2005-08-01 10:28:34

鍵をなくす

テーマ:実家生活

一昨日、鍵をなくしました。
私は、びとんのキーケースに実家の鍵、自宅の鍵、自分用の車の鍵の3つをぶらさげ、持ち歩いています。
車で出かけることが多いのでたいてい全部の鍵を持ち歩いているのですが。

一昨日、両親と夕飯を食べに出かけるとき、思い立って夫の車を出すことにしました。
普段実家近くに借りている駐車場に放置された新車。
たまにはエンジンかけてあげないとかわいそう。
早速、私の車で駐車場へ乗りつけ、車を入れ替え。
夫の車で出かけました。
母が買い物があったのでドラッグストアやスーパーへ寄り、近所に最近できた大人気の回転寿司屋さんへ。
早めのご飯を食べた後、家電量販店に寄ってから帰宅しました。
駐車場について車を入れ替えるべく、カバンの中から鍵を出そうとしたら。

ない。

カバンをひっくりかえし、車の座席の下を覗き込み必死で探しましたが見つからず。結局私の車を駐車場へ置き、夫の車を実家の門の前に路駐することになりました。

そして一日あけた昨日。
寄ったお店全部に電話をかけて、鍵の落とし物がなかったか確認し、駐車場の溝の中までじっくりと覗き込んで探し、夫の車も普段見ないトランクまでひっくり返して探し。

あげく、トランクの下のほうから夫の残したわけのわからないものを見つけて結婚前の浮気疑惑発覚!
(昨夜電話で追及し、納得いく回答を得たので疑惑は晴れましたが^^;)

警察に落とし物の届けを出し、自宅の鍵のスペアを持っている夫に宅急便で送ってもらうところまでいきました。

そして、今朝。
ドラッグストアから連絡があり、鍵が見つかりました。よかったよかった。
なぜか、レジのかごの中から発見されたそうです。

最近、この鍵でトラブル続きの私。
実は書いてませんでしたが、先週は所用で私の自宅近くに行く父の車に乗せてもらって、高速一時間かけて自宅に行ったのです。
いろいろこっちに持って帰りたい荷物をリストアップし、カーテンを洗濯し、父に照明器具を外してもらって洗って・・・と計画を立てていたのですが。
自宅についてびっくり。
自宅の鍵を持って行くのを忘れてました。
いつも自分の車で行くからもれなく鍵がついてるのに慣れてて、きれいサッパリ鍵のことなんか頭から抜け落ちてた。
呆れる父に謝り、郵便物だけ持って帰ってきたのです。(ちなみに管理会社に連絡を入れてスペアを貸してもらえないか頼んだけど、大家も管理会社もスペアは持ってないというツレない返事だった。)

2度あることは3度ある・・・。(コワイヨ)

もう、鍵のトラブルを起こさないよう、今日鍵を取りに行ったら大事にしようと思います。
それにしても夫の結婚前浮気疑惑が一番凹んだわ・・・。
夫も忘れてたものにいきなりいちゃもんつけられるし、鍵は送らされるし、ヘキエキだったと思うけど。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-06-29 14:11:58

物欲・・・。

テーマ:実家生活

私はわりと通販が好きでネットでお買い物も大好きです。
実家の両親は通販などをあまり信用していないので、私がいろいろと買い物をするのを眉をひそめて見てましたが。

そんな両親のお気に入り。いつも実家に常備されているカタログがあります。
それは通販生活

暇な私はよくそれを眺めているのですが、無性に欲しくてたまらないものができてしまいました。
それが
bar
かの有名なバーミックス。
思えばこれに恋いこがれて何年もたちます。。
独身時代から使ってみたくて、一人暮らしを始めるときにも、結婚するときにも、人生の節目には何度も買おうと思いました。
しかしその値段(2万7000円)ゆえ、いつも勇気が出ないままここまできているのです。

でも、でも。

このバーミックス、離乳食をつくるにはものすごくお役立ちというのがネットでの評判。
それにかこつけて買ってもいいんでは?
っつかここで買わなかったらきっと一生買えない。

ああ、欲しいよう。
欲しくてたまりません。
これでコップでバナナジュースをつくって飲んでみたい!!!

