1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-05-31 10:23:04

むしごろし

テーマ:実家生活

のんびりまったり実家ライフ。
なーんにもすることがありません。

少しくらいは体も動かしたほうがいいかと思い、よく庭にでています。
先日までのブームは草むしりでしたが、最近母が「しゃがむ姿勢は妊婦によくない」というのを聞いてきて禁止令が出てしまったため、現在は休止中。

しょうがないので今、毎日一生懸命していることは。
庭師さんがしばらくきていないので、荒れた庭の手入れ。
手が届く範囲の植木を少しずつ刈り込んだりしています。
もちろん上手にはできないし、大きいものは無理ですがヒョコヒョコ伸びた枝くらいは。大きい剪定バサミではなく、園芸用のハサミ片手にやっています。

そして、その中で見つけた今の私のハマリごとは。

毛虫取り。

サツキを剪定しているときに、毛虫の幼虫を見つけたのです。
鳥肌がたちましたが、そこは田舎育ち。
こんなことでは負けません。
早速、お昼に食べた納豆のカップに洗剤とお水を入れて割り箸を持ち小指の先ほどのを10匹以上退治しました。
それでしばらく満足していたのですが、最近ふと玄関のヒイラギを見上げると、ものすごい大物を見つけてしまったのです。

割り箸ではたちうちできないほどに。成人男性の指ほどもあるやつがいました。
よく見ると、葉っぱは穴だらけ。
一匹だけじゃなくたくさんいるみたいです。

ここ一週間くらい、毎日帽子をかぶってヒイラギの前に立ち、火バサミを片手にがんばっています。
そろそろ取り尽くすかしら。
だいぶ数は減ってきました。

だけど、妊婦がこんな風に殺生してていいのかな。
心配はそれだけ。
でも、植物の命を守るっていうことでそれはそれでいいような。
今日も朝ご飯のあと3匹しとめました。
思い出すとぞわわーと気持ち悪いんだけど、それでもがんばっちゃうんだよね・・・。
われながらヒマ人です。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-05-30 13:16:11

マタニティウェアを買う時期。

テーマ:妊婦生活

そろそろマタニティウェアを用意しなくてはいけなくなってきました。
ジッパーを下げて履いていたスカートもパンツもそろそろ限界。

今まで、私はミニスカートが好きで背が低いので高いヒールの靴が定番でした。
ヒールの低い靴にしただけですべてのバランスが変でかっこわるくなってしまうため、トップスからなんだか全部入れ替えっぽい雰囲気となってきています。
今年はルーズな感じのトップスが主流だし、組み合わせもそういう感じのが多いのでたぶん買いやすいとは思うのですが、長年着慣れてきた服と雰囲気をガラリと替えるのはセンスの悪い私には至難の業。

だからって妊婦雑誌に載ってる組み合わせは「ううむ」とうなってしまうものも多く。
だって「妊婦だって露出したい!マタニティでできるプチ露出!」とかだったから。
・・・見た雑誌が悪かったのかしら。
でっかくなった胸、どうしてかわらからないけど確実にたくましくなった二の腕。しょうがないとはいえ、突き出た下っ腹。
私としてはできるだけ露出を控えたいところです。
雑誌はあまり参考にならないようです。年をくった妊婦の私としては。

しかし先週、あまりにみっともない自分の格好に嫌気がさし、ついに服と靴を衝動買いしてしまいました。
普通のお店でルーズな感じのキャミとカーデ、ヒールのない靴を。今までの路線と大きくは違わない感じのを見つけたので。
全部あわせて2万円くらいなんだけど、夫には内緒。
どうしようかな、と思っていたところに昨日お休みだった夫からメールが入ってきました。

「今日、今から御殿場のアウトレットへみんなで行くんだ。何かほしいものある?」
速攻でレスをかえしました。
「靴がほしい!底がペタンコの夏っぽいサンダル。サイズは23。あとピンダイとかナチュビューとかあると思うんだけどトップス買ってきて。」

メールのやりとりをしながら、友人達とアウトレットに到着した様子の夫。
電話がかかってきました。
「あんまりにも広すぎてどこに何があるのかわからへん。しかもバスの時間まであんまりゆっくりしてられないし。しかもな、おまえの服や靴って俺わからんもん。選びようがないよ」

じゃあ「ほしいものある?」と聞かなければいいのに。

だけどこの返答のおかげで私は買い物の理由ができました。
服はたぶんバレないけど、靴はたぶん「買ったの?」とバレる。
「もう、なくて困るし、アウトレットで買ってきてくれなかったし自分で買ったよ」
と言うことにします。でも1万円以上したとはいえないなぁ。

