先日、映画「美女と野獣」の実写版を

IMAXで観てきました。

 

 

平日昼間でしたが、公開当日だったからか
かなり混んでました。

画像

ディズニーのサイトからお借りしました

 

「美女と野獣」は大好きで、

アニメも何回も観てます。

 


実写版は、なぜ王子様が

野獣にされてしまったのかなど
 

 

アニメより少しだけ王子の過去について

描かれていました。

 

 

 

 

冒頭に魔法使いが出てきて、

 

 


「見かけに騙されてはいけない

美しさは内側から・・・」

 

 

 

というのですが、

本当にそうだなぁと思いました。

 

 

 

「美しさ」というのは

美人とか、イケメンとか

目鼻立ちが整っているとか

 

 

 

そういうことだけではなくて

その人の雰囲気や表情に表れます。

 

 

 

私は心理療法をやっているので、

人の話す内容よりも、

相手の表情や、顔つき、

 

 

 

言葉のトーン、

体の動きを見てしまいます。

 

 

 

職業病ですね笑

 

 

 

言葉はウソをつくけど、

体はウソをつきません。

 

 

 

いくら外見が美しくても、

心の中に人を嫉妬する気持ちや、

人と比べて負けないと片意地はる気持ち、

 

 

 

人を恨む気持ち、

自分を責める気持ちなどがあると

 

 

 

それは顔の表情や、

その人の雰囲気(オーラ)となって、

表れるものなのです。

 

 

 

いつも不平不満を言っている人は

口角が下がってきますし、

 

 

 

自分の本心と

違うことを言っている人は、

どこかの大臣のように

口が曲がってきます。

 

 

 

人を責めたり、

自分を責めたりしていると

眉間に深い縦じわがよってきます。

 

 

 

いくら顔の作りが綺麗でも、

意地悪な人は、

だんだんと意地悪な顔になるものです。

 

 

 

そう、心の中はバレバレなんです。

 

 


お化粧やファッションもいいですが、

 

 

 

美しくなりたかったら、
内面を整えて、

 

 

心からの笑顔でいられるように

することも忘れずに!!

 

 

 

笑顔でいれば運気も上がるし、

良いことがどんどん起きてきますよ。

◇人を助けたい人は、本当は自分を助けたい

こんにちは。
心理セラピストの
関根里佳子です。



私はセラピストの方や、コーチの方、
これからカウンセラーになりたいという方から
ご相談を受けたりします。




医師、看護師、セラピスト、
カウンセラー、コーチ、介護職など
対人援助職の方は、優しくて人を助けたい人が多いです。




その中でも特に優しい人は、自分を犠牲にしてまでも、
人を助けたいといいます。




でもね、こちらの記事でも書きましたが、
自己犠牲は美しくないのです。
http://ameblo.jp/mon-brand/entry-12093245753.html





人を助けたい人は、
実は、心の奥底では、
自分のことを一番助けて欲しいと思っています。




だから、人のためといいながら、
人に嫌われたくなくて、
自分の気持ちを飲み込んだり、



自分を満たしたくて、
自分を犠牲にして人に尽くします。




そして、病気になったり、
燃え尽きてしまう・・・。




人を助けたいのに、自分が壊れてしまったら、
どうやって人を助けられますか?




一番大切なのは、あなた自身です。
まずは自分を助けてあげてください。




自分を助けるというのは、




自分を認め、
自分を理解し、
自分を大切にし、
自分を愛し、
自分を成長させることです。




自分が潰れてしまったら、
人を助けてあげることはできませんよね。




もう一度いいますよ。




一番大切なのは、あなた自身です。




自分を大切にしてあげてくださいね。


ニュースレター
体験セッションの先行申し込み、セミナーの特別割引があります
【悩みがないのが悩みになる】
~ストレスを根本から取り除き、幸せを引き寄せる方法~



最新イベト・セミナー


クライアント様の声


お申込み・お問い合わせ


報告が遅くなりましたが、
2017年3月31日をもって、

20年勤務した会社を卒業しました!!

