pik日記

タナゴ釣りを中心に・・・雑記帳。


テーマ:

今回も 過去タナゴ釣りのお話です。



8月15日 またまた 地元(GMT)の朝タナゴです。


この日は プランが出来ていたので最少荷物でお出かけです。

二尺1本 仕掛入 替針ケース 寄せエサセット 白桶 フラシ

以上ですので ちっちゃな袋に入ります。


でもやっぱりこの時期 パラソルが欲しい。

で あぐらイスも積みます。

結局 大荷物(^^;)。



場所はいつもの所

今日は バラはフラシに カネヒラは白枡ジャンプ台に

入ってもらおうと思います(^^;)。



実釣。

バラに浮いてきてもらって 1時間の釣りです。

時速半束くらいです。



カネヒラは 釣れポイで


帰宅時間が近づいてきたので うつむいて

片づけを始めていると

「何が釣れますか?」と怪しげな声。

タナゴ釣りでは 返答に困る質問です(^^;)。


そっと上目づかいに顔を上げると

病気療養中?の 「ありさん」です。

私を見つけて イジメに来てくれたようです(^^)。


「私 帰りますので ここでどうぞ」と無理やり座ってもらって

ちょこっとお話ししますが 残念ながら 帰宅時間なので

後ろ髪をひかれる思いで サヨナラします。

もうちょっとしゃべってたかったなあ(^^)。



でも その翌日 タナゴ釣りの帰り 豪雨の中

わざわざ美味しいモノを自宅前まで届けていただきました。

タナゴ釣りの帰りに 海の幸とはこれ如何に・・・。

この 岩ガキ、サザエは 淀川産か?(爆)


岩ガキは 元の写真を撮り忘れ 殻剥き格闘後の残骸を(^^;)。



サザエです(^^)。




コレも残骸画像をば・・・(^^;)。


とっても新鮮な貝類で サザエなんか手?体?出しまくり(^^)。

残酷焼きにて 家族の夕餉となりました。


ありさん 有り難うございました。

「また よろしくお願いしますね」(^^;)。

って言ってたら ほんとにまた後日サザエをお届けて戴きました。


願えば叶う・・・神龍のようなお方です(^^)。

重ね重ね ご馳走様でした。



今回を持ちまして 過去記事は終了しますが

これ以降まだ 出動出来ておりません。

早く ありさんのサザエのような新鮮なネタを供給したい(^^)。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)

テーマ:

今回も過去タナゴ釣りのお話です。



8月14日 お盆休みの最中

この日は 久しぶりの滋賀・嫁実家です。



実家に着くと義兄が「ちょこっと行く?」と気を使ってくれました。

甥っ子も休みなので 同行です。

ラーメンでランチを済ませ 釣り場に向かいます。


あまり時間がないので 一番近い大場所へ。

ところが 爆増水で水際に近づくのも怖い。

カネヒラ 流されてなきゃいいけど・・・。

でも 流されたら 下流淀川のGMTで釣れるからいいか(爆)



では 間違いのない所へ

人工日陰付の特等席を用意し 義兄に座ってもらい

四尺で深場を釣ってもらいます。



甥っ子は 渓流釣りが好きで 最近はルアーで攻めてるようなので

渓流でのキャスティングの練習を兼ねてルアーロッドを取り出します。

その一投目「釣れた。」とチビバス。

駆除 有り難う(^^)。


私の釣り座は こんな場所。

葦回りにチラチラ見えるチビヤリを狙って 80で釣り始めます。

釣れてくるのは こんな魚。

少しシモラせると ヤリM~L、カネヒラM~Lが出ます。

釣果です。



義兄はこんな感じ

やっぱり型がいい(^^)。


夕方には大阪に戻っていたいので 1時間ほどの釣りでした。

魚体はイマイチでしたが 在来を楽しませて貰いました。


連日の過去記事(備忘録) お付き合い有り難うございました。



PS

そうそう 今日(8/30) GMTを娘と犬の散歩をしていたら

シンちゃんが釣ってました。(私は釣り無し)