そしてついでに、エンジェリーベのパンツ も買っちゃおっと。

みんなマタニティウェアってどのくらい予算をかけるものなんだろう。
普段からルーズな重ね着とかの組み合わせが多くて、似合う人だったらわざわざあんまり買わないのかな。
今買う服が夏の臨月近い時期に着れるかどうかも微妙だし。
本当悩みます。
ヤフオクとか通販の雑誌ばっかり眺めては、なかなか買えない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-27 20:19:40

美容院へ行って来ました。

テーマ:妊婦生活

昨日、美容院へ行って来ました。

前回短くされすぎた髪 がようやく伸びきり、一度自分で切った前髪も収拾がつかない状態。
そして、もしかしたら6月に夫が一度こちらへ戻ってこれるかも、ということだったので一回美容院へ行っておこうと思いまして。

でも今回、美容院に行くにあたり、時期メニューともに、非常に悩みました。
昨日行ったのも果たしてよかったのかどうか少し考え物です。

私はあまり髪を短くしません。
ものすごーくパーフェクトな絶壁と丸顔のコンビネーションに加え髪質も向いていないからです。
だからここ数年ずっと似たような髪型です。
前髪をおろして、シャギーを入れたセミロング。
トップの部分が伸びてくるとストレートロングみたいになり、前髪を2度ほど自分で切ったら美容院へ行くというのが私のペースでした。

しかし、妊娠して10月に出産をするとなると。
プリン頭にならないよう、汚なげにならないよう。
子供が生まれてしばらく美容院に行けなくても、自分でなんとかできるよう。
前準備をしておかなくては。

母はやっぱりあたりまえのように口をすっぱくして「髪を短くしろ!」といいます。

母はショートの髪が大好き。おかげで私は幼い頃わけのわからないマッシュルームカットやら鉄仮面のようなおかっぱ頭にされていたのです。
本当は髪を伸ばしていろいろかわいく結ってほしかったのに。

こればっかりは母の言うなりになるのは冗談じゃないので、
「今は昔みたいに長いこと風呂に入れないわけじゃないし、そもそも普段ショートにしなれないのにますますボサボサの変になるじゃない。それだったら長くしておいて結んだほうがましよ」
と言い返すことにしています。
幼い頃の悲しい記憶がついキツイ口調となって出てしまいますが。

さて、そういうことで昨日は髪をカットしカラーリングを弱めに入れてもらいました。
次回は9月くらいかな。
縮毛矯正をしようと思っています。
天パではないのですが、手入れが楽なので。

しかし昨日行った美容院もすごい頭にされちゃった。
またもや夫の笑いものになりそう・・・。
哀スィ。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-05-26 11:30:10

産婦人科選び

テーマ:妊婦生活

産婦人科を選ぶとき、みんなどんな基準で選ぶのでしょうか?

昨日、子供の性別をしっかり教えてくださった近所の産婦人科ですが、ここで産んでいいのか少し迷いが出ています。

それは・・・。出産費用が高いこと。
平均分娩費用が45万円って。都心など大都会では普通のお値段(むしろ安いほう?)なのかもしれませんが、地方都市である私の実家近辺ではかなり高そうです。

ちなみに、私の友人は妊娠中にずっと喘息を患い肋骨が疲労骨折をした状態での出産だったため大学病院を選択したところ・・・28万円。
別の友人が里帰り出産に選んだ産婦人科はかなり地元では腕のいいと有名なところですが普通に35万円。

この差(10万円以上)はなんなのでしょうか。

昨日私が行った産婦人科は、某ベネッセでもかなり評判良くなんといっても食事が美味しいとのこと。
そして、7月に場所を新規移転するそうです。
だから高いのかしら。

しかし、本当に困ったことにここが一番便利がいいのです。
マイカーでもバスでも実家から非常に近く、妹や父の通勤ルートなので入院中もたぶん寄ってもらえるし、なんといっても母が通いやすい。
7月に新規移転する場所は更に近く便利になるのです。

「どうするのかは先生の感じをみて決めよう」と意気込んで向かった昨日の検診なのですが。
別に可もなく不可もなく。あえて言うならば大先生が数年前になくなったため、息子さんが継いでいるとのことで、先生が結構若い。30代なのは間違いなく結構チャラい感じ?というか女好きのするタイプでありシャキシャキしています。
逆にヤバそうな感じに気持ち悪かったら絶対NGなのですが、全然そうでないので微妙なところ。
ちなみにエコーは非常に上手で録画してもらったビデオは今までの病院よりもきちんと顔もうつり見易く、良いものでした。
そして、看護婦さんや受付の女の子たちはとても感じが良く、好感がもてました。