 

 

会社を辞めてすぐに報告をしようと思ったのですが、

翌日がエープリールフールということもあったり(笑)

 

 

毎日同じ時間に会社にいくという

「当たり前」が自分の中で変わっていくことに

慣れずに報告に時間がかかってしまいました。

 

 

 

2週間経ち、

だいぶ落ち着いてきました。

 

 

 

気づけば、かなり長い間、

ダブルワークをしていました。

 

 

 

私は高校生の時に、

父の会社が倒産して夜逃げをして、
ヤミ金が毎日取り立てに来る

という体験をしています。



父からいつも

「サラリーマンは楽でいい」

と聞かされていたので、

起業なんてしたいとも思っていませんでした。

 

 

 

会社だけの収入には頼れない

とは思っていましたが、

 

 

 

独立したいとか、

起業したいという人は、

奇特な人だと思っていました。

 

 

 

だから大学3年生の時に息子が、

大学を辞めて起業したいと言った時、

頭がおかしいのではないかと思いました(笑)

 

 

 

私が心理セラピーをしているのは、

起業したかったからではなく、

 

 

 

自分の自己重要感が低かったので、

「今の自分ではだめだ」と思い、

いろいろと学んでいるうちに

 

 

 


心理療法の道に入り、

長年の自分の問題(自己否定)が解決したので、
「これは私のように絶対に待っている人がいる!!」

と思い始めたことがきっかけです。

 

 

 

 

しかし、どうせやるならしっかりやりたいと

インターネットのスクールに行ったり、

コンサルの方にお願いしたりしました。

 

 

 

今では、セミナーを開催したり、

個別相談を行うと、ありがたいことに、

島根、佐賀、岩手、京都、静岡など地方からも

来てくださったり、

 

 

 

本講座には、

金沢、岐阜、群馬などからも

参加してくださったりしています。

 

 

 

ブログもメルマガも、

毎日はなかなか書けなくて、

 

 

 

生徒さんのサポートも

もっとしっかりやりたいし、

 

 

 

コンテンツももっと良いものを提供したいと

思ってはいたのですが、

 

 

 

いつも時間がなくて、

中途半端に終わっているなと

反省ばかりしてました。

 

 

 

 

でも、やはり「会社を辞める」

という決断がつきませんでした。

 

 

 

 

 

「いつかは辞めるだろう・・・」

 

 

 

 

そんな感じで、

ダラダラと時間が過ぎてしまいました。

 

 

 

 

人には変わることを勧めている割に、

自分が一番、変わるのが怖かったのです笑

 

 

 

 

会社に行きたくないのに

ガマンして通っていたら、

 

 

 

体の方が抵抗を起こしうつになったりして、
動けなくなり、会社を辞めることになった

という話はよく聞く話です。

 

 

 

いわゆる「強制終了」というやつですね。
 

 

 

 

自分の魂が望む方向と違う方向に行くと

宇宙が強制的に方向転換させるそうです。

 

 

 

 

私は「神様の往復ビンタ」と呼んでますが、

一見、大変だったり、

不幸に思えるような出来事は、

 

 

実は、良い方に

大きく変わるタイミングだったりします。

 

 

 

今までの人生でも何回か経験しているのですが、

今回も、ダラダラしていつまでも決断しない
私の背中を押すように、

強制終了がおきました。

 

 

 

昨年、突然に、

勤務しているビルを建て替える

話が出てきたのです。

 

 

 

 

建て替えに伴って、

異動がでるだろうなとは思っていたのですが

案の定、本部への異動が出ました。

 

 

 

今までずっと断ってきたので、

もう延ばすことはできませんでした。

 

 

 

異動先は、通勤時間が往復4時間くらい

かかるところなので、

 

 

 

その時間があったら、もっとやりたいことに

自分の命を使いたいと思い、

このタイミングで辞める決断をしました。

 

 

 

会社には、なんの不満もなく、
上司にも周りにも

「辞めるのはもったいない」と

言われたりしたのですが、

 

 

 

