人無千日好,花無百日紅

テーマ:

aa


民放テレビ各局の4月からの番組編成が決まりつつある。民放各局は、脳のトレーニングなどが注目を浴びる中、現在放送しているゴールデンタイムのトーク番組等を打ち切り、新しくクイズ番組や学習系番組をスタートさせる見通し。


例を挙げると、テレ朝は 「クイズ雑学王」を、既に1月改編で午後8時からのゴールデンタイムにシフト。日テレは、特番だった 「日本史サスペンス劇場」を水曜8時にレギュラー化する。フジテレビでは木曜日に 「全国一斉・日本人テスト」 金曜に「検定ジャポン」をスタートさせると発表し、それにより、ゴールデンタイムである7時台は1週間のうち6日がクイズ番組ということになるという。


一億総白痴化の元凶という声が聞こえたのでもないのだろうが、またぞろテレビ業界の 「右へ習え」 がはじまる。片やバカタレ(お馬鹿タレントとも言うらしい) をフュチャーした(笑) バカバラエティクイズ。片や高学歴のタレントをかき集めウンチク・能書きのご披露に及ぶ教養バラエティ(当社比) 番組制作の裏側を見透かされている現状では、ボケるも利口ぶるもストレートには見る側の心に届かない。それは自分達が今までに撒いたタネのせいだし、早晩同じタレントの使い回しで行き詰るのは素人目にも見えている。


馬鹿を見るのは優越感をくすぐるが、それにも程度がある。度が過ぎると不快になるのは送り手の下劣なモミ手がミエミエだから。無事ワンクール(3ヶ月) をまっとう出来る番組がどれくらいあるのか。芸の無い芸人もどき連中のバカ騒ぎを見せられるよりはましだ、と思わないでもないが。

政界あたりから起こり始めた 「深夜放送の自粛」 の声が、大合唱になるのも現実味を帯びて来る昨今、この自称 「教養・学習系バラエティ」 の横並びが、その声をやり過ごす為のポーズとしたら、もう手遅れなのは明らか。


「深夜放送自粛」が、各種のワイド番組の政府批判への意趣返しという意見もあるが、地球温暖化というお題目をテレビ業界が標榜するのなら、自ら律すべきも当然。平均年収1400万の自称庶民代表様も、少しは真の庶民の目線を取り戻していただきたい。花がいつまでも綺麗に咲いていることはありえない。


as

チチは身を助すく。

テーマ:

ti2


知人男性が住むマンションの玄関ドアをけって壊したとして器物損壊の罪に問われ、1審東京地裁で執行猶予付きの有罪判決を受けたタレント、小桜セレナ被告(38)の控訴審判決公判が3日、東京高裁で開かれた。原田国男裁判長は、検察側立証の柱だった知人男性やマンションに住んでいた女性の目撃証言の信用性を否定し、逆転無罪の判決を言い渡した。

女性は1審で、「小桜被告はけ破ったドアの穴をすり抜けてマンション内に入ってきた」などと証言。1審判決は、女性の証言の信用性を認めていた。

一方、2審では同じサイズの穴のあいたドア模型を使い、小桜被告が穴をくぐれるかを実験。小桜被告の胸囲が約1メートルあり、くぐるのが不可能だったことが分かり、女性の証言の信用性が崩れた。テレビショッピング専門チャンネルQVCの健康器具「ビー・ビー・ビーフラ」の紹介に出演、ブレイクのきっかけになった豊かなバストが話題を呼び、そのバストの大きさから週刊誌などで風船カップと呼ばれている。バストじゃなく胸囲というところが壷だな。


fgt


oio


10歳もサバよんでいたのがバレたから引き分け。


sb


分かりやすいといえば分かりやすいが。テレビショッピングの顧客の多くは女性なんだろう?とりあえず何でもいいから話題になる、最近の傾向はこれだね。いい例がJRにポスターの掲載を断られて話題騒然となった 「蘇民祭」

あの裸祭りの経済効果は50億超とか(笑) 悪評より怖いのは無視。


二度ある事は三度ある、で、今度のドジョウを狙っているのは奈良ですよ。

平城遷都1300年記念」の、ゆるキャラとして登場の 「大仏くん(仮称)」 評判は最悪という上々の出足(笑) メディアともども美味しいネタとなりそうで、500万とかいうデザイン版権の元はもう取ったも同然(笑)


nara


fds


大仏といえば、セレナ嬢の胸囲では

大仏の鼻の穴は抜けられねえな。


dai

業務連絡

テーマ:

xp


OSが windowsXP で IE7 にバージョンアップをされた場合、強制終了のダイアログがかなりの頻度で現れることが報告されています。元来 IE7 は、vista に付属するブラウジングソフトですので、XPで使用していただく場合は、次のように設定の変更をしてくださるようお願いいたします。


[ツール] → [インターネットオプション]で、[全般] の中の 「タブ」 の 「設定」 ボタンを押し、「ポップアップの発生時」 を 「常に新しいタブでポップアップを開く」 に指定。変更後、IEを再起動していただきますと設定が有効になります。


これで強制終了は無くなります。なお設定変更後、右上の×でページを閉じようとした場合、「すべてのタブを閉じますか」 というダイアログが出ますが、「キャンセル」 をクリックしてこれを閉じ、ツールバーのアクティブページの右にある×で終了するように習慣づけてください。蛇足ながら、IE7の性能を快適にお楽しみいただくには、Windows Vista の導入(メモリ1GB推奨)、もしくは Vista 搭載のPCをお買い求めくださるようお勧めいたします。

Bill Daikoku Gates