久々なので 横にしゃがんで しばらく話をしていましたが

パグ犬が好天の下の散歩で バテてしまったようでタイムアップ。

またの機会を楽しみに お別れしました。


どうも このGMTタナゴと下流域のチヌを交互にやっているとの事。

シンちゃんファンの皆様 水面下に潜りながらも健在でしたよ。

ご安心あれ(^^)。

AD
いいね!した人  |  コメント(14)

テーマ:

今回も タナゴ釣りのお話です。


8月13日の釣行です。


昨日UPの 8月3日の釣行と 同じ場所、同じ釣りもので

まったく代わり映えがありません。


引き続き 行ける時に行っとこうの

「朝暑くならないうち釣行シリーズ」でバラ狙い自転車出動10分。


出がけに荷物整理する時間がなかったのと

日差し対策のパラソル用にあぐらイスを積んできたので

人力号も結構な荷物です。




いつもの場所で

台風後だけに さすがのワンドでも増水、濁りです。


今日の道具立ては

竿 ありさん工房 二尺三寸に

ポン太さんのW&Rをセットです。

前回同様 上層ではアタリ少なく 中層以下にシモラせると

予想通りのこのお方。

何匹か釣った後 またまたUFOにお出まし戴きます。

今回は モツゴ+豆ギルが寄ったみたい(^^;)。


でも 合間に綺麗なのが混じり始めます。




人力号の最大積載量の都合で バッカンを持って来ていないので

代わりに ちょっと懐かしい「フラシ」を使用。

とりあえず 体に合わせて カネをフラシに バラを白桶に・・・。

蓋をしていない桶のバラはジャンプ好き(^^;)。

もうキープしてられません(^^)。



一度リセットして ラスト20分 バラ狙いで気合を入れます。


カネヒラはフラシのおかげで 超元気(^^)。







1時間半の楽しい釣りでした(^^)。


連日の代わり映えのしない記事にお付き合い有り難うございました。

同じパターンで もう一回出てくるかも…(爆)

AD
いいね!した人  |  コメント(9)

テーマ:

今回は タナゴ釣りの話ですが

かなり前の釣行記事となります。



リフォーム漂流に関しては一旦引き上げて戴いたのですが

諸般の事情でまたまた漂流しており なかなか記事の

更新ができませんでした。


8月2日の京都に続き 翌3日 GMT(地元)での

「朝暑くならないうち釣行シリーズ」です。


このころ ちょっと調子に乗っております・・・。


当日は昼から所要があるので

自転車出動10分のGMT(地元)です。


久々にネットを見ると シンちゃんが大々的に宣伝しているので

場所は割愛します(爆)。


釣り座は 前回と同じヘラ台にて バラ狙い。





竿は和竿で ギルが来ても、特大カネヒラが来ても?

大丈夫なように 頑固一徹タイプをチョイス。

普通に釣り始めると アタリが出るのは底近く。


まずは 今日はお呼びでない若カネが釣れてきます。


やむなく タナを上げるため UFOに登場願い

バラには上層まで ご足労戴きます。

まあ付 いて来なくていい方たち(モツゴ、タモ)まで

同伴されますが・・・(^^)。


バラ ご苦労様です。

やはり底近くで釣れるのは 少し大きめで綺麗。


上層まで上がってくれるのは小さめの♀多し。


時折来る若カネの引きも味わいながら

約2時間 楽しみました。


一杯目


これ以降は写真なしですが

2敗目は この半分くらいだったでしょうか



今日のナニワのサキちゃんは 対岸にちらっと姿を

見せただけで 近寄ってきませんでした。

この前とは 違うサキちゃんなんでしょうか?

