カナヘイきらきらつながるうさぎつながる花1つながる花1つながる花1つながる花1つながる花1つながる花2つながる花1つながる花1つながる花1つながる花1つながる花1カナヘイピスケカナヘイきらきら

 

 お知らせ 
現在アメンバー様の承認はしておりません。
受験終了とともに、ブログも終了させていただきました。

今までありがとうございました。


受験まとめ記事は →こちら

つながる花2つながる花1つながる花2つながる花1つながる花2つながる花1つながる花2つながる花1つながる花2つながる花1つながる花2つながる花1つながる花2

  • 15 Jan
    • まとめ記事リスト

      2018年入試メモ・出願数、倍率 日能研 市進 サピックス 首都圏模試 啓明館 横浜市立南・サイフロ・2018年入試問題速報 四谷大塚 インターエデュ・過去問 四谷大塚 日本の学校・2018年合格実績 日能研 四谷大塚 サピックス 早稲田アカデミー 栄光ゼミナール 希学園(首都圏) 臨海セミナー 啓進塾 TOMAS ・入試報告(研究)会 日能研 四谷大塚 サピックス 早稲田アカデミー 市進 臨海セミナー TOMAS ・偏差値 日能研 四谷大塚 首都圏模試2018入試関連ニュース(更新中)ブログを終えるにあたり、今まで書いた記事などのまとめを作りました。(見たい所をクリックしていただければ、記事にとべるようになっています)まとめとして新しい記事で書いたものもありますが、既存の記事に追記という形でのせていただくものもいくつかあります。少し見にくい部分もあるかもしれませんが…その当時の心境とともにお楽しみください独断と偏見の中学受験用語集 あ~さ た~わ(↑暇をみつけて更新中)           ・2年間の成績の推移・過去問(1) (2) (3)・日能研について(1) (2) (3)・学習・遊び(1)  (2)・後期日特の選択(我が家の場合)・お弁当・中学受験とお金・私立中学学費・R4表の活用・塾以前の勉強と中学受験・親の受験生活(1) (2) (3)・小学校生活と受験生活 (1) (2) (3) (4) (5) (6)★入試に関して・1月受験(1) (2)  ・併願・午前受験と午後受験・最終保護者会・入試の持ち物・ネット出願・合格と不合格(1)  (2)・合格短冊・入試風景 (1) (2) (2018年度)・別室受験・保健室受験・入試予測情報・学校説明会等の記事 2015年  2016年・入試報告会★日能研ネタなど・夏期講習テキストの分冊と過去問の断裁・メモリーチェック(1) (2)・願書用の写真(1) (2) (3)・校章カード(1) (2)・日能研合格グッズ・日能研特別クラス TM・Z・灘特 集合M★日能研生への案内・2015年 5年冬期講習(1) (2)・2016年 新6年前期案内・2016年 前期日特・2016年 6年夏期講習案内(1) (2)・2016年 後期日特・2016年 研究講座・Nフレンズ2016(1) (2) (3)・合格力ファイナル →冬期講習(冬休み)+入試直前期間(1月度)・出願準備保護者会・フェイスシート(合宿&別講座のお知らせ)・日能研サミット・正月合宿「論知的に考えるチカラ」を磨く4日間・春合宿「 論理を探究する5日間 」・難関校からの道「論理を追究する」・~元日特別講座 算数 ~差がつく問題と向き合う~・スノーキャンプ・6年生対象 難関校入試問題分析会我が家は体験していないのですが、何となく調べた…・前泊・面接服どうでもいい観察とか検索・説明会の親の服装(1) (2) (3) (4) ※女子校は観察したことないのでわかりません!・台風の警報がでている時の各塾の対応・学校公式キャラクター・各学校の入試問題に登場する名前」・神奈川の学校のFacebook状況・出願時の振込でいただける銀行の合格鉛筆・ゲン担ぎ食品(1) (2) (3) (4) (2018年)・中学受験都市伝説小ネタ 中学受験漫画ネタの小説や漫画・ゼロからの中学受験ザ・コミック・探偵チームKZ・お受験の星・二月の勝者・中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ テレビレポ・2016年2月news every 特集中学受験・2016年3月脳に効く!?レシピ(ラ・サール寮めし)・2016年4月ボクん家の中学受験奮闘記・2017年2月開成中学合格者特集・2017年2月news every特集密着!中学受験最後にあたり、この記事を一番上に持ってこさせていただきました。今まで二年間、思った事をつづってきました。読んでくださった方、本当にありがとうございました。これから中学受験される皆様のお子様が、素敵な学校に出会い、その門をくぐれることをお祈りしています。大変なこともきっと多いと思いますが、かけがえのない時間になるはずです。6年生になると、本当にあっという間に時間がすぎます。やる事も多くて混乱してしまうかもしれませんが、コツコツ学習をつみあげてきた先に合格はあります。1日1日を大切に!※今後は新記事での更新はせずに、見直しや修正がありましたら、その都度追記という形でこっそり元の記事に編集させていただきます。(2018年1月に10日だけ更新させていただきました)以前ほど頻繁に開かないので少々遅れるかもしれませんが、旧記事でもコメントいただけましたらお答えできることはコメント返させていただきます。今後の皆様の受験生活の何かお役に立てれば幸いです。おまけ。酔っ払いのたわ事と、その後。

      490
      テーマ:
    • 中学受験用語集 前半(あ~さ)

