終点ブログ

世界はどこへ行くんだろう


テーマ:

現在の日本には売国奴があふれている。

たくさんいすぎるのでここにメモしておこうと思う。


李 敬宰(イ・キョンジェ、1954年 - )は高槻むくげの会、民族共生人権教育センターの代表。


略歴 [編集]
1954年に大阪府高槻市に在日コリアン二世として生まれる。
18歳で「在日朝鮮人サークルむくげの会」(現高槻むくげの会)を設立。
1982年 指紋押捺拒否
1985年 指紋押捺拒否で逮捕、起訴される(昭和天皇の死去に伴う措置で、1989年11月2日、最高裁で免訴判決)。
民族差別と闘う連絡協議会(民闘連)代表を務める。
2006年 日本国籍取得
2007年 大阪府議選(高槻市及び三島郡選挙区)にコリア系日本人として立候補したが落選
大阪府議選(高槻市及び三島郡選挙区)には、定員5名のところに6名が立候補したが、5位の小沢福子(社民)の19,475票に遠く及ばない2,543票(得票率2.0%)しか支持を得られなかった。




問題となった発言 [編集]
「ただ、在日が日本国籍をとるということになると、天皇制の問題をどうするのかという人がいますが、 外国人がたくさん日本国籍を取ったほうが、早く天皇制は潰れると思います。
というのは、この先もどんどん外国系市民が増えます。
ある統計では、100年後には5人の内3人が外国系になるといいます。
そうなれば、日本で大和民族がマイノリティーになるのです。
だから、私はあと100年生きて、なんとしても日本人を差別して死にたいです。
これが夢です。(笑)
そういう社会が来たら、その時に天皇なんていうのは小数民族の酋長さんみたいなものになります。
こうした素晴らしい戦術があるのに、それを、今の左派のように、日本国籍を取ったらダメだということをやっていたら、いつまでたっても天皇制は温存されたままではないですか」
(2001年12月14日18時30分~ 京都YWCA 在日外国籍市民の参政権を考える連続講座)

※現在高槻むくげの会の該当ページでは、この部分は全て削除されている。


高槻第一中学の一室を不法占拠


中学校の一部屋に「むくげの会」の事務所を置き、「関係者以外立ち入り禁止」の標識をはって高槻市の明け渡し請求を拒否。

「韓国人朝鮮人の教育事業」を名目に有料で講座を開き、電気、水道料金はすべて高槻市もち。
長期間の裁判闘争の末に強制執行で中学校から追い出された。

-----


こんな人物が日本人ですか。

日本国籍を取るなら最低限日本に忠誠を尽くすことを誓わせることは当たり前じゃないでしょうか。

個人の自由意志を尊重すると言っても、日本を大嫌いな人物が日本人になることが許されるはずがない。


帰化申請というのは書類を揃えて記入すればそれでOK?

その前に反日思想を持った人物じゃないということが一番大切なはずだ。


もしも中国や韓国や北朝鮮と戦争になったら、こいつらは間違いなく純日本人に銃口を向けるだろう。

偽日本人だらけの政治家と日本大嫌いなエセ日本人に包囲された日本という国はこの先どうなるのか。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(4)

さぶさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。