エコ・ブログトップへ スマイル・エコ・プログラム

松川一人さん講演会 里山☆

テーマ:講演会☆
2013-10-19 10:21:34

愛知県、西尾市で行われた松川一人さんの講演会に行ってきましたべーっだ!



運転の苦手な私・・・ビューンビューンと飛ばしてくる車の中23号線に入るのに恐怖を感じ、

軽なのに走行車線を走ってしまい、後ろからはあおられながらも、なんとか無事に辿り着くことができました(笑)車



去年から畑、今年は田んぼを始め、これからの時代は農業だ~っと思っています。

ただ最近よく聞く里山って何?農業とどう違うの?という疑問を抱いていましたが、その答えが明確に分かりましたビックリマーク



里山はもっと大きな視点の話だったのです。



例えば、


海をきれいにしましょう→しかし、海がきれいになるには山がきれいじゃないとだめなのです。

(海の神様の金毘羅さんが、山に祭られているのは、昔の人は海と山とのつながりをよく知っていたから)



そして里山には多種多様な生物が共存することが必要なのです。

よく、ホタルが例に出されますが、ホタルが住み着くには、その餌となる「かわにな」の存在が必要であり、

そして、その餌である「藻」の存在、そして水、水の流れ・・・とすべてつながってくるのです波



だから、里山を再生させるということは、日本の環境、ゆくゆくは地球の環境につながって行くんだということがよく分かりました霧




松川先生のもとでは、多くの若者たちが里山自然環境整備士という資格をとるために、勉強されているようです。 里山は一人では作れないので、たくさんの人々が協力する必要があります。また、知的障害や発達障害を持たれた方を採用し、一緒に作業をされているようです。




松川先生は、愛知の西尾に支部を作る予定だといわれていました。

私も参加してみたいなぁと思っているところです音譜




そして、今世界の大学では、持続可能な社会についての研究がされており、そのために、日本の江戸時代の社会が見直されているとも。まだまだ勉強不足なので、私もさっそく本を予約しました虹










AD

[PR]気になるキーワード

あなたもエコ・ブログでブログをつくりませんか?