      受験終わったらやろうと思っていて忘れていました。おもに日能研ですが、他の塾さんの用語もいれてます。独断と偏見と聞き耳からなっておりますのであしからず。(暇な時に更新中)<あ行>【R4】(あーるよん)日能研生の入試結果をもとに、学校のR4偏差値を算出し、まとめた一覧表。合格可能性を示す数値で、偏差値による合格率の各段階(RANGE=レンジ)を示し、『R4=80%、R3=50%、R2=20%』を意味する。【足きり】(あしきり)合格基準点 。科目で設定されている場合、基準点(足きり点)に達していない場合、全体で届いていても不合格になるケースがある。説明会などでよく足切りなしというのはこのこと。【アメンバー】(あめんばー)amebaを利用している人で、申請して友達になっておくと、その人が全体非公開にしている記事を読むことができる。コメント欄などで交流したり、実際に模試や入試会場で会ったり、受験終了後に飲み会をしたりするケースも。プライベートな記事をのせる関係で、各自規定を設けていることもある(ブログ更新がある、居住地域がかぶらない、コメントをする等)申請する時はメッセージも添えるのがマナー。【一月校】(いちがつこう)→前受校参照【インターネット出願】(いんたーねっとしゅつがん)インターネットで出願すること。近年増加中。プリントアウトした紙がそのまま受験票になる。写真をデータで読み込んで貼らずに済む学校や、写真不要の学校など規定も様々なのできちんとチェックする必要がある。参考→願書、出願【栄冠シール】(えいかんしーる)校舎裁量でもらえる紙(シールといっても接着面はない)。提出物や、小テストなどでもらえる。台紙があり、それに貼って引き換える。引き換えは校舎の受付で申し出る。ためたはいいけれど、引き換えし忘れることもあるので忘れずに…【栄冠への道】(えいかんへのみち)日能研で家庭での学習用に使われるテキスト。 「基本確認」と「問題研究」 にわかれている。5年までは時間があるので全部やるのも可能だが、6年以降は取捨選択が必要になる。【栄冠ポイント】(えいかんぽいんと)カリテや模試の出来でもらえる成績点。評価が8だと8ポイント加算…とかになるため、評価がでない時も増えたポイントで自分の位置をおしはかることができる。マイニチノウケンから申し込み、校舎で受け取る。【英語入試】(えいごにゅうし)帰国生入試とは違い、近年増えている一般生の英語受験。英検の級を申請したり、科目の選択で英語を選んで受験することができるなど、さまざまな入試がある。帰国生のラインよりは少し易しいが、入学後の英語の授業で能力度別取り出し対象になることもあり、自信のある子は英語入試で受けるのもいい。SSH(えすえすえいち)スーパーサイエンスハイスクールの略。文部科学省が将来の国際的な科学技術関係人材を育成するために、先進的な理科・数学教育を重点的に行なう高校を指定する制度。高校の制度ではあるが、中高一貫校が多く認定されているため、SGHと並び学校のアピールポイントとして使われる。SGH(えすじーえいち)スーパーグローバルハイスクールの略。国際的に活躍できる人材育成を重点的に行う高等学校を文部科学省が指定する制度【SA校】(えすえーこう)6年の後期に登録しておくと、合格判定テストなどでSA登録合格対策情報を見ることができる。説明会では志願者の子の正答率が出るとか。スペシャルA判定の略?志望校の順位が高いものをあてますが、変更もできるので動かしたりしたが…つかいこなせなかった【Nバッグ】(えぬばっぐ)日能研の生徒に配られるバッグ。Nの文字がリフレクターになっている。ショルダーにもなるが、かなりテキストが重いのでリュックとして背負う子が多い。これを背負って近所を歩くと「受験するんです!」的な宣伝になってしまうので、あえて普通のバッグで通塾する子もいる。【Nパス・サイン】(えぬぱすさいん)九州を除く日能研の教室で実施されている、教室入退室情報を指定のメールアドレスへリアルタイムで通知するもの。会員番号のカードを校舎にある機械にかざす。別の校舎でも大丈夫。通室状況や、退室時間(授業終了時間と必ずしも一致しない)がわかるので、駅に迎えに行く時に便利。磁気の関係かICカードにくっつけると通知がこないケースもあるので注意。【Nフレンズ】(えぬふれんず)7月ごろに行われる日能研のイベント。学校をおかりして、日能研の卒業生が学校ごとにブースを作り後輩を迎える。受験の質問や学校生活などについて答えてくれたり、メッセージカードをかいてくれる。制服をきたり、使い込んだ資料をみたり、先輩の学校が近くなる1日。オンザロードのビデオも上映される。【オープンスクール】(おーぷんすくーる)学校主催で行われ、実際に学校で授業などを体験できる企画。先生や、対応してくれる生徒さんとふれあい、入学後のイメージを膨らませるのに役立つ他モチベーションのアップにもなる。学校によっては、事前申し込み制や、やりたい授業が先着順で埋まってしまうこともあるので、こまめにホームページなどをチェックするとよいだろう。学校によっては、部活体験会をする所もある。【オンザロード】(おんざろーど)→入試報告会参照<か行>カエルバッチ(かえるばっち)カエル・チャレンジャーズという日能研のキャラクター。無料テストを受けたり、校舎裁量でもらえる時がある。「ジックリカンガエル」「エイカンデフリカエル」など種類が色々あるので、バッグに並べてつける子もいた。【学食】(がくしょく)→ある学校とない学校がある。働く母の味方。カフェテリアと呼ぶ学校も。ない学校のチェックポイントは、弁当はかえるのか?通学途中に買うのはありか…など。【過去問】(かこもん)過去に出題された入試問題。6年後半あたりから日能研はとりかかる。他塾が早くからはじめているので結構焦る。ペーパーレスの時代に逆行して出版されているものをコピーして使うのが一般的だが、四谷大塚のダウンロードサービスか、日能研生はマイニチノウケンからプリントアウトすることも可能。ダウンロード版は著作権の都合で国語はのっていないことが多い。学校によっては、実際に使用されたものと同じものを販売していたり、説明会でわけてくれることもある。【カタカナ組】(かたかなぐみ)→漢字組参照【学校説明会】(がっこうせつめいかい)学校主催、塾主催とあるが、他塾のものでも参加できるものがあるので、積極的にチェックしたい。学校によっては説明会の回数が少ないところや、予約制のところもある。春の説明会では、主に学校や生徒の様子、取組などを聞くイメージ。学校の施設も色々見学できる。秋の説明会では「入試説明会」とする所も多く、学校によっては出題傾向もかなり細かい所までつっこんでくれる学校もあるので、受ける可能性のある学校は足を運んだ方がいい。学校の見学はできないところもある。学校でやる場合は、相談ブースを設けている場合が多いので、何か気になることがある人はそこを利用するとよい。【カリテ】(かりて)カリキュラムテストの略。日能研内部生を対象とした復習テスト。5年生は2週間に1回ペースだが、6年生は1週間に1回ペースが多い。全員がうける「共通」問題と、Mクラスの「応用」とAクラスの「基礎」に別れて受験する問題(受験種別 といわれる)によって評価が出る。定着度を見るテストなので復習をしっかりしよう。【漢字組】(かんじぐみ)公開模試のあとに配られる成績優秀者の順位表にのっている人のこと。表紙組(1~20位)、漢字組(21~50位)、カタカナ組(51位~600位前後)にわかれる。受験終了後も自分の子の名前が載っているのを記念に取っている人も。【関西入試】(かんさいにゅうし)関東よりはやく開始。ブログでチェックをいれたりアメンバーになっていたりすると、こちらが前受気分でいるところに、リアルな合否がわかるので緊張が高まる。その分2月のこちらが本番の時はすでに祭りが終わったあとで、非常にのどかで羨ましく感じる。【願書】(がんしょ)入学試験出願書類の略。近年はインターネット出願も増えた。願書だけ提出する学校や、小学校の通知表をコピーしてつける学校、小学校の先生に依頼して書いていただく調査書を提出する学校もある。細かい項目にわかれている所もあれば、出欠欄を見るという学校も。項目が多い学校はコピーをとって下書きしてから書くなどした方が良い。日能研の先生は「コピーに始まりコピーに終わるといっても過言ではない!」と。しっかり記録を残すことが大事(写メでも大丈夫)参考→インターネット出願、出願【関東系】(かんとうけい)→日能研参照【記述力模試】(きじゅつりょくもし)難関校に出題されることの多い記述形式に特化したテスト。問題数は少なく、ひたすら書かせる。1題の配点も大きい。全員対象ではなく、M(R)クラスと希望者だったりするので、見たこともない偏差値を見ることができる。我が家鬼門の模試。【寄付金】(きふきん)学校によってある学校とない学校がある。合格するまでは、いくら払ってもいい!と思っているはずが、実際に寄付金のお知らせがくると「何口払う?」となってしまうのもまた人情。市進の中学受験ナビでは学費一覧が表になっているので、気になる人は寄付金をチェックしてみては。【教育理念】(きょういくりねん)どんな教育をそこの学校で行うことを目指しているのかという標。建学の精神をもとに、教育や生徒への指導として織り込むことが多く、学校パンフレットやホームページには必ず書いてある。参考→建学の精神【銀本】(ぎんぽん)6年後期に渡される 「中学入試問題集」 。表紙が銀色なことから銀本と呼ばれる。入試問題を 収録した年度版問題集であり、授業中などに解いたりする。国語は男女別。【クラス編成】(くらすへんせい)日能研では校舎によって数は異なるが、応用と基礎クラスに別れて授業をうける。使用するテキストは同じだが、通塾日などに違いが出てくる。クラスの昇降はうちは通知の手紙でしたが、電話がかかってくる方もいるとかいないとか。(クラス替えは4・5年生は2ヶ月に1回、6年生は毎月実施)関東系か本部系かによって名称は異なるが、応用=Gクラス・Mクラス・Rクラス、共通=Aクラス・Wクラス。本部系でしたが、Rクラス、Wクラスと言っていたが、6年後期からMクラス表記になった。(Mはマスター、Aはアドバンス、W・G・Rは日能研のロゴの色(ホワイト・グレー・レッド)からきているという話。)数が多い場合はアルファベットのあとに数字をつける。M1、M2…となり、数字が上の方が上位。校舎数が限られるがTMクラスという上位クラスも関東系には存在する→TMクラス参照【繰り上げ合格】(くりあげ合格)入試では不合格でも、補欠ラインにいた時は繰り上げ対象者になることがある。補欠を明確にしている学校としていない学校があるし、繰り上げ人数なども公表しない学校もある。秋の説明会などで触れることもあるので、しっかり聞いておきたい所。市進の中学受験ナビでは、各学校の補欠合格者を一覧にしてくれているのでチェックしておくとよい。一般的には、難関校の招集日をすぎた後に入学者が判明するので少し繰り上げがでて、その後偏差値が下の学校に出る玉突き現象が起きる。下位の学校ほど電話がかかってくるのは遅くなるので、毎年ブログや掲示板などで質問や情報が錯そうする。【計算と漢字】(けいさんとかんじ)日々にまわせる計算問題と漢字問題のテキスト。カリテの範囲になるので、しっかり取り組んでおくのが大事。【鶏頭牛後】(けいとうぎゅうご)自分の力以上の学校に入って、下位に甘んずるよりも、実力相応か少し楽な所でトップグループをキープする方が理解力や心の余裕があるのではないか?と学校選びで悩む母がよく口に出す。ただし、鶏頭のつもりで入った学校のはずが、本人が遊びすぎて鶏後となるケースもないこともないので注意したい。【月謝】(げっしゃ)日能研の月謝はホームページに学年ごとに記載されている。その他に、季節講座やオプションの授業、日特や研究講座などの費用がかかる。夏期講習など、金額が大きい引き落としの時は2回の引き落とし日が設けられることがある。【建学の精神】(けんがくのせいしん)学校を創る時の設立目的。とりわけ私立は創立者の熱い想いや理想がうたわれている。その精神をもとに、その学校の教育が行われるのできちんと調べたい。また建学の精神をもとにした教育理念もあるので、あわせてチェックしてほしい。参考→教育理念【研究講座】(けんきゅうこうざ)→志望校別特別選択講座参照【限定記事】(げんていきじ)ブログで、一般の人に公開したくない成績やプライベートな事を書く記事。