あああ、迷います。
決め手がなく近いというだけで、10万以上を上乗せしても良いものか。
だけど、出産が近くなったらかなりの頻度で通わないといけないというし。できれば通いやすいところがいい。

昨日の検診費用1万1000円弱でした。
たかい!!
今まで行っていた病院は普通に4000円とかだったのでダメージ大きいです。
「これまでやってない検査が多いのでいろいろやったほうがいいですね」
とか言われてしまうし。
それってボッタクリじゃないの?と思ってしまう私。子供よごめんね。
検診費用は高いところは高いというのを聞いていたので私は失礼がないように聞いてみました。
「えっと、これから検診費用はこのくらいを目安にみておいたらいいのでしょうか?」
「あ・・・そうですね。今日は初診も入ってますし、血液検査も入ってますから。次回はもう少し安いと思いますよ」

・・・血液検査?そんなんされてませんけど?
「え?今日採血するんだったんですか?」
「え?されてませんか!?すみません!!」
大あわてで会計のカウンターから診察室へ逆戻り。

領収証も言わないとくれなかったし、感じは良いけど前の病院が大きいとこで事務的にすべていいようにまわっていたからなんとなく違和感です。

本当は、医療関係に勤めている夫に意見を乞いたいところなんだけど。
転職前の夫だったら、きっと興味をもって聞いてくれただろうし相談にも乗ってくれたんだろうけど。
今の夫にはとてもいえません。
今朝も2時半にメールが着信し、「勉強中。明日も明後日も試験。不安でしょうがない」とのこと。
そんなに必死にがんばっていたら、こういうちょっとしたグチとかいえないなぁ・・・。
私もお母さんなんだから一人でいろいろ考えてがんばらないといけないな、と思っています。
しかし悩む。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-05-25 13:45:23

あかちゃんの性別

テーマ:妊婦生活

本日20週の検診へ行ってきました。
今まで通っていた病院から実家の近所の産婦人科へ。

前回の検診では足をぴったりとくんで
「性別がどっちかは、意地でも見せませんよ」
という姿勢だったおなかの中の子供。
その前の検診であまりにゴソゴソ動き回っていたのを母親である私に「落ち着きがない」とネタにされ、皆に言いふらされたせいでしょうか。
上半身はぐるんぐるん動かすものの下半身は全く動かしませんでした。

そして今回。
いつもと覗かれる状況が変わって動揺したのかも。

大開脚。
・・・女の子でした。

実は子供ができたときから、私はおなかの中の子供が男の子であるという気がして仕方ありませんでした。
若い頃から将来、自分は男の子の母親になる、というイメージが強かったとも思います。
夫も「女の子が生まれる気が全くしない」と言い、実母も「男の子が生まれそうね」と憚ることなく口にし、周囲の人もみんな「男の子って感じだね」と言いました。

女の子もいいし、男の子もいい。
私は「男の子のような気がする」と言いつつ、元気だったらどっちでも本当にいいや、と真剣に考えていたのです。

でも、GWに空にはためく鯉のぼりやお店に並ぶ五月人形を見て夫と「来年はこういうの買うの~?」なんて話したり、すっかり男の子気分だった私。
事実、下の記事 にて編んでいる帽子も紺色だし。
無意識に名前を考えるときも男の子の名前ばかり考えていました。

本日、子供に罪はもちろんないのですが、女の子だったという事実に本当にびっくりしてしまいました。
夫にメールを送ったら、昼休憩に大あわてで電話が入りなぜだか「マジで?それは確定なの?」とショックを受けている様子でした。
「男の子がほしかったの?」と聞くと「そういうわけじゃないけど、男と思いこんでたから・・・」となんだかブツブツ口ごもっていました。

ここんとこ勉強が忙しかったのかメールも来ないし電話も来なくてすっかり夫にほったらかされていた私。
それでも子供の性別ですぐに電話をくれて嬉しかったです。
これが「男の子だった」というメールを送っていたらきっと電話じゃなくてメールで返信が来たんだろうな。

やっぱり親孝行な良い子かも。
さて、編み始めたばかりのテディベア模様のお洋服。
ほどいて違うの編もうかな。モデルが男の子の写真のやつだったし。
どうかフリフリの服が似合う女の子ですように。
おっさん顔だったらどうしよう(笑)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-05-24 18:28:00

食べ物の好き嫌い 2

テーマ:実家生活

昨日に引き続き、食べ物のネタ。
自分語りのブログだからいいのです。

私の実家では父のつくっている家庭菜園 で取れる野菜が毎日食卓に並びます。
現在たくさん取れるのは
・きぬさや
・小松菜
・サニーレタス
あたり。
私の好きなアスパラガスは不調のようで今年は収穫がありませんでした。

