オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記

私の宝もの「旦那様」と「オカメインコのモモちゃん」と「フラワーアレンジメント教室『花教室』そして主に「アメリカ南西部の旅」をテーマにした日記です!!


テーマ:
GW....ですね。

大型連休。 

自由業の我が家はなぜかピンときませんが、この時期を楽しみに働いている方は沢山いらっしゃいますね。

家族のために.....

友達のために.....

恋人のために.....

目的があって働けると頑張れますね!




さてさて....

ももちゃんは昨日に続いて旦那様とクッションで遊んでいます。





オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-120429_210511.jpg





オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-120429_210750.jpg







クッションの中に潜っていくなんて、変なももちゃんです。



オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-120429_211042.jpg






オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-120429_211113.jpg







ももちゃんは熱しやすく冷めやすい性格で、私に似たようです。


相手してあげていると言うか.....

相手してもらってる旦那様も飽きずによくやってます。


偉いわぁ。





オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-120429_211243.jpg





ももちゃん、幸せのオーラを一杯放ってくれるので、ももちゃんに感謝です。



ありがと。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-120429_084211.jpg



今朝のももちゃん。

陽射しが眩しくてピントがずれているけど、愛くるしいももちゃんは今日も元気です。







最近はソファの上の2つのクッションが遊び友達。


オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-120425_200717.jpg






クッションに近づいて歌をうたってます。

本当ですよ。

旦那様の声と輪唱してるんですよ、さすが、ミュージシャンの子だ。





オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-120425_200556.jpg





大変な親ばかを言ってしまいましたが、本当です x(^/^)x


オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-120425_200529.jpg








クッションとクッションの間に入ってかくれんぼして遊んでます。

「いない いない ばぁ~」って言うと喜んで頭を下げて羽根を広げます。



本当です x(^/^)x






オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-120425_200512.jpg






左にかすかに見える人影はかくれんぼして、ももちゃんに遊んでもらっている旦那様です。


このお気に入りはいつまで続くのか、楽しみです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
なかなか聞きに行く事のない落語。

六代目 柳家小さんの落語を聞きに行って来ました、柳家小さんを聞くのは今回で2回目です。


演目は「与太郎の春」「愛宕山」の2目






$オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-120427_082515.jpg



「愛宕山」は特に良く笑いました。

迫真の仕草でその場の景色が見えて来ました...

そして、こう来るな....と期待どおりというか想像どおり。






落語の時の仕草をちょっと調べてみたらこんな事が書いてありました。


「地の文の欠如を補うといった低次のものから、素の芸において聴衆の想像力を刺激するために付加されるきわめて高度のものまで含まれる。」と。



仕草、すごかったです。





今回の席はとても良い席をご用意下さって柳家小さんの顔の汗も見えるほど近い、舞台に向かって左手の席。


身体を左に向けての鑑賞です。






翌朝、背中左半分が筋肉痛。

今迄感じた事ない筋肉痛です。



信じられません、たった、2時間半の姿勢なのに....。




旦那様の一言。『まじで身体なまってるよ』って。




真剣にスポーツに取り組みます! はい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
頂き物の2つのお菓子。

お菓子には物語がありますね。
私は頂き物をしたとき、その物語を知りたくなります。







京都/鼓月謹菓さんの「千寿せんべい」
鼓月謹菓さんは昭和38年創業だそうですよ、老舗ですね。



ワッフル生地のお煎餅にシュガークリームがサンドされていています。
疲れて少しあまいものが欲しいとき....疲れを癒してくれます。


波間に飛鶴の影がめでたい情風...千代の寿を願うという意味があるそうです。


レッスンの後にいただきました。



オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-120426_094420.jpg











東京にいても世界各国の美味しい物が頂けます。

このイル・ピノーロカフェの「バーチ・ディ・ダーマ」はイタリアレストランのドルチェ。
深いブラウンの箱にゴールドの文字のなかに入っていてうずらの卵くらいの大きさです。


このレストランの名前は知らなかったんですよ。
表参道店はオープンカフェだそうなのでお天気のいい日にぜひ行ってみたいです。


イタリア伝統のお菓子「バーチ・ディ・ダーマ」とはイタリア語で「貴婦人のキス」と言う意味だそで名前もおしゃれ!

