わんにゃんたろうの独り言

人と動物の魂の絆を深めるために・・・

7/31、世田谷区祖師谷 Roomerさんで出張スピリチュアルヒーリング。飼い主様達、ワンちゃん達、亡くなられたワンちゃんのセッションをさせて戴きました。

 

人のセッションではエネルギー調整、疾患、御家族、ご夫婦、前世でのご縁等、改善して行く為にはどのように進んで行けば良いのか。ご自身の心の声を一つずつ確認し守護神仏様、守護霊様からのメッセージをお伝えし今後の指針を定め前進する為のサポートをさせて戴きました。

 

ワンちゃんのセッションではエネルギー調整、疾患や未病についてのケア、コミュニケーションをさせて戴きました。

  

好きな家族なのに帰宅時に吠えるのは何故?「臭い。グルグル回っていて振り回されていて心配」どうやら外出時に着いた家族とは違う匂いがある事と心的な事を心配しての事で吠えて警告しているとの事。前世を観てみましたら同じカルマを繰り返していた様です。ワンちゃんは一生懸命に「心の居場所を見つけて!!」と前世の学びを繰り返さない様にメッセージを送っていたのです。まさに守護天使ですね。

  

いつも温和なワンちゃん、突然他のワンちゃんを咬んでしまった。聞いて見ると「いつも仲良くしている兄弟のワンちゃんと初対面のワンちゃんが遊んでいた。ジッと横目で見ていた。その初めての子が自分の話しをしていて悪い感情があるのが分かったけど無視していた。でも突然、近寄って来て罵倒する事を言われてつい、カッとなり威嚇のつもりで少し咬んだ」相手は吃驚して暴れてしまったので犬歯が食い込んだ。ワンちゃんも人と同じです。自分は穏便にしていたくとも相手が絡んで来てしまってついつい。でも理由はきちんとありました。そしてそれは飼い主様もそうではないかと思っていらした。ワンちゃんの性格をしっかりと理解し受け止めて下さっている飼い主様に感謝です。
 

雷が恐いのは?正体は何なの?何で見えないのに音だけなってるの? 恐い」見えない処からの音の恐怖は人間と同じ。唯、大丈夫だよと言われても納得いきません。何故、音が鳴っているのか正体はどんなものなのか、それは危害を及ぼすことはないという事を明確に伝える必要がありますね。雷の事を説明していると「そう言えば小さい頃から知らない事が一杯ある。人は何で二本足で歩くの?」このシニアのワンちゃんはとってもジャンプが大好きでやはり身体的な事にはとても興味がある子。「他にも沢山あるよ」と質問攻めになりそうでしたので後はママにお役を託す事にしました()

  

御家族の事とても良く見ています。パパママ大好き!!おばあちゃんはねTVを見ながら良く頷いてるよ。ママはね、いつもこんな事言ってる。ママは家の中心。ママが回らないと家が回らないよ。パパは考え事してる。夜遅い早く寝た方が良いよ。パパこの間ね、お腹調子悪かったの心配。

  

お姉ちゃん何処に行ってるの?家を離れて住むようになった事をワンちゃんは知らされていなかったのです。「どうしていないの?」今までと違う、とても心配していたとの事。ワンちゃんも家族の一員。何でも会話に加わり知りたいと思っています。何かある時にはワンちゃんにも伝えてあげてください。彼らは大好きな御家族が話しをしてくれる事できっと益々、絆が深まっていく筈です。

  

夜中に何故お兄ちゃんの所に行って起こすの?聞いてみると「お腹空いた我慢できない」との事。何故、御飯の事なのにパパママではなくお兄ちゃん?「お兄ちゃんだったら怒られないから」お兄ちゃんを起こそうとしても中々、起きない。お兄ちゃんは寝がえりを打ったり声を出す。そうすると必然的に「どうしたの?」とパパママが起き気付いて御飯が自然と出て来ると言う戦略。直接パパママに言って怒られながら御飯を貰うより間接的に穏やかに御飯にあり着きたかった、と言う訳。何とも頭の良いワンちゃんで吃驚()

  

