モデル体型ダイエット塾:標準体重から食べて痩せる

運動ゼロ!美味しいものを食べて痩せましょう!!標準体重から半年で10kgダイエットした一生もののダイエット方法を無料メールセミナーでお伝えしています。


テーマ:
モデル体型ダイエット塾
初めての方はこちらからどうぞ⇒モデル体型ダイエット塾とは



●食べることを楽しんでいたら痩せた!



こんにちは!

モデル体型ダイエット塾 チアリーダー
池田まこです。


お酒大好き、フルタイムで忙しく働くHさん。

通信セミナー終了後、3ヶ月のフォローを続けて受けてくださってます。

ダイエットを始めて半年。
緩やかですが、確実に痩せています。

{FE89E877-F8DB-4792-BFBA-260FA8381908}


Hさんは、毎年冬になると体重が増えていたそう。

ですが!
この冬は体重が減ってる!

そのヒミツはHさんの日記に。

今まで冬に必ず太っていたのは、やはり食生活が原因だったんですね~。どんなに運動しても増えてました。
常に「戻さなきゃ、痩せなきゃ」と切迫した気持ちでいながら、美味しいものをやめられないジレンマとの闘い。
戻す・痩せるためには食べるものを減らして運動という方法だったので いつも辛かったぁ・・・

毎日食べる量をはかって、それがこれまで食べてたより少なくて若干落ち込むこともあったけど、なんとか工夫してストレスにはならないようにしてきました。
食べられないストレスよりずっとマシでした!!
おやつもお酒もやめてないですし~

高く掲げた目標までまだあります。あくまでも理想なので、実際そこまでいかなくてもいいようにも思ってます。
少しでもそこに近づいて維持できればと思います!

痩せるために闇雲に運動しても、きちんと食べるべきものを食べて、必要な栄養が摂れていないと痩せないんですよ。

食べる量をへらして運動しても、痩せずに心身ともに疲れるだけ。

食生活を変えただけで、体重が減るんだからスゴイですね。しかも、受講前より食べているのに。


Hさんは、お友達のお誘いも断らずに、フレンチもバーベキューも楽しんでいるんですよ^^

ダイエット中にフレンチやバーベキューなんて、高カロリーなお食事は考えられませんよね。

でも、痩せてるんです^^


そしてそして、
ダイエット中とは思えないこの余裕のセリフ!

「あくまでも理想なので、実際そこまでいかなくてもいいようにも思ってます。」

うーん。
ダイエットを楽しんでくれていて嬉しい!


食べて痩せる黄金比率が身についてくると、痩せるだけでなく沢山の喜びがあるんですよね。

・食べることを我慢しなくていい喜び。
・お誘いを躊躇わずに受けれる喜び。
・身体が軽くなり活力が湧く喜び。
・ストレスがないから精神的に落ち着いて過ごせる喜び。

などなど…。

食べることを楽しんでいたら痩せるなんて!
嬉しい限りですよね^^

痩せる以外にも嬉しい変化が幾つもあるから、痩せることや食べ物への執着がなくなり、生活そのものが楽しめるようになるんですよ。



「目標までいかなくてもいい」
なんてHさんは仰ってますが、毎日コツコツ続けていたら…。

ついに!
55kgから初の54kg台に!

そうなんです~!!!! 1線越えました\(^o^)/
またこの辺りをウロウロすると思いますが、今朝が初めの一歩。
ファスティングとかして食欲と闘いながら越えるのとは全く違う感覚。
キツくないし 気持ちのイライラもやもやトゲトゲがない!
控えているものはありますが、(お誘いを)断ってはいないし楽です^^

もうちょっと! そして維持できたらな~~♪
今日は素直に嬉しいです^^

そう!
食べたい欲求を我慢するダイエットとは達成感が違うんです。

まるで罰ゲームのように食べるのを我慢して痩せたら、やっと終わった!やっと食べられる!
と開放感しかない。

ですが、このダイエットでは、
こんなに食べて痩せられた!もっと続けよう♡
とさらにヤル気が出るんです。

楽しいことは続けたいですよね。


Hさんは、何度か来た停滞期を無事に乗り越え、今や目標まであと1kg!

ゆっくり時間をかけて痩せてるので、黄金比率がしっかり身についてきています。

無理のないお食事方法だから続けていけるんです。
もうリバウンドの心配はなさそうですね^^

二人三脚で頑張ってきた私も嬉しい!
ウキウキです(笑)


ダイエットをしていると嬉しいことも凹むこともあり、停滞期で悩むことあります。

そんな時は、チアリーダーが心に寄り添う励ましのエールを送ります^^

あなたも食べて美しくなりましょう♡



チアリーダー池田まこのブログはこちら






















にほんブログ村 美容ブログ 美容体重へ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)