日能研 お知らせ 日能研
現在アメンバー様の承認はしておりません。
成績や志望校以外の事は一般記事で書いておりますので、よろしかったらおつきあいください。



  • 13 Mar
    • まとめ記事リスト

      ブログを終えるにあたり、今まで書いた記事などのまとめを作りました。 (見たい所をクリックしていただければ、記事にとべるようになっています)   学年ごとのその時期の内容がお知りになりたい時は、テーマの所でカテゴリ別に学年と時期をわけていますので、ちょうどいい時期をメニューから探してみてください。   まとめを作るにあたり、今までに書いた記事もいくつか加えておきました。 ・2年間の成績の推移 ・過去問(1)  (2) ・日能研(1)  (2) (3) ・学習 ・遊び(1)  (2) ・後期日特の選択(我が家の場合) ・お弁当 ・併願 ・中学受験とお金 ・私立中学学費 ・R4表の活用 ・塾以前の勉強と中学受験   ・学校説明会等の記事 2015年  2016年 ・入試報告会   ★日能研ネタなど ・夏期講習テキストの分冊と過去問の断裁 ・メモリーチェック(1) (2) ・願書用の写真(1) (2) (3) ・校章カード(1) (2) ・日能研合格グッズ ・午前受験と午後受験 ・入試の持ち物 ・日能研特別クラス TM・Z・灘特 集合M   ★日能研生への案内 ・2015年 5年冬期講習(1) (2) ・2016年 新6年前期案内 ・2016年 前期日特 ・2016年 6年夏期講習案内(1) (2) ・2016年 後期日特 ・2016年 研究講座 ・Nフレンズ2016(1) (2) (3) ・合格力ファイナル →冬期講習(冬休み)+入試直前期間(1月度) ・出願準備保護者会 ・フェイスシート (合宿&別講座のお知らせ) ・日能研サミット ・正月合宿「論知的に考えるチカラ」を磨く4日間 ・春合宿「 論理を探究する5日間 」 ・難関校からの道「論理を追究する」 ・~元日特別講座 算数 ~差がつく問題と向き合う~ ・スノーキャンプ ・6年生対象 難関校入試問題分析会   我が家は体験していないのですが、何となく調べた… ・前泊 ・面接服 どうでもいい観察とか検索 ・説明会の親の服装(1) (2) (3) (4) ※女子校は観察したことないのでわかりません! ・台風の警報がでている時の各塾の対応 ・学校公式キャラクター ・各学校の入試問題に登場する名前」 ・神奈川の学校のFacebook状況 ・出願時の振込でいただける銀行の合格鉛筆 ・ゲン担ぎ食品(1) (2) (3) (4)   テレビレポ ・2016年2月news every 特集中学受験 ・2016年3月脳に効く!?レシピ(ラ・サール寮めし) ・2016年4月ボクん家の中学受験奮闘記 ・2017年2月開成中学合格者特集 ・2017年2月news every特集密着!中学受験   最後にあたり、お約束通りこの記事を一番上に持ってこさせていただきました。 今まで二年間、思った事をつづってきました。 読んでくださった方、本当にありがとうございました。 つたないブログでしたが、お役にたてたなら何よりです。 これから中学受験される皆様のお子様が、素敵な学校に出会い、その門をくぐれることをお祈りしています。 大変なこともきっと多いと思いますが、かけがえのない時間になるはずです。 6年生になると、本当にあっという間に時間がすぎます。 やる事も多くて混乱してしまうかもしれませんが、コツコツ学習をつみあげてきた先に合格はあります。 1日1日を大切に!   ※今後は更新予定はございません。 もし何かあればメッセージをいただけたらお返事できると思います。 (以前ほど開かないので少々遅れるかもしれません)   おまけ。 酔っ払いのたわ事と、その後。      

      284
      テーマ:
    • 学校記事 2016年

      ★私が2016年に学校説明会や日能研や他塾さんの説明会でお聞きしたメモです。  2015年版はこちら 変更があったり、聞き間違いがあったりするかもしれませんので、ご存じの方がいらっしゃればコメントなどで訂正いただけると幸いです。 同じ学校でも年度がかわると新しい取り組みにチャレンジしていたり、今力をいれている所が伝わってきて面白いものです。 皆様の今後の学校めぐり、比較としてお使いいただければ嬉しいです。   ↓学校名クリックしていただければ、該当記事にとびます。   03月20日 サレジオ学院「中学入試報告会」 04月30日 聖光学院 「聖光祭」 05月07日 逗子開成「オープンキャンパス」 05月14日 栄光学園「栄光祭」 05月21日 鎌倉学園「オープンスクール」 05月23日 浅野中学校「学校説明会」 05月27日 東京都市大付属中(私学のナカミ) 05月27日 攻玉社(私学のナカミ) 05月29日 公文国際学園「学校説明会」 06月06日 湘南学園中学校(私学のナカミ) 06月10日 浅野中学校(私学のナカミ) 06月11日 聖光学院(早稲田アカデミー説明会) 06月11日 聖光学院(学校を知る会) 06月15日 サレジオ学院(栄光ゼミナール説明会) 06月16日 法政第二中学校(栄光ゼミナール説明会) 06月23日 山手学院中学校「木曜学校説明会」 06月24日 渋谷教育学園渋谷中学校(栄光ゼミナール説明会) 06月25日 藤嶺藤沢オープンキャンパス 06月25日 聖光学院(聖光を知る会2) 06月26日 渋谷教育学園幕張中学校(栄光ゼミナール説明会)  06月26日 渋谷教育学園幕張中学校 私学フェア 06月26日 市川学園(私学フェア)※短い説明会に参加 07月01日 逗子開成(四谷大塚説明会) 07月05日 芝中学校(私学のナカミ) 07月06日 中央大学附属横浜中学校·高等学校(栄光ゼミナール説明会) 07月08日 桐蔭学園中等教育学校と桐蔭学園中学校(私学のナカミ) 07月12日 日本大学第三中学校(私学のナカミ) 07月12日 日本大学藤沢中学校(私学のナカミ) 08月10日 栄東中学校(私学のナカミ)(1) (2) ※もともと一般公開していたのでそのまま 09月04日 逗子開成(日能研公開模試会場) 09月09日 森村学園(私学のナカミ) 09月10日 浅野中学校<打越祭> 09月21日 鎌倉学園(入試説明会) 10月01日 聖光学院(入試説明会) 10月08日 公文国際学園(入試説明会) 10月15日 山手学院(入試説明会) 10月17日 浅野中学校(入試説明会) 11月05日 逗子開成(入試説明会) 11月06日 浅野中学校(日能研公開模試会場) 11月11日 栄光学園(早稲田アカデミー) 11月11日 聖光学院(早稲田アカデミー) 11月11日 浅野中学校(早稲田アカデミー) 11月16日 湘南学園(入試説明会)    

      17
      テーマ:
    • 学校記事 2015年

      ★私が2015年に学校説明会や日能研や他塾さんの説明会でお聞きしたメモです。 実はブログの一般公開では、子どもの性別をあえてわからないように書いてきました。 お嬢さんへとコメントをくださった方申し訳ありません。 受験生活の上で塾などで身バレをしたら嫌だなぁ…ということもあって訂正しませんでした。 中学受験も終了し、塾も卒業なので…書いちゃいますと、我が家の子どもは男の子です。 そんな訳で、受ける方の参考になればとおいていく学校紹介記事。 申し訳ありませんが男子校と共学しかありませんのでご了承ください。 2015年は、その学校にいくのが初めて!という時だったのでそのままの感想になっています。 ただ、アメンバー限定公開で書いていた、私の主観が入ったものは取り除きました。先入観なく学校を読んでいただく方がいいと思ったので… 一般公開にあたり、言葉遣いなど多少修正させていただきますが、なるべく当時の空気で残しておけたらなと思います。 変更があったり、聞き間違いがあったりするかもしれませんので、ご存じの方がいらっしゃればコメントなどで訂正いただけると幸いです。 下の学校名押していただければ、該当記事にとびます。 <学校> 05月13日 鎌倉学園 中学校・高等学校「私学のナカミを知る会」 05月16日 公文国際学園 中等部・高等部 05月18日 浅野学園 浅野中学·高等学校 06月04日 公文国際学園 中等部・高等部「私学のナカミを知る会」 06月05日 逗子開成中学校・高等学校 「私学のナカミを知る会」 06月13日 鎌倉学園 中学校・高等学校(学園祭) 06月18日 法政大学第二中・高等学校(栄光ゼミナール主催) 06月24日 湘南学園 中学校・高等学校「私学のナカミを知る会」 06月29日 関東学院 中学校・高等学校(四谷大塚主催) 07月10日 芝中学校・高等学校「私学のナカミを知る会」 07月16日 日本大学第三中学校・高等学校「私学のナカミを知る会」 07月16日 日本大学藤沢高等学校・中学校「私学のナカミを知る会」 07月17日 横浜中学校・高等学校「私学のナカミを知る会」 07月19日 浅野学園 浅野中学·高等学校の部活動体験 08月23日 横浜サイエンスフロンティア附属中学校 08月29日 湘南学園 中学校·高等学校(夕涼み会) 09月03日 静岡聖光学院 中学校·高等学校「私学のナカミを知る会」 09月07日 武蔵高等学校・中学校「私学のナカミを知る会」 09月09日 渋谷教育学園渋谷 中学校・高等学校「私学のナカミを知る会」 09月10日 浅野学園 浅野中学·高等学校「私学のナカミを知る会」 09月11日 聖光学院中学校・高等学校(四谷大塚主催) 09月15日 鎌倉学園 中学校・高等学校 09月19日 慶應義塾湘南藤沢 中等部・高等部 09月26日 栄光学園 中学校・高等学校 09月29日 藤嶺学園藤沢中学校・高等学校「私学のナカミを知る会」 10月03日 湘南学園 中学校・高等学校 (学園祭) 10月07日 藤嶺学園藤沢中学校・高等学校 10月09日 聖光学院中学校・高等学校(入試説明会) 10月21日 神奈川大学附属中·高等学校 (入試説明会) 10月22日 浅野学園 浅野中学・高等学校(入試説明会) 10月31日 日本大学藤沢高等学校・中学校(入試説明会) 11月07日 逗子開成中学校・高等学校 (入試説明会) 11月18日 湘南学園中学校・高等学校(入試説明会) 11月21日 山手学院中学校・高等学校(入試説明会) 11月21日 中央大学附属横浜中学校·高等学校(入試説明会)

