~Flow Smooth.~ 身体・心・思考のムダを削ぎ落とす方法

マタニティ・産後の女性専門ボディ&メンタルケア
脳の負荷を減らし、本来の思考力を発揮し、仕事でも飛躍する方眼ノート指導
筋肉のコリやストレスを1分で軽減するセルフケア技術
身体・心・思考のムダを削ぎ落とし、本来の自分の力を発揮するためのヒントをお伝えします。


テーマ:

 

吉田ひとみです。

 

 

先日、「なんだか心に響くなあ」って言葉に出会いました。

それが、とある師匠の言葉です。

 

 

「吉田さんの(中略)には、『幸せのレシピ』が詰まっていますね」

 

 

『幸せのレシピ』

 

どこかで聞いたような言葉ではあるかもしれません。

 

 

が、これ、わたしが文章にしたとしたら?どうなっていただろう?

 

・・・・

 

せいぜい、「幸せの作り方」ぐらいにしかならなかっただろうなと思うのです。

 

 

なんで、こんな素敵な言葉でお返事ができるのだろう?

普通なら、「幸せになる方法」とか。だよねえ。

 

 

で、考えてみました。

 

 

「レシピ」って、お料理の用語と言っていいのかわかりませんが

おそらく、多くの人が”料理の”レシピが思い浮かびますよね。

 

で、レシピって結局なんなのかというと、「作り方を書いたもの」なわけです。

 

 

そう、作り方。

 

 

ここを、見ただけでそれだとわかる言葉に置き換えていたんです。

 

例えば、他に「作り方を書いたもの」で連想できる言葉はあるでしょうか?

 

 

説明書とか?(ちょっと違うな) 設計図、とか?

 

それを、おおよそ別分野の言葉と組み合わせてみるのです。

 

例えば、「美の設計図」とか。笑

「健康の設計図」とか。

 

これが、「飛行機の設計図」とかだと普通なわけです。

 

 

他にも例えば、

 

頭の中が  × グチャグチャ

思考が     カオス

        迷宮入り

 

こんな風に書き出して、タイトルを

「いつも思考が迷宮入りしてしまうあなたへ」にするとか。

 

ああ全然素敵な言葉の感じはしてきませんが笑

 

「別世界、別業界での象徴言葉」をどんどん思い浮かべて書いていくといいのだと思います。

 

 

心に響く言葉を紡ぐヒントはまず第一に

 

・素敵な言葉に触れる感性、素敵な言葉だと感じること

 

そして、連想ゲーム的にありきたりな言葉を「象徴言葉」へ変換し

別ジャンルの言葉と掛け合わせる。

 

本当に、ゲームみたいで面白いので、ぜひやってみるといいと思います。

 

それでは。

 

 

< 吉田ひとみ無料メルマガ >

~Flow Smooth.~

身体・心・思考のムダを削ぎ落とし、本来の自分の力を発揮するためのヒントをお伝えします。

 

メルマガ限定情報や講座の先行配信、読者限定の無料プレゼントなどもあります。 登録はこちらから⇩

https://39auto.biz/graceful/touroku/mailmagazine.htm

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

吉田ひとみです。

 

先日(といっても6/10ですが)、方眼ノート1day受講者交流会を開催していただき、行ってきました。

いつもよく寝ている娘が、「ふんぎゃー!」となかなか寝ず、少々バタついてしまいました。

 

その様子を踏まえて今日は

「うまく書けない・・・」悩みが「ハッ!」と心がラクに変わるノートとの付き合い方をお伝えしようと思います。方眼ノートユーザー向けの内容になります。

 

方眼ノートとは?

 

交流会ではこんな声が上がりました。

 

「行動欄がいつも真っ白。振り返ってみて、ああ、使いこなせてないな。と。」

 

「真ん中(解釈欄)が真っ白だった。どうしていいかわからなかったところに、ひとみさんから「行動から解釈を考えてみたら?」と言われて、あ!!と心がラクになりました。」

 

「1行目(タイトル、テーマ)が書けない。そういう場合は?」

 

 

小学生からでも書けてしまう方眼ノートでの思考整理ですが、意外と大人は知らないうちに無意識の制限がかかっているらしく、その制限が「できない・・」「使いこなせない・・」を生み出しているようです。

 