それとも 私の腕を見限ったか…(爆)


サキちゃんに振られて 小雨にも降られましたが

近場で楽しくバラ釣りができました。


また 最近の様子を見に行きたいですね。

いいね!した人  |  コメント(14)


テーマ:

今日は 日常のお話です。



先日 18日の夜 父が逝ってしまいました。


享年88歳

姉二人(105歳、100歳)も この3月、5月に亡くなっており

打ち合わせしていたかのように 続けて三兄弟が亡くなりました。


やさしい父親で ほとんど叱られた記憶がありません。

写真好きで このブログにも何度か桜の撮影姿で登場させましたが

もう一緒に 桜の場所にも行けないかと思うと 寂しい限りです。


晩年は 母親が亡くなってからも 子供に迷惑をかけたくないと

20年間 一人暮らしをしていましたが 今になって

「親父には寂しい思いをさせていたなあ」と

後悔先に立たずの心境です。


通夜も葬儀も湿っぽくならず 明るく送り出せたと思っていましたが

自宅を片付けていると いろんなことが思い出され

なんかとても悲しくなってきて 年甲斐もなく 涙を流してしまいました。

泣くなんて 子供の時以来のような気がします。

自分でも驚いてしまいました。

何時までたっても 親離れが出来てないんですね。

親父も草場の陰で しょうがない奴やなあと笑ってるかもしれません。



今回は 全くの身内話で失礼しました。



という事で リフォームの漂流から助けて戴いたばかりなのに

また 不幸事で ちょっと漂流してしまいました。

返コメも 皆さんの所への訪問も 滞っております。


リフォーム漂流中の釣り溜め記事が残ってますので

ぼちぼち 頑張って書いていきたいと思います。




葬儀社の担当者が作ってくれた写真好きの親父の

たぶんやりたかったであろう 個展のポスターです。

親父の撮った写真と共に 式場に並べさせて戴きました。

いいね!した人  |  コメント(24)

テーマ:

今回も タナゴ釣りのお話です。



前回同様 ネット難民の間の出来事の回顧となります。


7月末に ポン太さんとご一緒して(前回記事)

勢いのついちまった親父は 翌週も行きます(^^)。

久し振りの京都方面に朝釣行です。(8月2日の釣行)



まずは 久しぶりのボテの枡から

まずまずのは上がりますが これぞというのに出会えず。




続いて 我らが「へたくそ水路」に。

カネヒラとバラの状況確認に(^^)。


ところが 当日水路の水が切れてしまっていて

流れではなく 5m程度のとぎれとぎれのタマリ状。

水深も15cmほど。

犬の散歩のおじさん曰く 昨日は流れてたよ(^^)との事なので

当日だけならいいのですが このままじゃ鳥の餌場状態。

京都のサキちゃん 大喜びするはず(^^)。


でもこの状態でも 魚は食ってくれます。

手前護岸寄りの少しの深みででバラと 駆け上がりでカネヒラ。

どちらも在来用のハリで 問題なく釣れてきます。




分けてキープしてみました。

ただ こんな所で4尺でバラを釣っててもなにも面白くない。

移動します(^^;)。



次は 水路に段差の出来た澱み。

ここで竿を出し始めたら 雨降り。

確か 前にパパさん と来た時も ココで雨降りだったはず(^^;)。

カネ、ヤリ、ボテが バランス良く(^^)。



続いて 細い水路にある小枡。

浅く何の変哲もない枡ですが 捨石周りから

飛び出してくれます。 (ここは3尺)



続いてはこんなところ。 (ここも3尺)

恒例のポーズも やっぱ入れておきます(^^)。

ここは増水で浅くなってしまいましたが 魚は戻っています。

ただ メインはとても小さいです(^^)。



最後に 本流テトラにボテの顔を見に行きました。

前にも書きましたが 昨年の大増水で様変わりして

釣れるポイントも限られ 飛び切りの魚も出なくなりました。

でもテトラの穴釣りよろしく 4尺の竿一杯の深みから

抜き上げる快感(^^)。






ここでタイムアップ。

当日も朝からの釣りで 小雨に会いながらも

この時期にしては暑さもマシな中 釣りが出来ました。

京都の釣りも色んな意味で午前中に限るかな(^^)。



久し振りに京都に行って うれしくて ついつい

色んな所を駆け足で巡ってしまいました。

京都は 色んなところを回る楽しみがありますね。

もう少し落ち着いた釣りもしないといけないのですが・・・。



漂流の間の撮り溜めネタは まだもう少しあります。

親父の釣行備忘録に またお付き合い下さい(^^)。

いいね!した人  |  コメント(22)