      50
      8
      テーマ:
  • 05 Mar
    • 最後の質問とご挨拶

      「ママ友に受験の話しましたか?」 「ブログって書いてみてどうでしたか」 「ブログ書いていないと限定記事が見れないみたいなのですが、書いた方がいいですか」   ということについてまとめてお答えしますね。   ママ友…受験界では割と用なしな存在で(笑)、孤高を貫く方が多いと思います。 余計な詮索をされたくない、放っておいてほしいというタイプの方も結構みかけます。 それが楽ならそれでもいいと思います。噂が広まるストレスとも無縁でいられるし。   ただ…私は逆で、リアル受験生母も多ければ、ブロ友さんも多い受験生活でした。 人と話すのが好きだったからかな…。   ストレス抱えた受験生母って多いと思います。 しかし、時には誰かに聞いてほしい時もある…それをうまく解消できるのはやはり<友人>ではないかと私は思います(旦那様が包容力あって、受験に対して熱心でいいパートナーって言うならいらないかも…でもたいがい温度差あるものです)   とは言え、実際に受験の話をしようと思うと、仲良しの親子でも結構内容によっては難しい話になるのもまた事実。 私は何となく使い分けていました。   ★普通の友達からはじまって、お互い子どもが受験生。たま~に会うくらいの関係 説明会でばったり会ったり、たまにはランチして受験の事話そうよ…的なお誘いもありました。 ここで注意するのはお互いの成績がわからない事。 他に見に行った学校の話なぞをするのですが、だいたいそれで相手のレベルを推しはかる空気(笑) 私は色々な学校にいったので、相手も混乱したんじゃないかと思います。 本当に友達なの?腹黒いわね!って言われそうですが…今後も友達でいるのに、子どもの受験で変に気まずくなるのは避けたい。そんな訳で当たり障りのない、お互いの塾の話や、学校情報、フェアなんかを話題にしてました。 他の塾の話は驚きや発見あって好きでしたよ。 あとは 「いつから学校休む?」「入試の期間ってどう過ごす?」 みたいな一般的な話題。 ★塾母 子どもから聞く話や座席でお互いの成績は何となくわかるので、変にそこは気をつかわなくていい。 でも、あえて細かい成績であーだこーだと話はしなかったかな…。 苦手科目やテキストの使用部分をどう工夫していたかは結構話しましたね。 日々の塾の話、過去問のすすめ方(これは校舎ごとに違うので、同じ校舎のお母さん方との情報共有は役だちました)、保護者会での先生の話…などなど実際の塾生活にかかわる内容が多かったと思います。 私学のナカミとか、学校説明会、文化祭などにも一緒に行ったりしました。 子どもの校舎は日特や研究講座でわりとお互いの志望校がオープンだったので、併願とかの突っ込んだ話も結構しました。 うちみたいに、子どもがしゃべらないタイプだと、塾情報をもらえるのは非常にありがたかったです。   こんな感じのお付き合いだったので、私は「リアルな受験生母友達もいいよ!」とは思うのですが、そこは本当に好き好きですね。 受験することを周囲に言ってない場合は、上の2つの世界でのハードルも高くなるし。 もちろん嫌な思いをする人と無理にベタベタ付き合うことはないかと。   そもそも、世間的には受験どっぷり母って正直きついものがあるんじゃないかと思います。 私なんて、専業主婦だったのもあり、毎日暇な時間を説明会や受験の調べ事につかいましたが…受験が好きだし面白いっていっても、なかなか理解されない世界。 そんな時にブログは助かりました。 情報放出してもいいんだ!的な安心感。 最初はブログの書き方もわからないド新人だったので、色々助けていただきました。   ★アメンバー様 上のお子さんを日能研にいれている先輩母からは、こちらがわからないことを説明していただいたり、関西・関東・本部の違いをあーだこーだ言い合ったり。 私は限定記事では成績をオープンに書いていたので、マイニチ見ては速攻 「奇跡!」 「ドボン↓」 と書きこんでいました。 同じようなアメンバー様ばかりだったので、いい時は「頑張ったね」と言っていただいたり、悪い時は「次がんばればいいよ」と慰めてもらったり。 リアルな付き合いでやっていたら、成績公開って結構痛いと思うのですが…ともに公開しあえる仲だったので、カリテや模試もイベント的に乗り切ってこれた気がします。 そして超優秀児の勉強への姿勢、時間の使い方、意識の高さなどは本当にまぶしいものがありました。 子どもが塾行っている間にコメントいただくので、子どもに感情ぶつけることなく消化できたというのもメリットだったのではないかと。 (このあたりも好き好きです。人の成績気になっちゃう!ってタイプだと、オープンなタイプはきついようです) そんなぶっちゃけトークだったので、結構身バレの危険もあり。 早い時期にアメンバー受付は終了し、ちょくちょく見直ししてはしぼらせていただきました。わがままですみません。 絞りに絞ったアメンバー様とは本当にいいお付き合いができたかと。 色々お世話になりました。どうもありがとうございます。 2年間の受験生活が充実したのも、苦しい入試期間がのりきれたのも、アメンバーの皆様のおかげです。   ★アメンバー以外の方。 コメントや「いいね!」ありがとうございました。 多分、最初にコメント入れる時は勇気が必要だったかと思います。 アメンバーさんと盛り上がっているのに、部外者がコメントしてもいいのかな?って。 ブログ書いている方からするとアメンバー内外問わず<新着コメントがあります>というのはとっても嬉しいものでした。きちんと書いたことに反応があるんだなと。 とは言え私は結構ズボラだったので、人様のブログ読み逃げしてしまうことも多々ありましたが…(すみません) 毎回きちんと「いいね!」と押してくださる方のプロフィール画像、結構覚えてしまうものです。 お顔が見えるとほっこり暖かい気持ちになりました。 本当に皆様読んでくださってありがとうございました。   書くことも読むことも苦にならないならば、ブログの世界いいと思います。 長い受験生活、子どもと衝突したり、成績に悩まされたりして、周りがみえなくなっちゃうこともあると思います。 そんな中、ブログを通して冷静な意見に出会えることも多々あります。他の方の素敵な子育てみて心が洗われたりね… 塾の説明会などの情報、自分が見落としていたマイニチノウケンの使いかたとかを教えてもらったり、得になることもいっぱいあります。   でも、ブログがストレスになるならば、それはやめた方がいい。 受験のストレスをブログで発散するためにやっているのに、逆になったら意味ないですからね。 また、LINEなどもそうですが、本音で書いたり、思っている事をぶつけると、想像以上に文章ってきつくなったりする時があるようです。 個人のブログでやっているとはいえ、公開している以上読んでいる人がいるということはやっぱり忘れてはいけないことかと。 (赤裸々に書かれる方のブログって確かに面白いんですけれどね~) そして、お子さんが特定されるような画像や行動の記録は気を付けた方がいいかと。やはりこの世の中、何があるかわかりませんので。お子さんはしっかり守ってあげてください。   (色々書いてみましたが…自分がちゃんとできたかな…というのはちょっと自信がないですスミマセン) ブログ、本当に楽しいし、振り返った時にもいい記念になると思いますよ。 うまく自分が「つかう」感覚で楽しんでください。   そして最後の質問。   「受験生活を振り返って、やっておけば良かったと思う事ってなんですか?」   そうですね…結構やりたい事はやったし、行きたい所にもいったかな。 そんな意味では<悔い>という感情はないです。 算数では非常に困ったけれど、5年入塾でもそれ以外は何とかなったし…算数はやり方だったような気がします。   あ!でも東京の有名校の説明会には、ちょっと行ってみたかったかな。 いわゆる男女御三家(武蔵はお聞きしたことありますが)、ネットでもよく名前が出る筑駒、豊島岡とか人気の学校。 子どもは神奈川から出る気がなかったのと、成績が届くとは思えなかったのでスルーしてしまいましたが、自分の意識と違う所の話を聞くというのも、比較という意味では、あってよかったのかもしれません。 女子校もちょっと話を聞いてみたかった。 今の女の子の教育って何を目指しているのかな?とか。これは自分の時代との比較ですかね? 子どものための学校めぐりとは違う視点で、素直に話を聞いてみたかったような気もします。     さて。 これでいただいた質問は終わりです。   この投稿をもって、ブログを卒業しようと思います。 2017年組の皆様のブログの終わり方、次のステップアップの仕方を色々拝見して、全部非公開にするか、そのままにするか、まとめ記事以外は非公開にするか…などなど、どんな終わりがいいかと考えておりました。 メッセージでこのままにしておいてほしいというありがたいご意見もいただきました。   学校の取り組みなどはその時の流れによって変わっていくものなので、すぐに情報としては古くなるのではないかと思います。 必ず新しい情報をご自身でお聞きになってください。その上で 「数年前はこうだったんだ」 という比較をしても面白いかもしれませんしね。   残しておいてどれくらい需要があるのか謎ですが。 自分も昔、先輩ブログの同じ時期の内容を見て、色々気づきがあった事を思うと、残してもいいのかなと思います。 (この投稿のあと、1週間くらいしたら、またまとめ記事がトップにあがるようにします。そのあと修正する部分もあるかもしれませんが、大きな変更はないかと)     それでは。   本当に2年間お世話になりました。 家族にも内緒だったこのブログ、勢いで書いてアップしていたので本当に誤字脱字お見苦しい所もあったと思いますが… おつきあいくださってどうもありがとうございました。   これから受験の皆さん。 本当に受験生活大変ですよ!(笑) ストレスをうまく発散させて頑張ってください。  

      159
      4
      テーマ:
  • 03 Mar
    • 学校情報

      まだお答えしていない質問があったので… 「学校の情報はどこで得ましたか?」 「学校のどこを見ましたか」   情報は一番は学校説明会。これにまさるものはないかと。 ただ、学校説明会っていうのはどうしてもお話される先生のイメージによるところが大きい。合わないと思っても、1回でその学校のイメージを作り上げるのは危険ですね。 同じタイプの先生ばっかりではないですし。 前に出ない先生が案外自分と合ったりするときもありますが…これが入学してからじゃないとちょっとわからないかも。   学校に足を運ぶ…文化祭や体育祭もよく勧められますが、わが子は私と違ってお祭り気質ではないので、それほど熱狂せず。なんだかどこ行ってもかき氷食べてばっかり…みたいな感じだったので、「ものすごく情報得たか?」といわれるとどうなのかな。 とは言え。 学校グッズや保護者の方の参加具合を親目線でチェックしたり、展示をまわるついでに学生さんに自然な感じでお聞きするには絶好の機会。 また、たいていの学校が用意している学校紹介ブースなどは先生もいらしゃるし、制服を体験できたりするコーナーがあったり、普段ほどかしこまった感じではないので、色々お聞きしやすい空気はあります。   「説明会あとの個別相談にはいきましたか?何をききましたか?」 というのもいただきましたが…。 私は学校見学中に先生ににじりよってお聞きするとか、「質問ありますか?」と言われた時に挙手して聞いてしまう人なのでブースでじっくりというのは数回しかやりませんでした。   身近にその学校に通わせている方から話を聞くのも手です。 ただ、その場合もその方のフィルターを通している事を意識してください。 普段のその人がどんな人かによって、印象ってかわってしまうと思うのです。 同じくブロガーさん情報もそうかな。 学校名で検索したりすると、お子さんの学校名をオープンにしていらっしゃるブロガーさんを何人か発見します。 学校説明会ではない保護者情報というのもまた違った視線でいいものですが、やはりそこもフィルターがかかりますよね。文面でだいたい伝わってきますが… 自分で情報を識別していくのも親の役割ですかね。   一昔前はネットなどの掲示板でも学校情報がよく更新されていましたが、学校自体も第三者の情報以外の書き込みを嫌うこともあり、近年はあまり活発ではないですね。 もちろん活発な所もありますが、それはそれで反対派が書き込んで伸びている場合もあり(いわゆる炎上)、必ずしも正確な状態ではないので見極めが必要です。   逆に学校発信でのFacebookが増えましたかね。 Facebook、初期の頃は生徒や卒業生主体で発信しリアルな感じがダダ漏れしていたものの、若者がインスタに流れ更新が数年止まっている所が多かった(笑)。 去年あたりから、公式で発信する学校が増えたので再びチェックするようになりました。先生方に浸透したのかな?   学校説明会でどーんと説明するほどではない日常をアップしてくれる学校、受験生への応援メッセージ、施設紹介、研修旅行の写真…などなど、割とテーマもとっつきやすい&学校の姿勢というかノリもみえて面白いです。 ただ注意した方がいいと思うのはプライバシー設定。 自分のみで見られるように設定して、色々な学校に「いいね!」をしていたはずなのですが。 ある時、友達(受験とは無関係)から 「すごい学校受ける予定なんだねー。Facebookみて娘とびっくりしているよ」 と言われ、焦ったのなんの。 よほど自信のある方以外は注意した方がいいかもです(笑)   話題ついでに神奈川私立中の公式Facebook更新状況と最近の記事調べてみました。 1年以上更新ないところは省略。 (各学校の皆様、リンクお許しくださいませ…)   ・栄光学園…最終更新日3月3日。 昨年亡くなられた生徒の加藤旭くんの情報発信の他、卒業生やホームルームなどの日常生活 ・聖光学院…最終更新日2月25日。各教科の様子や群読、生徒の活動など ・浅野中学校…最終更新日3月3日。施設紹介、授業の様子。最近Facebookの更新を頑張りだした模様 ・サレジオ学院…最終更新日3月3日。卒業式、授業の様子、父親聖書研究会 ・公文国際学園…最終投稿2016年10月22日。文化祭、体育祭 ・洗足学園…最終更新日2月10日。演奏会、学校情報 ・逗子開成中学校…最終更新日3月1日。卒業式、授業、学校の歴史。入試時期には在校生の応援メッセージ。 ・鎌倉学園…最終更新日1月28日。学校周辺の様子、施設紹介。 ・カリタス女子…最終更新日1月28日。学校紹介、委員会紹介、学校の様子 ・桐光学園…最終更新日2月26日。 桐論会 新入生オリエンテーション、部活紹介。 ・清泉女学院…最終更新日1月17日。部活紹介、学校説明会情報 ・藤嶺学園藤沢…最終更新日1月24日。卒業生の海の王子、朝礼、体育祭、高校メイン? ・自修館…最終更新日3月3日。卒業式、マラソン大会、校舎紹介 ・桐蔭学園…最終更新日3月1日。卒業式、授業、部活紹介 ・横須賀学院…最終更新日3月1日。卒業式、マラソン大会 ・横浜翠陵…最終更新日3月1日。卒業式、学習の様子、ウィンターキャンプ ・函嶺白百合…最終更新日3月1日。卒業式、部活紹介   卒業シーズンなので、その話題が多いですが。 一気に見比べると学校らしさが出てくる気もします。   ※追加あったら教えてください。 一応公式っぽいのを採択しています。 受験する学校の写真とか動画みると、お子さんも学校生活イメージしやすいのではないでしょうか。   学校のどこがポイントかといわれると…それは本当に人それぞれ。 色々な事を見聞きすると思いますが、結局はご家庭の求めるものと学校が合うかどうか。   とは言え、まずは合格いただかないと話にならないわっていう所もありますよね~(笑)   色々な学校をメモっていましたが、私も子どもの進学先が決まって改めて読み直したり、調べたりしています。そんなもんです。   さて。 長居してしまいましたが、週末には〆て卒業しようと思います。 聞き忘れあったらお早めに(笑)  

