◆理想の彼を引き寄せる方法【恋愛開華塾】

 

 

こんにちは。

恋に悩める女性の救世主
関根里佳子です。

 

 

先週の日曜日9月25日は、

6回目の恋愛開華塾の本講座でした。
現在、第2、第4日曜日が本講座です。

 

当日は楽しくて、つい、写真を撮り忘れてしまいます(^◇^;)

 

恋愛開華塾の本講座では、
月2回のグループコンサルと、

 

 

 

3回の個別コンサルの形式で行っています。

 

 

 

6回目は「理想の彼を引き寄せる方法」

 

 

 

これは私の実体験から

思考は現実化する、どうしたらできるのか?

というお話をさせていただきました。

 

ブログにもメルマガにも書いてない方法です。

 

思考は現実化するといいますが、

ありえない方法でやってきますからね!

これは本当です!!

 

 

画像

画像

楽しみの一つにおやつがあります。

いただきものの青森のお土産などをみんなで食べました♪

 

終わった後は、近所の美味しいイタリアンに

懇親会に行きました。

画像
そこのお店のニンニクのジャムが絶品で、

いつもお土産に買って帰ります。

 

 

画像

3ヶ月の塾ですが、

本当にあっという間に終わってしまい、ちょっと寂しい。。。

 

 

 

上級者コースを希望する声もあり、

嬉しい限りです。


 

みんなの現実が、
良い方向にどんどん変わっていきますように!!

 

 

新しい恋を手に入れて、
大切にされる女性になりたい方へ!
▼自分史上最高に大切にされる女性のための個別相談▼

大切にされ、愛されたい女性必見

 

 

◆私がずっと言えなかったひとこと

 

こんにちは。

恋に悩める女性の救世主

関根里佳子です。

 

 

先日、個別相談に来てくださった方に、

「いつもは他でセッションを受けてもあまり泣かないのに、

関根さんのメルマガのお母さんを探すという

記事を読んで号泣した自分がいてびっくりしました。」

 

 

 

と言われたので、その後をFacebookに書いたところ、

皆さんからの反響が大きかったので、

ブログにも掲載しますね。

ここから

↓↓↓

 

 

以前、40年会ってない母を探そうと決めて、

ブログに書いたら、知らない方や知ってる方など、

いろんな方からたくさんメッセージをいただきました。

 


「私も同じです」
「実の親ならこうやって探せるよ」
などと、温かいメッセージ。
ありがたいですね。

 

 

 

 

戸籍をたどって、
母の居場所を見つけることができました。

都内に住んでいて、意外にも近かった。

 

 

 

子どもの時に父と母が離婚して、
父からはずっと会うことを禁止され、
写真も捨てられてなかったし、

 

 

 

 

「あんな女になるな」と言われて育ったので、
母の旧姓も知らず、母の誕生日も、
何歳かも、離婚した日も、

 

 

 

 

私がいくつだったのかも知らなかった。
知ろうともしなかった。

 

 

 

会ったら父を裏切ると思ってたから、
子どもの頃から、
会いたいという気持ちをないことにしていた。

 

 

 

裏切ると思っていたというのは、
大人になってからわかったことで、

 

 

 

多分、子どもの時は、
父に怒られるのが怖かったし、
父が悲しむのが可哀想と思っていたし、
嫌われるのが怖かったんだと思う。

 

 

要するに、
可愛がってもらって、
愛されるためだったのだろう。

 

 

 

だから、会いたい気持ちを
ないことにしていることにさえも、
大人になるまで気づかなかった。

 

 

 

友人たちに
「お母さんに会いたくないの?」
と聞かれても、

 

 

 

「全然」って言ってたし、
悲しいとも思わなかった。

 

 

そんな弱いことを
思う人間はダメだと思ってた。

 

 

 

 

でも妹の病気や、私の子どもたちも
父親と会ってないことなど、
色んなことがあって、
探して会うことに決めたのです。

 

 

 