アーモンドクッキーにヘーゼルナッツチョコが入っていて小さいけど食べごたえあります。


オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-120426_092455.jpg





嬉しいな、ありがとう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-120425_102539.jpg

嫌な事は後回しにしていたけど遂にこの日、やって来ました。


胃がん検診。


コップ一杯のバリュームをラムネ菓子と一緒に一気に飲んでくださいって。


必ず途中でお腹の膨らみが足りないからってもう一回飲まされます。



無事終わって練馬駅近くのミスタードーナツで朝ごはん。

ハニーチェロにスコーン。


調子くるっちゃいますよ。
いつもと違うと。



これから仕事だけどお腹大丈夫かな?


不安。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
11日間のアメリカ南西部の旅の後半。

Las Vegas/ニュ-メキシコでのライブの興奮ががさめない翌朝、一緒にバーで飲んで踊ったシャローンさんがわざわざ私たちにお土産を届けて下さいました。

彼女は自分で作ったステンドグラスの飾りを丁寧にラッピングしてくれて....。

   ありがとう。




Las Vegasを後にしてもう一度、フィルに別れをつげるためにアルバカーキーを訪ねたら、ママや皆が待っていてくれました。

   さよなら...またね。




これから西に向かってLA目指して車を走らせます。

まだまだ楽しみが待っています。




旦那様が行きたがっていたEl Malpaisはこんなに凄い所。

風邪が強いと行けないですね。

この日はたまたまお天気が良く風もおだやかでした。



オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記




ここに立ったとき、改めてアメリカは広大でまだまだ不思議な場所が沢山残っていると思いました。

360度見渡せる台地のてっぺんにいるのです。





オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記




ここで私たちの車と出会ったのはわずか5台。

時間も遅かったのです,夕方4時にはこのナショナルモニュメントのゲートが閉まりますから。





巨大さに慣れてしまって......


とてつもなく広大で静か。



ここEl Malpaisはナバホインディアンとズニそしてアコマインディアンのリザベーションに囲まれた地です。




昔、彼らがこの台地で生活していた時、太陽の光が時計となり、風が言葉を伝えていたのを感じられます。


オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記










この日の宿、Holbrook/アリゾナのモーテルはラッキーな事に翌朝のブレックファスト付き。

モーテルとなりのレストラン『Tom & Susie』でパンケーキが食べれちゃうんです。



懐かしい.....Tom & Susie.....

中学校の英語の教科書に良く出てきたふたりトム&スージー。



たっぷりのシロップと一緒にパンケーキが4枚。

ここはご近所さんも沢山きてました。


$オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記



そして、こんなインディアンのティピを真似たモーテルもあります。

オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記








夕暮れ時、太陽が沈んだばかりの時はこんなに美しいのです。

オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記









走れ!走れ! 
西に向かって車を走らせると夕方5時~7時は太陽が真っ正面でサングラスしてても眩しくてサインも見えないんです。

車の中でもしっかり太陽を浴びて紫外線たっぷりです。


なるべくその時間をさけて、朝から夕方前迄しっかり走ります。



Williams/アリゾナの隣町はフラッグスタッフ。

グランドキャニオンに行く人は必ず立ち寄る町。


でもここWillamsはフラッグスタッフに隠れるようにひっそりとした小さな町。

メインの通りは見渡せる長さです。


オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記







ここ、Seligmanの町のこのレストランに入ったのは今年で3回目。

いつも賑わっています。

レジの横には小さなショップがあってルート66のグッズを売っています。



イースターが近いので卵のオーナメントが飾られていました。

オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記





この町Seligmanは全く変わってなくて...。

お店の窓から見える風車にゼネラルストアー、空、雲......