      65
      テーマ:
    • オン・ザ・ロード追加資料(追記)

      去年あった資料が今年はなかった…という話を数件耳に。   マイニチノウケンのオンザロードの資料の所の 「さらに詳しい入試データ」 から、学校名をいれて検索すると   日能研生のA・B・C各ゾーンの受験者数と合格者数、日能研全体のその学校の受験者数と合格者数の割合、総合格者数に占める日能研合格者数比較、偏差値分布図、 併願状況 などがグラフや数値で示されています。   (この話じゃなかったら失礼!)   一般の方がHPで昨日いただいたパスワードをいれて見られるかどうかはちょっと確認していません。 ごめんなさい、出かけるので帰宅したら試します!   とりあえず日能研生はおためしあれ~   ・・・・・・追記・・・・・ オン・ザ・ロード情報共有広場   みてみました! パスワードはさすがに載せません。みたい方はオン・ザ・ロード参加しましょう(笑) 更に詳しい情報って何よ…って思われるかもしれませんが、   <教科別> 〇国語 スポットライト(主な学校の、読解問題の文章の総字数と、記述問題の出題 比率)/読解問題の中での記述問題比率ランキング/記述問題総字数ランキング/全問題での語句文法問題比率ランキング/漢字ランキング/四字熟語ランキング/ことわざ・慣用句ランキング/素材文 作者ランキング/素材文 作品ランキング/文章ジャンル・テーマごとの、出題された作品 〇算数 スポットライト(日常的な素材)/計算問題出題比率ランキング/式・考え方要求問題出題比率ランキング/学校別難度平均ランキング/出題内容ランキング 予想難度6以上/出題内容ランキング 全難度/日能研生が4年生・5年生で学んだ出題項目ランキング 〇社会 スポットライト(時事問題・最新キーワード)/漢字指定比率ランキング/記述比率ランキング/地名ランキング/人名ランキング/漢字指定用語・語句ランキング/世界の国名・都市名ランキング /今年出題された都道府県ランキング・時代ランキング 〇理科 スポットライト(キーワードランキング)/グラフ出題比率ランキング/計算問題出題比率ランキング/作図問題出題比率ランキング/表出題比率ランキング/記述問題出題比率ランキング/出題単元ランキング(男子校)/出題単元ランキング(女子校)/出題単元ランキング(共学)/「初めて出あう状況や情報をもとに考察する力を試す問題」を出題した学校   <入試情報> 先ほどマイニチノウケンの会員メニューで確認した学校別情報もちゃんと見られましたよ~   <日能研情報> ポリシーや取り組み他、各学年ごとにかかる費用もまとめてありました。   などがありました。(一部省略!) やっぱりデータの日能研! 本当にもったいないからもっとアピールすればいいのに。 「知っている人だけ見てくれればいいんす」 って言うのは勿体ないなぁ。 オン・ザ・ロードいっても、更に詳しい情報とかさらっと言われても 「話きいたしなぁ」 って思って動かない人がほとんどなのよ! あ~勿体ない!(笑) 参加された皆さん、活用しましょうね~          

      39
      2
      テーマ:
  • 02 Mar
    • 2017 日能研入試報告会 オン・ザ・ロード(3)

      第四部 パネルディスカッション ~入試問題にこめられた私学の想いと大切にしたい学び方~   <今年の入試問題の印象> ●国語…「異なる」と向き合う。自分と他者の心情をよみとるという今までのスタイルは健在。ただ、さらに一昔前の考え方や心情、人間以外の動植物の姿などから考えさせる問題が見られた ●算数…変化はそれほど大きくない。 ①今までは大問(3)くらいで終わっていた問題が(4)や(5)まであるように。段階をふませるのでステップアップはしやすい。 ②見たことある素材ではあるが、暗記した解法では解けないパターン。何かが違う。 「学んだことを自分のものにしているか」という学校からの問いかけ ●社会…近年多角的にとらえる問題が多い。 時事問題では参院選やオリンピックがでたが、そのまま聞かないでしくみや別角度からの問題になっている。 選択肢も単なる正解を選ぶものではなく、問題のテーマとあっているものを選ばせる、作問者との対話が感じられる。 ●理科…問題から学べる。 ①はじめてであうテーマ、事象、実験→よみとくとつながりが見える 前の問題をてがかりにする。流れにのるとサクサク進む。 ②あたりまえのことにきりこむ。「当たり前を疑う」問題   <印象に残った問題> ●算数…女子学院□4 時計 いつもと違う時計。12時間ではなく、6時間で1周。 構造をしっていればとける。原理、しくみをわかっているのか。 「型ではなく本質を」 ●理科…聖光 昼と夜の表(日の出と日の入り) ぴったり12時間になっていない。昼の長さは12時間と覚えているが、詳しくみるとそうではないことがわかる。筋道をたてる ●社会…他者とともにいきる ・浅野の各都道府県の年齢別人口の構造と選挙→どうやって意見を反映するか ・日本女子大の選挙問題。有権者と投票をみるが10代が少ない理由。 18歳選挙権はわかっているが、10代の中で実は選挙権をもつのは18歳と19歳しかいないということに気が付けるか。 ・駒場東邦の学校の卒業式前日の給食を決める問題。 子どもには身近なテーマ。 「カレーライスは残さなくていいのか」と考える人の意見を後押しする根拠ある説明をできるか。 ●国語…フェリス、横浜雙葉、横浜女学院→他者を理解する。人物を理解して続きを創作する。 横浜女学院の先生のコメント 「自分とは違う人とどう生きていくか。入試を通しても、入学後も考えてほしい」 ●算数 麻布□6 (1)やってみよう (2)(3)もとめなさい→変化をさぐる (4)すべてをもとめなさい。しかし解答欄はすべて使うとは限らない。 →麻布的問題。感覚でやっていてはとけない。筋道をたてさせる。 「手を動かして、自分で性質を発見する姿勢」 ●理科 洗足のバナナの問題 1つの病気でバナナが食べられなくなるかもしれない問題を考える 子どもは種から育てると思っているが、問題では挿し木(→遺伝子が同じになっていく) バナナと人の病気を考えさせ、「なぜ1つのカビで枯れるか」を記述させる。 →解き終わってからも印象にのこる問題   <大切にしたい学び方> ●国語 ・頭と心を動かしてよむ ・手も動かして読む→文章加工(書くと理解も進む) ●算数→とりくんだあとの振り返り 振り返りと解き直しは違う。 ・振り返り…問題とむきあっていた時の自分を思い起こす、なんで間違えたか、次はどうするかを言葉にしていく ・解き直し…改めてもう一度とく 解答があっていた時もやってほしい。解き直しのあとに振り返りをしてもいい。 日能研のサイクルはチャレンジの質を高める ●社会 知識で 「知らなかったからできなかった」からの卒業 単語だけきかれることはまずない。色々な言葉と組み合わせて答えさせる。 例えば横浜だと「神奈川県の都市」という切り口や「政令指定都市で人口多い都市」という切り口からも横浜と答えさせることはできる。 「言われたらわかる」状態から、自分でどうふやしていけるのか ●理科 はじめてみた素材にいかに近づくか。情報を正しくとらえる。 書き込む…大事な数値を囲む、〇つける(例えば、太陽の影をかいて明確化する) 書き出す…一定の関係(例えばばねの長さのわかったことをグラフの横にメモする) 書き換える…慣れたら。(図が小さい場合や使うものが一つの場合、自分なりにわかるように必要なことだけ書き出す) 主体性をもつ。自分で書きだす。頭や心を動かす。   第五部 映像(中学受験ドキュメンタリー) 今年も「ご堪能ください」はおっしゃっていました(笑) ハンカチの用意はいわなかったな。 でも暗い中、時々すするような音はきこえましたよ。   ~輝く未来人へ~ Nフレンズの時の教室をセッティングする日能研OBやOGの映像。インタビュー。 熱心に質問する親子。目を輝かせて学校の魅力を語るOG   夏期講習。 台風の時かな…すごい雨の中教室にとびこんでくる女子達 友達と一緒に色々な問題を協力してといていく   模試のひとこま? 先生のはじめの挨拶と同時に、真剣に答案にむきあう子供達の横顔   日特 麻布と女子学院? 真剣に先生の言葉をきく子供達。その学校「らしさ」、求めるものって何だろう…   冬期講習 「入試まであと何日かしっていますか。38日です」 残りの数日やっていくしかない   壮行会 その校舎のOBやOGが制服を着て前に並ぶ。 一言づつ後輩にメッセージを送る姿。 今まで見守ってくださった先生の熱い言葉に目を潤ます子供達   入試の朝 別に待ち合わせ場所を指定された学校。公園?グラウンド? 先生との握手 不安そうな子、今日はしっかりできると答える子   校舎に入り、問題が配られる映像。 大きくなる時計の音…   音楽かわって、合格発表の朝。 自分の番号を指し示す子 見た瞬間、番号が目に入って喜ぶ子 きちんとハンカチをとりだして目元をぬぐう女子 「サクラさきました」と携帯で報告する子   こんな感じかな… 暗い中だったので、断片的にメモしたくらい。 出てくる子ほど優秀児ではないけれど、自分の子を重ねたりして…。 やっぱり感動しました。   ただ、ビデオ終わった瞬間帰る人の群れはいかがなものかと。 一緒に見たブロ友さんと 「みんな撤収早すぎないか?」と。 余韻もなかった(笑)   しかし、たった1か月前の出来事で、終わってしまったって本当に信じられないな… もっともっと時間がたった気がします。   親としては本当にこれで卒業!ですかね。 最後のご挨拶はまた改めて…久しぶりにうちまくって疲労しちゃった(笑)    

      64
      6
      テーマ:
    • 2017 日能研入試報告会 オン・ザ・ロード(2)

      第二部 講演(キーノートスピーチ) 去年結構ブラックにかきましたが…今年も健在。 ただ… 「きたきたきたー」 的に演劇調のスピーチにワクワクしてしまう私。(いや、お上手なんですよ) 最後の方には突然舞台中央に歩みだしたりして… いっそ、イケメン講師を 「with B」 ばりにしたがえて。 「・・・新しい塾、いきたくない?」 的に、日能研勧誘した方が…っていうのは余計なお世話ですね。   冗談はさておき。 テーマは 「中学受験を選択する理由、私学を選択する理由」 「わが子の未来の準備をしたいというのをどうつなげていくのか」   成長とは新しい自分を作り続ける力。   先生が実際に体験した2つのケースを紹介 ①ある男の子が言った。問題を解くのが楽しい。考え続けた問題があった ②1日目に思うようにいかなくて、自分の課題をメモにおこした子がいた。 あらたな自分に進化させたちむかう姿   ここでVUCAが紹介。VUCAとは Volatility – 変動性 Uncertainty – 不確実性 Complexity – 複雑性 Ambiguity – 曖昧性    大人の延長線上に子どもの未来はない。 人口知能が人間の知能をはるかに超える時代。 今ある50%の仕事が将来人口知能、ロボットにかわる   今後世の中は 2020年 学習指導要領が大きくかわる 2024年 センター試験廃止後の新しい試験の完全実施 2030年 2015年に採択された持続可能な開発の ための2030アジェンダ 2045年 シンギュラリティ2045年問題 とかわっていく。 ここで「うちの子いけるわ」と思うか、「よくわからない」「うちの子心配だわ」と思うか。   学習指導要領の改訂。 今までの学習内容に焦点をあてた方法からどのように学ぶかにかわる。 ALという言葉をつかわずに、対話的、深い学びとし、何ができるようになるかを考える   学びを人生や社会に生かそうとする。 生きて働く。 予想外の状況にも対応させる。   個人を育てる、資質能力を育てる   私学の先生の言葉紹介 武蔵の先生「教育の目的は人をそだてること」 女子学院の先生「一人ひとりをかけがえのない存在としてうけとめています」   大学入試のポイントは2つ 1、マークシート+記述(理解+再構造化) 記述をみれば、その子はわかる 2、英語4技能 社会で必要なコミュニケーション能力   日能研での学び。 振り返り →答えのない問題、やってみてどうだったか、原因はなんだったか…サイクル大事に   大切にしたい大人のスタンス 1、チャレンジする子の背中をおそう 2、お互いを認め合う対話 子どもの考えを引き出す 大人がモデルになる   日能研はその学びを一緒に作っていきたい 私学に進学する   親から子にプレゼントできるものは2つ 1つは名前 2つ目は中学受験 →1生に一度の機会を大切に…   こんな感じでしょうか。 メモみても理解しきれていない自分を感じる…(笑)   第三部 映像(インタビュー) 子ども達の受験後のインタビュー映像。 もうキラキラしてますね。 私、この映像を見ると 「6年生になるとこんなにしっかりするのね」 「受験勉強でこんなに大人びた考えをできるようになるのね」 と感動していましたが…これは、出来るお子様の姿ですわ。 うちの子と比べると…違いすぎる(笑)   とりあえずコメントを抜粋してさくっと ★合格して 「夢の中みたい」 「見たらあって、うれしくなった。泣いちゃった」 「苦労がふっとぶくらいうれしかった」   ★入試本番 「(問題が)楽しかった おもしろかった」 「自分とも問題とも戦った」 「あせる事もあったが自分を落ち着かせる練習にもなった」   ★受験を通して 「受験は終わりじゃない、通過点」 「間違いを恐れない」 「勉強じゃなく、ぼくは今これを学んでいるんだと思う」 「質をたもちながら量も確保する」 「一人の力じゃ合格はなしえなかった」 「自分の考えの幅が広がった」 「自分に嘘をつかない。気持と違うことをやらない」   ★好きなお弁当 炊き込みご飯 ぶりの照り焼き セロリ から揚げ 手作りの卵焼き   ★どんな人になりたいか 「自分から動ける人」 「社会にふりまわされない」 「自分の意見をいえる人に」 「宇宙飛行士」 「科学者」 「算数、数学の仕事」 「小説家」 「子どもにふれあえる仕事」

