メロメロパーク
2005-08-23 22:52:27

お久し振りです!!

テーマ:妊娠

皆様、だいぶお久し振りとなってしまいました。

何の報告もなしにもうブログほったらかしにしていました・・・・。


せっかく遊びにいらした方にもご心配をおかけしたと思います・・。

でも私は元気です!

ご心配をおかけしていたら申し訳ありませんでした。


ほったらかしにしていた理由といえば、

少しPCと離れていたかったというのと、

お客さんが来ていたので忙しかった・・・

そして

やる気がなかった・・・


でも、

カウンターを見ていると

昨日もココを覗きに来て下さった方がいらっしゃるんですよね。

有難うございます~~~~



今の私の状況は以前とそれほど変わってはいませんが、


ファミリードクターがついに見つかって、

今まで受けなければいけなかった検査などを1~2週間に1回の割合で受けています。

その間保険がないので

毎回毎回$50以上のお金が飛んでいってます。

(病院にはもうすでに6回行っています)


実は今日の午後も予約でいっぱいだった女医さんから

内診(産道の検査など)を受けることになっており、$75+ラボ代を払うことになっています。

しかもすべてキャッシュじゃなければならないので、

夫の収入だけではもう預金がなくなってしまって赤字・・・・


しかも、尿の中に感染が見つかり薬を飲んでいます。

下右腹が1日中痛かったのでお医者さんに診てもらったら

「尿の中に感染が見られるので、そのための痛みでしょう」

といわれました。

妊婦にはよく見られる事らしいのですが・・・。


実は私としては「過労の為のお腹の張り」だと思っていたのです。

痛みが始まった時、丁度義理の家族がパキスタンから帰って来ていて

前の日からはお義兄さんが泊まりに来ていたのです。


その日は夜が遅くて

私だけ早めに寝かせてもらったのですが

睡眠時間が5時間。

そしてお義姉さん家族が来てからは子供の世話や食事の世話で一日中台所に立っていました。

(本当に一日中だったんです!!!甥や姪が入れ替わり立ち代り、お腹が空いたーって来るんです)

本当はお義姉さんに手伝ってもらおうと思っていたのですが、

彼女は時差ぼけ・寝不足で休んでいました。

そうしているうちにその日の私の睡眠時間は5時間に留まりました。

今度は子供達(お義姉さんも)が朝の5時から起きだして騒いでいたんです。


その間の2日間、お腹の痛みは止まることがなかったんです。

寝ると痛みが和らぐので、立ち疲れ・睡眠不足・ストレスが原因だと思っていました。




でもお陰様で

もう痛みはありません。(時々あるけれど、一日中ではないので)



私の場合、お客様が来る事は余りありません。


でも私の大好きなお友達はツワリの始まった頃からずーっとお客さん(お泊り客)が耐えないようで

本当に大変だなーって思います。

せめて近所に住んでいたらお手伝いに行ったり、家に遊びに来て貰って寝ながらのんびりとかできるのにね~~

お腹が大きくなってきたら家事をするのも大変になってきますよね。

私の場合、もともとのこともあって

もうお腹が大きくなってきているのですが、

それでもどの位これから大きくなるのかと想像するだけで

「大変だよ~~~」って思います。


せめてもの救いはお天気が涼しくなってきた事です。

もう秋がやって来たみたい。

冬が来て、出産の日が来るのもあっという間なのかな・・・・?


AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005-08-06 03:30:49

戦争を知らない私達

テーマ:ブログ

昨日、お昼を食べながら海外でも見れる日本のチャンネル、TVジャパンをみていました。

最近見る事が日課になっているNHKの「生活ホットモーニング」。

ご覧になっている方もいらっしゃるのでは?