やりたいことがあるのに、

ここで辞めないと、

きっと後で後悔するだろうと思いました。

 

 

 

正直、安定を捨てて

新しいことにチャレンジするのは

不安ですし、怖いです。

 

 

 

でも、娘が交通事故に遭い、

一命を取り留めた体験から、

 

 

 

「人はいずれ死ぬのになぜ生まれてくるのか?」

という問いを、いつも持っている私にとって

仕事というのは、

 

 

 

食べるためのものでもあるけれど、

 

 

 

生まれた意味の一つでもある

「自分であること」を表現する

大切なものなのです。

 

 

 

本当にやりたい放題、

好きなようにやらせていただいたのに、

会社の方々には、可愛がっていただきました。

 

 

 

いくら感謝しても、感謝しきれないです。

 

 

 

派遣から、関連会社の社員に推薦していただき、

シングルマザーで2人の子どもたちを育てられたのも、

当時の上司や会社のみなさんのおかげです。

 

 

働きながら社労士の資格も取り、

お祝いのお金もいただきました。

 

 

娘が交通事故に遭った時も、

不思議な導きで、会社関連の方に助けていただき、

それがきっかけで、心理を勉強することになり、

 

 

 

おかげさまで今は私も、

どん底の人生から、

人の役に立つことができています。

 

 

 

たくさんの方に助けていただき、
いくら感謝してもしきれないですが、

直接恩返しはできなくても

 

 

 

私が人を助け、そのことで社会が少しでも良くなれば

恩送りはできるかなと思っています。

 

 

 

 

最後に挨拶回りや

電話でのご挨拶をしたのですが、

20年も勤務していると

 

 

 

あの人にもお世話になったという人が

沢山出てきて、時間がなくて

挨拶しきれませんでした。

 

 

 

この場をお借りしてお礼を申し上げます。

 

 

 

 

今は、「起業ブーム」と言いますが、
私は全ての人に起業は薦めません。

 

 

 

 

起業はメンタルが7割と言われています。

 

 

 

自分で仕事をするということは信念が必要で、

だた、今の仕事を辞めたい、
儲けたい、
お金持ちになりたい

ということを考えているだけでは、

 

 

 

一発屋は可能でも、

ずっと継続して、
うまくいくことは難しいと思います。

 

 

 

 

現に、私が心理療法を人に提供するようになってから

いろいろな人が現れましたが

続けている人はほんの一握りです。

 

 

 

父の時代の人たちを見ていても

自営で続けている人は少ないと感じます。

 

 

 

 

会社に勤めていれば、

健康保険も、年金も、雇用保険も

半分は会社が負担してくれるし、

病気になってもある程度は保証してくれます。

 

 

 

大きい会社であれば、

組合もあるし、労働条件なども

守られているところが多いと思います。

 

 

 

 

それでもどうしても

自分のやりたいことや、

社会を変えたいという思いがあって、

 

 

 

会社ではそれができない、

もっと自由に「自分」を表現したい!!

という人は、組織という枠から飛び出して

チャレンジしたらいいと思います。

 

 

 

そうでなければ、働ける健康な体や、

お給料や保障で守られていることに感謝しながら、

勤めていた方が良いと思っています。

 

 

 

健康保険証や、

社員証を本社に返した時、

「もう会社員じゃないんだなぁ・・・」

と少し寂しい感じがしました。

 

 

 

しかし、これからは

 

 

以前から会いたかった人と

平日昼間にランチをしたり、

 

 

 

お茶会や、ランチ会、

定期的な勉強会などを企画したり、

 

 

 

WEBの仕組み作りを強化したりと

やりたいことが沢山あります。

 

 


寂しさも不安も

私の中にあるものですが、

 

 


時間が自由になり、

仕事を展開できる

期待やワクワク感も大きいです。


 

 

「お金は取り戻せるけれど、

時間は取り戻せない」

 

 

 

知り合いの方に

そう言われたことがあります。

 

 

 

 

本当にその通りで、
私たちがこの地球にいられる時間は短いです。

 

 

 

 

この短い時間に、私は何を残せるのか??