ちょっと聞いてほしいが身バレはごめん…そんな時に使う。後半になるとデリケートな時期に入るので、限定記事しか書かなくなる人もいるので、友達になるなら早い方がいい。【公開模試】(こうかいもし)カリテは復習だが、公開模試は一応範囲はあるようでざっくり(HPやマイニチに5年生などは範囲がでます)。日能研生だけじゃなく、他塾生も受ける&偏差値が出るので、結果が出たあとのブログは一喜一憂悲喜こもごも…。サピックスのサピックスオープンも類似ではあるが、こちらの方は難関校をめざす子には受験者人数と立ち位置が把握できるとあって、日能研生でも受けに行く子はいる。結果が悪かった時に、<後悔模試>というブログを目にするのもお約束である。【合格酒】(ごうかくしゅ)日能研では伝統的に合格した時のお礼にお酒を持っていく。昔の菊名校が丘の上にあり、受験を終えた生徒さんが坂を上ってくるときに、お酒を持っていた時は合格を祝い、もっていなかった場合はお菓子を食べながら一緒に対策を練ったとか。(うろ覚え…)学校名と名前を書いたのしをお酒の上にはって、机の上に並ぶ姿は壮観。全部の学校を書く子もいれば進学先だけを書く子も。お酒は駐車などで近隣にご迷惑をおかけしているお家に配るという噂もある。(真偽不明)親からしたら、商品券?甘いもの?と悩まずに決まっているのは悩まなくてよかった。【合格短冊】(ごうかくたんざく)合格した学校名と自分の名前が入った紙で、入試が終了した頃に塾に貼りだされる。塾に入る前はその校舎の実績をはかる紙であり、通塾中は指導してくれる先生の指導力をはかる紙、合格してからは嬉しい記念の紙である。【合格てぬぐい】(ごうかくてぬぐい)入試前に日能研から渡される手ぬぐい。頭に巻けない長さ(小顔なら巻ける)で作ってあり、巻けない=負けないをかけてある。負けないハチマキという言い方をすることも。余白スペースには家族や友達や先生に一言応援メッセージを書いてもらったり、ペットの足型をおしたりする。【合格発表】(ごうかくはっぴょう)昔ながらの学校に貼りだされる所(難関校に多い)もあるが、併用しているところ、インターネット発表のみという学校もある。インターネット発表はその場で受験番号をいれて判明する学校と、受験番号が一覧ででる学校がある。補欠発表がある所もあるので、番号がなくても隅々までチェックした方がいいケースもある。インターネットしかない学校は、夢じゃないかとスクショをとる保護者が多い。入学金などの決済も、学校持参、クレジットカード決済、振込…と学校によって様々。保護者のスケジュールとして忘れずにチェックしておく必要もある。決済し忘れて合格が取り消しになる悲劇もあるので注意。【合格HOTLINE】(ごうかくほっとらいん)マイニチノウケンから見る事ができる、先人の知恵…というか、先輩受験生母の声。出願や、受験当日の待合室の様子など、様々な情報が得られる。ちなみにこれは受験が終わったあとにアンケートで書いて提出するもので、事前に校舎から配布される。子どもが試験をうけている間、待合室で暇な時間に記入するとよい。【後期日特】(こうきにっとく)→日特参照【校章】(こうしょう)その学校を象徴するためにデザインされたもの。制服や持ち物についているのが一般的。中学校と高校では違う校章を用いるところもある。開成のペン剣のように理念からきているところもあれば、桜蔭の桜のように名前モチーフのものなど様々。【ゴードン・メソッド】(ごーどんめそっど)日能研が保護者対象に開催する親業一般講座。 「ゴードンメソッド・トレーニング」米国の臨床心理学者トマス・ゴードン博士(1918-2002)が開発したコミュニケーションプログラムであり、 より良い人間関係を築くことを目的として、「聞き方」「語り方」「対立の解き方」 を学ぶ。反抗期の受験生を抱えた親には必要なのかもしれないが…そういや受けなかった。【語句のたしなみ】(ごくのたしなみ)日能研関東系の副教材。【御三家】(ごさんけ)日本人が好きな言葉。将軍家ではない…と皮肉られることもあるが、難関校をさすのに使われる。時代によって入れ替わりもあるし、神奈川や千葉のように増える場合もある。近年は御三家に入っていない学校よりも偏差値が高い学校が出現した関係で、難関中学というくくりで言われることが多いが、親世代や、その上には通りがいい。・ 御三家 <開成、麻布、武蔵>・ 新御三家<駒場東邦、海城、巣鴨>・ 東京女子御三家<桜蔭・女子学院・雙葉>・ 神奈川男子御三家<栄光・聖光・浅野>(1990年代くらいまでは栄光・聖光・桐蔭学園)・ 横浜女子御三家<フェリス・横浜雙葉・横浜共立>・ 千葉御三家(渋幕・市川・東邦大東邦)<さ行>【先取り学習】(さきどりがくしゅう)中高6年教育の強みを生かして行われる。高校2年の時には高3の範囲までの勉強を終え、高3では演習や弱点補強にあてられるため、進学校での実施が多い。【サンデーショック】(さんでーしょっく)2月1日の入試が日曜にあたる場合、キリスト教系の学校(主にプロテスタント系)が日にちをずらすことにより、他校も日にちを移動させたりしておこる現象。それにより、普段は併願不可能だった学校も併願可能になったりすることもあり、サンデーチャンスと言ったりもする。サンデーショックの年は倍率や偏差値なども変化するので、その年だけで判断せず前後も見ることが大事。2日、3日が日曜になることをプチ(ミニ)サンデーショックというらしい。近年では2015年がサンデーショックでした。【地頭】(じあたま)生まれつきの頭。<地頭がいい>という使い方をよくする。努力だけでは追いつけない、うまれもっての頭の切れやひらめきなどの才能がある子をさす。地頭のいい子が努力をしたら無敵であるが、難関校にはいっぱいいる模様【シカクいアタマをマルくする。】(しかくいあたまをまるくする)電車にのっている時にみかける日能研の広告。出版されたりもしたが、近年のものは日能研のホームページでバックナンバーを見ることができる。最近では入試問題とともに出題校のアドミッション・ポリシー(建学の精神や教育理念、出題意図や子ども達に寄せる想い)、どんなチカラを求めているのか、日能研が感じる問題の見どころやおもしろさなどにもふれている。【時事問題】(じじもんだい)入試問題の社会や理科で出題されることが多い。ノーベル賞や災害などチェックするポイントはいくつかある。入試問題を作り終る秋くらいまでのニュースが範囲になる。日能研生は『重大ニュース』で冬休みごろ対策する。また秋の公開模試などでも時事問題に関するワードは教えてくれるのでメモっておくと良い。【室長】(しつちょう)日能研の校舎の責任者。色々な相談にのってくれる。教室によってキャラはだいぶ違うようだ。【志望校別特別選択講座】(しぼうこうべつとくべつせんたくこうざ)6年後期の土曜日や祝日にやる、志望校別特訓。研究講座ともいう。日特に希望の学校がない人はこちらを併用したりもした。【正月】(しょうがつ)6年生の家庭にはないと言われるが、日能研は2日まで休み。元旦特別講座のオプションや、研究授業で入試問題にみたてた模試をやる所もある。冬期講習も休みになるのでリズムと体調を崩さない学習を心がける必要がある。本部系では3日に最終保護者会をやるところもあるので、親は忘れずに参加したい。【情報エクスプレス】(じょうほうえくすぷれす)日能研でもらう小冊子。不定期発行。入試関係の最新情報や、模試データの分析などが書いてある。保護者が情報収集するのに便利。公開模試の保護者会に参加すると、封をした<情報エクスプレス抜粋版>をもらい、説明をきくことになる。【受験・受検】(じゅけん)「けん」の字が違う。中学受験に限らず、「試験をうける」か「検査をうける」かという違い。一般的に中学受験では私立は「入学試験」で受験、公立校で実施されるのは「入学者選抜学力検査」だから受検ということで、私立は受験、公立は受検の使い分けをする。【受験番号】(じゅけんばんごう)受験票に記載される番号。演技のいい番号がくると嬉しいし、悪いと凹む。当たり前だが合否には全く関係ない。普段日能研番号を書きなれているので、入試の時には受験番号を答案に書くものだという当たり前のことを子どもに刷り込んだ方がいい場合もある。ちなみに早い番号を取ろうとするケースにはいくつか理由がある。面接の順番が早くなる、解散は早いので午後入試を検討する時は早い番号をとりたい、大人数が受けに来る埼玉の某学校では会場が受験番号が遅くなると違う場所で受ける必要がある、番号が遅くなると高校校舎でうけることになる…などなど。先輩情報としてマイニチノウケンに載っていることもあるので受験する学校の情報は一読しておくとよい。【祝賀会】(しゅくがかい)校舎ごとに3月に行われる卒業式。【出願】(しゅつがん)願書を提出すること。学校に並んで提出する場合にはマイニチノウケンの学校情報ページには、何時の段階で何番だったかがわかるようになっている。インターネット出願は、番号をとったら受験番号を確定するところと、決済し終わった所で確定するところがあるので注意したい。コンビニ決済でと思っていると、人数の多い学校は番号が遅くなる。参考→インターネット出願、願書参照【深海魚】(しんかいぎょ)入学したものの、学業の面でぱっとしないで下位に停滞することを、深海に住む魚になぞらえて言った言葉。だいたい自分と同レベルかそれ以上の子が集まった学校に入学することになるので、気をぬかずにコツコツ学習することが大事。特に難関校にいるできる子は天井知らずなので、一度深海魚になるとなかなか浮上できないとか。ギリギリで合格した時に、「難関校の深海魚になるくらいなら、上位校のトップにいた方が」という鶏頭牛後的な意味で論じられたりする。→鶏頭牛後参照【進学レーダー】(しんがくれーだー)みくに出版の受験情報誌。月間の他に特別号などもでる。本屋などで購入可能。日能研生は少し割引がきく年間購読もできる。≪類≫Dream Navi(四谷大塚)、さぴあ(サピックス)→内部生向け配布情報誌【スカラ】(すから)日能研ユースリーダーズ・スカラシップ生の略。本科教室・各期間講習時の会費、各種テスト、教材費等が免除されるとか。成績により見直しあり。(ブログでスカラ更新とみかけるのはこれ)似たようなもので、小3に行われる『未来をつくる学びテスト』では、朝日新聞特別学習支援制度として1年間?の日能研の塾代を朝日新聞が負担してくれるとか。(我が家は関係なかったのですが、よくブログで記事をみかけた)【ステージ】(すてーじ)学習システム。ステージⅠ(3年生2月~1月)、ステージⅡ(4年生2月~7月)、ステージⅢ(4年生9月~5年生7月)、ステージⅣ(5年生9月~6年生7月)、ステージⅤ(6年生9月~11月)となっている。【捨て問】(すてもん)入試のように試験時間が限られている時、すべての問題を丁寧に時間をかけてとくことは不可能であり、自分の力量とはかって取捨選択するのも必要な能力である。この時に、とりあえずとばす問題となる、解かなかった問題が捨て問。受験番組のテレビに影響されて言葉を使ってみたかったのか、解けなかった自分を正当化して「すべて捨て問」と息子が言った時の絶望は忘れられない。【スパイラル方式】(すぱいらるほうしき)何回か同じ単元を学習して理解と定着を深めるらせん状の学習システム。4年生ではざっくり概要を勉強し、5年で深め、6年で復習定着。学年があがるとともに難度も増すので、最初から手をぬかずにきちんと学習することが大事。【制服】(せいふく)ある学校とない学校がある。制服がある学校はコーディネイトに悩まないですむが、私服のセンスを磨く機会がなくなる&そんなに枚数を用意しない為、研修などで私服4日分必要になるとちょっと焦る。制服は学校見学で視界に入っていても、意外とジャージをチェックしていなくて入学後にデザインと色に驚くケースも。【前期日特】(ぜんきにっとく)→日特参照【席】(せき)日能研の座席は成績順なので、毎回テスト結果とともに座席がかわる。稀に反映されないテストもある。座席のナンバーは校舎によって差があるようだが、1番目にいる子は間違いなくよくできたお子さん。ただ、一番後ろに座っている子達は後日受験で成績が反映されていない子なので、最下位の子ではない。成績優秀だが、サッカーや野球の試合を優先して、常に後日受験という子もいた。【壮行会】(そうこうかい)入試2日前くらいに、校舎で実施。卒業生もきてくれて、気合をいれてくれます。先生からの最後のメッセージなどもあったりして、涙涙…

