オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記

私の宝もの「旦那様」と「オカメインコのモモちゃん」と「フラワーアレンジメント教室『花教室』そして主に「アメリカ南西部の旅」をテーマにした日記です!!


テーマ:
旦那様と二人して出かけた日

お昼に出かけて帰宅は深夜零時過ぎ



その間、ももちゃんは一人でお留守番


零時過ぎに帰宅しても、ももちゃんに声をかけももちゃんはゆっくりと目覚めます

ちょっと、迷惑そう?



オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-DSC_0565.JPG






ももちゃん、ぼ~とした頭もしっかりしてきて

お腹がすいたのか、食事タイム



遊んでほしいって言ってるけど、

ごめんね、こっちはもう寝なくっちゃいけないから



また、おやすみ


勝手でごめんね!




オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-DSC_0566.JPG





ももちゃん......今日遅く帰宅したのは自由が丘の旦那様の

音楽の先輩のお宅におよばれしたから。


アメリカの旅の話しをいっぱいしてあっと言う間にこんな時間になっちゃいました



そして

「リーノ・エ・リーナ」のハンカチを戴きました
Lino e Lina


Lino はイタリア語、Linaはリトアニア語

どちらもリネンと言う意味

最高級のフラックス(亜麻)で出来てるこのハンカチに

奥様が音符とインコのワッペンを手作りで付けて下さいました


いつも温かいおもてなしを頂きます


........という訳なの、ももちゃん。





オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-DSC_0567.JPG
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
畑のお友達3人でバジルソース作り

お友達のきりんさんは料理の先生なのでご指導いただいて..


畑から枝ごと引っこ抜いて奇麗な葉をよって洗って乾かして。






材料はバジル/粉チーズ/松の実/カシューナッツ/にんにく/しお/オリーブオイル


何度か味見して出来上がりました



オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-DSC_0513.JPG











オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-DSC_0514.JPG





試食会


各自の瓶に詰めたら

ミキサーやスプーン,へらに残ったソースをフランスパンで

お掃除も兼ねて、拭き取りお口にはいります








オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-DSC_0515.JPG






楽しみだわ~。



オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-DSC_0516.JPG
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今朝のももちゃん

ケージの掃除の間のお散歩タイム






オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記




ひとりでいい子にしていてくれるから助かります



オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記




旦那様の腕で遊んだり....




オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記




でも やっぱり一人で遊ぶのがいいのかな?




$オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
ニューメキシコ/サントドミンゴのカテ家の家族と出会って

もうすぐ20年が経ちます


はじめてカテ家を訪れた時に可愛い少年のデリックと

少女のジニーヤがハグして挨拶してくれたときの事をよく覚えています





オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記










$オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記


ジニーヤは本当に可愛くて元気で走り回るのが大好きな少女でした

そのジニーヤもお母さん

素敵な美しい母になっています





少しだけ家族を心配させたデリィックも、

もう二人の可愛い女の子のお父さん


心配している家族を見て私たちも心配した時がありました



以前からタトゥや描くことが好きだったデリィックは今は画家






デリックが私たちに贈ってくれた 絵

こんな嬉しい事はありません


オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記










デリックの絵を飾りたくて購入した絵

裏にはメッセージを添えてくれました


「いつも サントドミンゴを忘れないでいてくれてありがとう

 おじさんとおばさんのように思っています

 愛をこめて...」


オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記








タオスのR.Cゴーマンサンのギャラリーで購入した絵

この空の色、見た事あります


オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記








ラスベガス/ニューメキシコのフリーマーケットで5$で買った
アメリカンキルトの本

色合い、デザインが素敵で勉強にもなります


オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記











私の大好きなネイティブアメリカン「ラリー」

ラリーはカテ家の次女ラバーンのボーイフレンドで、
いつも口数は少ないけど優しくて思いやりある素晴らしい男性です

そのラリーが作ってプレゼントしてくれたモカシン

いつでも履けばいいのだけれど大切にしたいからこのモカシンは飾ります

オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記









名も知らない小さな町のガス・ステーション

この風景が我が家のPCのスクリーンに。


$オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
毎年 LAから出発していたアメリカの旅

今年はコロラド/デンバー空港からはじまりました。

全米NO.1の大規模の空港ですがとてもわかりやすく白いカーボーイハットにベストをきたボランティアの案内係のおじさんたちが.
解らなくなったレンタカー会社のピックアップバスの場所を優しく案内してくれました




緑ゆたかな牧場を見ながらI-25を南に下り旅が始まりました



*ニューメキシコ/サントドミンゴの家族に会いに、
*ラスベガスのプラザホテル (ニュ-メキシコ州のラスベガスですよ、カジノがある有名なネバダ州のラスベガスとは違います)での旦那様のライブ、
*それに写真撮影が大きな目的です。




オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記






一日目の宿はコロラド・スプリングスで。

時折雨が降って来ていたけどモーテルに着いて近くのBBQレストランに着いた時には

美しい虹が!