方眼ノートの最大の特徴は、「許すこと」です。

どこから書いてもいいし、空白でもいい。

 

いつの間にか、自分でルールや書き順を設定してしまっているのだと思います。

 

>「行動から解釈を考えてみたら?」と言われて、あ!!と心がラクに

なるのは、ずーっと、一方向から見ていて、解決しないから、今度はできていない自分を無意識に責め始めていたのではないかと思います。

 

人は「できない・・・」という能力の不足にフォーカスしてしまいがちです。

 

ですから、見方を変えるフィードバックを受けると、ハッ!という気づきと共に責めていた自分からも解放された気持ちになるのかな、と思います。

 

 

「1行目(タイトル、テーマ)が書けない。そういう場合は?」

これも、一番初めに書かなきゃいけないという思い込みでした。

 

方眼ノートは、唯一の「相手のために書くノート」つまりその場に2人以上居ると解決力が加速します。

 

方眼ノートを学んだら、ぜひ

 

1.実践してトレーナーからフィードバックをもらいましょう

そして

2.方眼ノートは、どこから見てもいい、どこから書いてもいい、空白でもいい

 後からマジックワードを投入してみたり、見える言葉に変換したり。遊びましょう^^

3.切り口を絞るのが、1行目。

 絞りきれていないままにノートを書き始めると、最後に書くことが多いです。

 逆に、切り口が決まっている場合は、先に書いておくのノートの内容がぶれずとってもシャープになります。

 

もし、「うまく書けない・・・」と思っている人は、

 

「ゆるす、眺める、遊ぶ」

 

で、楽しんでノートに取り組んでみてくださいね^^

 

それでは。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

吉田ひとみです。



ちょうど昨日の早朝、いいようのないモヤモヤがあって。


「わたしはどう思われてるかな」思考になってたんです。嫌われているんじゃないか妄想です。


対、外に。正直すごく珍しいです。


なーんでこんなに外を気にしてる?

自分に戻ってくるにはどうしたらいい?

久しぶりにサイコロ振ったほどです笑


そしたら

「人と人の価値観の違いを楽しむ」とか

「制限、自由」とか「家族、兄弟」とかキーワードが出て来て、思考を整理していくと


結局、自分から

「直接会ってもない、コミュニケーションもとってない人から嫌われていようが、好かれていようが、どうでもいい」って結論がでて来て、


会いたい人には自分で連絡とればいいし

コミュニケーション取りたい人にはメッセージでとればいい。


どういった行動を取れるかの選択肢を出してみて

自分がどの価値観、スタンスに居たいのかは

自分で決めればいい。


どう在りたいかを選べばいい。

そう在るように行動すればいい。



そして何より、「わたしは今めっちゃ幸せ」だと気づく。他人が気になるのは、こっち(自分や家族)になーんにも問題がないからだ。


優しくて、不器用だけど最大限に家庭想いで

わたしが何やらかしても受け入れてくれる夫

元気いっぱいの健康な甘えん坊息子

4カ月にしていつも誰にでも笑顔で照らしてくれるこれまた健康な娘

近所に住んでる元気な両親

良好な関係性



なんや、すっごく幸せやん!!

他人なんかどうでもいい。

っといったら語弊があるので

『家族でもない他人がわたしのことをどう思ってるかなんて』どうでもいい。そんなのわたし次第で変わる。



スッキリ。



そして何よりも、

「自分でこのプロセスを通った」のがさらにスッキリ。



わたしがノートを手渡した方々からは、ほうぼうからこの効果を聞いてはいたけど、わたしは普段メンタルがさほど落ちないので使うことなかったんです。



『それはこうだああだ、こうすればいい

良い悪い、しなさいやめなさい』


こういったアドバイスは、時にその人を劇的に変えるきっかけにもなるので悪いとは思いませんが、


時に相手が自分で「考える」プロセスを奪っているかもしれないという視点を


教育というものにたずさわるひとは頭のどこかに持っておくといいのかもしれませんね。


スッキリモヤモヤをそぎ落としたと思ったら、今日は蟹座の新月ですなぁ♪

夏至も過ぎたばかりだし

デトックスに向かっていたのでしょうか。


今日は呼吸瞑想でスッキリ。

(こっちは絶対スッキリするのはわかっていたので、あえて違う方法で今回は挑戦してみました)