ここ数日は『原爆と平和』についてのレポートでした。

前回は長崎の被爆者3世の青年の話。

自分が生まれてくる前に亡くなった彼の祖母は若い頃原爆を受け、被爆者となったそうです。


そして今を生きる戦争を知らない彼。

でも平和を願い核兵器廃絶を願って高校生の頃から署名活動やデモ活動などを続けてきたそうです。

そしてNYでの核兵器廃絶デモ、平和を求めるデモに参加し、

日本だけでなく世界に向けての平和へのメッセージを呼びかけていました。



私は高校の頃、担当の英語教師と親しく話をする機会がありました。

彼女はヒロシマ被爆二世です。

そして高校3年の夏、

数人の希望する学生とその先生とでヒロシマに行き、平和式典に参加した事があります。

私達の高校は修学旅行と言うものが無く、代わりに数日の課外活動がありました。

平和式典に参加した私達は高校3年の課外活動にヒロシマに行く事を提案。

その提案はすんなり通り、高校生活最後の課外活動として私にとっては2度目のヒロシマに行きました。


・・・・あれからもう7年が経つのかな・・・・

また夏がやってきました。

私の大嫌いな8月。



そして放送も第二回目。

今回は「イラクに行った若者」がテーマでした。

同じ戦争でも、イラクは今も続いている現実。


3人の若者の、それぞれの目を通したイラクがインタビューを通して伝えられていました。

そして

私は

自分の目を疑ったのです・・・・



去年起きた「イラク邦人人質事件」。

まだ記憶の新しいものですよね。

私はカナダにいたので報道はカナダのCBCやBBCばかりでした。

その頃日本のチャンネルは取っていなく、日本でどんな報道をされていたのかはインターネットを通してでした。


日本の政府の対応やメディアの報道に胸がムカムカしたのを覚えています。

そして読売のインターネットに意見のメールを出したり、

またはアルジャジーラのサイトにメールを出して3人の若者を救う署名活動に参加したり、

これくらいしかできない・・・・でも何かをしたい・・・

という気持ちでいっぱいでした。


彼らが無事日本に帰国できたと聞いても、

その後の心無い人からの批判や中傷・・・・

日本は何かがおかしかった。



あれから1年以上が経ち、

彼らが今どうしているのかはあまり知られることがなくなりました。


でも、今回のインタビューには人質になった3人の中の最年少だった今井君が含まれていました。


インタビューの中で彼の今の気持ちを語る今井君。

元気そうで安心しました。

そして、そこに写る彼の家族も明るく笑う事ができていました。

そして彼のお兄さんも・・・・・


彼のお兄さんの顔を見て、

私は自分の目を疑ったのです。

イマイ君?

彼はイマイ君じゃない?


間違いなく、彼は私の大学の後輩のイマイ君でした。

私がアメリカに留学してからは会うこともなくなり、

彼はてっきりアメリカに留学していたのだと思っていました。


彼があの「今井君」のお兄さんだったなんて・・・・・


ショックでした。

彼は、どんな気持ちであの時を過ごしていたんだろう・・・・



ヒロシマに行って戦争のむごさを聞いた私。

そこで止まってしまった私とは違い、

平和活動をし続ける若者がいた。

平和のためにイラクに行き人質となり無事に返ってこれた若者が、バッシングで傷を負いながらも未だに活動している。


私に出来る事はきっといっぱいあったんだ・・・


私の産まれてくる子供が平和な世界とは何かを知る為に、

私は私の聞いたヒロシマ・ナガサキを伝えていかなければならないと思いました。

そして人を傷つけるのでなく、許す事、愛する事が大切だということも。

私には、私なりの役割があるのだと思うから・・・。

8月は、きっとそれを私に思い出させてくれる月なんですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-08-04 23:49:47

