次の日、彼女はバイユーに帰る日でした。僕は気まずさを隠しながら何事も無かったように、僕は彼女へ別れのBISE(頬へのキス)をしました。きっと彼女も同じ思いだったと思う。(彼女にはフィアンセがいるのだから、このまま何事も無かったように)そして一夜限りの淡い想いは霧の中へ霞んでゆくのだった。

PS  ソフィーは現在フィアンセの子供を宿っている、そして今年の7月に出産予定です。        Monde

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。