アジアの犬肉産業の実態を潜入調査・記録し、食肉処理施設の閉鎖や犬の救出、啓発活動などを行う活動家マーク・チンさんの団体「The Animal Hope & Wellness Foundation」が、中国における動物福祉プログラムのいっかんとして、中国・広西チワン族自治区の知事へ宛てた、玉林(ユーリン)市で毎年6月に開催される「玉林犬肉祭り」をやめるようお願いする手紙を、世界中の子どもたちから集めるキャンペーンを開始しました。

 

 

The Animal Hope & Wellness FoundationのFBより翻訳。

https://www.facebook.com/animalhopeandwellness/posts/749386718560570

 

 

残酷な犬肉祭りをやめてもらうようお願いする子どもたちの手書きの手紙を、世界中から100,000通を目標に集めます。

 

毎年、多くの人々が犬肉祭りに反対する署名を拡散・シェアし、また現地で抗議行動を行ってきました。今年は、子どもたちに私たちの声となってもらい、思いを届けましょう。

 

このキャンペーンをシェアしてください。

世界中の皆さんに協力をお願いいたします。

ご自身の地域や学校、友人の皆さんにもぜひ声をかけてください。

 

集められた手紙は、広西チワン族自治区のMr. Chen Wu知事へ手渡されます。

 

 

★キャンペーンの期間

2017年1月~2017年6月はじめまで

 

★手紙の宛名

Mr. Chen Wu

 

★手紙の郵送先住所

The Animal Hope and Wellness Foundation
14456 Ventura Blvd.
Sherman Oaks, CA. 91423

 

 

 

 

 

 

 

~翻訳以上~

 

 

郵送先はアメリカ・カリフォルニア州のマークさんの団体、「The Animal Hope & Wellness Foundation」になります。

 

航空便で手紙として送る場合、郵送料は以下のようになります。

 

日本郵便より。

 

料金表(通常郵便物:第2地帯)

第2地帯には、オセアニア、中近東、北中米、ヨーロッパの国や地域が含まれます。

 

航空便 重量 料金
手紙(定形) 25gまで 110円
50gまで 190円
手紙(定形外) 50gまで 260円
100gまで 400円
250gまで 670円
500gまで 1,090円
1kgまで 2,060円
2kgまで 3,410円

 

 

ポスト関連リンク

 

料金表(通常郵便物:第2地帯)

 

国際郵便

 

 

★関連過去記事

 

マーク・チンさん 中国にて動物福祉プログラム開始 飼い犬のマイクロチップ装着を無料で

 

マーク・チンさん 犬肉祭りについて玉林市政府と初めての対話

 

 

AD

リブログ(11)

リブログ一覧を見る

コメント(2)