ふくしまの戦争資料室~ふるさとの歴史を後世に~

当ブログでは、福島県に関連した戦時資料を公開しております。連絡先はこちら。情報提供をお願いするとともに、依頼があれば全力で協力いたします。。hukushima.sensousiryou@gmail.com
無断転載はお断り。


福島県に関する戦争資料について調べています。
記事は私の研究ノートのようなもの、全てが正確なものではありません。しかし、最新の情報があればつとめて書き換えるようにしております。


福島県の皆様、資料の情報がございましたら是非ともご連絡くださいませ。どんな些細な情報でも結構です。

また、画像の無断転載はおやめください。

連絡先
hukushima.sensousiryou@gmail.com

テーマ:
福島県郷土部隊関係資料一覧



特に個人的な自費出版・コピー版や雑誌掲載記事などの資料探しています。新聞紙のスクラップ一枚でも結構です。お譲り頂ける方、コピーしてもいい、という方、情報提供をして頂ける方はご連絡をお願い致します。戦前、戦後と、発行年代は問いません。



以下所蔵資料につき、お調べの事項がありましたらご協力いたします。

郷土部隊全般
【若松聯隊全史】
【ふくしま 戦争と人間1~8】
【郷土部隊戦記1~3】
【若松聯隊写真集】
【若松聯隊回想録】

歩兵第二十九聯隊
【勇○三部隊戦記】
【第五中隊戦誌】
【我等は斯く歩めり】歩兵第二十九連隊第六中隊満洲事変の記録
【第六中隊史】
【戦友(とも)の絆】満州事変当時、二十九聯隊第六中隊
【第七中隊史~大東亜戦争におけるその歩み】
【満洲事変に於ける歩兵第二十九連隊の行動】
【ガダルカナル島戦の核心を探る】勝股治郎著  第十一中隊
【痛恨ガダルカナル戦】峰岸慶次郎著 速射砲中隊
【大正に生まれて】小林平也  ガダルカナル戦
【私の戦斗体験~我ら歩兵は消耗品なり~四度負傷の分隊長の記録】
官野喜広 第十一中隊
【遥かなる雲南 痛恨の断作戦】滝沢市郎 聯隊本部 政経東北所収
【ジャングルに消えた四十二人】滝沢市郎 聯隊本部 政経東北所収
【私記ガダルカナル島戦】滝沢市郎 聯隊本部 政経東北所収
【私の戦記】未完 滝沢市郎 聯隊本部 政経東北所収
【ガ島戦の真偽を正す】滝沢市郎 聯隊本部 私家版雑誌所収
【兵役を偲ぶ】橘内弥一  第七中隊  龍陵戦
【第二師団歩兵第二十九連隊命令受領者として】内海好八 「平和の礎」所収
【補給戦かく戦えり】岩下巍、第二大隊主計中尉 ガダルカナル戦当時の日記
【極楽鳥の如く】和田七郎、聯隊本部 
【龍陵日誌】川本脩二  第二大隊軍医 雲南省龍陵における日誌
【ああ痛哭の島ガダルカナル】福島県内ガダルカナル戦帰還者の寄稿集
【最悪の戦場】丸別冊~滝沢市郎、ガダルカナル戦についての寄稿
【悲劇の戦場】丸別冊~滝沢市郎、ビルマにおける第六中隊長大畑大尉の勇戦
【武器無き戦い】部隊を離脱しベトナム独立に協力した猪狩中尉の記録
【クァンガイ陸軍士官学校】 加茂徳治 ベトナム独立に身を投じた体験記
【思い出の塔】 千田夏光 滝澤市郎氏の体験を元に構成
【戦陣の雪月花】安藤紫香 ビルマ戦時の軍事郵便等
【ガ島に死すまで】四条紫雷
【青春従軍記(正・続)】竹内幹  聯隊通信中隊長
【南の島に万朶の桜】水野隆吉 聯隊通信中隊 雲南戦
【戦陣余白】加藤静次  満洲事変頃の体験
【戦場に残された日記】古宮大佐の陣中日記も掲載
【米軍が記録したガダルカナル戦】二十九聯隊所属者の寄稿あり
【地獄の戦場・飢餓戦】ガダルカナル戦について戦友会長の寄稿
【ソロモンの墓標】
【遺骨を求めて七千海里】滝沢市郎、ガダルカナル遺骨収集の記録
【悲風ビルマの土】
【歩二九会会報】2部のみ所蔵
【歩兵第二十九聯隊史】大正版 帝国在郷軍人会
【歩兵第二十九聯隊史】昭和版 帝国在郷軍人会
【満洲事変に於ける美談集】
【実話時代 2015年11月号】稲川角二氏の軍隊(29連隊)時代の話~2・26事件鎮圧部隊として帝都に派遣
【会北史談32】
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
第七十二師団
【消灯ラッパ】田中達郎 155連隊11中隊 
【遠き想い出の数々】渡辺直隆 元・三春町長 72師団の編成関連
【二等兵物語】梁取三義 「日の丸部隊」の記述あり
【郷土の研究44号】国見町郷土史研究会 (野砲兵72連隊)
【郷土やながわ13集】梁川町郷土史研究会 (野砲兵72連隊)
【瀬上小学校百年のあゆみ】工兵72連隊 校舎半分が兵舎 図あり
【おのぶんか】小野町ふるさと文化の館
【不屈の輸送 下巻】輜重兵第二聯隊戦友会(輜重兵72連隊長の回想)
【戦争を知らない世代への手紙】二本松郷土史研究会編 輜重72連隊 
【保原町史】 高子沼付近に伝部隊兵舎ありの記述
【岩沼市史】 
【写真でみる大河原の歴史】72師団4野病 軍医野口真策氏の寄稿 写真
【大河原小学校史】 72師団第4野戦病院
【前橋陸軍予備士官学校戦記】155連隊
【宮城県の昭和史 下】伝3373部隊
【三春町史】 155連隊
【福島市史別冊Ⅵ】町史をまとめたもの
【図説戦時下の福島】福島県立博物館 二瓶保さんの寄稿 155連隊
【猪苗代の戦後五十年を回顧して】 二瓶さんの寄稿 上記と同文 
【昭和期の戦争展】保原町郷土資料館 伝3377部隊の記述
【政経東北】昭和五十四年八月号 伊藤勇さんの投稿 浜通りに展開とあり
【宮城県の昭和史(下)】 傳3373部隊 岩沼 愛島小学校駐屯
【富岡町史 別巻 追記】伝3381(衛生隊) 伝3319(不明ながら3379の誤表記か)
【祖父母の語る戦争体験】 喜多方女子高の文集 155連隊
【戦争体験実録】逢瀬町史談会編 伝部隊 小野新町小学校 校舎が兵舎となる
【悪夢の戦い】内藤順 石神小学校に伝部隊の姿
【鶴信会のあゆみ】155連隊通信隊
【鶴ヶ岡 七十周年記念誌】梁川高校 年表に誤読によるものと思われるが仙台二十二部隊の記述あり。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
歩兵第六十五聯隊