      5
      テーマ:
    • 中学受験用語集 後半 (た~わ)

      <た行>【大学入試改革】(だいがくにゅうしかいかく)2020年から導入される「大学入学共通テスト」(仮称) 。今までのセンター試験にかわり「21世紀型教育」をめざす選抜方式になるといわれている。この改革をみすえて、各中高一貫校も体勢をととのえる必要がうまれた。教育現場で実践するための手法として、「アクティブ・ラーニング(AL)」「グローバル教育」「ICT教育」「キャリア教育」などが挙げられるが、学校説明会でもこれらのワードを耳にすることが多くなった。(一部の学校は「昔からやっていることなので、改革といわれても何らじたばたすることはない」と胸をはっている。)実際に入試では、選択型入試が増えたり、自由記述問題が多くなるなどの傾向がみられている。【大学附属】(だいがくふぞく)大学がある中高一貫校。説明会では、その大学にどれくらいいくのか、権利を持ったままの他大受験は可能なのかをチェックするとよい。基本的に10年教育をうたっている学校は、先取り授業を行わなかったりする。大学受験を気にせずに、のびのびとやりたい事ができる、高大連携で大学の授業を受けられたり、大学の教授が高校にきて授業をしてくれたりというメリットもある。大学入試が変わって先行き不安ということもあり、最近大学附属の人気が上昇した。【ダブル出願】(だぶるしゅつがん)受験日と受験時間帯が同じ学校の両方に出願すること。戦局によって、どちらの学校を受けるか決める。インターネット出願の登場によって、ダブル出願はへったものの、可能性がある学校は願書を用意したり、出願要項を事前に確認しておいた方がよい。体が一つしかないので当然1つの学校しか受験できないし、受験料は無駄になるが、予想できないのが中学受験であるし、過密スケジュールの中で動くことが厳しいこともあるので割り切って出願しておくのも大事。【誕生日プレゼント】(たんじょうびぷれぜんと)日能研の本部系では、5年生の時は本、6年生の時はマグカップがプレゼントされる。ちなみにマグカップは大きくて重い。【チャレンジ校】(ちゃれんじこう)今現在の子どものR4では手の届かない学校。難易度などが上の為厳しいこともあるが、過去問の相性や当日までの伸びでミラクルを起こすこともある。上をみていないと成績は停まるともいわれているので、きちんと対策をとってチャンンジする精神も大事。参考→併願参照【抽選】(ちゅうせん)実施する学校は少ないが、 国立中学などでは規定を設けていることもある。2017年8月末には、国立大学の付属校の入学者を学力ではなく、抽選で選ぶべき」との提言を盛り込んだ報告書を文科省の有識者会議がまとめたというニュースがネットをざわつかせた。【TMクラス】(てぃーえむくらす)トップオブマスターの略。日能研の関東系の成績上位者で構成され(Mクラスのトップ)、公開模試での偏差値により規定がある。存在する校舎は限られる。噂では、担当者が変わらないとか、オリジナルプリントがあるとか…→クラス編成参照【転塾】(てんじゅく)学年がかわるタイミングでする人も多い。進度だったり、立ち位置だったり、校舎や人間関係だったり…理由はさまざま。転塾する場合は進度が違うので、自分で足りない分を補う&親がフォローする必要あり。突き抜けている成績の場合は、どこにいても大丈夫という話も聞きます。【天王山】(てんのうざん)豊臣秀吉と明智光秀が戦ったという山崎の合戦で布陣した場所。 戦いを左右するような重要な時に使われる。受験では夏休みの頑張りがその後の受験を左右するという意味で「夏休みは受験の天王山」的な意味で合言葉とてよく出てくる。【東大合格者数高校別ランキング】(とうだいごうかくしゃすうこうこうべつらんきんぐ)毎年3月に発表。中高一貫の難関校ではある意味学校の手腕をはかるものでもあるので、野次馬的に結構ネットはもりあがる。東大とあわせて国公立や私立のランキングの合格者も発表されるので併せてチェックしたい。自分の子どもが進学する学校はこの時には決まっているので、上位何番に入っていれば、この大学に入れるのかというざっくりした目安にもなる。【解き直し】(ときなおし)→振り返り参照【特攻】(とっこう)無謀な併願を組んでのぞむむこと、または散ったその結果。子どもの成績や適性、塾の先生のアドバイスを聞かないで組むと危険なスケジュールになる。理想は大事だが、失敗すると子どもの心に深い傷と挫折感が残るので、くれぐれも親の勝手な理想の押し付けに終わらないように注意する必要がある。【隣の芝生】(となりのしばふ)限りなく青い。特にブログを見ていると「優秀児がこんなにうじゃうじゃいるのか…うちの子って」という気分になる。【ドボン】(どぼん)公開模試などで、予想より思い切り低い時や、やっちまった感のある時に使う。<な行>【灘特】(なだとく)日能研関西のコース。2年生、3年生の『灘特進 Jr.』と、4年生からの『灘特進コース』がある。選抜制なので、テストで所定の成績を修める必要がある【日能研】(にちのうけん)日能研(本部)・日能研関東・日能研東海・日能研関西・日能研九州の5社からなる企業グループの総称。首都圏では入塾するまで知らなかったという人も多いが、本部系と関東系の教室が存在し、担任や課題などのスタイルが違うので、入塾前によく調べること。ちなみにブログ界では関東系の方が宿題が多くかっちりしていると言われる。【日能研番号】(にちのうけんばんごう)通室する上で、テストなどにも書き込んだりする生徒番号。学年がかわると番号も変わるが、校舎での順位がわかってしまうので、判明時期にはブログがざわつく。最初のアルファベットは所属の校舎を表し、その次が学年、続く3桁が前年度の教室内総合成績をもとに出された校舎内順位。 最後の1桁はコンピュータ入力の際入力ミスを防ぐためのチェックデジットと言われる。【日特】(にっとく)日曜にやるので、日特と思われがちだが、日能研入試問題研究特別講座の略称である。6年前期は前期日特とよばれ、成績でのざっくりしたクラス分け、後期は後期日特になるが、自分が選んだ日特名で呼ぶことが多い。後期から志望校に特化したスタイルになるため、前期は日特をとるか悩む人が毎年出現。ちなみに後期日特は難関校日特、上位校日特、合格力完成日特に別れる。学校名がついたものは冠日特ともいわれる。2月1日に入試を行う学校が対象校になるため、2日や3日が本命の人はどこに通ったらいいか悩むことになる。土曜日にやる志望校別特別選択講座(研究講座)を併用することも。≪類≫難関校SS特訓(サピックス)、NN(早稲田アカデミー)、 学校別対策コース (四谷大塚)【日本能率進学研究会】(にほんのうりつしんがくけんきゅうかい)日能研の昔の正式名称。親世代で通塾していた人はこちらで覚えていたりもする。【入試解禁日】(にゅうしかいきんび)各都道府県の私学協会では地域の「入試開始日=入試解禁日」を設定している。東京都・神奈川県は2月1日 ・千葉県は1月19日 ・埼玉県は1月10日となっているため、前受として早い入試日程を利用することが盛ん。(→前受校参照)ちなみに関西地区(大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県)では、私立中学校の入試解禁日が統一されている。【入試説明会】(にゅうしせつめいかい)→学校説明会参照【入試志望者動向】(にゅうししぼうしゃどうこう)志望校判定テストや合格判定テストなどの模試で登録した、受験生の志望校の情報をもとに分析した資料。日能研で配布される。各校の志望者人数や動向を割り出し、 入試にむけて作戦をねるのに使う。【入試報告会】(にゅうしほうこくかい)入試が終わったあと、各塾で行われる実績報告会。自分の塾からどれくらい合格したかとか、今年のトレンドや、入試問題の傾向などを大きな会場で説明する。日能研では「オンザロード」という名前で呼ばれるのが一般的。途中受験生が頑張ったドキュメンタリービデオが上映されるが、5年の時は来年を思って、6年の時は頑張った自分達を思って涙する。【NettyLandかわら版】(ねってぃらんどかわらばん)5万部発行の無料情報誌。日能研でもらってくる他、私学フェアなどでももらうことができる。学校の特集ページなどがある。バックナンバーはNettyLandで検索すればホームページで見る事ができる。【熱望校】(ねつぼうこう)どうしても入りたいと強く憧れる学校。チャレンジ校とちがい、実力や偏差値は関係ない。【noblesse oblige】(のぶれすおぶりーじゅ)フランスで生まれた言葉。 「noblesse(貴族)」と「obliger(義務を負わせる)」四谷大塚の会長が子どもの指導で身に着けてほしいと訴える精神で、説明会などでも耳にする。優秀な人間には責任と義務がある…ということ。<は行>【バーチャルクラス】(ばーちゃるくらす)6年後期にマイニチノウケンで見られる、架空のクラス設定。成績によって、何番目のクラスか、どの椅子に座るのかが出る。上位クラスは ゴールドマスタークラスとなり、ゴールドマスタークラス該当者はトップ画面のメダルの色が金色になっている。ゴールドマスター10組が最上位となり、数字の大きい方が上のクラス。最初はブログでも盛り上がる…。【倍率】(ばいりつ)志願倍率(出願者数÷定員数) と、(実質倍率= 受験者数÷合格者数 )がある。後半日程になると出願はしたものの、合格をもらって受けにこないケースもあったりするので、本当の戦いは実質倍率。ただ、近年インターネット出願も増え、前日夜まで出願できるのもあり、導入した学校はそれほど差が出なくなっている。倍率は速報として各学校や塾がだしているので、チェックすることができる。どちらに出願しようか悩んでいる人は、倍率をみて決めることもあるとか。倍率は低いと合格率が高くなるような気もするが、レベルが高い子が受けにきていた場合は難しい戦いになるので、公開模試などでは受験者平均偏差値をチェックする必要がある。【百日前子ども会】(ひゃくにちまえこどもかい)入試百日前前後に行われる校舎のイベント。6年生をあつめて、気合をいれる。このあたりからカウントダウンがはじまり、塾にいくと親が緊張する。【表紙組】(ひょうしぐみ)→漢字組参照【プール】(ぷーる)ある学校とない学校がある。ない学校は、夏期などの研修を利用して水泳の授業を行うケースも。水泳部に入る可能性があるお子さんは、プールのあるなしをチェックした方がいいかも。【フェイスシート】(ふぇいすしーと)日能研に提出する書類(任意)。割と詳しい個人情報を記入するので躊躇う人もいるが、全部記入せずに書ける所だけ書いて出すのも手。記入した用紙は後日返却されました。【複数回入試】(ふくすうかいにゅうし)1つの学校で日にちや午前午後などにわけて何回かやる入試。優遇メリットがある学校とない学校がある。難易度に差をつける学校と、全部同じように作っている学校があるので、説明会の時にチェックする必要がある。【歩留まり率】(ぶどまりりつ)合格者に対する入学者の割合。上の学校ほど第一志望が多いので、歩留まり率は高くなる。併願者が増えるほど歩留まり率は下がる。この歩留まり率をきちんとよむことが、各学校の入試対策の先生の腕のみせどころともいえる。逆にいえば、受験者にはそんなに関係ない言葉。【振り返り】(ふりかえり)カリテや模試、過去問の後にする。出来なかった問題を再びやってみるのは解き直しであり、振り返りと区別して使われる。振り返りは時間配分は正しかったか、取らなきゃいけない問題で落としたものはどれか、次にどうしたらいいのかという反省&改善点を見出すもの。時間をきめてやらないと、いつまでもダラダラやる羽目に。【文化祭】(ぶんかさい)時間のある4年と5年の間に行った方がよい。6年はやる事もおおいし、志望校別特訓などで塾の拘束時間も長いので行く暇がなかったりする。非日常ではあるので、文化祭の雰囲気だけで学校を判断することはできないが、モチベーションもあがるし、PTAの参加具合などをチェックすることもできる。【併願】(へいがん)実際に入試の時にどの学校を受けるかをよく考えてきめる。地域によっては割と同じ流れになることもあるので、リサーチしておくとよい。チャレンジ校(R3偏差値くらい)や実力相応校(R4偏差値くらい)、安心できる学校(抑え校)などをバランスよく組む。個人差あるし、まさかの合格不合格あるので何ともいえないが、気持ち的には今までの最高値あたりがチャレンジ、平均あたりが実力相応、今までとった最低ポイントより下にあれば抑えか。10ポイント以上を受けることもあるが、今まで一回もとったことのない偏差値の学校ならば「記念受験」だと割り切ることも大事。(面談では記念とはさすがにいわない)記念受験する場合は、確実に合格をとれる保険を手に入れること。【偏差値】(へんさち)母集団の中での自分の位置を表す数値。塾や受験者の層によって変化する。ブログ界では、首都圏模試は幅広い層がうけているので偏差値が高くでる、日能研や四谷大塚から10をひくとサピックスの偏差値になるといわれる。また、高校入試の偏差値が引き合いにだされるが、中学校生のほとんどが受ける高校入試と違い、中学受験は小学校の中でも上位の子が受けにくるため、日能研や四谷大塚の数字に10を足したものが高校受験の偏差値ともいわれる。ネットなどで質問する時は、どこの何の試験を受けての偏差値かを明確にする必要がある。【保健室受験】(ほけんしつじゅけん)入試当日に、体調が悪い場合などに希望すれば別室で受験することができる。別室受験ともいわれる。各学校によって規定が違うので、説明会などで確認しておく必要がある。【募集要項】(ぼしゅうようこう)秋ごろに決定され、説明会や学校ホームページなどで確認できる。試験会場・試験日・試験科目・配点・合格発表日など。手続き期間や払い込みの金額も忘れずチェックしたい。【本科教室】(ほんかきょうしつ)日能研の授業でメインで使う教材。本科と略していわれたりする。【本部系】(ほんぶけい)→日能研参照<ま行>【 MY NICHINOKEN 】(まいにちのうけん)日能研の会員むけ情報ページ。 マイニチノウケン、マイニチともいう。マイニチノウケンとは別に、 教室に通っていない一般の人が模試などをうけた時にみられる情報サービス『Nポータル』 がある。マイニチノウケンでは、成績閲覧の他、学校情報や入試によく出る本、私学のナカミ日能研の説明会、公開模試の会場申し込みも行える。ちなみに、日能研のホームページにサンプル版も掲載してあるので、気になった人は見てみるといいかもしれない。【前受校】(まえうけこう)本命校受験前の練習の意味をこめて受ける学校のこと。首都圏では神奈川と東京の解禁日が2月1日に設定されているため、1月上旬の埼玉入試や地方校の東京受験、1月後半の千葉入試などを前哨戦として受けに行く受験生が多い。本命校受験前の受験練習 として1~2校は受けることが多い。お試し入試、1月校受験ともいう。【負けないハチマキ】(まけないはちまき)→合格てぬぐい参照【ミラクル合格】(みらくるごうかく)R4が届いていなかったチャレンジ校の学校に合格すること。まぐれのように思われる夢のような言葉だが、過去問にきちんとむきあった、公開模試がすべて終了したあとに実力がぐんと伸びた、問題との相性が良かった場合などが考えられる。難関校の問題を見ればわかるが、まぐれで合格などできる問題ではない。取るべき点をきちんと取ったのだと喜ぼう。ただ、入学先は頭のいい子の集まりなので、入学後も気持ちをしっかりもって勉強することが大事。【メモリーチェック】(めもりーちぇっく)みくに出版。日能研教務部監修。メモチェともいう。4教科でているが、6年の夏以降に回すのに理科と社会。左側に要点のまとめ、右側にポイント・チェック問題の見開き構成。本部はメモリーチェックノートを使用。関東系はオリジナルのノート。≪類≫コアプラス(サピックス)、四科のまとめ(四谷大塚)【面接】(めんせつ)実施する学校とない学校がある。生徒のみ、保護者別、親子面接、グループ面接など種類もさまざまなので、事前のチェックはかかせない。進学レーダーなどは、併願校を決める時期になると学校別の面接特集が出たりするので必要ならみておこう。<や行>【優ノート】(ゆうのーと)成績優秀者に配られるノート。本部系はなかったので関東系のみか?勉強に使用した子もいれば、大事にとっておいた子もいるとか。【やる気スイッチ】(やるきすいっち)数年前に、某塾のCMで認知度が高まった。ドラえもんの道具のように便利なものではない。スイッチが入る云々の前に、「うちの子には本当にスイッチついているのか?」と標準装備を疑う親が多発する。我が子もみつからなかったが、弱運転でしわじわ入っていると自分を納得させた。【ユリウス】(ゆりうす)日能研プラネットの個別指導教室。日能研のデータを利用しての指導が特徴。≪類≫プリバード(サピックス)、個太郎塾(市進)、ビザビ(栄光)【予習シリーズ】(よしゅうしりーず)四谷大塚の教材。改訂を加え、近年難しくなったともいわれる。 <ら行>【レタックス】(れたっくす)日能研から、受験前日に送られてくる期日指定郵便。校舎の先生やスタッフさんからの応援メッセージが書いてある。先輩ブログで見て来るとは知っていたが、実際にもらうとじーんときます<わ行>