テーマ:

今日は タナゴ釣りのお話です。



自宅マンションリフォームのため 仮住まいで

ネット環境から遠ざかっていた漂流親父です。


引っ越しの諸手続きの煩雑さに嫌気がさして 仮住いの約3週間チョイ

原始的生活を送っておりました ってスマホも形態もあるんですが・・・。

リフォーム完了とともに 何とか無事戻ってまいりました(^^)。


その間のお話を振り返って 順にご紹介。



7月末 関東から「御大ポン太さん 」がお見えになるとの事。

ならばご一緒せねばと 早朝?待ち合わせで

湖国の水路で 竿を並べてきました。


その前日、前々日と関西も猛暑で 日中の釣りが懸念されたのと

お互いの状況もあり 朝6時集合、午前中限定の釣りとなりました。

結果はこれが大正解。

曇り空で 風もあり 7月末とは思えない過ごしやすさ。

日焼けの心配も全くなし。

唯一の心配は 猛暑を予想して仕込んだクーラーBOXの

缶ビールの売れ行き(^^)。


まずは 御大ポン太さんの写真から

実はこのポイントの前 2か所ほど 長竿が必要ですが

体高のあるカネヒラが釣れるポイントを巡ってみたのですが

まさかの空振り。

ここ3か月ほど こちら方面ご無沙汰だったので

浦島太郎状態で 状況わからずでした。


やむなく 短竿でヤリ、カネの釣れる実績ポイントに

変更してみました。チビヤリも出てきてるでしょうし・・・。


上記場所での釣果。

ツ抜け程度に溜まるたび 放流します。

小生は がさつなので 4尺でもっぱら深場のアダルト狙い。

ポン太さんは 浮上のチビ、中層のアダルトと 趣のある狙い。



2か所目

関東のドッグのような感じに見えますが 水路です(^^)。

ポン太さんも 竿を変えるのが面倒なので

4尺そのままで エンコです。

チビヤリ

その他は 同じような面子なので画像省略。


3か所目は 流れのチビヤリ、チビカネと 移動してみましたが

開始5分で 降雨中断。(写真もなし)

そのままやむことなく 落雷、豪雨に・・・。強烈な雨風でした。



結局メインイベントのポイントを回ることなく 本日の予定終了。

まだ 10時ですが この豪雨ではど この近辺の水路

どこに行っても 増水、激濁りでしょう。

潔く諦めて 「お開き」としました。



今回 こちらは何も用意していないのに 

またまた ポン太さんから お土産を戴いてしまいました。



酒豪ポン太さんおすすめの日本酒。

プレミアムなラベル付き(^^)。


とっても重宝する 関西激流用「W&R」

こんなににたくさん(^^)。


ポン太さん入魂の研ぎ針

バラ新子も 怖くない(^^)。


ポンタさん 結構なものを有り難うございました。


お疲れのところ お付き合いも有り難うございました。

またの機会が増えそうな気がしますので

楽しみにしています(^^)。

いいね!した人  |  コメント(20)

テーマ:

本日は タナゴ釣りのお話です。



朝から雨。 ちょっと止んでもまた降り出す。

出動を諦めて 引っ越しに備えてイヤイヤの片付けモード。


ところが昼前に 晴れ間が・・・(^^)。

久し振りに京都方面も 陣地取りのマーキングして

おきたかったのですが そこまで行く時間がありません。


ならば 地元(GMTでしたっけ)

出動は こんな感じで・・・(^^)