P.S.ちょうど、家族の愛、幸せに気づいたとき、小林麻央さんの訃報が飛び込んできました。

ホントに「愛の人」だったのですね。

故人のご冥福をお祈りいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

吉田ひとみです。 

先日の金曜日、またもや朝から高熱を発してしまいました。 


完全に乳腺炎です。 
乳腺炎って辛いですね。 

インフルエンザよりも高い熱が一気に上がります。 
私の場合、今回は38.8度でした。 

前になった時は、39.2度。 

初めの対処が遅れると、どエライことになります。。 

今回は、対処が早かったので、なんとかその日のうちにはリカバリーしました。 


夫が、初めて私の不調で半休を取ってくれました。 


さて、あなたは、 

「そういえば、(できるように、良い方に)私、変わってるじゃん!」 

って、気づいたことはありますか? 


おそらく多くの方が「ある」と思います。 


その時の気持ちって、どんなのでしたか? 


すごく、嬉しくないですか?? 

昨日、とある方とのやり取りの中で、 

「『そういえば、私(できるように)変わってるじゃん!』 

これがイチバン嬉しかったりしました。」という文脈が出てきたんです。 



あ、そうか・・・と思ったんです。 


そういえば、できるようになった! 
嬉しい!! 


なぜだろう? 
あーだから、こうすればいいんだー 

そして、次の行動。 


人が成長する時、なりたい自分に変わっていく時って 
こういう思考回路が働いているんです。 


それの一番最初が、「できるようになった!」または「ここが変わった!」と 
「気づくこと」なんです。 



「変わりたい・・・」と思っているのに、変わらない原因。 

「こんな自分になろう」と決めて行動しているのになかなかならない原因。


その原因の一つは、「変化に気づけないこと」。 

多くの人は、この変化に気づけないまま 
また次、また次、と別の方法=ノウハウに飛びついていきます。 


そして、結果が出ない。 

自分はダメなやつだ・・・負のループに陥っていきます。 


だから、「変化」に気づけることは重要です。 


しかし、「そういえば変わってる!!」って気づく時、 

それは偶然ではありませんでしたか? 
または、人と話していて気づく。 
人から指摘されて気づく。 


自分で、必ず変化に気づける方法があれば、 
次の一手=「行動」を設定したり修正したりすることができると思いませんか? 



あ、そうか・・・ 
と思ったんです。 


他人からの指摘が必ずしもなくても 
アレが、「自分で必ず気づける」方法だったんだ・・・ 


次回は、そのアレ=「自分の『変わったじゃん!!』に必ず気づける方法」

についてメルマガ限定でお伝えします。 
 

興味のある方は、以下からご登録ください。

それでは、また。

 

 

< 吉田ひとみ無料メルマガ >

~Flow Smooth.~

身体・心・思考のムダを削ぎ落とし、本来の自分の力を発揮するためのヒントをお伝えします。

 

メルマガ限定情報や講座の先行配信、読者限定の無料プレゼントなどもあります。 登録はこちらから⇩

https://39auto.biz/graceful/touroku/mailmagazine.htm

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

吉田ひとみです。 


先日、「子供の足と靴の勉強会」なるものに、家族全員で参加してきました。 

子どもの足の発達や病気の特徴と、靴選びのレクチャーに加えて 
フットプリントをとって、それを元に個別カウンセリングもしてくださいます。 

{9400097C-CFD9-4B0E-9F59-565229356AF1}

 


行ったのは 
「うめだ阪急 11階 アンファン・ドゥ アルカ」さんのイベントです。

今日はそこからの学びをシェアしたいと思います。 


私は、足に関しては知識が深くありません。 
(作業療法士はおそらくあんまり得意ではないかと) 

しかし、ベースとなる知識はありますので 
専門的で、専門用語もバリバリ出てくるお話でしたが 
大半は理解できる内容でした。 

(っていうか、周りのママたち、動き回る子供に気を取られて 
まともに聞いている人はどのぐらいいたのでしょうか・・・) 


そもそも、子どもの靴ってどうやって選んでいますか? 
適当な安い靴を、適当に履かせていていいと思いますか? 