しかもダブルで2重の虹を見る事が出来ました。



オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記





オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-DSC_0371.JPG



ここのフローズンマルガリータは本当に最高!
リブBBQ,コールスロー、ポテトサラダはとても好みの味で美味しかったです。

アメリカでは珍しく完食



オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記











I-25 沿にある小さな町「Walsenburg」
  初めてこの町を歩きました

石を積み上げて作った教会がとても暖かくて歴史を感じます

この教会の隣には同じように石で出来た刑務所があったんです


オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記







時にはこんなディナーもあります

ホテルの近くに歩いてゆけるレストランがないときはモーテルの部屋で

デリを買って乾杯します




$オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記








ニューメキシコに入ったら

カテ家の家族が住んでいるサントドミンゴ・プエブロを中心に
アルバカーキー、サンタフェ、タオス、ラスベガスを行ったり来たりの一週間



サントドミンゴの家族はみんな元気で子供達とバスケットをしたり、
ゆっくり身体を休めたり、旅の疲れはここで消えてしまいました



みんなが集まっての食事。


小麦粉をホットケーキのように焼いてスープに浸したりジャムを付けたりして食べます
ジャガイモのスープでほっとして、元気が湧き出てきました
お味噌汁のような温かいスープはいいですね。



オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記







オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記



私たちが大好きなメキシコ料理の ”タマレ”をママがわざわざ作ってくれて、
インディアンブレッドと一緒に食べます

”タマレ”はトウモロコシの粉のお団子の中にチリソースで味付けされた肉が入っていて、
食べやすくて大好きです。



ママの長女のリンの家族、リンの長男デリィックの家族、長女のジニーヤの家族、 
次女ビボの家族、

そしてママのママ....そう..グランマ  みんなが集まって賑やかな夕食でした






オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記







アルバカーキでの宿はカテ家の長男のフィルのアパートメント。

心地よいベッドを提供してくれてフィルとガールフレンドのロサリンに感謝です。




フィルが自分で作っていつも身につけているメディスンバッグ


$オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記













今回の旅でどうしても行きたい場所がありました

サンタフェから北へ車で一時間の町 「タオス」

10数年前にも一度 タオスプエブロを訪ねたことがありました

インディアン文化が色濃く残っている町でサンタフェを二周りくらい小さくした

可愛い町です


このタオスの町に大好きな画家、ナバホインディアンのRC・ゴーマンさんの
ギャラリーがあるのです







サンタフェからタオスまでは、わざと山道を1時間半かけてゆっくりと走ってゆくと
オフシーズンで今は人もいない小さなスキー場があって一休みしました



ホバリングしているハミングバードにも出会えましたよ



オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記



オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記








RC.ゴーマンさんのギャラリー

インディアン女性の日常が鮮やかな色で表現されていてどの女性もなぜか
寡黙だけど内に秘めた強さを感じます




オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記



$オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記



オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記







タオスの町は多くの画家が育ち、
ミュージアムやギャラリーも沢山あります

アドビの建物の土色とカラフルな色彩を合わせた独特の形の建物が続きます



オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記



オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記



太陽の陽がこの町”タオス”には似合います



オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記

$オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記




タオスの町並を散歩して明日はいよいよ

ラスベガス/ニューメキシコ プラザホテルに向かいます




アメリカ南西部の山は乾燥のため自然発火による山火事が頻繁に起きています

友達からも気をつけるように、
よく調べてから行くようにと、心配してくれましたが


遠くからの山火事は見ましたが遭遇する事はありませんでした




サンタフェの遠く山の向こうのに黒い煙が....


オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記








この町 「More」も初めて歩く町です。

ランチに入った町のレストラン

普通のハンバーグが美味しい


オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記





ニューメキシコ州のラスベガスの町は古き良き時代の

アメリカが残っています

この町の景色が多くの映画の撮影場所となっています





そんなことを知って昨年初めて訪ねた ラスベガスの町

金曜の夜、泊まったホテル ”HISTORIC PLAZA HOTEL”のバーで

地元のブルースバンドのライヴに旦那様が飛び入りでブルースハープを吹いたのが


今回の旅に繫がります






オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記






オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記




ホテルから次回ラスベガスに来る時にはぜひまた!

とのお誘いを受け素晴らしい部屋を提供して頂き 

今年も楽しい思い出を作る事ができました。




オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記




オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記






ホテルのバーで飲んだココナッツ・マルガリータ

もちろん! 3杯おかわりしましたよ。


$オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-DSC_0402.JPG










旅をすると沢山の人と出会います。

気軽に挨拶して、ダンスを踊って....

不思議と気があって友達になるのです。



ラスベガスでも昨年、友達になったリーさんとターニャさんが2日間

私たちと一緒に時間を過ごして下さって美味しいメキシコ料理も御馳走になりました


オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記





79才のハーモニカプレーヤのケビンさんと奥様が
私たちを自宅に招いて下さいました


奥様の御気に入りの場所 「Dwan Light Sanctuary」
大学のキャンパス内にある円形の建物は天井に大きなガラスがはめ込んであり
12の大きなプリズムを特長とし、床と壁に美しい虹を描きます


ここは異空間です
今までに見た事のない美しいプリズム、感じた事ない静けさに包まれました


オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記





ラスベガス/ニューメキシコで過ごした時間は過ぎないでほしい。

そう思うくらい沢山の思いでに包まれた時間を過ごしました。







旅は終盤

デンバーに向かってI-25を北に走ります




オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記










オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記



オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記


I-25から時々小さな町に降りて休憩をとります。

この町「Raton」ではランチにPIZZA HATTに入って町を散歩






ここは地図にも載っていない小さな町

ガスステーションでトイレを借りてアイスを食べます







オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記









最終日 デンバーのホテルは空港近くのホテルにチェックイン


5~7時まではディナーも無料サービスなんて、

アルコールも3杯までは無料! なんて!素敵 


素敵でしょう。


たった30分でしたがしっかりと3杯は頂きました






オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記


アルコールが入ったのでドライブは無理


陽が沈みかけた頃、ホテルの周りを散歩したのが旅の終わりです





オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記





デンバー空港での待ち時間。

もう一杯、マルガリータが飲みたくて...



これで本当に旅の終わりです





オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。