      2
      テーマ:
    • 学校記事 2016年

      ★私が2016年に学校説明会や日能研や他塾さんの説明会でお聞きしたメモです。2015年版はこちら変更があったり、聞き間違いがあったりするかもしれませんので、ご存じの方がいらっしゃればコメントなどで訂正いただけると幸いです。同じ学校でも年度がかわると新しい取り組みにチャレンジしていたり、今力をいれている所が伝わってきて面白いものです。皆様の今後の学校めぐり、比較としてお使いいただければ嬉しいです。↓学校名クリックしていただければ、該当記事にとびます。03月20日 サレジオ学院「中学入試報告会」04月30日 聖光学院 「聖光祭」05月07日 逗子開成「オープンキャンパス」05月14日 栄光学園「栄光祭」05月21日 鎌倉学園「オープンスクール」05月23日 浅野中学校「学校説明会」05月27日 東京都市大付属中(私学のナカミ)05月27日 攻玉社(私学のナカミ)05月29日 公文国際学園「学校説明会」06月06日 湘南学園中学校(私学のナカミ)06月10日 浅野中学校(私学のナカミ)06月11日 聖光学院(早稲田アカデミー説明会)06月11日 聖光学院(学校を知る会)06月15日 サレジオ学院(栄光ゼミナール説明会)06月16日 法政第二中学校(栄光ゼミナール説明会)06月23日 山手学院中学校「木曜学校説明会」06月24日 渋谷教育学園渋谷中学校(栄光ゼミナール説明会)06月25日 藤嶺藤沢オープンキャンパス06月25日 聖光学院(聖光を知る会2)06月26日 渋谷教育学園幕張中学校(栄光ゼミナール説明会) 06月26日 渋谷教育学園幕張中学校 私学フェア06月26日 市川学園(私学フェア)※短い説明会に参加07月01日 逗子開成(四谷大塚説明会)07月05日 芝中学校(私学のナカミ)07月06日 中央大学附属横浜中学校·高等学校(栄光ゼミナール説明会)07月08日 桐蔭学園中等教育学校と桐蔭学園中学校(私学のナカミ)07月12日 日本大学第三中学校(私学のナカミ)07月12日 日本大学藤沢中学校(私学のナカミ)08月10日 栄東中学校(私学のナカミ)(1) (2) ※もともと一般公開していたのでそのまま09月04日 逗子開成(日能研公開模試会場)09月09日 森村学園(私学のナカミ)09月10日 浅野中学校<打越祭>09月21日 鎌倉学園(入試説明会)10月01日 聖光学院(入試説明会)10月08日 公文国際学園(入試説明会)10月15日 山手学院(入試説明会)10月17日 浅野中学校(入試説明会)11月05日 逗子開成(入試説明会)11月06日 浅野中学校(日能研公開模試会場)11月11日 栄光学園(早稲田アカデミー)11月11日 聖光学院(早稲田アカデミー)11月11日 浅野中学校(早稲田アカデミー)11月16日 湘南学園(入試説明会)

      17
      テーマ:
    • 学校記事 2015年

      ★私が2015年に学校説明会や日能研や他塾さんの説明会でお聞きしたメモです。実はブログの一般公開では、子どもの性別をあえてわからないように書いてきました。お嬢さんへとコメントをくださった方申し訳ありません。受験生活の上で塾などで身バレをしたら嫌だなぁ…ということもあって訂正しませんでした。中学受験も終了し、塾も卒業なので…書いちゃいますと、我が家の子どもは男の子です。そんな訳で、受ける方の参考になればとおいていく学校紹介記事。申し訳ありませんが男子校と共学しかありませんのでご了承ください。2015年は、その学校にいくのが初めて!という時だったのでそのままの感想になっています。ただ、アメンバー限定公開で書いていた、私の主観が入ったものは取り除きました。先入観なく学校を読んでいただく方がいいと思ったので…一般公開にあたり、言葉遣いなど多少修正させていただきますが、なるべく当時の空気で残しておけたらなと思います。変更があったり、聞き間違いがあったりするかもしれませんので、ご存じの方がいらっしゃればコメントなどで訂正いただけると幸いです。下の学校名押していただければ、該当記事にとびます。<学校>05月13日 鎌倉学園 中学校・高等学校「私学のナカミを知る会」05月16日 公文国際学園 中等部・高等部05月18日 浅野学園 浅野中学·高等学校06月04日 公文国際学園 中等部・高等部「私学のナカミを知る会」06月05日 逗子開成中学校・高等学校 「私学のナカミを知る会」06月13日 鎌倉学園 中学校・高等学校(学園祭)06月18日 法政大学第二中・高等学校(栄光ゼミナール主催)06月24日 湘南学園 中学校・高等学校「私学のナカミを知る会」06月29日 関東学院 中学校・高等学校(四谷大塚主催)07月10日 芝中学校・高等学校「私学のナカミを知る会」07月16日 日本大学第三中学校・高等学校「私学のナカミを知る会」07月16日 日本大学藤沢高等学校・中学校「私学のナカミを知る会」07月17日 横浜中学校・高等学校「私学のナカミを知る会」07月19日 浅野学園 浅野中学·高等学校の部活動体験08月23日 横浜サイエンスフロンティア附属中学校08月29日 湘南学園 中学校·高等学校(夕涼み会)09月03日 静岡聖光学院 中学校·高等学校「私学のナカミを知る会」09月07日 武蔵高等学校・中学校「私学のナカミを知る会」09月09日 渋谷教育学園渋谷 中学校・高等学校「私学のナカミを知る会」09月10日 浅野学園 浅野中学·高等学校「私学のナカミを知る会」09月11日 聖光学院中学校・高等学校(四谷大塚主催)09月15日 鎌倉学園 中学校・高等学校09月19日 慶應義塾湘南藤沢 中等部・高等部09月26日 栄光学園 中学校・高等学校09月29日 藤嶺学園藤沢中学校・高等学校「私学のナカミを知る会」10月03日 湘南学園 中学校・高等学校 (学園祭)10月07日 藤嶺学園藤沢中学校・高等学校10月09日 聖光学院中学校・高等学校(入試説明会)10月21日 神奈川大学附属中·高等学校 (入試説明会)10月22日 浅野学園 浅野中学・高等学校(入試説明会)10月31日 日本大学藤沢高等学校・中学校(入試説明会)11月07日 逗子開成中学校・高等学校 (入試説明会)11月18日 湘南学園中学校・高等学校(入試説明会)11月21日 山手学院中学校・高等学校(入試説明会)11月21日 中央大学附属横浜中学校·高等学校(入試説明会)

      51
      8
      テーマ:
  • 14 Jan
    • 他人の合否

      入試応援期間として10日間復活してきたこのブログ。そろそろ入試も本格化してくるので、2018年組のお邪魔にならないように更新を終えようと思います。(しばらくしたら形態も元に戻します)2018年組への応援と、去年の自分が経験したことを老婆心ながら少し書くつもりでしたが、今年の中学受験を調べているうちに、あれもこれも…となってしまい散漫になってしまいました(反省)辛口になってしまったこともありますが、ちょびっとでも何かお役に立てたなら幸いです。メッセージやコメント下さった方、いいねつけて下さった皆様。短い間でしたがどうもありがとうございました。(何か書きたいことがあったら、まとめ記事のどこかに追記で付け加えておきますね。テレビ番組もあるならレポしておきます)最後に一つ(?)だけ。昨年の最終保護者会で塾から言われた注意と、それに関する事を。日能研の先生からは「スマホのやりとりに気を配ってください。」という注意を受けました。入試期間、自分のことだけで最初は精いっぱいですが、自分が受かると今度は仲間のことが気になってきます。一緒に頑張ってきた仲間が気になるのは悪いことではないですが、そこでやりとりはしない。連絡してほしくない子がいることをわかってください。どんな状況かわかりますね?親も子どもも知りたくない相手の結果を知ってしまったら動揺する。トラブルをさけるためにも入試期間の連絡はしない。保護者も仲良しの方いらっしゃるでしょうが、〇日以降とか短冊みてからとか決めておくといいでしょう。というものでした。今後グループLINEなどで、「どうだった?」というやりとり、おこるかもしれません。また、塾だけではなく小学校のお友達からもメッセージが届くケースもあります。「頑張って」という応援が心地いい子もいれば、プレッシャーになる子もいるので、家庭判断で様子をみてあげてください。返事できない事を気に病むお子様なら、「2月6日まで冬眠中」とか 先手うってステータスメッセージ(ひとこと)に書いてしまうのも手です。何かお子様が言われたら「入試終わるまでお母さんに没収されている」でいいかと。日能研は合格短冊の掲載開始日を教えてくれていますよね。お友達の動向が気になるけれどわからないならば、それを確認してから連絡する方がいいかもしれません。個人的に気になるのはインスタグラム。(これはお子様というよりお母様かな?)去年インスタ映えと流行したのもあり、中学受験や中学入試などのワードで検索すると、かなりの数がヒットします。塾の先生のお顔のばっちりうつった握手の写真や他のお子様がうつっている入試会場、学校名とご自分のお子様の顔写真、受験番号と顔写真いりの受験票を全公開にして大丈夫なのかな?と。(お子様の安全面にも関わりますし、私立は入学後はどこもSNS投稿には厳しいです。お気をつけください。)そしてブログ。2018年組様はほとんどアメンバー登録していないのですが、いいね履歴からとんでいってお子様の頑張りを拝見しています。私もブログに随分勇気づけられましたが、更新の難しさや、報告のタイミングなど今後考えてしまう時はあると思います。1月、他の人の合否みてザワザワしませんでしたか?個人的にはこれで生活しているわけではないので、無理に全部書こうとしなくてもいいと思います。一番大事なのはお子様の受験!それに集中してください。「2月落ち着いたら報告しまーす」でもいいかと。(記録的に書きたいけれど、お返事する時間がない時はコメント欄をとじるのも手です)それでは。2018年組の皆様。頑張ってきたお子様やご両親の努力が報われることを心からお祈りしています。本当に泣いても笑っても残りはあと少しです。悔いのないように走りぬけてくださいね。寒い日も続きますので、体調に気を付けて。追記2017年受験仲間の渡瀬さんも、同じような事を書かれていたので、リブログつけさせていただきました。

      108
      テーマ:
    • 2018入試関連(更新中)

