1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年01月01日(日) 00時00分00秒

【2017年のごあいさつ】中期計画総仕上げに全力

テーマ:横浜

カープのユニフォームを着るもんまっち氏

 

 2017年の幕開けにあたり、「もんまのコラムスクランブル」を運営するもんまっち氏(36)に恒例の新春インタビューを行った。


 ――まずは2016年の振り返りをお願いします。
 「昨年は、自分への信頼と期待を改めて実感した年でした。6月に会社で表彰され、9月はカープが25年ぶりのリーグ優勝と、皆様から大変温かい声援を受けました。30年間、カープファンを続けていて心の底から良かったと思えました」
 ――カープは日本一を逃しました。
 「日本シリーズでは力不足を痛感しました。日本ハムとの差は大きかったです。ただ、黒田が抜けても今年はもっと強くなる気がします。大瀬良、福井に期待です。2人とも先発としてやってくれるでしょう」
 ――17年の方針については。
 「仕事面では、南区編集長就任時に掲げた『南区中期10か年計画』の総仕上げの年です。目標の達成に向けて全力を注ぎ、皆様とのお約束を果たしてまいります。ラジオ出演も引き続き、取り組んでいきます。停滞するラジオ業界に少しでも貢献できればという思いもあります」
 ――重点施策や新施策はいかがでしょう。
 「肌荒れ対策、健康維持などを目的に昨夏から取り組みを進めてきた青汁(エバーライフ社製)1日2包は継続して飲みます。ビタミン摂取の成果が徐々に出始めています。10月に開催される横浜マラソンを3時間半で走れるよう、心身を鍛えていきます。懸案だった腰痛はかなり改善されました」

 ――注目される私生活はどうでしょうか。

 「昨年は今までに行ったことのない楽しい場所やおいしい食べ物に出会えた年でした。今年もそれが続くといいですね」

 ――恒例のダービー予想をお願いします。

 「12月に2歳重賞を3週連続で制した藤沢厩舎がついにダービーを制するのではと感じました。ホープフルSを楽勝したレイデオロは現時点での完成度ではナンバー1です」
 ――最後に皆さんへの新春のメッセージをお願いします。
 「今年も『自由と信念』の思いで皆様に情報提供し、ご提言やご意見を頂戴したいと思います」

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月31日(土) 22時49分18秒

【紅白&裏番組チェック】女子格闘技に活路を見出したいフジ

テーマ:芸能

年末恒例の企画。2016年も紅白と裏番組をザッピングし、各番組を当欄の視点で検証、評価してみた。

 

<NHK>紅白歌合戦【評価:★★☆☆☆】
唯一無二の超目玉だったSMAPが消え、小粒な話題のみとなった。司会の嵐・相葉は自らのセリフの度に「さぁ」から始め、前半はこれでもかというほど焦りが伝わり、空回り感が否めなかった。出場歌手数を減らしたこともあって、冒頭からタモリ&マツコの小芝居を入れたが、着地点が見えず、間延び感もあった。ゆずの「見上げてごらん夜の星を」の前には永六輔と親交のあった黒柳徹子をゆずが訪ねるなど、ちょっとしたストーリーVTRがあったが、本来ならこれだけで数十分のコーナーが作れるレベル。紅白の事前番組では一部が流されていたが、別枠で見てみたい内容だ。数年前まで見られた曲紹介前の応援が復活傾向。随所に入った点は賛否がありそう。サプライズで期待された星野源登場時の「恋ダンス」への新垣結衣の参加がなく肩透かし。

 

<日テレ>絶対に笑ってはいけない【評価:★☆☆☆☆】
今回のテーマは「科学博士」。家族揃って時間つぶし的に見るにはもってこいだが、毎年言うようにDVD見ればというレベル。膨大な製作費がそこで回収されているからこそ、続いている。

 

15年=絶対に笑ってはいけない
14年=絶対に笑ってはいけない
13年=絶対に笑ってはいけない
12年=絶対に笑ってはいけない
11年=絶対に笑ってはいけない
10年=絶対に笑ってはいけない
09年=絶対に笑ってはいけない
08年=絶対に笑ってはいけない(山崎VSモリマン)

 

<テレ朝>くりぃむVS林修7時間クイズサバイバー 【評価:★☆☆☆☆】
いつものクイズをダラダラと長く流しているだけ。自転車をこいだ分だけ問題が見られるクイズでは、ホリエモンが激走。トライアスロンの出場経験もある意外な一面を見せた。

 