この中でとくにたくさん料理に出てくるのが「きぬさや」
私はこの野菜嫌いではありませんが、あまり好きではないです。

この野菜を使ってつくる料理で好きなのは一つだけ。
友達に大学時代に教えてもらった「キヌベー」というもの。
ベーコンと筋をとったきぬさやを刻んだものを炒めて塩胡椒、卵でとじるだけです。
これがあればご飯が何膳でも食べれる~。美味しいです。

きぬさやがあまり好きではないことに気づいたのは今朝。
母から「あんたはグリンピースが嫌いだからこれもあんまり好きじゃないでしょう。○○(妹)もあんまり食べないもの」と言われてからです。

そう、私はグリンピースが大嫌い。
まめごはんも嫌い。料理に入っていたらよけます。残すことができない場合はスプーンなどに集めて丸飲みします。
なぜか妹もこれが嫌い。
なのでうちでまめごはんやミックスベジタブルが出てくることは皆無です。

でも、なぜかグリンピースは嫌いなのに、サヤエンドウスナックは大好き。(ビーノみたいなの)
味ごのみとかのおつまみに入ってる丸い豆を揚げたスナックも好きです。
こういうの結構あって、レーズンは大嫌いなのにプルーンは大好き。

・・・本当は食わず嫌いなのかな、と思って何度もトライするのですがやっぱり嫌いです。
レーズンもグリンピースも。
人に言わせると「同じ味じゃん!」となるのですけど。
そうかなー?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-23 14:50:00

食べ物の好き嫌い。

テーマ:実家生活

小さい頃私は食べられないものの多い子供でした。

困ることが多かったのはお弁当。
仕出しなどでいただくお弁当や、母以外の人がつくったものが本当に苦手でした。
どうしてだめだったかというと、甘かったから。
卵焼きの甘いの、煮物の甘いの全部だめ。

おやつも和菓子はいっさいだめ。
ひよこまんじゅうとかああいうポソポソした白あんがもっともだめで、黒あんが入ったお菓子も嫌いでした。
羊羹なんて一生口にすることはないだろうと思っていたくらいです。

好きなものはポテトチップなどのスナック菓子でしょっぱいもの。
おせんべいも好きだけどまわりにザラメやお砂糖がまぶしてあるタイプのものは食べられませんでした。
とにかく塩味が好きで、梅干しや漬け物が大好き。だし昆布を囓るのも好きでした。

ああ、あのまま甘いの嫌いな子供でいたらよかった。

お父さん・・・。いくら帰り道のバス乗り場の近くにあるからといって有名店の二重焼きを買ってきたらだめじゃん。
もう二つも食べちゃったよ・・・。

今の私は家にある甘いものを漁って食べ尽くす勢いです。
二十歳を超えたあたりから、上記の食べられなかったものすべてが食べれるようになってしまいました。
(「食べられる」だけで好きではないものもたくさんありますが)

一生懸命体重制限をしてるのに。

そんな、今の私の食べたいもの。
それはお砂糖たっぷりのフレンチトースト
卵と牛乳とお砂糖をいっぱいいれて、はじっこをカリッと焦がして焼いたのにメープルシロップかけて食べたいよ~!

妊婦は卵と牛乳を控えた方がよいという話を聞いたので牛乳も紅茶に少し入れて飲む程度、卵もほとんど食べていないのだけど、あんまり関係ないのかなぁ。
うちは幸い私も夫も双方の家族を含め、全然アレルギーとかがないほうなのであまりストイックにはしていないつもりなのだけど、食べられないとなると無性に食べたくなってしまいます。
誰か・・・助けて。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-20 19:30:08

子育ての夢

テーマ:妊婦生活

なんだかやっぱり子育てに対して非常に不安があるようで。
ここんとこ毎日、既に子供が生まれている夢を見ます。
場所はもちろん実家。

なのですが、なぜか私育児をまったくしてないのです。
オムツの替え方もわからない。
はっ!!!

気づいたら私母乳もあげてないじゃんか!
って感じの夢。

ひどいのになるともう既に二人目が生まれていて、上の子に「私がママなのよ」とわかってもらわないといけないのに全然なついてくれない・・・などというドラマなどで子供を置いて逃げた母親の心境になるようなものまで。

で、誰が子供を育てているのかというと。
母です。
母が子供を独占してしまい私の出る幕がないっていう。
うーん、これは深層心理?