「足」って、一生使う、大事なカラダの部分ですよね。 
かつ、足の変形や異常って、一度できたらなかなか治りません。。 


歩き方がおかしくなると、その上の膝、股関節、腰、首、 
ハイ、どんどん異常が上に登ってきます。 

足がおかしいと、速く走れませんし 
うまく踊れませんし(かつてO脚だった私は痛いほど実感しました) 
すぐに疲れてしまいます。 

というわけで、足はめっちゃ大事です。特に子どもの! 


ではまず、「これってO脚・X脚じゃない?大丈夫なの?」 
という時の、病院にかかるかどうかの目安をお話しします。 

子どもの足は 

1歳の頃・・・O脚 
3歳の頃・・・X脚 
5歳の頃・・・ストレート 

というように発達していきます。 
ですので、これに従うと明らかに、「5歳でO脚」だとおかしいわけです。 

逆に、1、2歳でO脚の心配は必要ありません。 
扁平足も同様で、3歳ぐらいまではほとんどなくても心配はいりません。 
(元々土踏まずはありません) 

5歳になって、O脚に扁平足が合併していたら、相談が必要かもしれませんね。 


次に、靴選びのポイントです。 
一気に書きます。 

1.カウンター(かかとの後ろ)に芯が入っているものがベター 

2.足の曲がる位置は一箇所。だから、靴底もその一箇所だけで曲がること。 

3.足に最適な素材は・・・? 革です! 

4.ハイカットがいい?ローカットがいい?=ハイカットです! 

5.重要なのは、木型。 


次回、これらの「なぜ?」と 
・足チェックでわかる子どもの足の黄信号 
・近くに専門家がいない!素人でもできる靴選びと履かせ方 

を、メルマガ限定でお伝えしていきます。

 

 

なぜなら、人に教えるほど深いわけでもなく

個人的なアウトプットでもあるから。

 

わたしの学びをシェアさせてください^^

 

専門的な言葉や知識を、素人レベルの実践に落としました。

興味のある方は、ぜひメルマガでお読みください。

 

 

< 吉田ひとみ無料メルマガ >

~Flow Smooth.~

身体・心・思考のムダを削ぎ落とし、本来の自分の力を発揮するためのヒントをお伝えします。

 

メルマガ限定情報や講座の先行配信、読者限定の無料プレゼントなどもあります。 登録はこちらから⇩

https://39auto.biz/graceful/touroku/mailmagazine.htm

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

吉田ひとみです。



わたしは、

すっごく子どもが欲しいとか

思ったことはなくて。


2人目の時も、特に思わなくて。

(兄弟を作ってあげなきゃとかいうあれね)


旦那さんが、そろそろもう1人、、、

というから、まぁええよ。みたいなノリ。

あかんとも言わない訳ですね。(ダメな理由はないから)


1人目は、結婚式当日が生理2日目だったんだけど、次の生理がこなかった。

2人目は、「ちょーっとこのセミナーが終わるまでは!講演会が終わるまでは!待って!」といって待ってもらった次の生理がこなかった。



結婚も、この辺りのタイミングでプロポーズがなかったら、もう付き合うのもいいやと思ってたり(2年半以上気配なかったのに、そう思ったらすぐプロポーズされた)。なんというか執着がない。。