カナダの医療~2

テーマ:カナダ

前回 の続きです


7月も終わりに近づいたある日、

ようやくfamily ドクターと、産婦人科医を紹介してもらえるかもしれない

と言う事で、割と家から近くのWalk-in clinicに行きました。

このクリニックは朝8時から夜の9時まで開いているということで

オットと一緒に行ける雰囲気のよさそうなところでした。



受付のお姉さんに、

私がOHIP(州の健康保険)を持っていない胸を伝え、

妊娠4ヶ月である事、

そしてfamily ドクターと産婦人科医を紹介してもらいたい事を伝えました。


「ええ、できますよ」

と言うので、

$50を払い、お医者さんと会うことにしました。


診察室に入り、お医者さんを待っていると体の大きな白人のおじさんが入ってきました。

そして私に背を向け立ったまま

「どうして欲しいの?」

と一言。



「以前walk-in clinicにで尿検査を受けて妊娠と診断されたので、

妊婦の為の血液検査と、familyドクターと産婦人科医を紹介してもらいたいのですが」

と言いました。


すると、

「ああ、血液検査ね」と言い、

やはり立って私に背を向けたまま紙になにやら書いて

これまた私に背を向けたまま

紙を持った手だけを突き出して

「ラボに行って。紹介状についてはこの次に話しましょう」

と言って、部屋を出て行ってしまいました。



その間約1分・・・・・。


こんな短いなんて・・・

しかもこのために$50?・・・・・


少し不満に思いながら、

せめて血液検査をしてもらえる・・・と言う事でラボに行った私ですが、

その検査は

妊娠かどうかを知る血液検査でした。


看護婦さんに、

「もう妊娠って分かっているんです。

この検査ではなく、抗体やワクチンのことを知るための血液検査をしてもらいたかったのですが」

と訴えたのですが・・・


「まずはこれをしてもらわないと、紹介状は出せませんよ。

この血液検査で、はっきりあなたが妊娠何週目かがわかるんですから」

と言い返され、

3度も失敗しながらやっと血を抜いてもらったのです。


そして今週の火曜日。

夜8時に行ったらもう患者は受け付けていないと言われ、


そして昨日、水曜日。

もう一度今度はオットに早めに仕事から返ってきてもらい7時に行きました。

そして1時間以上待って、今度は別のお医者さんに診て貰う事になりました。


今回は私だけではまた何か間違いがあるかもしれないと不安だったので、

オットと一緒に診察室で待ちました。

入ってきたのはオットと同じくらいの年の若めのお医者さん。


「どうされました?」と、

ちゃんと椅子に座り、私達の方を向いて話をしてくれました。

そして

妊娠していることを告げ、血液検査をしてもらったこと、

familyドクターと産婦人科医を紹介してもらいたい事を伝えました。

「それなら簡単だ。

ココではもうfamilyドクターは新患を受け付けていないし、他のドクターを紹介する事はできないよ。でも産婦人科医の紹介はできるよ。これをもってラボに行ってください」

と紙を渡されました。


そしてラボへ。


白人のお姉さんが入ってきて、

私が何度も繰り返してきた台詞を述べました。


そのとたん、


「あなたにはもうfamilyドクターの電話番号をあげたでしょ!!!

まずはそっちに電話して!」


と言われ、

私は何のことか分からず?????????でいっぱい。


心を落ち着けて、

「どなたかと間違っているんじゃないですか?

私は先週の水曜日に来て血液検査をしてもらっただけです。」


といっても、

「あなたに間違いないわ」

の一本調子。

オットが助け舟を出してくれたのですが、

今度は

「保険なしでは産婦人科医は紹介できない。産婦人科医だって、保険なしではみてくれないわよ」

と言われたのです。


代わりにfamilyドクターの電話番号をもらいました。(家から遠いところにあるらしいです)

でも新患を受け付けているかは保障できないとの事。



何だかすべてを拒否されたみたいで、

そしてまた一からやり直しと言うショックからその場に座り込んでしまいました。

本当に、

もし保険なしじゃ紹介してくれないのならなぜはじめから言ってくれなかったのでしょう?

$50がパーですよ。

familyドクターの電話番号なら電話帳で調べる事だってできるのに。


お医者さんに診てもらえる!という希望を一瞬にして失った瞬間でした。



しかも、

そこのお医者さんに私の妊娠週を聞いたところ、

「5月7日から数えると、6月7日で1ヶ月、7月7日で2ヶ月、8月7日で3ヶ月だから、まだ3ヶ月にもなっていないよ。11週目くらいだね。」

と言われました。


??????

私は4ヶ月では?

私は13週目では?


彼の計算で行くと私の予定日は来年の3月7日になりますよー(10ヶ月目)

本当に、お医者さんなのかしら?

どう思います?この計算の仕方・・・。


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-08-04 23:02:29

カナダの医療~厳しい現実

テーマ:カナダ

昨日の出来事は、自称温厚な私を激怒させました。


はじめはあまりのことに怒りと言うよりも、あきれの方が大きくて体から力が抜けたっと言う感じだったのです。
でもそのうちだんだんと怒りがこみ上げてきたんです。


何が起きたかと説明するには少し月日をさかのぼらなければいけませんが、

でも妊娠発覚の時からの私の心理状況を想像していただければ分かりやすいかもしれません。



6月のはじめ、妊娠検査薬で妊娠が発覚し、

私はオットと共にWalk-in clinicに行きました。


そこの女医さんとのいきさつは以前にも書いたとおりなのですが、

2度(1度目は失敗)の尿検査で妊娠と診断してもらいました。


さて、少し保険制度の話になりますが、

オンタリオ州ではオンタリオ州の正式な住民になれば

ほとんどの医療は無料で受けられます。

それにはOHIPと言われる州の健康保険カードが必要です。

しかし、6月の終わりに正式に移民になったにも関わらず、OHIPを受け取るには本当にオンタリオ州に住んでいる証拠として3ヶ月の猶予期間が課せられるのです。

(他の州では直ぐに保険がもらえたり、または配偶者の保険でまかなわれたりするそうですが、オンタリオは違います)