釣り座です。


この時期 カネヒラのオンパレードなのですが

シンちゃんもこちら方面で久々にバラを釣ったと言ってたので

万一に期待して 過去のバラ実績ポイントを選んでみます。

ただ ここ5~6年 バラはさっぱりです。


第一投 早速アタリます。

相変わらず チビカネは活発だなと思いきや・・・

バラ♂が 釣れてしまいました(^^;)。



二投目は やっぱり・・・


取りあえず 撮影用にキープしてみます。

今日はありさん工房作 赤枡(^^)。

竿は 極仙(青)を80センチで使いました。



水を切って

この後は釣れポイしましたので 正確には数えてませんが

カネヒラ 4~50匹程でしょうか


特筆すべきは 綺麗なバラが 6匹混じりました。

ここで バラが復活してくれると 超うれしいです(^^)。


背景に靴先を入れようとして手がねじれてます(^^;)


あとは ギルも6~7匹、モツゴが5~6匹程度。

1時間の釣りです。


本日の同行者は ナニワのサキちゃん

同伴出勤ではなく 現地待ち合わせ(爆)。



我が愛車とサキちゃん(^^)


カネヒラとサキちゃん(^^)。


サキちゃんには 外道の殆どと 大声では言えませんが

針のかかり所が悪かったカネヒラの一部を

食していただきました。

本人は 「やっぱ食べごたえのあるギルがいい」と

言ってたような・・・(^^;)。



昼のチョイの間しか時間が取れず

相も変わらずの「チビカネ」相手でしたが

楽しい息抜きが出来ました。


思いもよらず バラの顔もみれて

また 次回に期待が持てる釣行でした(^^)。

いいね!した人  |  コメント(20)

テーマ:

今日は タナゴ釣りのお話しです。



本日 昼過ぎまで 時間が出来ました。

が 出発準備が出来たのが9時半過ぎてます(^^;)。

いつもの京都方面に行くには ちょっと時間が足りません。


困った時の 「ありさん」  頼み(^^)。

急な電話に 農作業を中断しての同行に快諾を戴きました。


「おやじの園」へ とも考えたのですが 怠惰な小生は結局

なるべく歩かずに済む 「小さな池」をリクエスト。


いい感じの水の色に ヒラ打ちも見えた?そそる感じ(^^)。


早速 マイポイントに座らせてもらい 釣り場整理。

やっぱ 底にトロロがある様で 振り込む場所によっては

シモリ切らずに 途中ストップしてしまいます。

少々 トロロのお掃除を施し ありさん工房の竿二尺三寸、

ありさん工房の仕掛けで スタート。


ありさん工房のご店主は「鱮人」の素敵なTシャツを身に纏い

一投目から 快調に飛ばしてるようです(^^)。


焦りますが こちらはなかなかペースが上がりません。


バッカンは出さず 白枡 ツ抜け交換方式(^^)。

1杯目

ここのバラは とてもきれいです。

ちょっと汚いものも出してますが…(^^;)。


なかなか ありさんに追いつけない小生に対して

早く追いつけよ とばかりに ありさんは ドジョウ釣りに

興じてくれましたが その間にも追いつくことが出来ず

終始リードされっぱなし(^^;)。


二杯目




三杯目

ありさん工房の 竿、仕掛けと共に・・・

四杯目、五杯目 省略(^^;)。


ここで 雨が降り出し 河岸を変えるため「小さな池」は

半束で終了。


好調な時と渋い時が入り混じり モチベーションの保てる

とても楽しいバラ釣りでした。


その後 ギル池を覗くも 雨のため尻込み。

雨中の新規ポイント探索も ギルに撃沈 (^^;)。


雨中の探索に撃沈し 肩を落とす濡れ「鱮人」(^^)。


ありさん 本日は 急なお誘いにも拘らず

ご同行戴きありがとうございました。

「小さな池」のポテンシャル 十分堪能させて戴きました。


また 広大な農園での もぎたて、食べ放題の

「イエローアイコ」(黄色いミニトマト)