わたしは、仕事は割となんでもソツなくこなせるほうで。事務的なのも、創造的なのも。



マルチタスクになってくると

これは苦手とか嫌いなタスクはあるけど

それに集中すればそこに「好き」を見出だせる。



だからなんでも1人でやってしまおうとする傾向があった。



人見知りで、過去の体験から、わたしは友達作るのが苦手っていう思い込みも手伝って

あえて人の輪に入っていくことができなかった。



そんなわたしが、


なんで結婚して

なんでわたしのもとに2人の子どもが来てくれたのか。


それは


「幸せや成功は、他人が運んでくる」


ってことを教えにやってきたのではないかと

最近思うようになった。



赤ちゃんが産まれる、

妊娠、出産、子育てがこのライフステージにあることで


わたしは仕事で人に頼らざるを得なくなった。


1人であれもこれも処理することができなくなった。だから、色んな人に助けてもらうようになっに。


でもそうするようになると、事実、

明らかに1人でやるよりも質がよく、

スピーディで、素晴らしい仕事ができている。

企画も上がるし、進む。

結果が出る。



考えるときもそう。

全部自分の頭で考えない。

他人の頭で考える。



すると、すごい発見があって

また、自分の頭に次の行動が浮かぶのだ。



1人でやるな。

チームの素晴らしさを体験しなさい。


そう言われている気がする。


その証拠に、、

たくさん同僚がいた病院を出て、孤独な独立起業者になるかと思いきや、、


声かけて集まってくれる仲間がたくさんいる。

それも、起業者つながりとかいう一線引いた仲間じゃなくて

同じ仕事をチームでやる、仕事仲間。

{F0C3FDCE-AF31-4843-AAFB-7F424F01C9EC}

チームでいてくれてありがとう。


「幸せや成功は、他人が運んでくる」


こんな実体験をさせてくれてありがとう。

{AFFB75FD-9D8A-4F9E-81BD-5C73A0BEEC6B}



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

吉田ひとみです。

 

本日の朝、実はラインのタイムラインにこんなことを呟きました。

 

動画に父親が出てこない。

これが現実なのだろうと思うと、わたしは全然マシ。

 

でも、早朝からごはんも作り終え、洗濯も終わっているのに、ごはんを作り終えてから食べるまでに、娘の世話してると気づけば2時間たっている。

洗濯物も干せない。

そうこうしてるうちに息子が起きてきてごはんを食べさせなきゃいけない。

わたしの朝ごはんはいつ食べられるのか。

ほどなくオムツ替えとおっぱいの時間がまたやってきて

そうしているうちに昼ごはんの時間になり

食器洗いも風呂掃除も食事の用意も残っているのに

片付けた先からオモチャが散らばされ

また息子のごはんを食べさせるのに2時間かかるのだ。

毎日少しでいいから自分の時間が、しかも仕事の時間が、勉強の時間が欲しいと思うことの、何がいけないのか?たまり溜まっていく本と、オンライン講座。

http://ka-tan.blog.jp/archives/1065932631.html

 

 

ブログリンクは、今「ワンオペ育児を賞賛してる」と批判されているという

ムーニーのCMに関するブログです。

 

なぜ、こんなことを呟いたのだろう。

 

動画に父親が出てこない。

これと、うちの夫を重ね合わせたんだろう。

 

どう考えても、意識がマイナスの方向に向かっています。

 

できないことばかりをみています。

 

なんだか、元気も出てきません。

 

こんな時、どうすればいいのでしょうか?

 

わたしは、こんなことを試してみました。

やっと、洗濯物を干せた時にふと浮かびました。

 

「できたことをリストアップしてみよう」

 

実際にリストアップしてみました。

(愛用中の「超」結果手帳には、昨日のうちにToDoを埋めてありました。)

 

・スタッフへの指示出しを3件

・アイデア出ししてアウトプット1件

・進行中の案件の相談2件に乗る

・別件での相談4件に乗る

・新しい試みを2つ始めた

・ホームページの更新を1件

・ホームページ更新依頼を1件

・セミナーの振り返りをまとめアウトプット1件

・ブログ+メルマガセット1件

・朝と昼の食事の用意、洗濯、子ども2人のお世話随時

 

これだけの仕事を、昼の13:00までの間にやり終えていました。

 

え・・・・・・

 

 

わたし、まあまあすごいやん?!

 

息子のご飯に時間が最大2時間かかるの事実だし

娘におっぱいやり出したら、日中夕方はなぜか1時間潰れるのも事実。

 

それでも、これだけの仕事をやってた。

 

書かないと分からなかったです。

 

もし、あなたが、家事と育児に追われてやりたいことが全然できてないと感じた時

 

もし、あなたが、自分のやってることが全部中途半端だと感じる時、

 

もし、あなたが、自分が辛くて他人のせいにしてしまいそうな時、

 

振り返ってみてください。

そして書き出してみてください。

 

あなたがそれまでに「できた」ことを。

 

 

すごいことを、やっています。

 

 

書いてみると、わかります。

 

人は、いかに曖昧な世界に生きているか。

いかに思い込みの世界に生きているか。

 

曖昧が、明瞭になった瞬間、次の一手が明確になります。

曖昧が、明瞭になった瞬間、「自信がない・・・」の次元を超えます。

 

そう、「自信がない・・・」は、「ただやるだけ」に変わるのです。

ただやったことをまた明確にすれば

 

それはいつしか自信になります。

 

「わたしすごいやん!」

 