      2018年1月15日おはよう日本 いま「中学受験」に関心が高まる理由★入試風景首都圏模試センターブログより・栄東中A

      テーマ:
    • 中学図鑑

      数日前に<朝日小学生新聞と中学受験情報サイト「中学図鑑」が協力して中学受験情報を発信>というニュースがでていまして、久しぶりに中学図鑑をみてみました。特設ページでは、朝日小学生新聞、朝日中高生新聞に掲載した記事の中から受験生に役立つ情報 を扱うということでしたが、まだ4つくらいですね。まぁ、小学生新聞の宣伝もあるので、詳しく知りたければみてね?って感じかもしれませんが。今後充実してくれるならば、2019年組以降の方は活用しうあすいかな?この中学図鑑。掲載校のインタビューやら、制服、偏差値や併願校などのデータがまとめられているので、中学受験考え始めたご家庭にはとっつきやすいと思います。(※偏差値は首都圏模試なので、普段大手塾に通われているものより高くでています)特に制服は以前は学校別にのっていたのですが、今年に入ってから一覧化したみたいでそれが見やすくてよい。・男子校・女子校・共学校見ていて楽しいのはやはり女子校!夏服と冬服が一緒にのっているので比較しやすいです。共学は、学ランとセーラー服は必ずしも一緒じゃないのね…とか。男子校は…え、これ間違い探し?って感じのお地味さですが…それもまたよし(笑)街や電車でみかけた<あの制服>を探すのにもお役立ちです。神奈川民としては、栄光と鎌学も加えてほしいし、共学もいれて!って感じですかね?いや、これ全部の学校欲しいくらいだわぁ(個人的希望)さらなる充実期待してまーす。・インターエデュでも、難関校の解答速報はじまりました受験まとめ記事は →こちら

      27
      テーマ:
    • 壮行会

      大学のセンター試験のムーミン問題、話題になっていましたね。去年は妖怪ウォッチや鬼太郎の妖怪問題でしたが、今年はムーミン(ビッケ)。受験生のつぶやきを受け、ムーミンの公式やら、在日フィンランド大使館まで反応する事態だそうです。たった1問、されど1問…かな?在日フィンランド大使館まで反応する事態になっているようです。さて、壮行会について。日能研では本番前に壮行会が校舎で行われます。去年、神奈川では30日でしたが、千葉の方はもう少し早かったような記憶があります(はっきりしていなくてすみません)。12月に入ってから、終了組で「壮行会の案内がきた」という方を見かけました。我が家はまだ来ないなーと思っていたのですが、その後12月末にハガキが届きました。ところが…昨日「まだ案内がきていないのだけれど」という別の終了組に遭遇。数日前にもブログで同じような事をおみかけしたので、色々調べてみたところ、・関東系ではハガキがきていない(ところが多い?)・本部系はだいたい12月には発送されている・発送されている所でも、文面は校舎裁量なのか固いのあり、柔らかいのあり…と差がある・返信が必要な校舎と不要な校舎がある・現在同じ学校に進学していても、通っていた校舎によってハガキがきている人ときていない人がいるので学校の差ではない・案内がきていない校舎の1人によると、去年も卒業生が来ていなかった(そもそもその校舎はハガキを出していないのかも)ということがわかりました。日能研、本部系や関東系はもちろん、大規模校・小規模校によってずいぶん温度差や校舎裁量による違いがあるなと思っておりましたが、壮行会もこんなに違うのですね。卒業してもまだまだ謎が多い日能研です。※去年壮行会の記事をさらっと書きましたが…実は我が家はあの時数日前から寝込んでおりまして、壮行会も最後の授業も、みんなとの励ましも何もやっていないというかなりのフェイク記事状態でありました。(謝罪)

      43
      6
      テーマ:
  • 13 Jan
    • 下を向かない

      関西入試、そして大学もセンター試験がはじまりましたね。来週にはいよいよ千葉も始まります。入試という結果がはっきりわかるものである以上、どうしても合否がわかります。子ども以上に、親が現実の厳しさをつきつけられる時もあるかもしれません。息子の通っていた校舎からは、保護者向けの最終保護者会で「どんな時も、親は決して下を向かないこと」と言われました。親が子どもの前で取り乱したり泣いたりすると、子どもが「私ってそんなにヤバイの?」と不安になる。子どもの前では親は毅然としていてください。平静でいられないなら、子どもが試験受けている間に親だけ日能研にきてもいい。頼ってください、そのために私たちはいるんですと。本番前と入試の期間、この言葉を何度も思い出しました。毎朝お子様がおちついた気持ちで問題に向き合えますように。少しでも不安に思っている事があるのならば、気が付いて取り除いてあげてください。そして、親は今できる事を冷静に考えていきましょう。日能研→オン・ザ・ロード一般申し込み始まってます早稲田アカデミー →合格実績速報 発表しています受験まとめ記事は →こちら

      51
      テーマ:
  • 12 Jan
    • 合格実績 ※追記

      おはようございます。今年も日能研の合格実績のページが稼働しだしました。(北海道、埼玉、千葉、四国、九州、その他のページは数がではじめていました。)他の塾もうろうろみてきましたが、まだみたい?おそらく近日中に去年のページがきりかわるかと。(去年、四谷系は情報まとめる関係でちょっと遅めだった記憶があります。)関西もいよいよ今週末動き出しますね。天気予報みてきましたが、13日は午後ちょっと雨か雪ふりそうかな所があるかな。あたたかくしてお出かけください。追記早稲田アカデミー 合格実績(速報)

      51
      テーマ:
  • 11 Jan
    • 中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ

      中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ (日経BPムック 日経DUALの本) Amazon 「二月の勝者」の時にちらりと書きましたが、伝聞だけで紹介するのも何よね?ってことで、自分で買ってみました。今後中学受験する予定ないのに!(笑)※という訳で、内容についてあーだこーだ言うので、登場人物の入試結果に関する内容も少しネタバレします。そのあたり閲覧注意ってことで…(なんか閲覧注意が多いな)ムック形式で漫画の量は少ないのかな?と思ったのですが、そんなことはなくほぼ漫画。ところどころにコラムがあるという感じでしょうか。おそらくタイトル通り、通塾を考えているお子様むけで、塾選び、塾に入ってから中学校生活までのストーリー。日経DUALだけあって、共働き&シングルマザーのご家庭の中学受験を描いています紹介を引用すると・山吹家 私立中堅校挑戦<小4になり学童保育を卒業することから、放課後の居場所として塾通いを検討。塾選びから始まり、勉強の促し、テストなど乗り越えるべき壁は多く…>・白田家 最難関女子校挑戦<おとなしい娘がある日突然「私塾に行きたい!」と言い出した!しかも「一番難しい中学を受ける」とのこと。その心は?>・青山家 <「いい人生を送るにはやっぱり学歴が大事」学歴コンプレックスを持つ母は娘の成績に一喜一憂。でも娘には伝えられない希望があって…>・赤城家 公立中高一貫校挑戦<亡き父に似て理科と本が好きな息子はクラスでも「頭がいい」と評判。経済的に私立中学は諦めていたけれど、公立中高一貫校の話を聞いて、母の気持ちが揺らいで…という4パターン読み進めると…いや、もう「働くお母さんって大変だよなぁ!」というのと、展開のすさまじさとお母さんの疲労の蓄積とストレスたまり具合に、「これ働くお母さんの中学受験応援している…んだよね…?」と不安になる。こどもの方も親に隠れて痛み止め服用したり、脱毛症になっちゃったり、目がうつろになったり、ゲーム禁止されているのに弟のゲームかりてかなり進めていたり…そんなに追い詰めないであげてー!みたいな。この漫画読むと、「共働きで中学受験ってほぼ無理?」的な気持ちになるような気もしますが、仕事ありのお友達母たちの話を聞く限り(私は専業ダラ奥なので参考にならなくてごめん…)大丈夫、できます。やり方です。ただ、万人に同じことが通用する訳ではないので、あくまでもここは見極めが必要。・自分の事をきちんと自分でできる、時間の管理もできる、意識も高い子・言われなきゃ机に向かわない、時計の存在なんか気にしない、幼い子が同じ塾選んでいかせた所で同じように仕上がる訳ありませんよね。後者の方が確実に意識の改革は必要だし、親も色々やる事とさせることを把握していかなきゃいけないので手はかかる。でも大化けする可能性だってないわけじゃない。もちろんそれぞれに合う学校も違う訳です。じゃぁどうするか…というと、そこは本当に親が「自分の子に必要なこととはなにか」「どんな環境で勉強させるのがいいのか」ということを子どもの性格をふまえてよく考える必要がある。そして一口に仕事をされているお母様といっても、お母様の働き方や、旦那様の帰宅時間、実家のサポートありなし…ということで、本当に色々なケースがあるかと。話を漫画に戻して…実際頑張ったものがすべて報われる訳じゃなく、理不尽さもあるのが中学受験という世界なのですが。それでも、この漫画の受験成功率(?)みると、ううーん、もっと手のうちようはあったんじゃないの?という気はする。まぁ、そのへんのシビアさが二月の勝者含めて高瀬さんの持ち味なのかな?(原作者いるけれどさ)。ネタバレ一つしちゃうと、シングルマザーの所。そこは何とか合格させてあげて欲しい。孝行息子なんだもん。お金がないからこそ、公立中高一貫に入って、そこは素晴らしさを強調するべきなのではないかなぁ・「私立でも難関校になると、記述力や思考力を問う学校もあるのでそういう対策をとことんしている子達は公立の適正検査にも強いんです」・うちにお金があってもっとたくさん塾に通わせてあげられたら…・親の経済力がそもまま教育格差になってる・金銭的余裕はないけど学びたい意欲のある子がチャレンジしているのだから公立中高一貫校はそういう子達の受け皿になってほしい…という切なさ。リアルっちゃリアル。将来的に公立中学トップ、都立の最難関、国立大学でリベンジ…的な匂わせはあるんだけれど…やっぱり結果出ちゃうとねぇ。そして、なぜかこの本の付録<公立中高一貫校を大解剖!>いやいや、だったら彼を合格させて、生き生きと挿絵に使ってあげてよまぁね、本当に中学受験ってお金かかるんですよ。そこは否定しない。お金はいる!かかる!だから働けるお母さんがいるのはむしろもってこい!私がきく限りでは、・外で働いている時は違う事を考えられるので、家では気持ち切り替えられ子どもに向き合えた・塾の送り出しができないから、最初の頃は電話して支度できたか確認していた・慣れてからは、電車乗った頃に「頑張って」メールをしたりした・時間が普段取れない分、お迎えにはなるべく行くようにした・出願などはWEB出願も増えたので、思ったより会社の休みを取らずに乗り切れた。便利な世の中になってよかったという話もききました。決して受験とお仕事の両立が出来ない訳じゃない。実際終了組や、息子の学校のお友達などの話をきいても、兄弟姉妹が私立(予定)、お母さんがお仕事されている…というご家庭は結構多い。なので、この本もそのあたりの仕事をしているお母さんへの対策、ヘルプ集的なところをもうちょっと突っ込んでくれると、より厚みのある企画になったんじゃないかなぁと思います。ドキドキハラハラ感と、リアルで取り繕わないところは面白かったですよ。通塾を考えているお子様をお持ちの方、塾では小6の子が受験が終わったあとが「新学期」になり、新しい1年&カリキュラムがスタートします。受験期間前後は塾がお休みになるのですが、入塾テストをかねた全国テストなどは1月にやっています。日能研は1月14日、四谷大塚は1月13日と14日と今週末。早稲田アカデミーは入塾説明会が 1月20日の他、2月18日(日)・3月17日(土)もやるそうです※あ。ちなみに「二月の勝者の人の漫画だ」と言ったら、夫と息子も読んでいました。(何度も言うが、うちは今後中学受験の予定はありません)「漫画の子と共通点、めっちゃあったわー」とのことでした(笑)受験まとめ記事は →こちら