本当は、こんなものに恋いこがれている場合ではなく、ベビー用品を準備すべきなのですが。
夫に言ったら怒られそうなので買うなら実家にいる今がチャンス!かも。
心が揺れます。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-06-28 15:21:08

妹の結婚その2

テーマ:実家生活

先日、妹が結婚するという話 を書きました。

そして、妹の彼氏が先週末うちにご挨拶にきました。
遠く関東の山奥から・・・と思ったら関西のご実家で遠縁の方のお葬式があったので関西経由で我が家へこられたそうです。

どんな子なのかなー・・・と興味津々でしたが会ってみたら本当にいい子だったので安心しました。
しかし若い。
6歳違いの妹の一つ下なので私よりも7歳下です。
見た目はさらに若く、大学生にしか見えませんでした。

お昼前についた彼。
一緒にうちでお昼を食べるよう準備をしていたのですが、やはりご飯の前にご挨拶でした。
しかしとってもシンプルで「結婚させてください」みたいな感じで一言。
あっという間だったので、おなかがすいていた私はすぐにご飯が食べられて良かったです。
たしかうちの夫はごちゃごちゃいろいろ言っていたような気がしますが(緊張してて覚えてない)こういうのもシンプルできちんと気持ちがこもっていたしいいものだと思いました。

本当は、なんだか嫁に出たのに家にいて、こういう場にいあわせるというのも気まずくてちょっと気が重かった今回の彼のご訪問。
最初は来週くらいになる予定だったので夫と一緒に顔をだしてご飯を食べるくらいの気持ちでいたのですが、予定がいろいろ変わったので結局一人でいることになってしまいました。
無事終わってよかったですが。
これから秋に向けて大忙しの二人。
がんばってほしいです。

余談ですが、彼のご実家は私の夫の実家と駅で2つ3つ離れた近く。
しかも今の勤務地は夫が今研修しているところと同じ県。
ものすごく不思議な不思議な偶然です。
こういうことってあるんですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-06-17 15:13:08

実家の猫その2

テーマ:実家生活

先日、黒猫ジジについて書きましたが、うちにはもう一匹猫がいます。

ジジよりも長くうちにいるこの猫、なんと15歳。
画像ではわかりづらいですが。
viv
たっぷりと腹に脂肪がついています。イヤン。
でも、そんなにデブじゃないのですよ。
肉がたるんでいるだけです。

ジジとは違い、人にかまわれるのが嫌い。
人がだっこしたり撫で回したりしたら、必死にそこをなめています。
だっこして膝の上で寝るとかそういうのもあまりなく。
玄関のピンポンが鳴って人が来たら、ソッコー押し入れに隠れてしまい人に姿を見せません。

たぶん、アメショとシャムの血がまじっていると思われる高貴な顔立ち、真っ青なガラス玉のような目。
とてもルックスがいいのに、そのかわいさを人に見せることができないのが残念です。
ちなみに私の夫ですら何度もうちの家を訪れていますが、逃げ去る後ろ姿を数回目撃したのみです。

家人にはすっかり心を許し私にもこのように甘えた姿を見せてくれます。
でも、よく考えるとこの猫がうちに拾われてきたとき私は実家を出て一人暮らしをしていました。
初めてこの猫が家にきてから帰省したとき、どのような反応を見せるか期待していたのですが、家族みんなの見守る中、玄関から逃げることもせず私に頭を撫でさせました。
そして夜には、寝ている私の手足にじゃれつくなどすっかり家族と同じ・・・というより父よりも少し高い位置にランク付けされました。(この猫は男の人が嫌いで逃げるほどではないけど、父にはあまり甘えません。)

この猫とこの家で過ごした期間はほかの家族とくらべ私は半分くらいです。
なのに、きちんとこの猫は最初から私を家族と認識し甘えてくる。

いったい動物はどうやって人間関係を見定めているのかな?と時々不思議になります。
ちゃんと私のことがわかっているこの猫は本当にかわいくてうちの家のお姫様です。
今まで、うちの家で一番皆からかわいがられている存在だったこの猫。
私の子供が生まれたらどういう反応を見せるのか、今から楽しみです。
やきもちやいてストレスたまらないといいんだけど。
たぶん、びびって遠巻きに眺めているだけだろうなぁ。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-06-16 20:27:50

