{A250B115-161D-4056-A5B0-0D8839051A79}
現在初級クラスは2つ。先週はこの2つのクラスが年内最後のクラスでした。
4単元目はベースカラー診断。
Tさんはモデル診断にお越しいただいた事があったのですでに診断済みでしたが、ベースカラーは初めてだったので顔映りをじっくり見ていただきました。
ブルーベースのショッキングピンクタイプでブルーベースでハイライト効果が出るものやフェイスラインがはっきりするものでとてもお似合いでしたね。
ただ、黄みが入っている色はわかりやすくNGでした。
すでに診断前からご自分でも気付いてらしたということでお洋服はブルーベースなTさん。やっぱり、やっぱり、やっぱりブルーベースでしたね^^
 
カラー診断は初めてのMさん。ご自身予想ではブルーベース。
講座の単元が進むにつれてブルーベースではないかという思いが出てきたそうです。
なるほど、お越しになるたびにコーディネートがどんどんブルーベースになっていってるなと思っていたのです(笑)
さてさてMさんの予感は当たっているのか・・・私にもわかりませんでした。
ただ、深い色より明るい色の方がお似合いになるタイプかもというのが私の予想でした。ブルーベース、イエローベースどちらにもそのタイプの方はいらっしゃるため予想がつかなかったのです。
 
さていよいよ診断です!
 
最初はパープル&オレンジで見るのですが、パープルでお肌の透明感、美白でしたね。
ただ、オレンジでだめなくらい黄みが広がるか、といえばTさんと比べるとそこまででもなかったので、みんなで「えーーー」悪くない!ってなりましたね。
 
なぜならやはり明るい色がお似合いのタイプですとオレンジのイエローベースでもそんなに悪くないんです。
ただ、悪くない=「Good」ではないのです。
似合う色はGood以上です。
ブルーベースがお似合いです。と、なったらブルーベースの色はすべてお似合いです。その中で、色によって
Good・ Better・ Bestがあります。
このあたりはすごく細かくなるので中級で行うパーソナルカラーの範疇になります。
 
その後の診断でやはり深い色のイエローベースではNG度が上がりわかりやすくなりましたね。グレー&ブラウンでは圧倒的にグレーでした。
ということでご自身の予想がバッチリ当たり、
ブルーベース、パステルピンクタイプでした。
 
こんな風にお二人同じブルーベースですが、傾向がちょっと違うお二人でした。
他の方の診断を見ることによってカラー診断の理解がより深まります。
そのため、お一人の受講ではなく複数人での受講をおすすめしています。
 
カラー診断後にファンデーションを見直したいとおっしゃっていたMさん。
次の単元はメイクに関してです。楽しみですね。

 

{0067F14C-88D2-457E-AEAB-481B36A061F1}
今日のおやつは日本から持ち帰ったもので。しばらく日本の味が続きます♪

 

 

バームクーヘンは大好きなねんりん家の。
image
こちらは羽田空港で買いましたが、先月から阪急うめだにもお店が出来ました。(めっちゃ混んでましたけど)
これからは大阪でもねんりん家が食べられるので嬉しいです。
 

 

AD