ただ、自分にそう声をかけるだけではなくて

「こんなにできてた、わたしすごいやん」って根拠を持って

 

声をかけてあげてくださいね^^

 

思い込みの世界から抜け出すヒントは「書き出す」にありました。

 

 

それでは。

 

 

< 吉田ひとみ無料メルマガ >

~Flow Smooth.~

身体・心・思考のムダを削ぎ落とし、本来の自分の力を発揮するためのヒントをお伝えします。

 

メルマガ限定情報や講座の先行配信、読者限定の無料プレゼントなどもあります。 登録はこちらから⇩

https://39auto.biz/graceful/touroku/mailmagazine.htm

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

吉田ひとみです。

 

更新が空いてしまいました。

実は、先週の月曜日の晩から、悪寒戦慄でガタガタ震え

 

翌日から熱発して、実家に引き取られていました。

子供のご飯を作るのはおろか、食べさせることすらできず

 

夫はもちろん、家にはいませんので。

 

熱がおさまった金曜日の朝からは

結膜炎に。

 

実家への移動時に必要なものとして

「メガネ」を忘れてしまい、コンタクトの液ももちろん忘れ

 

1日だけそのまま寝てしまったんです。

そしたら、感染性結膜炎だと。

 

こんなの初めてです。

免疫力の低下って怖いですね。

 

で、やっと、少しの時間はパソコン前に座れるようになりました。

ノートにはアウトプットしていましたが

パソコン前には座れず・・・

 

ところで、皆さん

一番自分の身につく勉強法が「アウトプット」であることは

もうご存知のことかと思います。

 

しかし、アウトプットって

勉強した時だけなのでしょうか???

 

・・・違いますよ。

 

 

全てです。

 

あなたが何かをした時、全てです。

例えば、お仕事でクレーム処理をした時。

例えば、ご相談に対応した時。

 

子どもとお話ししている時。

赤ちゃんをじっくり観察している時。

 

何かにピン!と閃いた時。

 

 

これらのインプットをその都度思考の流れに乗せて

アウトプットすれば、

いつでもその知恵を思い出せ、他の仕事や

他人にアドバイスするときに使える形となります。

 

 

しかし!!

 

そんなしょうもないことと言ってはなんですが

日々のことをまとめても

 

それを文章としてアウトプットする場所、お持ちですか?

 

私はこうやってブログを書きますが

もちろんブログにはかけないようなお仕事の企業秘密でのアイデアもあるわけです。

 

ノートには書きますが

文章化した方が、より定着します。

 

 

そんなときにアウトプットできる場所を

自分なりに決めておくことをおすすめします。

 

 

1つは、こういったブログ。

 

そして他には、仕事仲間のコミュニティを作成しておくのもおすすめです。

メッセンジャーのようにコメントが流れていくものは気軽ですが

 

Facebookでいうとグループのような媒体がおすすめです。

 

 

さらには、単独の1人!

 

相談相手と言いますか

 

自分の考えを聞いてくれる人、上司とかね。

決めておくといいですよ。

 

私はよく、単独で相談をふっかけます。

思いついたら吉日!でふっかけます。

 

そうすると、すごいスピードで話が進むことがよくあります。

 

考えることも大事ですが、

「考えたことを放出する場所」

 

まずこれを確保しておくと、アウトプットも楽しくなるかもしれませんよ。

 

それでは。

 

< 吉田ひとみ無料メルマガ >

~Flow Smooth.~

身体・心・思考のムダを削ぎ落とし、本来の自分の力を発揮するためのヒントをお伝えします。

 

メルマガ限定情報や講座の先行配信、読者限定の無料プレゼントなどもあります。 登録はこちらから⇩

https://39auto.biz/graceful/touroku/mailmagazine.htm

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

吉田ひとみです。

 

あなたは今、お仕事などで何らかの問題を抱えていますか?