プチオフいってきました

テーマ:実家生活

本日は、アメブロガーさんと初めてプチオフをしてきました。

お相手はなんと人気ブロガーのangel-egg さん。

ブログに時々登場するゆっちちゃんと3人で軽くランチをしてきました。

はじめてお会いするangel-egg さんは、本当に小柄でブログ通りのかわいらしいお母さんでした。
そしてゆっちちゃん、すっごくかわいい元気の良いお嬢さんでした。
たぶんおなかの子が女の子である私はゆっちちゃんのかわいい仕草に心奪われ興味津々でした。
次回はぜひぜひ幼稚園にいっていたたっちくんと、犬のはなえ姉さんにお会いしたいなぁ。

私はかなりのネット中毒であるにもかかわらず、オフ会というものにあまり出たことはありません。
よーく思い出して数えてみるとネットを通じて知り合った人とリアルでお会いするのはangel-eggさんで3回目、4人目です。

でも、今日のオフはangel-egg さんの人柄もあって、本当に楽しくお話することができあっというまに時間が過ぎてしまいました。
話の内容は・・・虫の話とか犬の話とかカエルの話とか・・・。いっぱい。本当におもしろかったです。

おみやげにいただいたかわいいカエルくんのあみぐるみを、妹に見せたら「なに?これかわいい!!!いいなぁ!」とうらやましがられたのですが、「ネットでどうやって知り合った人?メッセ?」とか言われて少し言葉に詰まりました。
まさかブログやってるといえないし。
「んとね、掲示板。掲示板に書き込んだりして友達になったの」
と答えましたが、妹の中では姉がやっている掲示板といえばあの巨大掲示板しか思いつかなかったと思うので「まさかあの掲示板のオフに姉が出るわけがない。」とハテナマークが飛んでいたことと思います。
ま、深く追求されなかったのでよかったけど。

angel-egg さん、またいろいろお話してくださいね♪
ちょっと落ち込むことが多い今日このごろなのですが、少し元気になれました。
今日はほんとにどうもありがとう~。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-06-15 17:40:24

妹の結婚

テーマ:実家生活

私は二人姉妹です。
下に6歳違いの妹がいます。

この妹が結婚をすることになりました。

家族にうちあけられたのが今週のはじめ。
今年の自分の誕生日には入籍をし、一緒に住み始めたいのだそうです。

妹の誕生日は私の出産予定日と一週間違い。
私の実家は今年の秋てんやわんやになりそうです。

妹の彼氏が現在仕事をしているのは某関東の県。偶然にも私の夫が研修のため滞在している県でもあります。
従って、この私たちの実家から非常に遠い。
しかも妹の彼氏の勤務先は実家近辺に営業所などがなく、妹はこれから先ずっと実家から遠くで暮らすことになりそうです。

長く遠距離恋愛をがんばってきた妹なので、幸せになってくれることはとてもとてもうれしいのだけど。
なんだかすごく心中複雑で、聞いた夜はなぜか一人で夜泣いてしまいました。

私も夫の勤務先がどこになるかわからないし、家族がバラバラになってしまうんだなぁ、と寂しくなったのです。
どこの家でもよくあることで、うちの家は私が結婚したのが遅かったしよそよりそういうの遅いのですが。
年はどんどんとっていくし、時間は流れるものなのだからこのままでいられるわけではないのですが。

妙にしんみりしてしまいました。
うちの親、大丈夫なのかなぁ。
私の引っ越し話に続いて妹も、となった父が見るからに落ち込んでいてちょっと心配。
早く母と二人の生活になれて楽しんでくれると良いのだけど。

私が生まれた子供を連れて実家を出るときが心配です。・・・本当に大丈夫かしら。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-05-31 10:23:04

むしごろし

テーマ:実家生活

のんびりまったり実家ライフ。
なーんにもすることがありません。

少しくらいは体も動かしたほうがいいかと思い、よく庭にでています。
先日までのブームは草むしりでしたが、最近母が「しゃがむ姿勢は妊婦によくない」というのを聞いてきて禁止令が出てしまったため、現在は休止中。