      29
      2
      テーマ:
    • 2017 日能研入試報告会 オン・ザ・ロード(1)

      神奈川県民ホール13:00の部に参加してきました。 (日能研の入試分析会です)   いただいた資料は ・入試分析ブック2017 ・「探求したい」が刺激される中学入試問題2017 ・国語素材文 中学入試に出題された作品と作者 ・日能研生の2017年のべ合格 (チラシ) ・日能研「ルーブリック評価」 ・オン・ザ・ロード情報共有広場への入り方 ・アンケートのお願い   です。 結果R4は今日もらえなかった!   まずは開会のあいさつ。 子ども達の前には中学受験だったり、高校だったり、色々は未来への道がわかれていて、今後は想像できない。 学び続けてほしい、成長をつくりたい…そんな思いでオンザロード(道の途中)という言葉を使っている。 オンザロードの子を支える為にいくつかのテーマを今日は用意し、各テーマにわかれた部で話はすすめていくと。 まずは<首都圏入試情報>で数字を使って説明する。そして次に数字でみえてくるものについて。成長の物語…だとか。   ちなみに資料は通塾者はマイニチノウケン、それ以外はホームページから入って今日のパスワードをいれてねと。   1、<2017年 首都圏入試情報> 男性の司会。 ものすごく緊張されていました。 新人さんが必ず通る道なのか…頑張れ!   首都圏の受験生は 2016年は56300名 受験率18.9% 2017年は57000名 受験率19.5% 2年続けて上昇。 5人に1人は中学受験しているといえる。   卒業生数は減少している。 中学受験には ・私学への強い信頼感、安定感 ・保護者の視線が成熟 ・大学附属の人気 ・背景にある2021年の大学入試問題 ・「バランスのよい」私学の人気 が見受けられる。   ・千葉の傾向は総じて復調傾向 ・埼玉・埼玉私学の成熟と安定的な人気   都県別の受験数、受験率は資料を参考にしてください。 東京は29%で6年生の3割が受験しているといえる。神奈川・千葉・埼玉は14%とより一般化。 同じ都県でも地域の差は結構あります。   2016年との対比   ・開成、武蔵 ほぼ横ばい ・麻布 出願含めて上昇 ・駒東 応募減 2倍下回る ・栄光 強い人気 ・聖光、慶應普通部 敬遠   2017年の動きだけではなく、複数年の動向にも目をむけよう…ということでした。   結果R4が確定したので申し上げます…ということで口頭でいくつかの学校の数字が。 (学校名、2016→2017で書いていきますね)   男子 ・開成 72→72 ・麻布 68→68 ・武蔵 64→6466(追記:一覧で確認すたら66でした。聞き間違えたのかしら?失礼しました!)   ・駒東 66→66 ・慶應普通部 63→63 ・桐朋① 56→56 ・栄光 67→65(日能研生が健闘したので下がった) ・聖光① 68→69   女子 ・桜蔭 68→68 女子学院 66→66 雙葉 66→66 フェリス 63→62(チャンス拡大)   あくまでも結果R4であり、日能研生が頑張った学校にはたくさん入ったから下がっている…1人1人のドラマや想いにも思いをはせて…ってことでした。   (個人的にはこの数値、もっと詳しく教えてよ…神奈川でやるんだから、上位校くらいまでは教えっちゃってほしい!)   各校の動向 男子 ・栄光 高い人気。3月完成の新校舎の影響があったのか ・聖光① 敬遠。チャレンジ層が減ったので難易度的には上昇。高い教育力がひきつけた ・サレジオ 大学実績、部活動の充実、先生との距離、男子を育ててくれるという人気が持続   女子 ・横浜共立 ABともに人気。昨年の反動がみられた ・青山英和 人気続く。2018年から共学化、男子の動向にも今後注目   共学 ・法政2 ・中大横浜 →ともにMARCHの大学付属校で男女とも選択できるということで神奈川でもブーム ・神奈川大学附属(ジェンダーフリー) ・山手学院 →進学実績・学校生活、部活の充実、バランスのよさで人気 ・公立中高一貫校 サイエンスフロンティアが注目をあつめたが、男女合わせて685名の応募、8.6倍と初年度にしては少なかった。日能研の予想R4の55より結果R4はアップして58   都内では男子はバランスのとれた教育と学校生活の学校が人気 ・早稲田 大学名あるが内部進学は4割 のびやかな校風、クラブ活動の充実で人気 ・本郷 大学進学実績、教育、部活、校風で人気 ・海城 バランスよし 男子校は前年の人気をうけて反動したりする(その逆もある) ・世田谷 昨年チャンスあって今年不人気に   女子は ・吉祥女子→今年は敬遠 ・鴎友 2016年に2回入試に 1回目人気、2回目ややチャンスであった ・豊島岡 3日とも高い人気 ・田園調布学園 アクティブラーニングの導入、学校アピールで人気に   共学では ・渋渋 ・広尾 →20年以内の新設リニューアル校として人気、アクセスのよさと国際教育が魅力   別学では ・久我山 復調傾向   ・明大系の人気が高くなった ・都立、区立、中高一貫校は横ばいか減少→チャレンジ敬遠、難易度上昇   ・3日の国立の学芸大学小金井、世田谷、竹早はチャンスになった   詳しくは進学レーダー 入試分析ブックをみてね!   ということでした。   夕飯作ったら続きかきまーす…

      52
      2
      テーマ:
    • 日能研(3)

      もう一つの質問。 (複数いただきましたが1回で答えられそうなのでまとめて。) 「なぜ日能研にしたんですか?」 「どこの塾を検討しましたか?」 「日能研のどこにひかれましたか」   タイトルに日能研あげているせいか、ものすごく日能研ラブな人に思われているようで… えーと、はっきりいってしまうとそこまでこだわりはありませんでした。(笑)   受験に突入する前の、私の各塾のイメージはこんな感じ   <サピックス> 〇お弁当を作らないでいいから早く帰れていい ×難関校を狙う予定ではないから必要なさそう ×いわゆるαに入らないと、月謝だけ上納する層に入ってしまいそうな不安 ×プリント整理が大変って言うよね…   <四谷大塚> 〇母もテスト会員だったので悪いイメージはない 〇全国統一テストで何回か校舎にいっていて本人も慣れている ×バス通塾(→乗り物弱いからパス)か、少し離れた駅の通塾になる ×通塾でも崇高な思想が必要そう   <日能研> 〇中堅に厚いイメージ ×成績順で座るって、精神的に厳しいんじゃないの? ×進度が遅い <早稲アカ> ×バス通塾 ×ハチマキ巻いて熱血なイメージがあって、うちの子には合わなそう   みたいな。 (実際はどうとかはあまり関係なく、その当時に耳に入っていた中でのイメージです)   神奈川ならではの、啓明館とか、臨海セミナーとかもあったのですが、近所すぎてちょっと…な。 なれ合いにならず適度な緊張感が欲しかったのもあって検討しませんでした。   栄光ゼミナールも四谷や日能研と同じ場所にあったけれど、なぜか検討対象にならなかったですね。本当になぜか…理由ありません。     最初は塾に行かせる時に、季節講習で本当はいくつかの塾を試すつもりだったんです。(通塾は新5年でしたが、季節講習だけは春・夏・冬と試すつもりでした) それはお子さんの高校受験を経験した友人が 「季節講習で色々な塾を試すと、塾がわかっていいよ」 なんて言っていたのを「なるほどね!」と思ったのもあり。 ところが… 予想以上に我が子がビビりでした。   初めての春期講習は日能研に。 電車が初めてなので送り迎えをしたのですが、日能研の入口の前で足が止まる息子。 無料テスト一回うけたこともあったのですが、ドアを入るまでも大変なくらいの緊張具合でした。   春期講習を日能研で体験して、夏期講習は四谷かなーと思っていたのですが、そこで息子の抵抗にあう。 「新しい所にはいかない、この前いったところにいく」 「このあと通う塾もこの前の所でいいや」 と。 違う塾に入って、なれないシステムをまた経験するのが嫌だったんでしょうね…   知り合いがいなくて完全にアウェイだったから、本人的に辛かったのかな。 色々言ってみましたがダメでした。 私としては「この前の所で」じゃなく「この前の所が」的な積極的な意識を持ってほしかったんですが。 まぁ、いっかー…通うのは本人だもんね…と私自身も思ってしまったのもあり、色々体験する前に塾は日能研に決定。 一応、他の塾を平日の体験にいれてみようかと思ったのですが、それも拒否。普通に通っている子の所にぽつんと入るアウェイ感は嫌なんだって(笑)   お子さんによっては、この体験を嫌がらない子もいらっしゃいますよね。 なので…本当にお子さんの性格によると思うのですが、びびりのお子様をお持ちの方は、最初の体験をどこにするかが大事なんじゃないかと思います。 「最初はお試しで、本当に通わせる所は、色々経験して目がこえた最後に」 「通塾前に通う所を本命にしておけば、冬期講習から新学期の流れもスムーズよね」 とか親が思っても、子どもは全然違ったりしますからね…   ある程度、「通ってもいいな」と思っている所に最初に行くべきかと。 あ!あと。 日能研は関東系と本部系で色々違います。 体験を嫌がらないお子様ならば、その2つを体験しておくといいのではないかと思います。   日能研に通塾して、最初のマイナス面はどうだったかといいますと… ・アウェイ感→同じ学校の友達も複数いて、待ち合せたり、帰りも複数で帰ってきたりと、塾を楽しみにするように ・成績順の座席→慣れれば大したことはない。自分の座席の定位置がどのあたりにあるかが目安になるだけ。周囲はあまり関係ないみたい。(模試では友人に勝った・負けたはありました) 6年になると毎週席替えだし、小規模校だとそこまで入れかわりないんですよね… た大きく下げた時は「先週復習いまいちだったんじゃないの?」「ちょっと今週はフォローしよう」という私への警告にはなったかな…   ちなみにサピックスの検討でプリントを嫌がりましたが、日能研でも科目によっては鬼のようにプリントもらったりしていたので、あまり関係なかったかも。  

      40
      2
      テーマ:
  • 01 Mar
    • 併願(追記あり)