母は現実、73歳。
42歳で再婚して、
知らない苗字になっていた。

 

 

 

区役所の戸籍の係に、
「なぜ探しているのですか?」と、
何回も聞かれた。

 

 

 

 

「ただ会いたいだけですか?」
と言われ、

 

 

 

「そうです、ただ会いたいだけです」 

 

 

 

 

と言ったら涙がポタリとこぼれた。

 

 

 

 

「お母さんに会いたい…」

 

 

 

 

その一言は、
子どもの頃から、
ずっと言えなかった一言。

 

 

 

母の家の前まで行き、
引き返して帰ってきた。

 

 

 

 

私のイメージでは、
母は孤独で貧乏ではないかと思っていたら、
まったく違っているようで、安心した。

 

 

 

 

幸せだといいな。

 

 

 

これから手紙でも書いてみようと思う。

 

 

 

 

人は、半分はお母さん、
半分はお父さんでできている。

 

 

 


自分のルーツを大切にしたい。

 

 


さぁ、次のステージまで、
あともう一歩!!


 

◆私にはこの人しかいない・・・は大間違い!!




こんにちは。
恋に悩める女性の救世主
関根里佳子です。





とても魅力的な女性なのに、





彼が浮気をしたり、
彼女のことを人格的に否定したり、
彼女のやることなすことにケチつけたりして、





周りの人からも、
「そんな男、別れた方がいいよ!!」





と言われるのに、
なぜか、別れずにずるずると付き合ってしまう。
そういう女性をたくさん見てきました。





あなたも、そのような経験ありませんか?





もしかしたら心の中では
「私にはこの人しかいない」
「もう次の人は現れないかもしれない」





と思っているのかもしれません。






でも、待って!!





「私にはこの人しかいない」






と思うのは、
大きな間違えです。





自分に自信がなかったり、
失恋の傷がまだ癒されてないと、





「もう、私の事を好きと言ってくれる人は
現れないのではないか」





「これで最後なのではないか?」と
思ったりします。




そして、
自分の気持ちを殺して、
ガマンして付き合ったり、




相手に合わせたり、
好きでもないのにずるずると付き合ったりします。




本当に好きならいいけれど、
自分の価値を値踏みして
ムリに相手に合わせるのはもったいないです。




過去をきちんと清算して、
自分に自信をつけていくと



あなたにふさわしい人が、
ふさわしい時期に、ちゃんと現れますよ。



新しい恋を手に入れて、  
自分史上最高に大切にされる女性になりたい方はこちら
↓↓↓

▼自分史上最高に大切にされる女性のための個別相談▼    

大切にされ、愛されたい女性必見  
   
  

◆選ばれる女じゃなくて、選ぶ女になろう!



 
 
こんにちは。
恋に悩める女性の救世主
関根里佳子です。
 
 

よく、「選ばれる女性」になりたい
という話を聞きますが、
 
 
 

大好きな彼から愛されたい、
嫌われたくないばかりに、
 
 
 
自分の本心を言えずに、
彼の言うなりになってしまっていませんか?





相手に答えようと、
自分の本心を閉じ込めていませんか?





自分にウソをついて、
本当の自分を閉じこめていると、
だんだん苦しくなってくるし、
体にも不調が表れてきます。

 

 

 

出会いというものは不思議なもので、
 
 
 
 
自分のことが認められず、
自信がないと、




自分の自信のなさを強化するような
相手に出会ってしまいます。



 
 
自分に自信がついて
自分を認められるようになれば、
 
 
 
 
 
だんだんと、そういう人とも
出会わなくなります。





彼に好かれようと媚びなくても、




 
嫌われるかもと、
自分の気持ちを閉じ込めなくても、
 
 


 
自信をもって、
堂々とあなたらしくいることが
大切にされ、愛されるヒケツです。
 



 
そのためには、
自分が今まで成し遂げたことを認めたり、
自分の得意なことを磨いたり、
好きなことをしましょう。
 

 
 