      34
      テーマ:
    • 辛口 ※追記

      (ちょっと辛口です。メンタル弱い2018年組は閲覧注意してください。)結果が出始めましたね。合格の方、おめでとうございます。残念だった方、これをどう生かすかが大事です。…………全く別の事下書きしてあったのですが、ちょっと気になったのでこちらを。栄東A結果を皆さんのブログやエデュなどをうろうろみているのですが、今年は・栄東がとる人数を絞ってきた(出願者数が増えたのに、合格者数を絞ったので厳しい戦いになった)・昨年よりかなり平均点がアップした・国語苦手男子にはきつかったというところで、結構波乱含みの展開だったのかな??気になったのは「塾で絶対大丈夫だと言われた」「子どももできたと言っていた」「受かる予定でいたのでBの過去問がない」という書き込み。受験において絶対はないです。私はアドバイザーではないので、専門的な事は言いませんが。今回みたいに埼玉ですと、どうしても神奈川(特に南の方…)は1月受験は通える学校でない分「お試し」感覚になります。それは悪いことではない。ただ、これからの千葉もそうですが、埼玉や千葉、そして東京でもそちらの地域に近い人にとっては「通ってもいい学校」もしくは「志望校」なのです。そりゃ同じR4でも、過去問の取り組み方や、傾向対策で違いや甘さは出てきます。「受験なので満点とる必要はない、合格点をとればいい」といいますが、今回みたいに合格点が移動する場合もあるので、確実だと思っているなら、さらに見直す。本番の試験に向けてどれだけ1点を丁寧に取っていけるかが大事です。とくにボーダー層は、1点の中に何人もいて合否を分ける。もう一回見直す、ぎりぎりまでくらいつく…それが大事。次に子どもの体感。これは全くあてにはなりません。過去問でできていた、去年だったら合格していた…と思いたい気持ちはわかるけれど、あくまでも戦っているのは今年の受験生だし今年の問題なのです。全く合格者がいない訳じゃない。いないと思いたいけれど、実際にはR4が同じくらいの塾の友達が合格していたりするはずです。模試でも、「できなかったー!」と思うと意外と平均点悪くて偏差値高かったり、出来たと思ってもミスしたり高得点勝負で意外とふるわなかった事ありませんか?同じ層にいる子なら同じようにできていても不思議はないはず。取れた問題を落としていないか?時間配分は大丈夫だったのか?さらなる一点が取れなかったのではないか?つまらないミスをしていないか…そんな事を確認しましょう。やはり真摯に問題と向き合うのって大事だと思うのです。「過去問はあくまで過去の問題」とおっしゃる先生もいらっしゃいます。私は過去問はやはり必要だし、大事な部分も多いと思うので、やる必要はあると思いますが、「いつも模試で80%だった」「過去問で不合格になった事がない」というのは、実際の入試において安心材料になるかもしれないけれど、手形にはならないのです。私の息子が通っていた校舎では、最終保護者会で「1月の入試の感想や出来は聞いてもいいが、2月の出来は子どもに聞かない」と言われました。(これ、「言われてない」、「バリバリきいちゃった!」って終了組もいたので統一ではないのかな?)子どもの出来たはあてにならないからか、聞いても意味がないからか。実際息子には「きかないよ」と言って、実際に言ってきた時も「へー、明日は何時に出かけるからね」といって話をそらしました。※息子、受かった学校は「あそことあそこの問題は間違えた。やばいかも」と分析していましたが、ダメだった学校「落ちる気がしない!できた」と言ってました(笑)→塾で再現答案みてもらったらケアレスミスボロボロして算数ひどかったようです。なので本当にあてにならないなと。試験直後の出来た出来ないに一喜一憂しない。どうせ出る数時間後の結果みてから喜べばいいんです。とりあえず連日の試験になる場合は、その前の試験とは気持ちをきりかえて。その日だけ生きていく気持ちで試験に臨みましょう。(あ、同じ学校受ける場合は傾向かえませんよ…って場合もあるので、その前に実施さえた答案振り返り忘れずに。)傾向が違った…というのは、毎年入試が終わったあと、何らかの学校で耳にします。どこかの学校で時計の問題が明暗をわけたこともありました。どこぞの塾は直前にやった対策で大当たりしたので有利だったというのがすぐ噂で広まっていた。神奈川男子でいうと、去年は栄光の算数の易化、浅野の算数の難化が話題になっていました。栄光は算数に独特のスタイルがあるけれど、去年はそれがなかった。易しい分高得点勝負になった浅野は問題数の変更や、難問があった。逆に言えば、同じように考えていてできない、焦った受験生がいた、他の教科でカバーすることができた子が合格できた…などなど。なので、今年の受験生が去年の過去問だけをとくと、いつもと傾向が変わっていたなーと思うはずですがそのあたり受けるお子さんはどうでした?このあたり、しっかりしているお母さんなら「今年は算数の傾向戻しますか?去年のままですか?」くらい学校の先生に突っ込んできいているのかも。(学校の入試説明会であったかも?)あとは、「Bを受ける予定なかったので過去問がない!」「傾向違いますか?」みたいなもの。これに関しては正直甘いなーと。受験って厳しいんですよ。(私も去年何となくいけるだろうと思っていて失敗しました。多分意識はないけれど、気持ちどこかゆるみというか甘さが出るんだと思います)今後1月後半2月本番と予定通りに進めばラッキーですが。予定通りにいかなかった、追加で受けるという場合がでてくる可能性があります。そして複数回受験の学校もしくは著作権の関係の国語は過去問ダウンロードにのっていないケースが多いです。なので、2月入試後半になればなるほど、過去問どうしよう問題はでてくるかもしれない。まだ時間のある2019年組以降の方は出願可能性がある学校は事前に過去問を入手しておく、傾向くらいは親が把握しておく!特に中堅校は入試説明会で詳しく説明してくれていたりします。2018年組は時間がないならばダメモトで塾の先生にお聞きしてみましょう。掲示板などで質問するのも手ですが、自分の子が受ける学校情報、そんなに丁寧に他人に教えますかね?ご自分のお子さんが受けない学校なら言うかもしれませんが…どこも真剣勝負だからね。(まぁ、たまーに聖人がいてくれたりする訳で。そこは感謝しましょう)今、準備不足だと思ったら、あと20日の間に何とかしましょう。がむしゃらに動いたっていいじゃないですか。今やれることを悔いなくしましょう。やる事わからない場合も…聞きましょう!愚痴だって不安だっていいからぶつけとく。1月と2月のこの時期、塾は6年生のためのものなので活用すべし!準備して無駄になった…それはお子さんが首尾よく合格できたということ。経験をどう今後につなげるか…それが1月受験の生かし方です。このままグズグズボロボロ2月に突入しない。本番これからですよ。結果は結果。まだできる事いっぱいあります。気持ちを切り替えて、強い意志でむかっていきましょう。受験って、とにかくメンタル勝負な所あります。そのあたりは何か長くなっちゃったので…また今度。辛口ごめんね追記 栄東、今回のAの結果を受けてBの出願数もあがっているとのこと。15日締め切りですが、今みたら前年比に達してますね。加熱してるのかな?Bは加点があるとは言え、Aでまさかの不合格&今年のAの出願人数増加を見ると、Bも安心できない?加点なしでも合格するという気持ちで臨んだ方がいいかもしれませんね。個人的には、本命校なら何度受けるのも大事ですが、前哨戦で迷い込むのも危険な気もします。とりあえずBを受ける方、迷ったりしている方は、よーく先生に相談したり、ネットで動向を調べたり(もちろんすべての情報が正しいわけではありません)、対策をきちんとされてくださいね。

      97
      10
      1
      テーマ:
  • 10 Jan
    • 栄東A

      今日3本目…暇人っぷりを露呈しておりますがまぁ、新鮮なうちに書いた方がいいかな?と思うので勢いでかいておきます。首都圏模試センターさんのブログアップされました。仕事はやっ!!1月10日、埼玉入試初日の栄東A日程には6,462名が挑戦!第3会場は、さとえ学園小から栄北高等学校へ変更になっていたんですね。うーん、すごい。あらためて受験生の皆様おつかれさまでした!

      44
      テーマ:
    • 解答速報と対策

      試験おつかれさまでした。そして地方入試はボチボチ結果がではじめるころですかね。これからの千葉戦も含め、1月に受けた学校のいくつかは2月にむけて解答速報があがってくると思います。・日能研生日能研生はマイニチノウケンにアップされるので活用しましょう・四谷大塚難関校一部一般公開予定。(海陽はもうでていますね)Facebookやツイッターでも更新を教えてくれます(過去問データベースでも公開)・インターエデュ去年公開していたので、今年もあるはず今年受験生じゃない方は、ご自分のお子さんの受ける予定の学校がどんな問題をだしたのかをチェックしてみると良いと思います。2018年組は、自分がうけた学校は間違えた所や、見直すべき所を確認。受けていない学校でも、理科や社会だと時事問題の傾向とか、国語だと物語文のチェック(同じ文章が2月に出たケースもある)をしてみてもよいかなと思います。算数では毎年年号問題を出す学校もあるので、他の学校で出ているのかどうか調べてみてもいいかもしれませんね。塾によっては時間を使って1月の学校の問題を使って対策してくれます。対策といえば…サピックスさんの情報誌「さぴあ」さんのHPでは、「2018年度入試」出題のポイントと留意点:最新中学入試情報という特集を組んで、PDF化でまとめて下さってます。残念ながら難関校はないのですが、約150校と結構のっていますので、受ける学校がある場合は確認してみて、生かせる所やもう一度見直しておくべき所などあったら活用するといいと思います。ちょっとのヒントが、当日1点につながるかもしれない…そんな時期です。出来る事コツコツと頑張ってくださいね。受験まとめ記事は →こちら