【歩兵第六十五聯隊いち兵士の手記】
【噫戦場】 第三中隊戦誌
【噫々戦友】歩六五残桜一桜会(1中隊)
【想い出】 歩兵第六十五連隊 速射砲中隊会
【歩兵第65連隊 第3中隊戦歴資料】
【夕日千万峰】第一中隊史
【歩六五第六中隊回想録】
【桐崗塞の丘】第九中隊
【歩六五戦友名簿】
【歩兵第六十五連隊戦友名簿】
【鎮魂譜 両角部隊の光と影】志賀功
【鎮魂譜 両角部隊の光と影 後日譚】志賀功 
【日々是好日】志賀功 歩65連隊歌について言及
【偲ぶ面影 両角業作閣下】志賀功
    ※30師団長~戦後の話がメイン
【三郎出征だより】 天野達江編 天野三郎少尉書簡集  
【支那事変郷土部隊写真史】福島民友新聞社
【白虎部隊】従軍記者・秦賢助が下のもぐら兵隊の公家軍曹を主人公に描いた従軍記
【白虎部隊戦記~もぐら兵隊】公家裕
【捕虜の血にまみれた白虎部隊】秦賢助 日本週報所収
【湖北省侵攻記~陽羅から竜泉舖まで】
【どろ沼戦物語】全3巻
【突進半生記】木村守江
【妻よ】大塚實
【ふくしま戦争と人間】第2巻 白虎編
【郷土部隊戦記】第1巻

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
http://evnara.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

無断引用はお断りします。
未確定な情報、修正を要する情報などがあります。画像提供者に許可を得ているものもあります。右系の方のようですが、尚更筋を通して欲しいものです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
月日不明、新聞社不明であるが、「肉親のやうな親しみ  特攻隊に寄せた感激の手紙」と題した記事(筆写)を発見。
これには殉職した坂伍長の父「飛佐吉」氏が藤井一隊長に宛てた手紙の文面が綴られている。記事からすると時期は突入後とみられるため、この点より調査していきたいと思う。またこの他2点の記事の筆写を発見、うち1通は現物を確認した。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
第63振武隊員「難波晋策」氏は、昭和14年に赤柴部隊に編入、という事を岡山県の戦没者名簿にて知る。赤柴部隊とは岡山歩兵第10連隊の事をいう。小説家棟田博がかつて所属していた部隊だ。

なにか手がかりは無いかと、岡山県立図書館にて 以下の資料を調べてもらったが、彼の航空転科以前記述は無かった、との事である。以下記録として残しておく。

1.『赤柴毛利部隊写真集』 河本恒男/編 山陽時事新聞社 1971
2.『歩兵第十聯隊 第2巻』 池田薫/著 輿論岡山社 1963
3.『歩兵第十聯隊 第3巻』 池田薫/著 輿論岡山社 1967
4.『赤柴部隊』 棟田博/著 東洋堂 1940
5.『歩兵第十聯隊史』 歩兵第十聯隊史刊行会 1974
6.『岡山県郷土部隊史』 岡山県郷土部隊史刊行会 1966
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
八絋隊  藤井信少尉について情報収集中です。「新聞にみる会津の昭和史」に彼の事が「会津出身」として当時の新聞で取り上げられていることが分かります。航空士官学校57期、父・重郎氏は29連隊にも所属経験があり、熱河作戦で戦史の後、遺族は横浜に転居したとの事です。

フィリピンにおける第4航空軍の特別攻撃隊で、最初に編成された「八絋第1隊」です。明野で編成され、機体は隼でした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
64振武隊、国華隊の映像を撮影した記者がいるようです。(20.6.16読売新聞)また、ラジオニュースでも渋谷大尉の生声が流れたという話も書簡から判明しました。探るルートも掴めないし、NHKは以前電話でトンチンカンな回答とたらい回しに遭ったしで、一体どうするべぇ(-_-;)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。