      併願と男子校について質問がありました。   <男子校について> 別に「何がなんでも男子校!」と思い定めた訳ではないですし、むしろ母としては「共学楽しいよ」と自分の経験を踏まえてすすめる部分もありました。 ただ、エリア的問題とでもいいましょうか…神奈川ではR4的には上位にあるのが男子校群になるので、ある程度のR4を越えると自然とその流れにのってしまい、男子校を多くうけることになります。   我が家は男子校も共学も両方受けたのですが、男子校だけに定められなかった訳としては…変ないい方ですが真ん中の男子校って少ない…我が家のエリアだと、難関校&上位校のあと男子校はなく、共学の選択肢になります。   そこで共学を受ける必要がでてくる…共学回避だと、R4的には絶対安全的な男子校をいれるか的二択。   共学か別学にこだわりすぎるとバランスをとるのに難しくなるし、かといって受ける以上はその学校に入るという可能性もある訳で。 持ち偏差値より必要以上におとした学校に進学するか…悩ましい問題です。 安全な男子校も、校風や教育方針は魅力的なんですよ。 ただ2年間この世界にいるとやはりなんだかんだ偏差値にしばられてしまう哀しさよ…「全く偏差値気にしません!」とはなりませんよね。   神奈川男子は成績と居住地によって割と似たような受け方になってくるのではないかと思います。(慶應は別格でお願いしますね) このエリアでよく聞くパターンだと   ●神奈川二光(栄光&聖光)に余裕~適正層 1日はどーんと都内の難関校を受ける。多いパターンとしては開成→聖光ラインか、麻布→栄光ライン的 2日に栄光か聖光 3日は浅野か都内 4日に聖光(栄光は2日のみだが、聖光は2回入試があるので、2日に栄光、4日に聖光と二校ダブル合格もやろうと思えば可能) ※この偏差値にある子は、とにかく午前中に集中する、翌日に備える的な感じで午後受験は勧められなかったりします   ●神奈川二光適正~-5以内 1日午前は逗開、サレジオ、慶應普通部か都内にでる 午後に余力があれば、鎌学算数選抜 2日で栄光か聖光 3日で浅野(公立中高一貫校もあるが、対策時間がとれるかどうかにかかっている微妙なライン) 3日に栄光か聖光の合格がわかって終了!という家庭もいらっしゃいました。   確実にとりたい逗開、サレジオ、鎌学ラインでどう合格をとるか。 ※不安があれば1日午後受験か、1日の結果をみて2日の午後受験をいれる   ●神奈川男子御三家チャレンジ層 メインは、逗開、サレジオ、鎌学のヴァリエーション 1日は逗開・サレジオ、午後も必要に応じて 2日は栄光か聖光をチャレンジ受験、もしくは適正ラインの鎌学 3日の浅野も出願済ではあるが、1日の結果が悪ければひっこめてギリギリまで出願できる学校に修正。 (浅野・公立中高一貫でもりあがる裏をつく)     的な? 結構極端にかきましたが、終了母にきくと意外とこのパターン多かった気がします。 ちなみにSFCも二光志望あたりにはいいR4なのですが、は2日に1次、4日に2次…となるので、自動的に二光は受けられないパターンになってしまいます。   私の居住エリアでの説明になってしまいましたが、 「特にこだわりはないけれど、このエリアならで併願くむとどんな感じが多いの?」 というのが、もしお知りになりたい場合は塾の先生に聞いてみるといいと思います。 例えば、同日受験でR4的にも立地的にも大丈夫と思っている学校が2つあった場合、先生にお聞きすると 「○○君は性格的にはこっちかな」とか「問題傾向的にこっち」という提案があったりします。   (追記1) 2018年は鎌学が1日に参入してきたので、今年の受験生は上に書いたようなパターンでも、出願校が少しかわってくるのではないかと思われます。     <併願校の考え方> 大学付属がいい、絶対男子校!という希望がある方は、ほぼしばりになる感じですが、それ以外だと一般論も含めて、よく併願を考えるのに ・W型 ・M型 ・上昇型 ・下降型 という言葉を雑誌などでみかけたり、保護者会できいたりします。   上昇型は、最初に合格をもらってはずみをつけて上を狙っていくパターン。 下降型は最初に第一志望、もしくはチャレンジ校を受け、そのあと足場を固めるパターン WとMはチャレンジと適正と抑えを組み合わせていくパターンですね。   自分の適性値の所だけを受けてしまうのではなく、バランスを考えて受ける必要が出てくるのです。 最初が崩れたらガタガタになりそうな子は上昇ラインがいいし、都内有名難関中をうけるのならば必然的に3日まで縛りができてしまうので、下降型になってくるのは仕方ない。   そのあたりの状況を想定しながら組んでいくのが併願。   我が家は<最初手堅く1日をとり、その後チャレンジする>パターンだったのですが、なんと受験直前に体調を崩して高熱を出すという事態に陥り、体力も回復しないままスタートをするという何とも不安な感じで始まりました。   前半で合格をとる予定だったけれど、もしそれがダメだった場合、残りの学校は限りなく怪しくなります。 ひょっとしたら全滅パターンもあるかも?という不安に襲われました。 今の体調の悪さ、集中力のなさ、体力消耗具合をみたら、R4的に余裕のある学校でも、とても安心だとは言えない。 もっと下げるべきか、午後受験を更に投入するべきか…どうしよう、どうしよう。この併願、間違っていたのかな?という考えがグルぐるとまわりました。   結果的に合格をもらえてハッピー。 母からしたら、全滅までよぎったのでもう有難い!の一言。 しかし…子どもはまた別なようでした。 プライドなのか、塾の友達の手前だかわからないのですが 「この学校、本当にいい学校だよね?」 的な確認をしてきました。   1月校は違いますが、2月校は偏差値に差はあれど親的には「この学校に通ってもいい!」と納得して組んだ併願でした。 子どもも納得したと思っていたのですが、実はそうではなかった。 子ども的にははっきり言えば、自分の平均R4より上の学校に行きたい。 チャレンジ校に受かったらそりゃ最高。 その他は合格をもらうために受けるけれど、進学先としては本気で考えていなかった…こんな感じでしょうか。うちの子こだわらないと思っていたので、そこは「へー」って感じでしたが。   確かに今までの受験生活、4科平均の1ポイントをあげるためにどれだけ努力したのかっていうのを思うとまぁ、その気持ちもわからないではない。 5ポイント下、10ポイント下の学校だったら、ここまで追い込みかけなくてもよかったよね…って話もありますし…母さん公開模試で一喜一憂しておいて何だよ!って感じもあるのかもしれない。   とは言え…もちろん全滅してしまうよりは合格は欲しいもの。(これ前提) ただ…納得して決めたつもりでも、実際の2月1日からの激動の日々に突入すると「本当にこれでよかったのか」という不安が首をもたげます。 はっきりいって、この不安。合格をとるまでは延々とつきまとうことになるでしょう。   併願といえば…5年生の時の保護者会で 「逗開→鎌学→逗開(浅野)→鎌学→逗開か鎌学っていう同じくらいの学校ばかりを受けるの危険だからやめてくださいね」 という話を聞きました。 熱望だからそこで固めたいって気持ちはわかるけれど、だったら午後受験でもいいから確実な合格をとりなさいよ…的な。 (複数回受験の点数優遇的なメリットは、R4が60ボーダーの学校ではほぼありません。複数回うけた子に合格が多い!入試期間中も確実に伸びている…という説明はあったりしますが)   その時は 「そんな併願組む訳ないじゃない」 って思いましたが、今ならわかる。 R4適正がそのあたりなら、そこで何としても落ち着いてくれないか?という親の願いですよね。 ただまぁ、実際やるとなるときついものがありますが。   複数校合格いただきましたが、入試が終わってみると意外と人間、欲に縛られていきているんだなぁという感想です。 (身も蓋もないか?)   その欲の原因の偏差値表(笑) 明日、オン・ザ・ロードで結果R4いただけるんじゃないかと思いますが。 日能研ではありませんが、ブロ友さんが教えてくださった、四谷の結果。 http://www.yotsuyaotsuka.com/njc/   しばらくは、結果偏差値と、もうすぐでる大学の合格実績で盛り上がる季節ですかね。   日能研のオンザロード資料(マイニチノウケンからでも見られます)→3月末でサービス終了しました ↓ 2017年首都圏入試分析ブック ↓ さらに詳しい入試データ   で調べたい学校名を入れると、その学校を受験した子が他にどの学校を受けたのか併願状況データがのっています。(受験者人数と合格した人数も) その併願リストにある学校名をR4表で日にちごとにチェックしてみると、まるっきりどう受けたらわからない場合でも併願候補として考えやすいかもしれません。     男子校に話を戻して…   「今は女子が強いから、人数で女子をおさえても結果的には役員なども積極的に女子がうけてしまい、男子はおされがちです…」という話を色々な学校で聞きました。 あとは、共学の場合は1クラスの人数少なかったりしますが、男子校はある程度むれないと意見がでてこないから1クラスの人数が多い所が多かったり。 共学では高校になるとお互いを尊重しあって役割分担も自然にできるようになりますよ…っていう美しい話も聞きました。   男子は中2くらいまでは「男サイコー!」「うるせー女子いないパラダイス」的に盛り上がるけれど、中3で「女子がいない!」という(悲しい)現実にぶちあたるとか。 それを解消するために高2くらいで理由をつけては予備校にいって女子がいる環境に身をおく子もいるとかいないとか。   まぁ、でも…姉妹がいるとか、登下校でもてるとか、なんだかんだ免疫がある子はどの環境に身をおいてもうまくやるんじゃないの?って気もします。 うちは絶望的だけれど…(笑)   (追記2) 別学をうたっていた神奈川でも共学化の波がきてるなぁという気がします。 2018年は横浜英和(青山英和)が共学化されますし、先日桐蔭学園が2019年から男女別学を共学のうえ中等教育学校に一本化という予定も発表してましたね。 横浜高校も2020年から高校は共学化して、中高一貫コースは男子校として継続するということのようです。 男子校の説明会で 「男子校出身者は、もはや絶滅危惧種と呼ばれてもおかしくない状況 」なんてお話もききました。なので今後の10年20年でまた大きくかわるのかな…   男子校、ご興味あるかたは毎年やっている 神奈川私立男子中学校フェア にお子さんといかれるのもいいかもしれません。  

      38
      テーマ:
    • 近況

      こんばんは。 ご無沙汰しております! 皆様お元気ですか?   入学者に対する説明とか、制服の採寸とかも終わり。 今は卒業にむけて忙しくはしているけれど、たった1月前の緊迫感が嘘のようにだらけております。   ブログを書いていない間もちょろちょろコメント書いたりしてログインはしていたのですが、20日たったらアクセス数0になるんじゃないかと思いきや。 なぜか更新していない今も、結構アクセス数あって驚いています。 今は<入試報告会>と各学校名をいれた記事がキーワードであがっているみたい。   さて。 明日はいよいよ日能研の入試報告会オン・ザ・ロードです。 内容についてはまたメモをアップしますね。   ブログと言えば2017年で仲良くさせていただいた方も、何人か卒業されました。 人の事はいえないけれど、本当に祭りが終わった感があって寂しいものがあります。   私も卒業予定ではありますが、このままブログを残すか、非公開にするか悩む所ではありますが、とりあえず今の所何らかのお役にたてている状態なら残しておこうかなと思っております。   それでは、とりあえず質問の答えをいくつかアップしますね。

      39
      テーマ:
  • 11 Feb
    • 浅野中学校(10)