初めて見た15年前と同じ景色。

私の好きな古き良きアメリカの景色。




オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記



ここのサンドイッチも美味しかったけど、このポテト美味しくて食べごたえありました。

ハンバーガー屋のポテトと違って大きくて長くて油っこくないんです。





オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記




このレストランではダンディーな3人づれの伯父さまたちに会いました。

カーボーイハットにチェックのシャツ、そしてベストを着ていてひげがはえています。
ジーンズは縦にきっちり折りの入ったラングラーにウエスタンブーツ。

も~カッコいいの一言です。

$オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記








Kingman/アリゾナはもともと炭鉱の町だったそうです。

ニューメキシコからI-40を西に向かって走るとよく、コンテナ列車のつながりをみます。
けっこうI-40と並んで鉄道が走っているのですね。


今はもうコンテナだけなのかな、この鉄道は......

時間はたっぷりあるので今回はたまたま出会ったコンテナ列車の数を車の中から眺めながら数えてみたら140個.


コンテナの大きさはこの写真を見て!
サンタフェ鉄道を走っていた列車が公園に保存されています。

オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記









こんな素朴なレンガ造りの教会に出会いました。

オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記









カリフォルニアに戻って、この旅最後のランチはLudlowのレストラン。

トラック野郎とご近所さんしか来ないようなレストラン。

地図の文字もとても小さな表示...地図の文字の大きさで町の大きさもだいたいわかるんです。


ランチはいまいちだったけど、「GAS FOOD LODGING」が揃ってるこの景色が好きです。

この道はどこまで続くのかな......



$オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記







出発の前夜はLAX近くのモーテル8に泊まり近くのレストランでお疲れさまの乾杯をしました。

来年も元気でまたアメリカの広大な地を訪ねたいです。




帰りのLAXの空港でも、で出会いがありました。

あんなにたくさんの国のひとが集まる空港でたまたま待ち時間をつぶしていて隣にすわっていたご家族。

南米エクアドルの子供を養子にされて埼玉で暮らしていらっしゃる家族でした。
子供さんをエクアドル連れて行かれて久しぶりに友達や皆さんに会わせてあげた、その帰り道でした。

知らなかったエクアドルの話しを短い時間でしたが聞かせてもらって、退屈な待ち時間はあっという間に過ぎてゆきました。




旅は知らない世界を教えてくれます。

人にはそれぞれドラマがあって、そのドラマを観る事ができるのは何かしらの縁を感じます。


また、来年も。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-120422_114006.jpg

まだまだ肌寒い日曜日。

今日は旦那様が地方なので、ももちゃんと二人っきり。


ご注文頂いたブライダルブーケをお気に入りのアデールを聴きながら…


傍でももちゃんの寝顔見ながら…

今日は一日、制作日。


幸せな日曜日。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ももちゃん 久しぶりの登場です。

げんきですよ。


アメリカから帰っても普段と変わりなく過ごせています。

近所のももちゃんを可愛がって下さるお宅にお泊まりしていました。





春なので、花とのコラボのももちゃんの様子。




この振り向いたしぐさは親ながら可愛いと自慢しちゃいますよ。

オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-120416_210050.jpg





オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-120416_210030.jpg







ただ齧っているだけなんだけど.....

かわゆい。




オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-120415_081401.jpg




オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-120415_081347.jpg





オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-120415_081300.jpg

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記-120416_073257.jpg

昨日、旦那様が仕事先から頂いてきた手作りの和菓子。


クレープのようなソフトな生地に程よい甘さのあんが包まれています。

さくらの塩漬けが乗っていて春を感じるお菓子です。


もう何年…このお和菓子を頂いているでしょうか。


毎年さくらの咲く時期になると…手間隙かけて作ってくださいます。




来年も楽しみにしていますね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
3月の末から4月にかけてのアメリカの旅は21回目にして初めての時期でした。


日本を出る時にはまだ寒くてジャンバーが必用でしたから長袖も多く持って行きましたが、
...結果、袖を通す事なく、過ごしていました。





朝,9時前にLAXに着いて雨だったのも今回が初めて。

いつものようにダラーレンタカーを借り、手続きが終わっておじさんの家に着いたのは昼の1時過ぎ。
お墓参りのためのお花やお水などの買い出しに空港のちかくのスーパーマーケットに寄って見つけた、こんな小さなオレンジ。
日本のみかんの大きさです。

次のスーパーマーケットで買いましょうね。って言って結果アリゾナ、ニューメキシコのスーパーマーケットにはなくて買えませんでした。

異国の地では、買おう!って思った時に買うべきです!

