12月16日に四国地域で放送された番組の画像まとめです。

 

 

みんなで“いのち”について考えようプロジェクトさんより。

https://www.facebook.com/Minnadeinochinitsuite/posts/1033163570162971

 

※四国地域のみの放送でしたので、写真で抜粋してみました。

 

==================
〈四国羅針盤「追跡!ペットに広がる遺伝病」〉
放送時間:12月16日金曜 NHK総合1
午後7時32分~ 午後8時00分

 

内容:
ペットブームが続く中、推計2000万匹が飼育されるようになった犬や猫。いま体の麻痺や失明など遺伝性疾患がかつてないほど顕在化している。背景の1つとされるのが無理な繁殖だ。メディアなどを通じて特定の種類の犬や猫の人気が拡大。消費者の需要に応えようと遺伝的にリスクのある交配が繰り返された結果、病に苦しむペットが生み出されたと専門家は指摘する。ペット消費社会のかげで広がる遺伝性疾患の実態と背景を追う。

 

 

 

 

CMから人気が出たコーギー。無理な繁殖からほとんどの個体が、遺伝疾患を持って生まれる。治療法はなく、3年ほどかけて麻痺が進行し、やがて呼吸ができなくなり亡くなることになる。

 

 

 

 

 

 

 

ダブルダップルは遺伝的に異常があると知りつつ、人気があるため繁殖させ、病気のことは伝えず販売する業者もいる。
 
 
 
 
 
 
 
ブリーダーと名乗れない程、業者は知識も責任も持っていない。
映像では繁殖現場も不衛生で、病気を持っていなければ許されるという問題ではないのでは?
 
 
 
 
 
 
 
日本獣医師会元会長 山根義久さん。
 
 
 
 
 
遺伝病をなくすために、検査に取り組むペットショップも出てきたが、コストの問題もあり、検査をする繁殖業者は少ない。
 
 
 
一般消費者が知識をつけ、賢くなることが何より大切。ニーズがあるかぎり、悪質な繁殖はなくならない。
 
 
 
AD

リブログ(21)