      016年 11月11日 早稲田アカデミー主催 <栄光・聖光・浅野 進学講演会> 」   この前の公開模試の時と同じ教頭先生がお話されました。 なんでも体育の先生をされていて、4月から教頭先生になられたんだとか。   歴史と校訓は以前も数回かきましたので省略。 別の説明会で入試担当者の方がみせていたロッカーをあける成長写真(はまちゃん)の他に、中1の子(ガンちゃん)が大きくなって高3になったら先生と身長がかわらなくなった写真も追加公開。   2016年夏に人工芝化しました。   校舎は「ライオンズマンションみたい」とよくいわれます(笑) 全ての教室にプロジェクターは設置ずみ、これからWi-Fiを整える。 学年控室が近く、すぐに質問や相談ができる。   図書館は独立した2Fだて。 1Fは今は5万冊だが、7万冊めざして増量中 2Fの自習室はテスト前は奪い合い。   体育館の説明も詳しくありました。教頭先生が体育科だから気合いれてつくりました!と。 省略しますが、入学式には生徒の2.5倍の保護者がみえるとか。 面白かったのはプール。 浅野のプールは更衣室がなく、プール終わったらその場で着替えるのですが、先生がみていたところ ・1/3はきっちりタオルをまいて着替える ・1/3は上にシャツきたら隠れるんじゃない?的な感じでタオル不要派 ・1/3は裸族。とりあえず全部脱いでから着替えるそうです。(笑)   6年間とは 365×6+1=2191日 そのうち学校にかかわる日は 1414+部活動の日 だからこそ学校にいる時間を充実させたい。   交通機関の遅刻セーフは15分まで。それ以外は自己責任。   6年皆勤は20名 中学3年皆勤は42名 高校3年皆勤は21名   授業進度ははやい。(この前もあった英検の話と漢検の話)   遅れないためのしくみが色々あります。 常套手段の宿題や小テスト 数学は年間177枚のプリント、国語の漢字テストは週1(中2)、英語の小テストは週2 リピートーク(これも先週話ありました)も、だれが何分取り組んだか先生は把握できる。 英語の成績がおちていて、リピートークの時間が少ないものは呼び出し。   90~120分の自宅学習?といわれますが、逆に 90~120分の自宅学習でい~んです(←本当にパワポに書いてありました)   他には再提出、再テスト、追試、追追試、指名講習、居残り勉強、定期考査時の個別指導、学期末の個別指導があります。 放置いたしません   本人が学習を投げ出さない限り、私たちがしっかりサポートします   部活は部活ごとに違う。 週2くらいのところもあれば、サッカー部みたいに週6のところもある。 下校時間は守らせる(夏18:00、冬17:30)、家庭学習の時間はしっかり確保する。 引退の時期は遅いかもしれないが、両立させる覚悟があれば両立できる。 大学受験は自信があれば第一志望に届くことができます。 ただし、本人が自分で「ちょっと勉強に不安があるので部活やめたい」という場合はうけいれます。   3月18日は部活動体験の日です。 4年生、5年生の方ぜひいらしてください。   (学校行事の話は省略)   去年中3は273人いたが、他校にでたのは3人。 本人が希望だせば全員いけるが、健康に不安があって200日休むなどという場合は勉強面の遅れを気にして、他校にでてリスタートすることもある。   中学生の生徒にまず教えるのは ・友達に打撃を与えてはいけない ・友達の背中にだきついてはいけない ・教室や廊下で折り重なってのっかってはいけない ということである。 男子なのでふざけることもあるが、けがをさせることもあるので。   不登校の対応としてはカウンセラーが週2で登校。 いじめは正直皆無ではない。 兆候をはやめにキャッチする、意識(目配り、声がけ)と体制(生徒アンケート)、教員間の情報交換で早めにみつける。 指導した場合も、浅野生は素直にきいてくれます。   塾や予備校については…今日お集りの早稲田アカデミーの皆さんには申し訳ありませんが、中学校は塾にいっている暇はありません。 ただし高校からは単科利用あり。   入試についてはヤマはない。もれなく全分野でる。 やればやるほど、浅野の合格に近づくと思ってください。   算数は入試説明会でお話しましたが、問題数をへらしました。 つまり問1は1問ですよね?と聞かれますが…まぁそうです。 しかしこの1問は絶対にとってください(面倒くさい計算です)   緊急時の連絡は各家庭にメールします(本人と保護者)

      テーマ:
    • 聖光学院中学校(8)

      2016年 11月11日 早稲田アカデミー主催 <栄光・聖光・浅野 進学講演会> 続きまして聖光学院   副校長先生がお話されました。いつも校長先生がお話される印象なので珍しいなぁと。 講演中に「私と同期の…」と卒業生の話がでましたので、副校長先生も聖光学院OB(13期?)なのかしら。   聖光学院は2年前の校舎の工事が完了。 神奈川県建築コンクールの優秀賞にデザインが選ばれ、来週授賞式だとか。   有名な卒業生 ・小田和正(3期) 歌手 10年おきに聖光学院でコンサート。校舎の竣工祝いのコンサートもやった。 来年は60周年にあたるが、残念ながらコンサートの予定はない。 ・大西卓哉(31期) 宇宙飛行士 今年宇宙にいって、無事帰ってきた。 7月7日の打ち上げの時には、全員でラムネホールで見送った。 彼の話し方や態度などは、聖光生らしいものがある。   有名ではないが、聖光は卒業生に医者が多く、聖光医師同窓会があり、現在800人がいる。 今週の12日は市民公開講座で15:00~18:00までその医師が来校して話をする。   卒業生と在校生が密接にかかわるのも私立ならでは。 今週生徒会の役員選挙があった。 中の一人の演説で 「ほかの学校の人に聖光生はがり勉メガネといわれているのを皆さんしっていますか?」 というものがありました。確かにメガネ着用率は高い。クラスの半分以上。 しかし、聖光生は決してがり勉ではない。そうじゃないことをこれから発信していきたい・・・というものでした。   実際平日の家庭学習の時間は2時間以上学習するものの、割合は(グラフがでました。ざっと目視の数値なので適当ですみませんが…) 中1 45% からはじまってゆるやかに下降し 高1 20%弱 となりますが、そこから上昇し 高2 45% 高3 90% とあがっていく。 お尻に火が付かないとやらないというのが男子特有のもの。   部活も熱心にやっています。   将棋 全国優勝 かるた D級 全国優勝 神奈川硬式テニス 優勝 また英語部も文化祭での英語劇などをみせてくれたりします。英語部は運動部との兼部も多いです。   東大合格はここ3年は70人をこえていますが、その前の4年は60人、更にその前の5年は40人台。 特別なことをした訳ではなく別に理由もない。 ただ40人のころに、合格者キープでいいから課外プログラムを色々増やそうという試みがはじまった。 結果的に注目され、プラスαを評価してもらい、生徒のやる気につながった。   その課外活動が ①聖光塾 生きる力を育む体験型の学習→理科系多い ②選択芸術 音楽が多いが、絵画、陶芸、演劇もある ③総合演習 青森~四国までなにかを求めて日本各地で7つのコースにわかれる   他に身だしなみを整える、男前講座を土曜の3・4時間目にやったりもした。 おしゃれとは一体どうしたらいいのか。 「紳士たれ」がモットーだが、中身はもちろん外見も大事である。専門家のアドバイスをうける。 この土曜日の講座は仕事をもっている人も来校して話をしやすいのもある。 宇宙兄弟をてがけた漫画の編集者(今はやめて作家発掘)の人とか、イラストレーターなども来校する。 突然コラボがはじまったりもする。   生徒自身も発信したいという思いになり、ベンチャー企業の人に自分たちの企画のアドバイスをもらったりするように。これらは電話などでセッティングを組むのも自分たちである。   男子でも体育の時間にポンポンをもってダンスをやったりもする。   〇英語教育について ・中1 4グループ 少人数制 ・海外とのオンライン 1対1 ・英語を使う行事、ホームステイや研修   マレーシアの女学生を半年交代でよんだり、ロータリークラブで女子と一緒にタイで研修したり、学内のイングリッシュキャンプには洗足や横浜雙葉の生徒と参加したりする。 積極的に女性と会う機会を設けている。 ただ、男女比が2:1になるようにくまないと男子は負けてしまう   出題傾向(HPにも書いてあります) 〇国語 ・自分の考えではなく主人公の立場になって考える ・「当たり前」を疑う ・日ごろから物の見方を養う ・語彙力をつける   〇算数 ・計算力 ・文章題の応用問題は本質をみぬく力 ・センスだけではなく、粘りづよく考える力 ・典型的な型の問題に多少のひねりを加えて出題     〇理科 ・「不思議だな」「なんかへんだな」「どうしてかな」という疑問や興味 ・筋道たてて考える   〇社会 ・知識をもとに柔軟な思考力 ・日ごろから新聞・テレビでニュースに接する ・統計、地図、写真など生の情報にふれる   フェイスブックは一番ホットな情報がのっているのでみてください。 各イベントにつきそう先生が、フェイスブック担当の先生に画像をメールでおくり、すぐ更新するようにしている。   来年4月末には文化祭があるので、ぜひ4年生5年生のお子さんいらしてください

      2
      テーマ:
    • 湘南学園中学校(6)

      2016年 11月 16日 入試説明会 スケジュール帳と2016年リストを照らし合わせ…どうも書いた形跡がない… 記憶はそんなにないけれど書いておきます いただいた資料 ・説明会進行予定 ・ユネスコスクールリーフレット ・学校案内パンフレット ・「夏力」リーフレット ・教科別入試ポイント説明資料冊子(入試説明・教務説明) ・2017年募集要項+振り込み用紙入り封筒 (クリアファイル内) ・アンケート用紙 ・防災対策資料 ・クラブ紹介冊子 ・説明会チラシ (茶封筒) 昨年度A・B・C・D日程問題」(※解答なし) 蛍光マーカーつきボールペン プログラム ・配布物の確認 ・校長挨拶 ・体育祭DVD ・在校生によるスピーチ ・2017年2月入試ポイント説明(各教科より) ・2017年2月入試 募集要項説明 ・今後の予定と質疑応答 終了後いくつかコースが予定されていまして A・校舎、授業見学 B・教科入試質問コーナー C・学校紹介映像上映 D・6年間の教育プログラム説明 入試説明会がはじめてで、学校説明会にきていない人にもやさしい作り 上記にかいた通り、記憶がさっぱり抜けているので… 資料にメモったことを書いていきます。 昨年入試 応募者 男子 764名、女子447名と男子が多め→調整をする 各試験の点数 平均点を5割下さない、7割上らないように作成依頼をしている→だいたい65% 2016年入試をふりかえって&2017年にむけて 1、過去6年間の入試日程・出題傾向を変更せず継続実施 2、他校の入試日の変更などもあり、2013年をピークにゆるやかに減少している   A入試は清泉が午後に入ってきたので、女子は減るかもしれない 3、優遇措置による合格者は4年連続10名 4、2017年のD日程の合格者は20名となっているが、どれくらい合格者をだすかはABC入試の手続き者数による 5、優遇判定は2/6のD日程を含む、3回以上受験した方対象   実施日は2/6のD日程   判定の仕方は受験した回のうち最も点数の高かった「国語」「算数」の合計点→いいとこどり 6、 A日程→倍率が低い、安定して合格がだせる B日程→4科目入試の初日、40名の募集人数 C日程→偏差値がもっとも「低い」。強気の受験が可能 D日程→優遇判定措置の最大活用、当日出願10時まで可能(他校の9時の発表をみて出願できる) 7、複数回受験→10人に6人はうかる 8、12月24日に「入試問題にチャレンジ!直前対策編(6年生限定)」を行い、問題傾向や学習アドバイスを行う <出願・受験> 午後受験の場合は、昼食持参。 カフェテリアや控室で食べられる 遅刻しそうな場合はあらかじめ電話をいただけるとスムーズ。すみやかに誘導します 1度受験した人は、受験票と受験料で追加出願が可能 <出題傾向> ●国語…基本的読解、ベーシックなレベル A入試は選択、抜き出し中心 B~D入試は記述あり 要約の練習をする。50~100字の文章を半分にまとめる力 どこかの日程で四字熟語、三字熟語を出す 文末表現のミスにきをつける「~こと」「~から」 句読点などは問題に指示がある ●算数…苦手をつくらない A日程は1⃣2⃣の難易度があがる 3⃣4⃣5⃣は去年は難しかったが今年はB-D日程と同じ 同じ速さの問題でもA日程は3つの要素、B日程は2つの要素で考える ●社会 地理・歴史が多め、過去問と傾向は同じ 「総合」は部分点があるので書くこと。時事問題も含まれる。(今年の話題→10月までのできごと) 都道府県→場所・形がでる 雨温図・農作物・工業出荷・地場産業 京浜・阪神・中京の工業出荷額 ●理科 計算→基本的 グラフや表のよみとりや計算→前半できれば正解できる 前年→翌年につながるので過去問をしっかりやる 環境問題の対策、宇宙や天体のニュース 小問できちんと得点する。実験器具・道具の原理→正答率5~6割 溶液や物質の性質、スタンダードな問い。いかに間違いなくとけるか 教科書にのっている生物、身の回りの自然現象の特徴など

      テーマ:
    • 栄光学園中学校(3)