しょうがないので今、毎日一生懸命していることは。
庭師さんがしばらくきていないので、荒れた庭の手入れ。
手が届く範囲の植木を少しずつ刈り込んだりしています。
もちろん上手にはできないし、大きいものは無理ですがヒョコヒョコ伸びた枝くらいは。大きい剪定バサミではなく、園芸用のハサミ片手にやっています。

そして、その中で見つけた今の私のハマリごとは。

毛虫取り。

サツキを剪定しているときに、毛虫の幼虫を見つけたのです。
鳥肌がたちましたが、そこは田舎育ち。
こんなことでは負けません。
早速、お昼に食べた納豆のカップに洗剤とお水を入れて割り箸を持ち小指の先ほどのを10匹以上退治しました。
それでしばらく満足していたのですが、最近ふと玄関のヒイラギを見上げると、ものすごい大物を見つけてしまったのです。

割り箸ではたちうちできないほどに。成人男性の指ほどもあるやつがいました。
よく見ると、葉っぱは穴だらけ。
一匹だけじゃなくたくさんいるみたいです。

ここ一週間くらい、毎日帽子をかぶってヒイラギの前に立ち、火バサミを片手にがんばっています。
そろそろ取り尽くすかしら。
だいぶ数は減ってきました。

だけど、妊婦がこんな風に殺生してていいのかな。
心配はそれだけ。
でも、植物の命を守るっていうことでそれはそれでいいような。
今日も朝ご飯のあと3匹しとめました。
思い出すとぞわわーと気持ち悪いんだけど、それでもがんばっちゃうんだよね・・・。
われながらヒマ人です。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-05-24 18:28:00

食べ物の好き嫌い 2

テーマ:実家生活

昨日に引き続き、食べ物のネタ。
自分語りのブログだからいいのです。

私の実家では父のつくっている家庭菜園 で取れる野菜が毎日食卓に並びます。
現在たくさん取れるのは
・きぬさや
・小松菜
・サニーレタス
あたり。
私の好きなアスパラガスは不調のようで今年は収穫がありませんでした。

この中でとくにたくさん料理に出てくるのが「きぬさや」
私はこの野菜嫌いではありませんが、あまり好きではないです。

この野菜を使ってつくる料理で好きなのは一つだけ。
友達に大学時代に教えてもらった「キヌベー」というもの。
ベーコンと筋をとったきぬさやを刻んだものを炒めて塩胡椒、卵でとじるだけです。
これがあればご飯が何膳でも食べれる~。美味しいです。

きぬさやがあまり好きではないことに気づいたのは今朝。
母から「あんたはグリンピースが嫌いだからこれもあんまり好きじゃないでしょう。○○(妹)もあんまり食べないもの」と言われてからです。

そう、私はグリンピースが大嫌い。
まめごはんも嫌い。料理に入っていたらよけます。残すことができない場合はスプーンなどに集めて丸飲みします。
なぜか妹もこれが嫌い。
なのでうちでまめごはんやミックスベジタブルが出てくることは皆無です。

でも、なぜかグリンピースは嫌いなのに、サヤエンドウスナックは大好き。(ビーノみたいなの)
味ごのみとかのおつまみに入ってる丸い豆を揚げたスナックも好きです。
こういうの結構あって、レーズンは大嫌いなのにプルーンは大好き。

・・・本当は食わず嫌いなのかな、と思って何度もトライするのですがやっぱり嫌いです。
レーズンもグリンピースも。
人に言わせると「同じ味じゃん!」となるのですけど。
そうかなー?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-23 14:50:00

食べ物の好き嫌い。

テーマ:実家生活

小さい頃私は食べられないものの多い子供でした。

困ることが多かったのはお弁当。
仕出しなどでいただくお弁当や、母以外の人がつくったものが本当に苦手でした。
どうしてだめだったかというと、甘かったから。
卵焼きの甘いの、煮物の甘いの全部だめ。