 

 

 

どんな体験ができるのか??

 

 

 

そんな気持ちで、新しいことに

どんどんチャレンジしていこうと思います。

 

 

 

これからも今まで以上に

楽しみながら、

 

 

 

仕事にプライベートに充実して

いきたいと思います。

 

 

 

 

まだまだ未熟者ですが、

これからも

どうぞよろしくお願いいたします。

 

◆あなたの愛情表現、間違っていませんか?
 


大好きな人に、きちんと愛を伝えてますか?

愛情表現を間違えると、相手には伝わらないどころか、

返って嫌われてしまうことがあります。

 

 

 

こんにちは。

心理セラピストの関根里佳子です。

 

 

 

 

「ツンデレ」という言葉がありますね。

 

 

 

人前だと好きな人に冷たくしてしまい

誰もいなくなるとベタベタしたり、

デレデレすることを言います。

 

 

 

 

ツンデレくらいなら、

愛情表現の1つとして可愛いものですが、

この「冷たくする」のが過剰になり、

 

 

 

本当は好きなのに、浮気をしたり、

束縛したり、暴言を吐いたり、

 

 

 

わざと嫌われるようなことをするのは

ちょっと危険です。

 

 

 

以前、愛情を試すという記事を書きましたが、

試さなくても大丈夫。

こんなひどいことをしてもあなたは私を見捨てない??

 

 

 

素直になれない人は、勇気を出して、

もっと素直に愛情を表現するようにしましょう。

 

 

 

 

時には大好きな彼に、感謝の気持ちを伝えたり、

時には、「愛してる」、

「大好き」と伝えてあげましょう。

 

 

 

 

ストレートに愛情を表現しても、

あなたの負けではありません。

 

 

 

恋愛に勝ち負けは必要ないしね。

 

 

素直なあなたは、男性から見たら
(もちろん女性からもですが)とっても魅力的!

 

もっと彼から大切にされちゃいますよラブラブ

 

◆お金も人も集まってくる人の特徴


私のところには、

自営業や起業したい方、

経営者の方が多く来てくださいます。

 

 

 

みなさん、優秀ですし、

自分で何かをやりたいという

向上心も意識も高い。

 

 

 

こんにちは。

心理セラピストの関根里佳子です。

 

 

 

新しいことにチャレンジしたり、

何を変えたいと思う人がいるからこそ、

世界は変わっていきます。

 

 

 

しかし、エネルギーの高い方こそ要注意なのは、

「必要以上に力が入りすぎてしまう」ということ。

歯を食いしばり、がんばって、
体に力が入りすぎてしまっている状態を

ずっと続けていると

 

 

 

心身ともに疲れ果て、

しまいに動けなくなってしまいます。

 

 

 

よく「燃え尽き症候群」などと言いますが、

いくら目標に向かって頑張っても、

燃え尽きてしまったら元の木阿弥です。

 

 

 

力は入れたり、抜いたりと、

緩急つけられるようにできると

物事はすいすいとうまくいきます。

 

 

 

 

あなたは、歯を食いしばり

がんばっている人と、

 

 

 

自然体で楽しそうにしている人と、

どちらの人と仲良くなりたいですか?

 

 

 

 

もちろん、自然体で

楽しそうにしている人ですよね。

 

 

 

 

 

そう、お金も人も、

自然体で楽しくしている人の方に、

集まってきます。

 

 

 

 

がんばるって悪いことではないですが、

自分の価値を証明するためだったり、

誰かに負けないためだったり、


 

不安を回避するためだと、

がんばりが空回りになってしまい、

何事もうまくいきません。

 

 

 

うまくいかない時は、

一度、がんばるのをやめてみましょう。

 

 

 


そして、自分の潜在意識の中にある

必要以上にがんばってしまう理由を

一緒に見つけていきましょう。

 

 

力を抜くと

どんどん自然体に近づいて、

楽に、幸せになっちゃいますよ虹

 

 

  無料メルマガ登録はこちらから▼