      2016年 11月11日 早稲田アカデミー主催  <栄光・聖光・浅野 進学講演会> 栄光はいい学校なんですが、説明会を聞く機会が以外と少ない。 塾主催の説明会には顔をみせないからでしょうか。 結構ベールに包まれている印象です。 ご興味ある方は、学園祭や男子校フェアなどに参加して質問されるといいと思います。 また、我が家は参加しませんでしたが、10月末にオープンスクールなども実施しているので、興味ある人はフェイスブックやホームページをチェックしておくといいかもしれません。 話をもどして早稲田アカデミーさんの秋の学校教育フェスティバル 各校持ち時間 30分でした。   栄光は校長先生がお話になられました。 校長先生は今年で栄光32年目 東京の公立出身でいらっしゃったとのことですが、初めて栄光に来た時 「なんて広い学校なんだろう」 と思われたと。 広いというのは敷地もあるけれど、とにかく空が広い。   栄光は1学年180人 4クラス かつて横須賀の旧海軍跡地から大船に移転したときにスクールサイズを大きくすることもできたがしなかった。 それはボーディングスクール( Boarding School )のイメージがあったからではないか。   1学年4クラスということは、1人の担当者が学年全員を担当できるメリットがある。 2人だとある程度プログラムにそってやらなければならないが、1人が学年を担当していると、そのときそのときの反応に柔軟に対応できる。   母体のイエズス会は世界中に2千数百の教育機関をもっているが、共通しているのは栄光の教育理念でもある 「Men for others」 である。 これは作られたプログラムだけでは到達できない。   もともと中世ヨーロッパでは決まった教義を覚えなくてはいけなかったが、イエズス会はフランスの自発的教育を修道会にとりいれた。   今、自分はこの場において何をすることができるか→対話によって研修   語学能力や知識をたくさん蓄えるのはこれからの世の中AIで代用できる。 必要なのは判断力、表現力。   2020年の入試改革では応用問題や記述式問題が増えるといわれる。 しかしテストである以上、それらには必ず正解があり、パターン化されるロジックがある。 こうなると考えずにとく技術のみが必要になってしまう。何をしたらいいか、本当に必要なことが身につかない。   よく一流大学の人ほど指示待ち人間が多いといわれるが、これあ一流大学に入るのにパターン化された知識が必要だったから。   我々大人は、子供達より先にこの世の中からいなくなる。 そのあと1人で生きていく力、対処していく力、解決法を生み出す力を身に着けさせるのが学校の使命である。   科学の甲子園(リケジョですが、イベントレポ―トがのっていました)では県大会で優勝をした。6連覇である、 一朝一夕に問題解決能力は身につかない。 栄光生の工夫をする力が理科の実験に生きている。   中1の生物では子供達を裏山に離して「変なにおいのする植物」「ねばねばする植物」をとってこさせる。 身の回りにあるものに興味をもたせる、不思議だなと思うことが大事である。   英語はとにかく基礎。くりかえしの練習。 できない子は土曜日に補習をうけさせる。(現在10数名) 最初のスタートで躓かないように。 中3からディベートをとりいれる。   横須賀時代、色々な国の神父さんがいたが、今は時代とともに神父の数もへってしまっている。   外国の学校とのネットワークを今後広げていく。   フィリピンセブ島では相互受け入れで10人派遣したり、こちらに来たりしている。 私学で3か月程度(?)海外に研修でいった高校生は2万1千人だが、日本で受け入れたのはその十分の一程度の2千300人。むかえいれるのが大変だというのもあるだろう。   今年、夏休みにアメリカのイエズス会の大学に30人派遣した。 もともと米学生のための研修プログラムだったが、あちらが栄光を調べてくれて招待してくれた。 行先はボストンカレッジに10日間。 日本からの参加は高2の30人。あちらの学生70人と一緒になって勉強した。 最初のディスカッションはハードルが高かったようだが、2日目にのりこえた。 一般的な会話ではなく、過去の出来事、学校の話、将来、 「Men for others」 を具体的にどうしていくかなど、自分の内面的な事を多く話すので単語が難しかったようだ。 しかし非常によい体験になった。   今はアジア、オセアニアの子とのワークショップ計画をすすめている。 近い国の子がやってきてセミナーを日本でする。なかなか海外にいけない子でもふれあう機会を作る。 昨日ちょうど、20人くらいアジアやオセアニアの先生がいらして栄光を見学しました。   あたらしい校舎のパンフレットもみてほしい。 設計は卒業生の隈研吾さん。 オリンピックの新国立競技場を手掛ける人である。 生徒にみせると、新国立競技場に似ているというが、こちらが先である。   環境が行動を誘発する。 すぐ外にでかけられるから、外にいくのである。 隈研吾さんと同期の先生が国語科にいるが、バスケットボールを一生懸命やるスポーツマンだったと。 生の人間をみないと建築はできないとして人間によりそう建築をしている  

      1
      テーマ:
    • 浅野中学校(9)

      2016年 11月10日 公開模試会場での学校説明会 1時間を利用した説明会ということで、いつもと違った切り口、グローバル教育についてだけの説明会でした。   GLOBAL EDUCATION IN ASANO ~九転十起の精神で世界にチャレンジ~   まずは教頭先生。 このあとの先生もそうでしたが、めちゃくちゃ早口。 浅野カラーで早口なのか、大勢の人で緊張して早口なのか…一般的には後者ですが、先生だから慣れていらっしゃるだろうし… 普通より話のスピードがはやく授業がすすむってことかしら?とかうがった見方(笑)   話を戻して・・・ 今の小6が高1になるとき、浅野は100周年を祝います。 せっかくの節目なので何かしたいと思っています。 またこの年は2020年、大学入試がかわる年です、 求められるグローバル社会とかどんな人材が必要なのか   1、知識 liberal arts →基本的知識は絶対必要 2、能力的 competency →話題発見、協働、解決力 3、スキルとしての英語   英語でのディベートなどにも今後力をいれていく…ということで次の先生にバトンタッチ   はなされたのは<グローバル推進委員長>でもある先生。 別に世の中のグローバル化をすすめるんじゃなくて、浅野の中だけですよ?と断りが入る。   浅野は今まで力をいれていなかったが、なぜここ数年でグローバル教育をはじめたのか (この3年で急に整えたという感じ…とおっしゃっていました) 21世紀になって一国では解決できない世界的な問題が続出…(このあと速くて書けませんでした)   浅野でのとりくみ 九転十起 Never give up →チャレンジ精神 ❶ 自分の生まれ育った土地の文化と歴史を認識する ❷ 異なる価値観文化をもった人達とわかりあう ❸ 地球規模で物事を考えリーダーとして先導する の3つである。   具体的には ❶ 自分の生まれ育った土地の文化と歴史を認識する ①日本の伝統ある文化や芸能に触れる ・体育における剣道、書道の授業(必修) ・高校では芸術の時間に選択で書道をする(国語ではない芸術科目) ・研修旅行での狂言、校外研修の歌舞伎 ②日本の歴史を学ぶ(世界の中の日本として) ・中1から4年間で日本史、世界史を総合的に学習 ・中2の鎌倉、中3の江戸東京研修 ・中3での京都奈良→美術の時間に事前に建築や仏像なども学習   ❷ 異なる価値観文化をもった人達とわかりあう ①論理的な思考力 ②異文化理解教育 ③コミュニケーションとりわけ英語運用能力の向上 →短期集中英語レッスン、英語の授業   WEB上での英語の発話練習REPEATALK(全員対象) →卒業生発案で導入した。授業でリンクできるのが多い。効果を実感している YISH ACADEMIA(希望制) 横浜市国際学生会館YISHで異文化交流   ❸ 地球規模で物事を考えリーダーとして先導する ①模擬国連 エンパワーメントプログラム …(メモれませんでした)   オプション的イメージ   海外アカデミック研修 ↑ ↑ 国内研修 海外研修 ↑ ↑ 国内での語学実習など ↑ 授業、ITを利用した取り組み   〇模擬国連 MODEL UNITED NATIONS ・国際問題やグローバルな課題に対する関心 ・担当国のリサーとが異文化理解につながる ・討議を通じてディベート、ディスカッション、交渉などのコミュニケーション力の育成   合意形成にむけてのリーダーシップや協調性が必要   試験的に中3で全員で実施もした。   リサーチ→ゴール→タイム→コンペティション   ディベート部ができ、他校を招いての練習会議を主催   ★エンパワーメントプログラム ・夏休みに5日間、校内で実施(5万円ほど) ・試験的な部分もあるが…230人参加した ・プログラムのファシリテーターはネイティブ ・メンターとして米国大学から学生や院生来日 ・40~50人で1クラス(5~6人の生徒にメンターとして外国人学生が1名つく) ・希望者には来日した学生のホストファミリー1週間   ★オックスフォードリベラルアーツプログラム ・今年初めて開催。36名募集のところに50名の応募 ・1クラス10~15人で現地の語学学習によるレッスン ・6~7人のプロジェクトリーダー ・2週間のホームステイ ・現現の様子は定期的にブログで報告 ・休日はロンドン観光、オックスフォード近郊に遠出 ・プロジェクトワークは音楽・歴史・芸術   ★スタンフォード ユースリーダーシッププログラム ・スタンフォード大学のSDGC ・リーダーシッププログラムに参加 ・大学の研究室でのレクチャーやグループワーク ・大学生がメンターとして指導 ・プログラムの最終日はプレゼンテーション ・夏休み1週間、プログラム5日 ・修了証がもらえたり、大学のHPに写真が掲載されたりする ・学生寮かホテルに滞在   後半2つのプログラムは50万くらい。 海外研修はやはり高額なので、それに見合う経験になるように事前の充実した研修あり   スタンフォードは事前に英語の特訓や、スピーチやプレゼンの練習をする。さらに事前に3日のエンパワーメント研修 オックスフォードは事前のテーマ別調べ学習で準備、事後研修として学内で成果を行っていない人にも還元する(生徒、PTA)   ★国内での語学実習も今後実施していきたい。 お知らせをこれから中2に配る予定ではあるが…といって画面をうつしてくださいました。 3日間の集中レッスン、中2の希望者対象   今後皆様が入学される時にはもっと充実して、考えられたものなっていくはずです。 帰国入学はいないこともないが一般入試で入る程度。 生徒は英語の1時間目はAの書き方から始めます 中学校に入ってから英語学習はじめる子がほとんどですが、それでも今の中3が卒業する時には 2級180人、準2級70人、3級にとどまったもの5人 ということなので、学習面では大丈夫だと思います。

      テーマ:
    • 逗子開成中学校(6)

      2016年 11月5日 入試説明会   プログラム 第一部 入試説明会(体育館) 10:00~11:30 1、学校長よりごあいさつ 2、2017年度入試要項と出題について 3、4教科入試問題「傾向とアドバイス」   第二部 オープンキャンパス 11:30~12:30 (個別相談と校内施設見学) ・入試全般の相談コーナー ・国算社理の教科別入試・学習相談 ・英語授業の紹介 ・入試試験再現会場の公開 ・主要施設の公開 ・食堂営業(お食事可能です)   とのことでした。 開会前にはブラスバンド部の演奏。 会場は体育館(トイレはむかいの講堂利用) 去年もいってすごい人だったのは覚えていましたが、今年も人気でした。   なぜか校長先生のお話をメモしたノートがみあたらないので省略(すみません)   2、2017年度入試要項と出題について 合格発表は試験翌日3時までの合格証のうけとりをする。   インターネット出願、入学金は銀行窓口で振り込み 入学金25万は10日までに辞退届をだせば返金。   500点満点、足きりなし。 読解力・思考力・表現力をみる入試。 くりあげ対象は1・2・3次を受験したもの。 複数回入試の優遇はなく、1→2→3と個別に次点から繰り上げ連絡   募集人員は250名プラス若干名 35人×8クラスになるようにしている   筆記用具、コンパス、定規は必要。 格言、ことわざ、神社の名前も×   具合が悪くなった場合別室受験あり。 試験時間中でも申し出れば保健室に移動して続行できる。   4月7日が入学式!   〇出願 郵送・窓口なし 試験選択ができるのは出願期間だが、それ以外は事前に準備できるのでやっておく。 (説明会の翌日からできる)   メールアドレスは説明会に利用しているものなら登録済みになる。 アンケートの併願や通塾先は合否には関係ない。広報活動の参考です。 確認をしっかりして申し込んでください。   受験票はマイページの「表示」からだす。 USBに保存。 写真はデジタル登録可能。印刷でもよい。他の学校で同じデータつかえます。   ●国語 漢字は漢検4級程度(得点源なので7~8割とれるように) 選択問題は細かくわけて部分を見比べる。句読点が目安。 どこに間違いがあるかわかればミスはへる   記述は必ず各。方向性が違っていなければ1点つくこともある。 この言葉を用いて…など「しばり」がある。それをヒントとして解答要素を絞り込む。 きかれているのは、理由?様子?心情?→空白にかいておく 答えの中心をはっきりさせ、下から上へつけ加える。   ●算数 計算の対策→3題セットで日々実践的な練習をする ・途中式は丁寧な字で書く ・計算の工夫が必要なものもあるが、計算力でカバー ・1題2分、計6分でとけるのが理想   □2はできれば1問間違いで通過したい。 ・図形の問題もちゃんとやる ・単位の間違えも目立つので確認   □3~5 ・記述問題は何か書く ・過去問をしっかり勉強する。満点とれるまでくり返した子もいる。時間配分を考える。     全体のまとめ ・配点はどれもかわりない。(3)にてこずるよりも、(1)(2)や他をとく ・7割をめざす。〇の数にしたら15   ●社会 全体で55問ほど。   地形図問題。 本文的要素とその前の問題でよみとった地図的要素を融合させて答える。 地形的特徴だけじゃなく、だからどうなるかまで書く。 <岩石ばかり>だから<船が岸につけない>   4択は一問一答より正答率が低い 60%くらい   公民は時間がかけられないので難問と感じる受験生もいるが、やることは少ない。しぼりやすい。 国の政治の仕組み、地方政治の仕組み、日本国憲法は要チェック   ●理科 4分野出題→一分野のかけられるのは10分 四捨五入は問題文の指示に従い、分数では答えない 計算は必要なデータを単位に注意して使う   記述は途中店、部分点あり。 小学校で学習する漢字は平仮名でかくと減点の可能性あり 意外と簡単な教科書の図などで失点している。小学校の教科書をじっくりみることも大事。 ニュースや新聞などに興味をみる。 ノーベル賞はどんな内容で受賞したか・・・など。