      15
      テーマ:
    • 受験スケジュール

      栄東受験の皆様、無事に会場つけましたか。実力を発揮できることをお祈りしています。さて。フラフラみていたら、アナログママさんの受験スケジュール帳にいきつきました。2018年度年版(2019年組むけ)は中学&高校受験用になったようです。 (アナログママ)analogmama スケジュール帳 2018年度 携帯 受験 A5 ピンク 1,919円 Amazon 受験スケジュール帳は 2018年1月から2019年4月まで16カ月間 と受験年度の方には入学までの先の予定が書き込めて便利だと思います。紙はつかわないという方もいらっしゃるでしょうが、私はスケジュールに関してはまだ紙派。一覧でみたい時に紙の方が頭に入るんですよね。大学生の時にせっせと手帳にスタンプして凝りまくっていたからその名残かな?ただ、2017年度には中学受験用がなくてですねぇ…大昔にでていた「親子で受かる! 中学受験手帳」などはコラムなどがあったり、日付が自分でいれられたので入手してみたりしましたが、結局受験手帳ではなく、毎年使っている「3月のライオン ダイアリー 」(笑)を自分好みにアレンジして使っていました。そんな訳で、このスケジュール帳はちょっと興味あったりします。使わないけれど(笑)<受験が終わったら/入学お祝いリスト>…いるかな?長い受験生活、自分の目標や子どものご褒美をきちんと楽しみ的に書いてテンションあげるのもいいのかな。我が家は「受験終わったらswitch買ってあげるから!」と約束しながら、まんまと予約しそびれ、受験終わった後は手に入らず、結局2か月後に手にいれるというグダグダっぷり。予約開始日が1月後半で(受験前にそんなんチェックできるかー!)しそびれたら速攻予約受付終了していたんですよね…予定チェックするのも大事ですよ。という訳で(?)、2019年組以降の方は、受験が終わってしばらくすると(学校も忙しいからね)、学校予定や説明会などが出てきますのでそれを忘れずにチェックしましょう。(私2月には再びドロンするので、今後ありそうな&確定しているものを書いておきますね。日時・内容等は変更される場合がありますので、お出かけ前に予めご確認ください)学校ピンポイントでもいいですが、まだ中学受験初心者でどんな学校があるかわからないという方はフェアを活用するといいと思います。<フェア、合同説明会>・第二回私立女子中学校フェスタ4月1日十文字中学校・第13回 2018神奈川県私立中学相談会神奈川県私立中学校61校が参加し、私立中学の魅力をアピールし、入学に関する相談に応じ、各校の特色を説明する。4月29日(日)※主催のHPは更新されていませんでしたが、パシフィコの予定にはのっているので書いておきますね。・東京私立中学合同相談会東京都私立中学174校参加5月20日(日)東京国際フォーラム※東京私立中学高等学校協会で確認・東京私立男子校中学校フェスタ6月3日(日)京華中学校で開催予定※神奈川男子校フェア(例年5月後半~6月上旬)※神奈川南部 私立中学フェスタ(例年5月中~下旬)※私学展(例年海の日近辺)は確認できませんでしたが、おそらくこのあたりの時期なので興味ある方は心づもりしておくといいかも…・東京都私立学校展(小・中・高全校参加)国際フォーラム8月18日(土) 19日(日)※東京私立中学高等学校協会で確認・池袋進学相談会サンシャインシティ文化会館10月21日(日)※東京私立中学高等学校協会で確認<神奈川の学校>・聖園女学院中学校 授業見学会1月19日(金) →受付中2月20日(火) →2018年1月19日より予約開始※要WEB予約(電話予約も可)・清泉中学校 親子見学会2月17日(土)3月3日(土)※要予約、対象小学5・6年生と保護者※学校HPでは告知まだ?ですが、神奈川県私立中学高等学校協会で確認・浅野中学校 部活動見学体験会3月17日(土)※予約不要。雨天実施※学校HPでは告知まだですが、神奈川県私立中学高等学校協会で確認・サレジオ学院 入試報告会3月18日(日) 午前・午後2部制 要予約おそらく1か月前あたりからHPに告知(申込)が出るので、興味のある方はチェックしてみましょう。※学校HPでは告知まだ?ですが、神奈川県私立中学高等学校協会で確認・青山学院横浜英和中学高等学校3月24日土曜見学会(施設見学等)※要予約(WEBより)※学校HPでは告知まだ?ですが、神奈川県私立中学高等学校協会で確認

      28
      テーマ:
  • 09 Jan
    • 入試の朝

      いよいよ明日は栄東ですね。入試の朝がどんな感じかというと、以前という記事をかきました。これは首都圏模試センターさんのブログからの情報なのですが、サピックスさんの情報は→入試風景2にまとめてあります。栄東だけではなく、今後自分のうける学校がある方は確認しておくといいのではないかなと思います。面接ある学校はなんとなーく服装とかね。栄東は特に大混雑する学校なので…明日受ける方の心の準備用に抜き出しておくと・2017年A・2017年・2016年A・2016年って感じですかね?(あくまでも引用ですみません。うち受けていないもので…)j終了組の話によると、大混雑だった、電車も満員、牛歩!、1時間半前についた…などなど。平日の通勤の方も多い朝なので、くれぐれも余裕をもった出発をこころがけてくださいね。入試の朝、校門に近づくと「うわ、これが噂の握手か」という、イベント会場に足を踏み入れたような、自分の子がまさに今本番を迎えているのが何だか不思議な気分になります。お試し校はそこまでではないかもしれませんが、本番の日の朝は何ともいえない感じの気持ちに(親が)なります。2年(3年)の子どもの頑張りが報われるのか。一人戦いに臨む心なしか大きく見える子どもの後ろ姿に涙ぐんだ…という終了母のコメントも聞きます。ただ、校門までいってしまうと割とあわただしい。「受験票あるよね?」的な確認もしたくなる。握手のタイミングは①塾が指定場所を作り、握手や話す時間を入試前にとってくれる(難関校に多い)②校門前で握手→そこで子供と別れる③校門前で握手→学校から指定された控室に親子でいく→時間になったら子どもが試験会場に向かうというパターンに別れるかと。我が家は①は未経験なのでそこはお伝えできませんが。③はともかく、②は先生と握手すると子どもはもうしっかり戦闘モードになっていてそのまま「じゃ!」と親と別れていってしまいます。「今まで頑張ってきたね。あなたの頑張りを発揮する時がきた、今こそその想いを答案にぶつけて…」みたいな決めゼリフを言おうにも、周りもザワザワ、受験生親子はいっぱいだし、子どもはみんなが移動する方に早くいかないと…という気持ちもありじっくり話かける余裕などない。うちの子は恥ずかしがり屋&無口なのもあり、そそくさ…という体でいなくなってしまうのがわかっていたので、私ももともという気もなかったのですが「じゃあ」「うん、しっかりね。あ、待ち合わせあのあたりで!」くらいで終了。それでもやはり校舎に消えていく子どもの背中を見送る時は、心の中で頑張れ頑張れ!と叫んでいました。尽きせぬ思いを伝えたいタイプの人は、ギリギリに言うのは避けて事前に言っておくといいと思います(笑)受験まとめ記事は →こちら

      31
      テーマ:
  • 08 Jan
    • 入試予測

      別に書きたいネタがあったのに、宇宙飛行士ライブで盛り上がってしまいました。さて、受験ネタ。去年は色々情報収集していたし、模試などでお話をきいたり、塾などからも資料をいただいていた訳ですが…受験終わると当たり前だけれどわかりません。まぁ、神奈川だと今年は共学化した 青山学院横浜英和中学校 とか、入試日を1日にもってきて逗開にぶつけた鎌学、1日午後に参入してきた山手、公立では今年初の中高一貫実績を出す予定で期待は高まるものの、なぜかその前に4期から高入生と混合?先取りをやめるやめない?で噂になっていた横浜南あたりが気になるかな?って所ですが他はなかなかわからないもんです。そんな意味ではまだ通塾されていないご両親も、そんな感じですかね?市進さんの中学受験情報コラムで他県の情報なんかもみたりしていますが、今年は更新が遅くてですね…9月の模試の動向が11月に。そして[次回予告] 「2018年中学入試予想 第3弾 10月公開模試から予想する入試動向」となったまま更新とまる…ちょ!市進さーん!入試始まっちゃいますよぉ。そんな訳で、今年は自分の子の受験は関係ないのですが、女子も他地域もどうなってる?的な所も含め。トータル的な情報はスクールポットさんが12月20日にだした「地域別入試予想」で予習しました。各校簡単に…ですが、東京・千葉・神奈川・埼玉などと地域別にまとめてありました。カテゴリ的には上級でしたが初級の方も「へー」って思うかも。受験まとめ記事は →こちら

      19
      テーマ:
    • 宇宙飛行士

      「金井さんに宇宙のこと聞かない?-金井宇宙飛行士と交信イベント」面白かったですね。堪能しました!子供達の質問に丁寧に答えていらっしゃって高感度アップ。他の人のコメントも面白くみてました。このイベント、主催はローソン。はまぎんこども科学館からの中継でした。からあげくんは宇宙食になるのか?社長頑張っていましたねーブラックホール味も発売していましたね。宇宙飛行士といえば、大西さんは聖光でしたね。今日の金井 宣茂さんは東邦大学付属東邦中学校ご出身。以前調べたような気もしますが、宇宙飛行士必ずしも中高一貫校が多い訳ではありませんが、いらっしゃるのもまた事実。古川 聡さんは栄光学園、秋山豊寛さんは中学はわからないけれど攻玉社。のびのび好きなことに没頭できるのかな?受験まとめ記事は →こちら

      17
      テーマ:
    • 二月の勝者(追記)

      本日入試の皆様お疲れさまでした。入試といえば、先月、スピリッツで始まった「二月の勝者」という受験漫画。ご存じですか? 二月の勝者 ー絶対合格の教室ー 1 (ビッグ コミックス) Amazon (追記)お!1巻が2月9日発売みたい…いい時期にもってくるなー。(狙ってるね)2018年組の皆様は受験終わったら読みましょう。1話目のインパクトがすごくてですね「ひー、やめて!」と言いながら読みました。(正直、この記事いつかく?でしたが、二月に近くなるほど洒落にならない感じもするので…そっと書いちゃう。)現在4話?まで連載中ですが、1話はネットで読めます→これ(あ!1話は2月入試を扱っていてかーなーりー生々しいので閲覧注意!です)11(スマホだと21)ページにNバッグならぬMバッグがあって「ぶ!」って感じ(笑)中学受験に興味のないスピリッツ層もよむということで、新人の塾講師と凄腕室長のやりとりを通して、中学受験の仕組みとかが説明されているので、今後2019年組以降が受験に興味のないお父さんに導入的に読ませるにはもってこいだと思います。(漫画の舞台は塾激戦区の吉祥寺)1話では、実際の学校名や校門の握手シーンなんかをバシバシだしてきて「おお!」「胸が痛い」って感じでしたが。2話目以降は受験終了後の時期なので割とおとなしい…かな?もっとリアルな受験話をみたい!期待期待。とはいえ、「こないだの合格実績が悪かったから(校長が)飛ばされちゃった」「「受験塾」は「子どもの将来」を売る場所です。」「凡人こそ、中学受験をすべきなんです」なんてヒリヒリする言葉が毎回ビシバシ入ってきます。※ツッコミどころもない訳ではない。校長も天気悪くて交通機関乱れそうなのわかっていたら、もっと早く家でなきゃダメでしょ‼基本だよ‼、確かにこの校長だったら不安だわーとか(笑)まぁ、そこも漫画としては楽しい所です。この高瀬志帆さん、終了組にきいたところ日経DUALで連載もっていらっしゃった方で 中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ (日経BPムック 日経DUALの本) Amazon というものを過去に出されています。(これまた終了組で見た人にきくとすんごい内容だったとか…)さて、「二月の勝者」今週号は「クラスの1/3が受験で休むなんて知らなかった」という生徒のお母さんの一言で終わってます。実際に息子の時にどうだったかというと(→神奈川でもめちゃくちゃ熱心!的なエリアではない普通の小学校)我が家、もちろん休んでいて知らない訳ですが…他のお母さんにお聞きしたところ2月1日はそんなにはいなかったけれど、3日は公立中高一貫校の受検組もいて、1/3弱くらいは休んでいたようです。「あいつも?」「あの子も受検?」的な驚きはこの日が一番あったとか。横浜でも熱心なエリアは半分が休むとか、授業にならないから他のクラスと合同になったとかいう話もきくので、こればっかりはお住まいのエリアによるとしか言えないかな。ちなみに、この漫画は夫も息子も読んでいるのですが、何かっつーと「母親の狂気」(→冒頭の言葉)と言ってきます。狂気で悪いか!狂気こそ愛だ!…なんてね(笑)受験まとめ記事は →こちら

      58
      4
      テーマ:

プロフィール

りん

性別:
女性
自己紹介:
※残り一年となり、限定記事は成績や志望校の事など書いてあります関係で、現在アメンバー様の受付は停止し...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。