おやつも和菓子はいっさいだめ。
ひよこまんじゅうとかああいうポソポソした白あんがもっともだめで、黒あんが入ったお菓子も嫌いでした。
羊羹なんて一生口にすることはないだろうと思っていたくらいです。

好きなものはポテトチップなどのスナック菓子でしょっぱいもの。
おせんべいも好きだけどまわりにザラメやお砂糖がまぶしてあるタイプのものは食べられませんでした。
とにかく塩味が好きで、梅干しや漬け物が大好き。だし昆布を囓るのも好きでした。

ああ、あのまま甘いの嫌いな子供でいたらよかった。

お父さん・・・。いくら帰り道のバス乗り場の近くにあるからといって有名店の二重焼きを買ってきたらだめじゃん。
もう二つも食べちゃったよ・・・。

今の私は家にある甘いものを漁って食べ尽くす勢いです。
二十歳を超えたあたりから、上記の食べられなかったものすべてが食べれるようになってしまいました。
(「食べられる」だけで好きではないものもたくさんありますが)

一生懸命体重制限をしてるのに。

そんな、今の私の食べたいもの。
それはお砂糖たっぷりのフレンチトースト
卵と牛乳とお砂糖をいっぱいいれて、はじっこをカリッと焦がして焼いたのにメープルシロップかけて食べたいよ~!

妊婦は卵と牛乳を控えた方がよいという話を聞いたので牛乳も紅茶に少し入れて飲む程度、卵もほとんど食べていないのだけど、あんまり関係ないのかなぁ。
うちは幸い私も夫も双方の家族を含め、全然アレルギーとかがないほうなのであまりストイックにはしていないつもりなのだけど、食べられないとなると無性に食べたくなってしまいます。
誰か・・・助けて。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-16 17:34:46

編み物

テーマ:実家生活

上手下手は別として。
手芸がわりと好きです。
ヒマな私は子供が生まれるにあたり、何か手作りのものをつくってみようと思い立ちました。
(結婚式はほとんど何もしなかったし)

手芸は好きですが、洋裁はあまり得意でない私。
ミシンがあまり好きではないのです。準備に時間がかかるし。
あと、型紙広げるのもめんどくさいし裁断が嫌い。

そうなるとできそうなのは編み物。
近所の図書館へ行って本を借りてきました。
とてもかわいいのがあったので、ほくほくとネットで毛糸を注文。

さて、編み物をするのは5年ぶりくらい?めちゃくちゃ扱いづらい糸を使って自分用にふわふわマフラーを編んで以来です。
母に聞いて手芸道具のしまってある押入をあけると。
押入用収納ケースいっぱいの余り毛糸がありました。

久しぶりなので何かつくってみようと思い立ち、以前angel-eggさん記事 で見かけた「おたまちゃん」(オフィシャルサイト )をつくってみることにしました。

・・・あ、かぎ針って中学校以来やってない。

基本のこま編みすらおぼつかない始末。
途中まで編んだところで、若い頃かぎ針でモチーフで大作をたくさん作った母に教えを乞うことに。
母は現在目が疲れるということで何もしませんが、洋裁も編み物(かぎ針に限るw)も上手なのです。
早速私がつくったものはすべてほどかれてしまい、サクサクと一匹母がつくってしまいました。
そしてもう一匹途中まで編んでくれたのを引き継いだのですが。
やっぱり減らし目がうまくいかなかったみたいで、縄文式土器みたいなおしりになってしまいました。
otama

縄文は写真にはうつっていませんが、右が母のつくったもの。
左が私のつくったもの。
顔はどちらも私がつくりました。
先に右のデフォルトな顔をつくったら母が
「次はゴマちゃん(@少年アシベ)みたいな顔にしてよ」
というので左はこんな変な顔。
縄文にやる気をそがれたためしっぽも閉じないまま糸がでています。

そしてこの子の運命は・・・。
夜のうちに実家猫(黒猫ではなく家の中にいるほうです。)に弄ばれたらしく、翌朝台所にコロンと転がっていたのでした。
母がつくったほうじゃなく私がつくったほうだけ。
縄文がお気に召したのかしら。(たぶん糸が出ていたので興味をもっただけと思うけど)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。