御留守番の時におばあちゃん所にいるのとママの所とどっちがいい?聞いてみると「おばあちゃんは色々してくれて大好き。でもママの処がいい。おばあちゃん処は別荘。ママ忙しいの分かってる。我慢する」とってもいじらしい答え。ママは仕事で忙しくお家に居ても中々、構ってあげられなかったとの事。ちゃんと理解していたのですね。

  

トイレの事、何故決められた処でしないの?「明るくて皆が見ているし、あそこはトイレするとこじゃない、暗い処が良い」今あるトイレはリビングで明るい窓のある所、粗相をわざわざしに行く場所は薄暗い廊下だそうです。トイレしているのは見られたくない、可愛い女の子の気持ちです。

 

シニアのワンちゃん、自分の老いに関して自覚はあるのか?トイレがしずらくなった。うまく出来なくてイライラして頭に来る」との事。飼い主様にお聞きするとトイレをした後でシートをクシャクシャにするとの事。老いを中々受け止められなくて自分に腹が立つ。彼らも人間と全く同じ思いなのですね。

 

山にパピーの時に捨てられたワンちゃん。保護されて我が家に来て幸せかな?「パパママ大好き!あったかい」そう語るワンちゃんが私がエネルギーを送って直ぐネイビーの帽子を被り長靴を履いた男性の映像を送って来ました。「この人は?後でお話ししてね」と心身のエネルギー調整後、コミュニケーション。霊視してワちゃんの保護される前の経緯を観てみました。すると、この男性に他の兄弟と一緒に袋に入れられて寒い冬山に捨てられた様でした。この時の事を鮮明に覚えていて、この事をワンちゃんは私に一番に伝えたかったのでしょう。ワンちゃんの男性に対する警戒感はまだ少し残っていた様で最初にパパを見た時には「恐い」と思ったそうです。でも幸いにしてこのワンちゃんは虐待もなくトラウマは無く穏やかな性格で人間不信な様な物は全くありませんでした。パパママの所に来て本当に良かったね。でも気になるのは時々、遠くを悲しそうに見ている事。聞いてみると「他の兄弟の事をとても心配している」との事。ワンちゃんに「他の兄弟もきっとパパママの様な所に行って幸せになっている。心配ないよ」と。まだまだ完全に悲しい記憶が打ち消された訳ではありません。少しずつ時間を掛けて御家族の会話で癒して行ってあげてくださいね。

  

亡くなったワンちゃんとの会話です。病気で旅立ったワンちゃん。治療する為に病院に入院する事に。でも自分は長くない事を知っていた。お迎えも無くなる10日前に来ていた。だから先生に「自分はもたないから治療しなくていい。家に帰してくれ」と一生懸命テレパシーで伝えていたとの事。思いが通じたのか一日で退院し自宅に帰る事が出来ました。その後、状態が安定していたのでご家族は大丈夫だろうと床に着いたのですが、その日の朝に亡くなったそうです。傍に着いていて上げられなかったととても心残りにしている御家族の思いをワンちゃんに伝えると「おばあちゃんを起こしに呼びに行って自分の身体を一緒に見つめた」いつも起きる時間では無かったそうです。亡くなる時に苦しむ姿を見せるとご高齢の御家族に心的な負担を掛けたくないと独りでそっと息を引き取ったのです。このワンちゃんは生前も決して痛くても鳴かずジッと我慢していたそうです。何かご家族にメッセージはないかと聞きました。「足が悪いから心配」ご高齢の飼い主様の事を亡くなってからも心配していた様です。全く生きている時と同じ本当に心優しい天使の様なワンちゃん。何か希望は無いかとの御家族様からの質問に「ご飯を皆と一緒に食べたい」生前は外に居た為に御飯時もガラス越しに御家族をジッと見ていたそうです。お供えの御飯。家の中で皆のお食事の時に一緒に出してあげて下さいと飼い主様にお願いしました。きっと願いが叶って喜んでくれる事でしょう。

 

回も大切なワンちゃん達のお写真、記事掲載の御快諾戴きまして飼い主様達に心からお礼申し上げます。ワンちゃん達、沢山お話ししてくれてありがとう!(※お写真の順番と記事の関連性はありません)

 

次回のRoomerさんの開催日は828()102()です。お問い合わせご予約は「みどりの杜」まで!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

きとちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>