2005-03-04 18:30:44

披露宴のBGM

テーマ:結婚式・披露宴
学校の友達で帰りに市が運営するプールへ寄って毎日泳いでいる子がいます。
なんと立派な心がけ。体に良さそうです。
しかしそのプールには変なおじさんがいて「水の中で倒立してるの」だそうです。
私は犬神家の一族状態?と思いましたが他の子が「ウォーターボーイズみたいだね」といいました。
ああ、なるほど。そっちのほうが適切だ。

ところで、私は結婚式でウォーターボーイズのサントラを使いました。
11月の結婚式だから少し季節外れかもしれませんが。

結婚式のBGMを式場まかせにする人も多いと思うのですが、私は自分で選ぶというのにものすごく憧れていたのでがんばってCDを編集しました。

昔から、退場の曲は「希望の轍」、キャンドルサービスは「ミス・ア・シング」(アルマゲドンのやつ)、新婦の手紙(ではなく感謝の言葉にしましたが)は「Open Arms」。と決めていたのです。
・・・決めてから結婚までだいぶ間があいてしまったため、使い古され感はアリアリですが、自分がよければいいです。

しかし、意外だったのは。
結構たくさん曲がいるということ。
歓談時の曲まで決めようと思うと相当な曲数が必要になります。
そんな中、映画も好きでドラマも見ていたウォーターボーイズのサントラを手にとったら、結構良かった。
特に、手拍子から始まる曲ドラマや映画の重要シーンで流れる曲。
これは、入場にピッタリだ!と思い使うことにしました。
ついでにSugar baby loveとかあのへんも適当に。
他には、ベイシティローラーズとかペットショップボーイズとかも使いました。きちんとサビから始まるように、音楽エディタソフトで編集までしてがんばりました。

しかし、途中で息切れ。
メインとなる部分だけがきちんとしてればいいか。
どうせ誰も聞いてないし。
と思ったのである程度ピックアップして、足りない分を式場におまかせしました。

しかし式場任せにした、歓談中の音楽は「エンヤ」とか使われてしまいショックでした。
エンヤだけは嫌だったのに。
別にエンヤが悪いわけではなく、嫌いでもないのですが、これを使っている結婚式はBGMは式場任せでものすごーく普通、というふうに感じてしまっていたので。
一生懸命がんばった自分の努力が水の泡のような気がしました・・・。

そして、夫。
BGM選びとかそいういうものを私の好きなようにさせてくれるタイプの男ではありません。
最初はいちいち文句を言ってきて、すごく閉口しました。
しかし、結局PCでCD編集ができるのも私だけだし、特に良い案を出すわけでもなくほっておいたら何も言わなくなったので自分の好きなようにすることにしました。
でも新郎退場の音楽くらいは、好きにさせてあげようと仏心を出したのですが。

夫のチョイスは「マツケンサンバ」でした。

しかも、歌って踊れるほど芸達者ではない夫。
中途半端なウケ狙いっていかがなものか・・・。と思ったのですが。
しょうがないので使ってあげました。
代わりに私は新婦退場で「さくらんぼ」を使いました。年甲斐もなく。

でもだーれも聞いてませんでした。
結婚式のBGMってそんなものですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。