先日の夢は。
やっぱり気づいたら子供が生まれてるのに私何もしてない。
ひとつも世話をしてない。せめて母乳をあげないと・・・。
と子供を抱っこして飲ませようとするのですが、どうも落ち着かずうまくいかない。
ゴソゴソ、バタバタと体をつっぱり、まったく腕になじまないのです。
胸をたくしあげ、必死で飲ませようと悪戦苦闘する私。

・・・良く見ると。
抱いているのは実家で飼っている猫(黒いのではなく家猫)でした。

プライドが高く、抱っこ嫌いのうちの猫。
当然おとなしく母乳を飲もうはずがありません。
飲んでも怖いけど。

なんでこんな夢ばかり見るんだろう。
しかも、猫と一緒にしてしまいおなかの子に申し訳ないです^^;)


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-05-19 15:59:50

帽子を編んでみました

テーマ:妊婦生活
おたまちゃんは猫のおもちゃとなってしまいましたが、余り毛糸のケースをごそごそしていたらアクリル毛糸が少し出てきました。
アクリルなので直接肌にふれるのはチクチクしそうでかわいそう。
図書館で借りてきた本を読んでいるとかわいい帽子とベストと靴の写真がありました。
毛糸の量と色からしてベストは無理なのでとりあえず帽子を編んでみることに。

hat

色が紺色なのでおじいちゃんの帽子のようです。
しかし、赤ちゃんのものは小さくて良いですね。
これは並太毛糸が1玉半、一日で編めました。
(途中飾り編みを編み図の通りにやると目数が合わないという悲しいトラブルはありましたが)
かぎ針編みでは初めての作品です(おたまちゃんを除き)。

もくもくと編みながら、昔つきあっていた彼氏に初めてセーターを編んだことを思い出しました。
ほとんど同棲みたいに長い時間一緒にいたので、向こうが学校やバイトに行っている間に必死で編み針を動かし、仕上げました。
難しいのは無理なので、色も単色でシンプルな形だったし結構喜んで着てくれていたけど、あれってどうなったのかなぁ。
きっと今頃はゴミとして地面に却っているのかしら・・・。
未だに着てたら逆に怖いけど。

そして、実家に残っていた編み物の本をひっぱりだしたらその中に、元彼に編んだセーターの本を発見。
その本のタイトルは・・・。

「唐沢寿明 素顔のニット」

なんだか時代を感じて脱力しました。若かったなー自分。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-05-18 20:43:48

胎動

テーマ:妊婦生活

昨日、今日とバタバタしていました。
ようやく実家へ戻ったよ報告を地元の友達にしたのでお茶する予定を調整したり。
で、急に思い立って昨日は引っ越し準備途中のアパートに少し荷物を取りに戻りました。
ちょっと戻る予定だったのですが、母もついてきたがったので一緒に。
おかげでETCのついた父の車を借りれたので移動時間が短くすみました。
自分一人だったら自分の車で高速使わずに帰るので。

で、今日は友達とランチ・・・の予定がそのまま夜の7時までおしゃべりしてました。
自然食の食べ放題のお店に行ったのですが、歩けなくなるほどに食べてしまい、夕食はほとんど食べられず。
体重は増えているのに、食べる量が減るなんて納得いかないです。
昔はこの程度の食事で苦しくなるような軟弱な胃袋ではなかったのに。ちぇ。

さて、そんな毎日の中、実家に戻ってヒマではあるものの環境も変わっているし、何より夫の研修が心配で仕方ないし、精神的に落ち着かない日々が続いていて、ふとおなかの子供のことが不安になることがときどきありました。
体調に変化がないので、無事育っているのかものすごく不安になったりするのです。

昨夜もふとそんな気分になり、来週の検診が待てない感じに心配になりました。
布団に入ってボーととりとめもなく不安になっていたら・・・
嬉しいことに初めて胎動を感じました。

たぶんあれが胎動というものだと思います。ニョコニョコと何かが動いた・・・。

私の不安な気持ちが伝わって「元気だよ」と教えてくれたのかなぁと思ったら少し感動しました。
夜中だったけど、この嬉しい気持ちを夫に!とメールをしたのですが、

胎動の話にはレスがなく、明日ある総合試験の不安を訴えるのみのメールが返ってきました。
ちょびっとショボンとしたものの、励ますメールを送り寝ました。

おなかの赤ちゃんに毎日大喜びで話しかけるダンナさんというようなお話を雑誌などではよく読むのですが。
うちの夫は違うのだなぁ、と。
だけど結構そんなお父さんもいるよね?きっと。と思うことにして。

子供には「元気で生まれてお仕事がんばってるお父さんにうんとかわいがってもらおうね」と心の中で話しかけようと思っています。
よそのおうちってどうなのかなぁ・・・。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。