きっと、美味しいよ。
オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記




雨のカリフォルニアの長居は無用。
と、言う事で家具屋さんの駐車場で20分ほど仮睡眠をして東に向かって走ります。




霧雨のなかで回っているパームスプリングスの風力発電。

これもはじめての景色。




オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記




翌朝のパームスプリングスはいつもの陽射し。

こうでなくっちゃね。

オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記





Colorado Riverの橋をわたればアリゾナ。


首都のフェニックスから北に1時間くらい上がった所にある町は『Cave Creek』

旦那様が以前から行きたがっていた場所です。


まさに西部劇の地ですね。




オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記







大きなサガロウカクタスは私の身長の5倍近く。

青空にそびえ立つ姿は笑顔があふれる力強さです。

わかります? この感じ?


オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記





この日、Cave Creekにはハーレー野郎が集まって1週間のイベントの真っ最中。

運良く、バンドのライブやってて、バイクはいっぱい。



私はもちろん昼間からbeer,頂きました。

それにしても皆さん立派な体格。
私と旦那様はきっと子供に見えただろうな?


こどもがbeer,なんで飲んでんの?って感じ。





オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記







暗くなってフラッグスタッフに着き翌日はもっと東に走って旦那様がどうしても立ち寄りたかったWinslowへ。


聞こえて来ますイーグルスの声が。
ジャクソンブラウンがギターもって立っています。


ルート66の歌詞でも有名な小さな町。




オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記



もっともっと、がんばらないとゴーストタウンになっちゃうよ、心配だわ。


オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記




ニューメキシコではカテ家の長男が住んでいるアルバカーキーのアパートメントに2泊、サントドミンゴのママの家に1泊しました。


前回会えなかったグランマにも会えて嬉しかったな。

今年はママがググランマのお世話をしてます。

ブルーコーンでつくったワッフルを朝食に届けました。




長男フィルのガールフレンドのロサリンはいつも美味しい料理でもてなしてくれます。



ママの家にはみんなが集まってくれてにぎやかでした。






ニューメキシコでは4泊の予定。
残りの1日もフィルはお金をつかわなくてもいいから家に泊まりなさいって言ってくれたのだけど、
またまた、旦那様が行きたい町がありました。





サンタフェから東に1時間の町『Las Vegas』
ギャンブルで有名なあのラスベガスではありません。


ゴールドラッシュめざした西部開拓の古い町並みが残った静かな町。
街全体がアンティークなのです。

この町並みを活かして沢山の映画がこの地で撮られています。

それで、旦那様はこの町を観てみたかったそうです。





ここは プラザホテル。

町の中心(プラザ)の真ん前。

1泊100$のお部屋はとても清潔で広くて快適でした。
朝食も込みでレストランで頂けます。

オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記






絵に描いたような町並み。



オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記







私たちがここ、プラザホテルに宿泊したおおきな理由はライブをやっているバーがあった事。
金曜日の夜はブルースバンド。


ブルースハープで飛び入り参加して皆によろこんでもらって沢山のお友達が出来ました。

ホテルのマネージャーが、「次回もまた演奏してくれ、そしたらもちろん宿泊はタダだよ」って。


写真の中央、ベースの隣でオレンジのパンツが旦那様。
オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記



広い広い世界で出会って会話して....。
楽しい時間を一緒に過ごして、美味しいお酒を飲んで。

また会おうね!って別れる。


旅は本当に夢の扉ですね。



次回、お楽しみに。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。