わたしは、抱えています。。

 

絶賛対策中です。

 

と、同時に

まだ産後2ヶ月ですので

 

体は本調子ではありません。

こちらも問題があります。

 

というのは、体を朝から整える時間が取れないと

骨盤の仙腸関節のあたりが多少痛くなり

 

そのまま立ちっぱなしになったり、長く歩くと

腰が痛くなったりします。ひどくはないのですが

まさに「本調子ではない」感じです。

 

こちらの対策に関しては協会のコラムで紹介したのですが

 

このブログでは、

お仕事の問題やこういった体の不調のどちらも一つの「問題」として捉え、

それがなかなか解決しないときの考え方をお伝えします。

 

わたしのこの骨盤付近の痛み、実はスッキリきれいに取れました。

 

しかし、そのときに調整しようとした場所は

 

骨盤の周囲を緩め、骨盤底筋に効く動きをしてみた→ダメでした。。

ちょっと離れて、脚と股関節の筋肉を緩めてみた→まだダメでした。。

 

結局、骨盤からはもう少し離れた胸郭、胸椎を調整すると

スッキリと取れました。

 

これ、理由はわかります。

痛い場所から離れてはいるのですが、視点を上げて

対象範囲を広げてみると、関連があることが説明できる場所でした。

 

 

つまり、視点を上げて考えてみると、問題の原因にヒットしたわけです。

 

 

では、お仕事で抱える問題って、例えばどんなものがあるでしょうか?

 

色々とあるとは思いますが、多いのは

「売り上げ」に関わる問題かと思います。

 

これを解決してくれる職業のことをコンサルタントと言いますが、

 

コンサルティングとは?

「企業の様々な経営上の課題を明らかにし、解決する助言をする」

つまりクライアントをいかに儲けさせるか

※ネットより引用

 

これはどういうことかというと

社外つまり部外者が、社内の問題や課題を整理し

俯瞰的に見て、(より儲かるように)専門的なアドバイスをする。ということです。

 

このメリットは、当事者ではない人間が見るので

社内の人間では気づきにくいことが見えてくる、ということです。

 

つまりコンサルタントは、

視点を上げて、目に入る範囲が広がった状態で

分析をしています。

 

会社が抱えている問題と、

会社が実行していること、環境、人の動きなどを

大きな視野で捉えて「解決すべき課題」を導き

その解決策を助言しているのです。

 

 

体の問題を解決するときと、会社の問題を解決する場合

よく似ていませんか??

 

そうです、どちらも問題点そのものに対処するのではなく

視点を上げて、「解決すべき課題」を見つけ

それを解決していきます。

 

 

このコンサルタントの役割を

ある程度自分ですることができます。

 

 

それが、紙一枚に整理して書き出してしまうこと。

 

 

人は、書いたものを眺めるとき

「客観的に」見ることができるようになります。

 

まるで、他人にアドバイスするときのように・・・

 

もちろん、解決するためには

知識や経験が必要にはなってきますが

 

「視点を上げてみよう」という視点を持っていれば

客観的な目を養うことができます。

 

 

ぜひ、目の前の問題がなかなか解決しないときには

 

紙の上に書き出して

 

眺めてみてください。

 

 

「本当の取り組むべき課題」が

見えてくるかもしれません。

 

 _____________________

 

紙一枚で、”自分コンサル”ができてしまうツールがあります。

 

それが、

 

方眼ノート。

 

 

毎日、「自分コンサル」できると

 

どうなるでしょうか???

 

 

ノートを変えると、あなたの人生が動き出す。

 

かもしれません。

 

それでは。

 

 

< 吉田ひとみ無料メルマガ >

~Flow Smooth.~

身体・心・思考のムダを削ぎ落とし、本来の自分の力を発揮するためのヒントをお伝えします。

 

メルマガ限定情報や講座の先行配信、読者限定の無料プレゼントなどもあります。 登録はこちらから⇩

https://39auto.biz/graceful/touroku/mailmagazine.htm

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

吉田ひとみです。

 

お仕事で、他人が書いた文章や資料などを添削するために読む人、

もしくは、自分が書いた文章を見直しするために読むこと

 

って、ありますか?