      テーマ:
    • 浅野中学校(8)

      2016年 10月17日 入試説明会 上履き持参とあるので、ひょっとして?と思ったら、打越アリーナでの説明会でした。 体育館の前の方に3スクリーン、ブロックを6つにわけてブロックごとに解散という感じ。   いただいた資料は ・ペン(浅野でグッズもらったのはじめてのような?) ・アンケート ・入試説明会資料 ・説明会次第でした   開始30分前からdvdの上映。 これは以前みたことあるのですが、やっぱり面白くみてしまいました。 浅野は学校説明会も入試説明会も定期テストの時にやるのですが、今日もやっぱり定期考査中でした。   内容は 1、本校の教育方針・理念について…学校長 2、平成29年度入学試験について   の2つで、合計1時間15分 説明会によって差が出ないようにということで、今年も2の方は原稿読み上げ形式でした   1の学校長のお話 校長先生は今年から新しい方です。   まずは最近もてはやされているAL、いわゆる体験型の学習について。 浅野では全面的にとりいれることはしない。復習型の学習である日本の伝統的な部分は継承し、可能なところから新しい学習スタイルをとりいれると。 このむやみやたらに飛びつかないあたり「堅実~」って感じの浅野スタイルがでていますね。   他には文科系部活の活動が良い影響をもたらしている。同好会としてスタートしたディベート部はわずか1年で部に昇格。海外の大会を見に行ったり、大阪の大会に出場したりしている。英語科や栄光の生徒とも英語で討論を行える力がある。彼らにとって英語はツール。 また。科学部は 化学グランプリ2016で入賞もしている。   家庭科では自立支援教育として、裾上げやボタンつけ、アイロンなどを指導している(これいいですよね) 入学者の歴史的知識基盤がしっかりしているので、日本史と世界史のコラボは以前からしているという話。   NASAの長官をよんだ講演会、一日ドクター体験、保育体験など10を超える講座を半年で実施している   浅野はスモールスタートに重きをおき、小さな単位で興味関心をのばしている・・・などなど   2、平成29年度入学試験 ●出願 出願期間は1月10~1月26日 インターネット出願である。 去年はじめて導入したが 「出願期間を勘違いしていた」として数名の方が「何とかならないか」と問い合わせてきたが、試験の公平性を考えて「無理」と回答している。今年は期間をのばしたがくれぐれも間違えないように。 また生徒の体調や生活面などで心配がある場合は、事前に相談して納得した上で受験してください。学校として対応できる事とできない事があるので…ということでした。   ●合格発表 去年は掲示も行ったが、今年はインターネット発表のみである。受験番号がずらりと出るのではなく合否のみがでる 合格証の名前は、最も一般的な漢字を使用します(例)わたなべの<なべ>、さいとうの<さい>など   ●入学説明会 2月18日 14:00~15:30 入学許可証と合格通知証をその時渡します。 もし辞退など通学しないもので合格証が必要な方は2月6日~18日まで学校で配布します(受験証持参のうえ来校)   ●入学試験 試験の間の休み時間は20分。ただし5分前には着席するので実際には15分である 合否は4教科で決定、足きりなし   トラブルやケンカなどがあった場合は報告があがる またカンニングは複数の試験監督の目で見て判断する。不正行為とみなされた場合は入学取り消しもある   ●入試統計 平成28年度の実質倍率は2.51倍。お子さんにお伝えになって前向きに取り組むようにしてください。 去年の掲示合格者最低点は223点。 222点から繰り上げをおこないます。複数いたら 算数→国語→理科→社会の点数の順に考える ちなみに去年は繰り上げは17名。毎年違うし、必ず出るわけではない。 繰り上げの電話はつながるまで何度でもかけます。 よく「繰り上げ合格でついていけるか」という質問をうけますが、1~2点の差なので全く問題ない   合格者最低点をはさんでみるとその周辺は1点につき20人(平均15人)がいる。 1点の重みをこころがけましょう   「よく、傾向と対策について詳しい話がないとお叱りをうけますが、28年度の結果をうけて作問し修正を重ねるので時間がかかる。そんなわけでお話できません」 とのこと。   ●算数 算数はここ4年間難易度があがっている。そのせいか試験時間中に問題がとききれていないので、来年度は変更を行う ・第一問(2問)、第二問(例年8~7問)の問題数を減らします ↓ これ、あっさり説明されましたが、過去問とかやる上で関係してくるのでは。 質問しなかったけれど、問題数が少なくなるということは1問の配点が多くなるわけで、逆にいえば1問が命とり? 「じっくり3問以降取り組んでほしい」 ということでした ケアレスミスは実力ということを認める、もう一度最初からやり直す勇気を!   ●国語 設問要求をきちんとよみとる 誤字脱字は減点につながる 丁寧な答案を心がける 特に変更なし   ●理科 じつは合否をわける教科 <合格者と受験者との教科ごと平均点の差>を見てほしいが、 国語 7.3 算数 15.3 社会 5.8 理科 8.5 配点が国算120、理社80なのを思うと、理科の得点差がみかけ以上に大きいのがわかるだろう   ●社会 特に変更なし 最後の記述問題に使う時間を残せるようにうまく時間配分しましょう…とのこと   過去問をやる時は、国算で150点とるのを具体的な目標にする   最後に入試についての具体的な話が再度… ・受験番号は有利・不利はないが解散時間が早い番号順になるので30分程度早く帰れるかどうかなところ ・2月3日は金曜日で平日。7:00~8:00は新子安は通勤ラッシュ 遅刻は近年ないけれど、今年も時間に余裕をもって会場にはいってください。開門は7時です   学校では2月3日に試験が終わることを心がけているので、雪の場合でも試験時間が遅くなることはあっても中止はまずない。 時間の影響が出ることも考え、パンやおにぎりなどの軽食は子供がもっているといいでしょう。 保護者控室はこの打越アリーナで。飲食禁止です。   具合が悪い場合は、当日申し出てくれれば保健室で受験できます。 会場にこられない場合は対応できないので無理です。 浅野は1回の同一試験が理念なので、体調管理には気を使ってください   12月上旬にホームページに詳しい注意事項をアップしますので、目を通してください   インターネット出願では、この説明会に登録した情報が使えます。 メールアドレスを変更した場合は、必ずマイページより変更してください。   もし間違えた情報で出願した場合は2月2日14:00までに保護者が来校して訂正してください。   受験票はA4でプリントアウトしてくださいとお伝えしていますが、試験当日紙の大きさをB5で印刷している子もいた。(もちろん写真のサイズも違う) 受験はできるし、合否には関係ありません。 が!(強調) 受験票をあつめて、合格者をわけた所、結果としてB5サイズで合格した子はいなかった  

      テーマ:
    • 山手学院中学校(3)

      2016年 10月15日 入試説明会   ・願書など募集要項一式 ・山手ジャーナル ・去年の入試問題 ・Q&A ・学校説明パンフレット をいただきました。   今日のスケジュールは 1、学校長挨拶 2、在校生による学校紹介 3、学校概況 4、入試問題の強化解説 5、2017年度入試について   でした。 まずは学校長挨拶。 学校の校歌の歌詞にもある「自由・希望・栄光」にからめての説明。 今年創立50周年を迎えたので、県民ホールを貸し切って式典を9月23日に行った話など。   在校生による学校紹介では高校2年生の生徒会副会長の女生徒による話。 去年?はこの枠英語のスピーチだった記憶がありますが、今年は日本語でした。 小5の時に一目ぼれして入りたいと思ったこと、中学では宿題が多くて大変だったこと、逆に高校では宿題は少なくなったが、今までコツコツ勉強する姿勢が作られていたのでその習慣に感謝していると。 今はやりたい事が多すぎて夢が選べない状態。国際交流にも力をいれているし、一生ものの素敵な経験ができます…とのことでした。   学校概況では、先ほどの50周年記念式典の追加情報が。→学校の生徒全員2000人や教職員含めて入れるホールとなったら県民ホールになった。学校では1300人までしか集まれない。人数が多いので、普段の始業式などは中学・高1・高2・高3と4回にわけて行っているそうです。   生徒の在籍数は一貫生は定員200人、高入生は170人 男子が多いが別に区別しないでとっている。なので年度によっては比はばらばらである。 高校で一貫生の人数が減っているのは、転居したり、高校受験で外を出たりして減るからですと。 クラスは一貫生は5クラス、高入生は7~8クラス全12~13クラス。混ざりません。 制服は、ブレザーやシャツ、ネクタイ、リボン、スカート、ズボンは指定だが、バッグ、靴下、靴、体操服は自由である。体育館を現在建設中なのでできあがったら体育館履きくらいは指定になるかもしれない。   教職員134名(うちネイティブ6名)、養護3、支所3、カウンセラー1 土曜日は授業はないが、土曜講座がある。(とらなくてもよい) 部活動は午前中は禁止なので、受けようと思えば生徒はうけられる。保護者向けの講座もある。高学年になると予備校の教師がきたりもする。 普段の日でも、定期テスト前に7.5時間目を設定する。高校1年が中学校1年の教室に勉強を教えにきてくれたりもする。 一貫生は特進が1つつくられる。 高2の北米研修では8つの州にわかれてクラスごとに滞在する。 新しく中3の1月~3月にニュージーランドの短期留学プログラムを作った。中2には6月に説明済である。 一貫生は大学進学実績で結果をだしている。   <入試問題説明>   ●国語 全日程でほぼ同じ難易度 一部日程で本文の内容を把握した上で、更に考えを深める問いを出題する(場合がある) 問いをとくことで、問題理解が深まるような作問を意識している。 難しい文章でも、問題の中に必ずヒントがある。問いをよく読めばつかめることもある。 国語の選択肢問題を作るとき、1つは大ボケ、2つくらい小ボケ、残る2つは迷うようなものを作っている。かならず文の途中でわけて違いを明確に意識する。 文学的な文章では、自分の主観や感想を交えないように特に注意する。   ●算数 数字で判断に迷うものが毎年ある。場合によっては×にするので注意。 0と6 4と9 1と7 書くときは注意しましょう。 仮分数と帯分数ではどちらも正解にしますが、必ず約分してください。 頻出分野は「速さ」「数の規則性」「場合の数」「図形」です 過去問は2年分とくと理解が深まる&対策になります せっかくおこしいただいたので、もう少しヒントをだすと 食塩水、整数の問題をやっておくと対策になるでしょう。   ●社会 地理30%、歴史45%、公民25% 歴史はできれば西暦を覚えてほしいが、無理ならば時代の順序だけはわかるように 漢字指定の問題も3分野にわたってある ヒントは 1、日本地図 都道府県の形に注目 2、史料と資料 文字の史料、昔の法律について書かれたものなどは資料集などをみかえすといいかもしれない 3、時事問題 今年1年をふりかえる、政治・経済に的をしぼるといいかもしれない   ●理科 4分野とも20点づつの配点 基本からはじまり、知識→計算→考察となる 知識問題は高得点を狙う 計算問題は頻出問題も出題 考察問題は応用力がとわれるので過去問でやる   更にいうと ①昨年より解きやすいイメージ、難問はなし。簡単ではない。 ②2つか3つ同時にあって正解になるものもある。ミスをしないでおちついて ③考察は過去問を必ずみる。数年さかのぼって表や図のみかたになれると良い   ●入試全般 AB入試で全体の8割の合格者を出すので、ABの方が入りやすい。ただC入試は32名合格中19名、後期入試は20名合格中8名が複数回受験者であった。問題形式になれていけば大丈夫。 C入試は5.2倍、後期入試はかつてない高倍率の12.6倍となった。   4科入試は2科目判定も受けられる。 データをみると2科には届かないで4科で合格ラインのものもいるが、可能な限り4科でうけた方が幅は広がるだろう 繰り上げ合格者は複数回受験者を選ぶ   B入試は14:30集合の15:00開始、神奈川の学校なら、午前中試験で移動しても間に合う時間である。万が一間に合わなくても開始後15分までなら入室できる(延長はしない) またB入試は当日14:00まで出願可能である   こんな感じでした。 この学校、一度特待生になると3年間継続なんですね。(1年ごとに成績の見直しありとはありますが、基本3年とか) 1年で見直しする学校がほとんどの中、結構魅力的…

      2
      テーマ:

プロフィール

りん

性別:
女性
自己紹介:
※残り一年となり、限定記事は成績や志望校の事など書いてあります関係で、現在アメンバー様の受付は停止し...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

旧ランキング

中学生
29 位
受験生
24 位

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。