私はもうすでに1年以上住んでいますが、それでも移民になってからさらに3ヶ月待たなければならないそうです。

その間の医療費は実費。

1回お医者さんに会うごとに$50ほどのお金を払い、

さらに診察や検査などをすると別料金でお金を払わなければなりません。


血液、尿検査などは$25ほど、

内診などは$50以上になることもあります。

エコーなどは$70以上らしいです。


日本にいたら、このくらいのお金は掛かるんだろう、日本にいるつもりになればいいかな・・・

我慢、我慢、と我慢してきたつもりです。


話を戻しますが、はじめに行ったWalk-in clinicの女医さんはとてもいい人で、

2回目の診察料+2回の尿検査代をタダにしてくれました。

ただ、彼女は「Family ドクター」と「産婦人科医」には紹介状は出せないと言い、

自分で探して・・と言われました。


Family ドクターと言うのはかかりつけの医者と言った感じで、

何かあるごとにまずその医者に診てもらわなければいけません。

その医者が症状をみて、それぞれの専門医(産婦人科医など)に紹介状を出すのです。

こちらでは1人1人(や1家族)に必ずFamilyドクターがいるのが常識です。

そして専門医は紹介状なしでは診てくれません。


移民したての人の為に設置されたサービス、地域情報センターというところに行き、

ソーシャルワーカーの方に相談したところ、

「今私達の住んでいるところには移民したての人の為の医療センターがないので(詳しく言うと、市からの援助金が削減され、新しい患者を受け入れていない)、他の市にある医療センターにとりあえず電話してみましょう」

と医療センターを探すのを手伝ってくれました。


医療センターは移民の人が保険を受け取るまでの間、無料で診てくれる所なんです。

診てもらえる条件もあり、その中には「そのセンターがある市に住んでいること」もあり、

義兄の住所、電話番号、オットの携帯番号を伝えましたが、

3週間たっても何の連絡もありません。

4回電話しましたが、

「こちらから連絡する」の一点張りでした。


唯一同じ市に住んでいる友達(パキスタン女性)に相談して

彼女のfamilyドクターの電話番号を教えてもらいましたが、

何度電話しても、夏長期休みをとっているらしく誰もでませんでした。


他のお医者さんも「今は新患を受け付けていない」とのこと。


そしてようやく先週、

Walk-in clinicとfamily clinicが一緒になっているところを見つけ

期待を胸に足を踏み入れたのでした。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-08-04 01:20:03

日本食依存症

テーマ:妊娠

皆様、コメント有難うございます!

ちゃんと読んでいるのですがなかなかお返事が書けませんでした。

これからお返事させていただきますね。




オンタリオでは先週末は祝日も重なって3連休でした。

オットと久し振りにゆっくりして、

私も久し振りに大鍋でお料理をしました。(チャナカレーと日本風野菜ビーフカレーです)

タマネギを切っても吐き気が起きないと言うのはなんという感動でしょう!!!(笑)


オットも久し振りのカレーにご満悦

次の日の夜(月曜)にはカレーもまだ残っていたのに、

「火曜日のお弁当にカレーを残しておこう!」

と言って、代わりに外食しよう!とのお言葉!!!


えぇ、お言葉に甘えて外食してきました!(爆)


でもなんといっても驚くのはいきなりの食欲。

何だかお腹が空くのです。

3時間前に食べたのに・・・3~4時間たつとまたお腹が空くんです。

でもさすがに食べすぎでの急激な体重増加は避けたいので、ミニトマト、ベービーキャロットやウーロンチャを口に含んで我慢・・・しているつもりです・・・・。

あと、梅干も・・・(でも塩分が怖いんですよねー)


今のところ、妊娠発覚前の体重から1LB(500g)の増加ですが、

それはツワリのおかげ(?)・・・

これから食欲が増して、きっと増えていくのでしょうね~

1ヵ月、1kg以内に留まらせたいけれど・・・


あぁ・・それにしてもお寿司がたべたいなぁ~~~~~

回転寿司で食べ放題とかしたいなぁ~~~~~

あと、焼肉もいいなぁ~~~


今日の朝、日本の実家に電話をしたところ、これから「すき焼き丼」を食べるところだったんだって~~~~~~~

あ゜ぁ゜~~~~私も食べたいよ~~~~~~~~~~~


しばらく私の日本食依存症は消えそうにありません。

(きっと赤ちゃんが欲しがっているのね!笑)


ところで、トロントのピアソン国際空港(家から30分)での飛行機事故、

しばらくテレビにかじりついて見ていましたが、

本当に死者がでなくて良かった!!!ネ。


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。