とっても美味しかったです(^^)。

次回は もぎたて丸かじりのゴーヤをお願いします(^^)。



オマケ

植物繋がりで・・・


以前 「うまぬしぃさん」と同行したとき

釣り座の横の旧宅が工事中で 庭の端に沢山の球根が

捨てて?ありました。


持ち帰り 植木鉢に植えていたら 先日開花しました。

調べてみると 「ゼフィランサス」 と言うようです。

うまぬしぃさん! 咲きましたよ(^^)。


いいね!した人  |  コメント(22)

テーマ:

今日は タナゴ釣りのお話です。


本日 嫁さんのアッシーで大阪空港に行き

その後 午後3時頃まではフリーです。


ならば行けます 久し振りのタナゴ釣り 京都方面(^^)。

・・・のはずが これまた 久しぶりの超人シンちゃんから

早朝に連絡が入ってました。(留守電)

「われらが地元で釣るよ」との事。


このまま京都方面に行くべきか それとも

めったに会う事のない超人と合流すべきか(^^)。

まあ京都は時間が出来れば いつでも行けるけど

超人は なかなか会うことが出来ない(爆)ので

後者を選択。


ただ ちょっと時間が経ってるので 今でもそこにいるのかなあ。

確認のしようがないので 超原始的手段で連絡を取って見ます。

その場所まで 自ら足を運ぶこと(爆)。


一旦車を自宅に置き 自転車で10分。

超人発見(爆)。


この地では 一目でタナゴ釣りと分かる胡坐エンコの方は

なかなか見かけませんので 遠くからでも解り易い(^^)。

いまさらボカシを入れることもないですが・・・

私も 隣のヘラ台に腰掛けて しばしお話(^^)。

足元はこんな感じです。

チビカネばかりが釣れてくるのは判っているので

イマイチ乗り気ではありませんが ダベってばかりでも

仕方ないので ちょこっと竿を出してみます。


自転車のお気軽出動のため バッカン持たずで

魚には 窮屈な浅枡で一時ガマンしてもらいます。


2尺6寸の和竿 (作者不明 ^^;)

結構な日差しで ちびカネも気持ちよいのか

ピチピチはねて 枡からどんどんエスケープ(^^)。

だいたい10匹ほど貯まれば放流です。

こんなに成長しています。

30分ほどで ココはもういいやという事で

超人と相談し 橋3つ上流のワンドへ移動。

超人:エンジン付きバイク 凡人:人力自転車

大きなハンデです(^^)。


可哀そうに思ったのか 超人が「ほっともっと」の

「のり弁」を 奢ってくれました。

親父2人で UTB(橋の下)で食べるという

ひとつ間違うと 河原の住人風 食事風景でしたが

風があり涼しく 美味しかったですよ。

超人さん ご馳走様でした(^^)。



で 2カ所目はこんなところ。


ここは 手前の浅場(100極仙)に 小さ目

少し沖目のかけあがり(200小粋)に 大き目

と はっきりしています(^^)。

ここでも 10匹ほど貯まれば放流。


小さ目

大き目

もうほぼ若カネと呼べるサイズです。


小生がこの辺りでタイムアップ。

超人は 最初の場所に戻って 違う魚も狙ってみるとの事。


数が釣れてしまうと 飽きの早いチビカネ釣りですが

近場で 気分転換が出来ました。

当日 西風が強く 波だって釣り辛い。

風波がなければ もう少し楽しかったと思います。



前にも書きましたが この辺りもカネヒラの増殖ぶりは凄く

ヘラ釣り人の大きなヘラスレ針にもかかっていました(^^;)。

ヘラ人も 「以前はこんなにタナゴが釣れることはなかった」

「どんどん釣り上げて 減らしてくれ」 と言ってましたが

我々が 「釣っては放流」 を繰り返すので 諦め顔(^^;)。

残念ですが それぞれ思惑があるので…(^^)。



超人シンちゃん 本日はお疲れ様でした。

また 機会あれば 行きましょう。

まさかあの後 危ないのを釣ってないよね(爆)。

いいね!した人  |  コメント(20)

[PR]気になるキーワード