 

病院でリハビリの仕事をしていた時

「退院前訪問指導」と言って、患者様のお家に訪問し

 

その結果報告書をかいたりすることがありました。

もちろん、患者様ご家族への説明も兼ねています。

 

一度一緒に作成する予定の後輩に

「(パワポのスライド)作ってみたので、見といてください。」

って言われて、ブチ切れたことがあります。笑

 

と、まあそれは冗談で、

ブチ切れまではいきませんが、

即答で

「印刷して机の上に置いといてください」

と言いました。

 

先輩に手間をかけさせるという

礼儀、配慮に欠けるという意味もありましたが

 

当時から、パソコン上で修正や添削作業をするのが

なんか苦手というか、

圧倒的に印刷して修正した方が早いし

いいものができていると肌で感じていたんです。

 

そして、ついこの前も

レターを添削する機会がありました。

 

わたしは必ず印刷して、ペンで修正を入れます。

 

パソコン上では、なぜか思考が走らない・・・

そして、なぜか間違いも見つけにくい・・・

 

昔から母に「編集者とか向いてるんちゃう?」と言われるほど

誤字脱字を見つけるのが得意だったのですが

 

パソコン上で読むと、

見落としがあるんです。

 

なぜなんでしょう??

 

実は、紙媒体の方が

理解力・記憶力・分析力(間違いを見つける力)が高いということが

いくつかのデータからわかっているようです。

 

同じ情報であっても紙媒体(反射光)とディスプレー(透過光)では脳は全く違う反応を示し、特に 脳内の情報を理解しようとする箇所(前頭前皮質)の反応は紙媒体の方が強く、ディスプレー よりも紙媒体の方が情報を理解させるのに優れている 

 

 

参照:http://www.toppan-f.co.jp/news/pdf/2013/0723.pdf

また、透過光=ディスプレイは脳がくつろぎモードになり

 

反射光=紙媒体は脳が分析モードになることもわかっているようです。

 

マクルーハンの説明はこうです。

 

紙に印刷して読むとき──つまり、反射光で文字を読むとき、私たちの受容モードは自動的に、そして脳生理学的に「分析モード」になり、心理的モードは「批判モード」に切り替わる。したがって、ミスプリントを見つけやすい。

中略

これに対し、透過光とは、テレビを見たり、コンピュータのモニター画面で何かを見たりするときのように、ブラウン管やモニター画面から発せられる光線が、私たちの目に映像として入ってくるものをいいます。この場合、私たちの認識モードは、自動的にパターン認識モード、くつろぎモードに切り替わります。

パターン認識モードとは、細かい部分は多少無視して、全体的なパターンや流れを追うような読み取り方をいいます。分析モードの対極にあるもので、多量の情報を短時間に処理しなければならないときは、このモードになりやすいといえます。

くつろぎモードとは、あらゆる刺激に対して感覚器官を開放し、受動的に、送られてくるものをそのまま受け止めようとするような情報の取り込み方をいいます。

ここから、私たちが透過光で文字を読む場合は、何となく全体の流れを追うだけになってしまい、細部にあまり注意を向けることはできません。したがって、ミスプリントを見逃してしまうということになります。

 

参照:プリントアウトした方が間違いに気付きやすいワケ

 

わたしは、文章を書くときは、ノートに整理してから

パソコンで打ち込みますが

 

そうすると、書いていた文章が消えても

何を書いていたかわからなくなることがありません。

(以前は結構ありました)

 

また、全体の構成がわかっているので

「結局、何が言いたかったんだ??」という

意味のわからない文章になるのを避けることができます。

 

これは、脳の”ワーキングメモリ”=一時記憶を消費しないので

スピードアップにもなりますし

構成を見失うこともなくなります。

 

全体を見ながら、細部を作ることができるようなイメージです。

 

また、記憶力は手書きの方が上がるようです。

参照:なぜ、スマホやパソコンではなく手書きなのか?

 

まとめますと、

 

1.紙媒体(反射光)とディスプレイ(透過光)では脳の反応が違う

2.手書きは記憶力がアップする

3.紙=反射光=分析モード=理解力が優れている

  ディスプレイ=透過光=くつろぎモード=間違いをスルーしやすい

 

というわけで、

わたしが無意識的に、資料をパソコン上ではなく

一度印刷してから「眺め」て見直していたのは

 

理にかなっていたようです。

 

パソコン上で、資料作成を終わらせている人は

一度、印刷して修正をかけるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

スピードも、質も、アップするかもしれません!

 

それでは。

 

 

< 吉田ひとみ無料メルマガ >

~Flow Smooth.~

身体・心・思考のムダを削ぎ落とし、本来の自分の力を発揮するためのヒントをお伝えします。

 

メルマガ限定情報や講座の先行配信、読者限定の無料プレゼントなどもあります。 登録はこちらから⇩

https://39auto.biz/graceful/touroku/mailmagazine.htm

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。