オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記

私の宝もの「旦那様」と「オカメインコのモモちゃん」と「フラワーアレンジメント教室『花教室』そして主に「アメリカ南西部の旅」をテーマにした日記です!!


テーマ:
7月23日のももちゃん


梅雨のこの時期は、ももちゃんは羽根の生え変りの時期です。

結構ぬけました。

おっぽの長い羽根の5枚目が抜けてしまった時には本気で心配しました。

これじゃ..飛べないんじゃないかな...って。

そんな心配はよそにぶんぶん飛んでいました。


<カッコイイももちゃん>


今日の東京は曇り。

写真もちょっと暗い感じですね。

でもももちゃんは、なんか”さま”になってますね(親ばかでしょうか)



<食欲旺盛なももちゃん>

ケージの掃除が終わるまで待てないほどの食欲。

片足かけてたべてる姿がまた、”さま”になってます。



<甘えん坊のももちゃん>

湿度が多いと、ももちゃんもあっちこっちがかゆくなるみたいで、

自分から進んで頭をペコって.....。

かいてあげてるのにヘタだと怒るんですよ。



<クッションが好きなの?>

ももちゃんは目の前に何か出て来てそれが動くのを見るのが好きみたいです。

例えば、ランチョンマット、マウスパット、トレイ....そしてこのクッション。

「訳わかんなぁ~い」って思うときがしばしばあります。

ももちゃんが好きな物を見たときの顔...は口が半開きになります。


今日も充実した朝のお散歩でした。












AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ニューメキシコからカリフォルニアヘ

ニューメキシコ州の首都アルバカーキーとサンタフェの街は車で約1時間。
私たちのファミリーのサントドミンド・プエブロはちょうどその間にあります。
両方の街は大都市なのでLAと同じくらいに物はあふれています。
生活にはまったく問題なく、
ママたちも、ちょっとい買い物に、
ちょっとランドリーにと車をとばして行っています。

ですが、ここ2~3年サントドミンゴの村から車で10分くらいの隣町「バーナリロ」
が凄く発展していてほとんどの買い物などはこの街で用が足ります。

その街には「コロナド・ステートパーク」があります。
プエブロインディアンの生活の歴史が残っています。
農耕から始まったインディアン......集落をつくって生活が始まりました。


-コロナド・ステートパーク-
日本の”かまくら”のような型をしているのは、日干しレンガでできたインディアンブレッドを焼く為のオーブン

サント・ドミンゴに行くといろんな家族を訪ねます。
「よく来たね..」と迎えてくれて、私の好きなトウモロコシの料理.『タマレー』を用意してくださいます。
トウモロコシの色も白、赤と紫のミックス、青などあるんですよ。
粉にしたトウモロコシのおだんごの中にポーク、ビーフなどの肉が
とうがらしで味付けしてあって
トウモロコシの皮に包んで蒸します。

美味しい!!


-ママが作ってくれた”タマレー”-
1個でもお腹にズッシときます。

今回の旅はたくさんの方との出会いがありました。

ママからの紹介でラコタ族の有名なビーズのジュエリーアーティスト”アイマジンさん”
”アイマジンさん”のパートナーの
コチチインディアンで絵を書かれている”ドミニクさん”
”ドミニクさん”はアルバカーキーの『インディアン・カルチャーセンター』の
エントランスの大きな壁にも書かれました。
お宅までど招待頂いてね。
そして......
”アイマジンさん”と”ドミニクさん”のお友達で日本人の”しんじさん”ご夫婦
”しんじさん”はサンタフェでビンテージの食器などを売っているお店を持っています。
ご自宅に招待して頂き奥様の手料理頂きました。

私が夢見たサンタフェスタイルの本当に素敵なお宅です。
奥様は洋服のデザイナーをされているのですべてのセンスが素晴らしい!!!!

人から人へと.....。
かけがえのない体験や出会いがありました。
そんなニューメキシコを後にしてカリフォルニアに向かって

とにかく西に向かって走れ!!!


-カルフォルニア/パームスプリングス-
あまりにも美しい空気と光と花と空

風力発電で有名な、そしてゴルフをする人なら知っている街です。
この街で1泊してちょっとプールにつかりました。


LAでは旦那様の音楽仲間、ギターリストのブルース君のお宅に1泊。
いつもと同じように暖かいおもてなしを受けて、夢のような時間が過ぎました。

今回の旅はまた私の心の宝物を増やしてくれました。
素晴らしい人達に出会えて、この出会いをいつまでも大切に守り続けたい。

今の私の想いです。















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
とにかく東へ


ニューメキシコ州に入って最初の街はGallup

この街にはナバホインディアンの人達のトレイディングポストがたくさんあります。
インディアンジュエリーやラグなどすべての物が揃っていて、
市場町と言っていいでしょう。

お店をしきっている人やオナーは白人が目立ちます。
インディアンの人たちは自分の作品を売り込むのに大切な街なんです。
サンタフェ鉄道が走るルート66の街です



ギャラップの街

ここからもっと東へ!
そして...アルバカーキーからは北へ!

すると目的地のサントドミンゴの村へ!

お帰り!と迎えてくれた、
ママと長男のフィル。

2月に亡くなったパパの様子を細かく伝えてくれました。
誰にもみとられずに一人になった、
たった15分の間に
天国に行ってしまったパパ。

痛い..なんて言葉を一切言わなかったので
こんなに悪くなっているなんて..って
ママはまた涙を浮かべました。

パパに「やって来たよ」って報告して
教会と家の中にパパがいる場所に祈りました。


家族と過ごしたのは4日間。

土曜日...
アルバカーキーのフリーマーケットに皆揃って出かけました。

ジャンクと言えるものもあれば、
私の探していたメキシカンタイルをあきらめかけていたのに
見つける事ができたりと...
いろんな物売ってます。


ママはビレッジでは学校の先生をしています。
ママの今日の買い物の目的は
来週から始まるサマースクールの教材のゲット!!
ゆっくり隅から隅まで...

私たちもサマースクールの準備を手伝いました。
楽しかった...。
ママの手伝いが出来た事、
それがうれしかた...。

教室に囲まれた広場に大きな木があって、
その下のベンチに腰掛けて、
ママと旦那様と3人で青い空をずっと見上げていました。
時間が止まった...




ニューメキシコの象徴のチリ
チリはデコレーションでもあり、非常食でもあります。
フライパンに油でカッリと揚げて塩をつけて食べます。
煎餅みたいですよ。




インディアンカルチャセンターでのランチの
インディアンタコサンドとポテト

娘のラバーンとboy friendのラリーは完食!!
パンはなんと油で揚げてあるんです。
皆の体型のよさはこんなところからきてるよねきっと。


娘のラバーンの彼...ラリーは口数が少ないけど優しい人。
実はラバーンの昔の彼でした。
私たちも当時会った事がありました。

今のラバーンの息子のヨヨキのお父さん。
いろいろあったけど元のさやに収まったんです。
インデアンの中のインディアンの男......。

ラリーが聴く音楽はインディアンの音楽だけ。
いつもインディアンダンスのビデオを観ています。

そんなラリーに今回教えた日本語は...
「あ・い・し・て・る」


とても気に入ったようで、
私たちがサント・ドミンゴを去る時、
遠くから窓を明けて
「あいしてる!」と叫んでくれました。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。