あなたのことを大切にしない人には、
きちんとNOと言えるようになりましょう。
 
 
 
日本の女性は、
おしとやかで、謙虚であることは
美徳ですが、
 
 
 
謙虚であることと
自信がないこと、
自分はダメと思うことは違います。
 
 
 
 

選ばれる女じゃなくて
「私が選ぶ」

と考えましょう。


 

 

人生は、
選択の積み重ねです。



 
 
すべてにおいて、
「自分が選ぶ」という
スタンスを忘れずにね^ ^
 

  

新しい恋を手に入れて、
大切にされる女性になりたい方へ!
▼自分史上最高に大切にされる女性のための個別相談▼
 

大切にされ、愛されたい女性必見

 

 

◇自分の人生を生きたければ・・・


こんにちは。
関根里佳子です。


先日、小さなヒナが落ちて?ました。
心配だったけど、ネットで調べたら、
どうやら巣立ちヒナらしいので、そっとしておきました。


巣立ってからしばらくは、
遠くで親鳥が見守っているそうなんです。



見守りながら、
「大丈夫、君は一人で飛べるぞ!」って、
松岡修造のように応援しているのかもしれませんね(笑)




親鳥は、卵からかえったヒナたちに、
1日に13時間、
約520回もエサを運んでいるそうです。




自分の食べる分を含め、
1日に720~820匹も
カ、ハエ、アブ、バッタ、
トンボなどの昆虫を捕まえているんですって。



人間も、動物も親って大変だわ~。




でも、ある時、親鳥は突然
子どもたちにエサをあげなくなり、
エサを遠くにおきます。




子どもが巣から出て、
自分の力で飛べるように、
わざとエサを遠くにやって
自立を促しているんですね。




動物の世界では、上手に親離れ子離れします。
自立するのは自然の摂理です。




親にエサをもらった恩があるから、
家に残って恩返ししないと
とは思いませんし、
いつまでも親にエサを求めたりもしません。




親も子も相手に期待してませんよね。




しかし、私たち人間は、
肉体は親と離れても、
精神的になかなか親と離れることは難しいですね。




なんだかんだ一生影響されます。




それは、人間は動物より脳が複雑なこと、



そして、が関係しています。



人は、愛が心の栄養です。




心の栄養である愛が、
命の存続や、心身の成長にも影響していくので、




満たされないと感じると、無意識に
いつまでも親の愛を求めてしまいます。




私たちの心の中にも
この巣立ちヒナのような子どもの心の自分がいて、




「ちゃんと認めてほしい」
「もっと愛して欲しい」
「自分だけを大事にして欲しい」



「褒めて欲しい」と
ずっと巣の中で期待して待っているんです。




そして、期待したものが叶わないと怒ったり、
反対に絶望して落ち込んだり、
ひねくれたりします。




もう羽も生えて、立派に巣立ちもできるのに、
いつまでも親から愛されることや
認められることを待っていては、
大空を自由に飛び回ることはできませんよね。




自分の人生をのびのびと自由に生きるには、
まず自分の中の子どもの心に気づき、




傷ついていたら癒し、愛を与え、
親に求める気持ちを終わりにしてあげる必要があります。




そうやって育てていけば、自信がついて
遠くまで飛べるようになるんです。




なににも囚われず、執着もせず、
自分の力で大空を飛びまわれるようになったら
どんなに気持ちがよいでしょうか。

変わるって怖いことだから、
巣から出るのはちょっと勇気がいるけれど、
勇気を出して飛び出してみると、楽しいですよ。




あなたの中の子どもの心も、
本当はそれを望んでいるはず。




大空を自由に飛び回るツバメのように、
自分にのびのびと人生を自由に楽しめたらいいですね。



大丈夫、あなたはちゃんと飛べますよ!




新しい恋を手に入れて、  
大切にされる女性になりたい方へ!  
▼自分史上最高に大切にされる女性のための個別相談▼  
  

大切にされ、愛されたい女性必見