15年=くりぃむVS林修7時間クイズサバイバー
14年=くりぃむVS林修7時間半クイズサバイバー
13年=今年スゴかった人全員集合テレビ
12年=ドラえもん/お願い!ランキング
11年=池上彰学べるニュース
10年=池上彰学べるニュース
09年=ドラえもん/ビッグダディ
08年=ドラえもん/Qさま

 

<TBS>KYOKUGEN2016ボクシングW世界戦【評価:★☆☆☆☆】
毎度のことだが、ボクシングの世界戦とオフシーズンのメジャー選手の遊びの対決を同列に並べるのは無理がある。松山秀樹、石川遼のアプローチ対決は見応えがあったが、この2人が普通のマッチプレーをするところの方が見てみたい。2年連続となった魔裟斗は昨年の試合で底が割れていただけに、期待感は相当低かった。5Rで判定もなく勝敗が付かないルールでは緊迫感も低い。

 

15年=KYOKUGEN2015ボクシングW世界戦
14年=KYOKUGEN2014ボクシングW世界戦
13年=KYOKUGEN2013 井岡世界戦
12年=KYOKUGEN2012 史上最大の限界バトル
11年=たけしの勝手に国民栄誉SHOW
10年=大晦日だョ!全員集合/Dynamite!(石井VSバンナ)
09年=Dynamite!(魔娑斗引退、石井デビュー)
08年=ボクシング坂田戦/Dynamite! 

 

<テレ東>30秒後に見られるTV/ボクシング2大世界戦【評価:☆☆☆☆☆】
火曜日レギュラー番組を拡大しただけ。「30秒後に見られる」と言ってもそこに至るまでの前振りVTRが長く、内容も平凡。前番組の「にっぽんの歌」も2時間に短縮。来年は同局の名物になりつつある「路線バスの旅」をやってほしい。

 

15年=仰天パニックシアター/ボクシングW世界戦
14年=年忘れ!にっぽんの歌/ボクシング世界戦
13年=年忘れ!にっぽんの歌/ボクシングW世界戦
12年=年忘れ!にっぽんの歌/ボクシング世界戦
11年=にっぽんの歌/ボクシングダブル世界戦
10年=にっぽんの歌/カンブリア宮殿
09年=にっぽんの歌/ルビコン
08年=にっぽんの歌/ハッスル(泰葉)

 

<フジ> RIZIN【評価:★★☆☆☆】
昨年は10年ぶりに格闘技を復活させたフジは今年もRIZIN。超目玉不在の格闘技界だけに、過去の名前にすがらなければいけない。負傷欠場となった神取忍はその典型。超目玉になり得る吉田沙保里を担ぎ出せず、ライバルだった村田夏南子に中井りんをぶつけたカードは今後に可能性を感じさせた。ほかのスポーツと同様に女子選手を前面に出してライトファン層をつかむのであれば、中井りんはその存在になり得る。無差別級トーナメントは9月の予選から今回につながるが、1年間通しての筋立てが見えづらい。年間通してのプロモーショ
ンでないとキャラクターも確立されず、格闘技につきもののドラマ性が乏しい。そのあたりをフジの協力を得ながら、どうやって露出を増やしていくかが課題だ。

 

15年=RIZIN
14年=フェイス・オブ・2014/映画「ワンピース」
13年=2020東京五輪決定SP
12年=アイアンシェフ生対決スペシャル
11年=ものまね紅白歌合戦
10年=アンビリバボー2010
09年=アンビリバボー
08年=FNS2008年クイズ!(島田紳助司会)

 

【まとめ】
各局が2016年とほぼ同内容で落ち着いたが、どれも前年を越えるインパクトはなかった。大晦日に限らず、日ごろから長時間番組が当たり前になっているだけに、大晦日とはいえ、特別感は少ない。和田アキ子切りまでして「歌重視」のプログラムを進めつつある紅白がこの路線を続けていけるかがポイントだ。他局、特に格闘技系のフジとTBSは年間を通してここにつながるようなプロモーションを仕掛けてほしい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月31日(土) 10時29分19秒

【スーパースター王座決定戦】スタート一気で青山が連覇

テーマ:競馬

青山の連覇だ。トライアルは2回戦から3連勝。特に2番手から楽に先頭をパスした3回戦は余裕の走り。隣の高橋との一騎打ちが濃厚。

【2車単】2=3、2=4、2-5



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

アメブロ用の簡単便利な無料プラグイン

by blog-parts fab.
[PR]賃貸

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。