オカメインコのももちゃんと花教室と旅日記

私の宝もの「旦那様」と「オカメインコのモモちゃん」と「フラワーアレンジメント教室『花教室』そして主に「アメリカ南西部の旅」をテーマにした日記です!!


テーマ:

お土産ではありませんね...単なる食料品です。
ハーシーズのココアを毎朝飲んでいます。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ローズさんが私の為に縫ってくださったドレス。
もっと太らないとねぇ....って。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:


パパが履くモカシン

フィーストディ前日から、村では仮設駐車場の準備が行われていました。
空き地にはロープで印がつけられています。

サントドミンゴのダンスは規模も大きく、いろんな州からたくさんの人が見学にきます。
もちろん、他の部族の人たちもです。

他の部族の人達は自分達の作品をこのお祭りで売るためにもやってきます。
そうですねぇ...60店舗はあったでしょう。
1店舗はテント1つぶんの広さです。

観光客の人から、このお祭りのための入場料はとりませんが、ドネーション(寄付金)という形で車1台に付き2ドルくらいだったと思いますがゲートで支払うようになっています。


当日の朝....いつもと変わりなくおだやかで、静かです。
長男のフィルが飼っている馬...リンゴ.....の泣き声がきこえます。

昨日から、次女のラバーンの友人でホピ/インディアンの家族がお祭りを見るためにやって来ていました。
なんとも美しく、ものしずかな話し方をする女性は昨年の、ミス.アリゾナインディアンだったそうです。
弟も長い黒髪でたくましいインデァンです。
私達が目をさまし、朝食を摂り終えたころ彼女たちは起きてきました。


7時。
そろそろ、パパやママのお祭り用の着替えが始まりました。
日本のお正月に似ていて真新しいシャツに手をとうす、パパ。
子供のようにうれしそう。

パパは今年はダンスを見学する立場です。
ここ何年前からか、足が悪くなったパパ、つえをついています。
でも、今日の日のために新しいシャツをかって、子供のように嬉しそうに着ていました。
首にはターコイズと貝を使った、ネックレスをかけています。

ターコイズの青と貝の赤がとてもきれいです。
そして、ビーズ一面のモカシン。
すばらしく美しいビーズ細工がほどこされています。


パパが若くて元気な時はダンスの列の一番前の太鼓と歌を唄う人たちの集団の中にいました。
ダンスが始まって、終わるまで、太鼓と歌は続いているのです。

8時。
まだ、観光客の車が入ってこない時間に、旦那様がパパを教会まで送ります。

ママも可愛いドレスに着替えました。
インディアンのトラディッショナルなデザインです。
そして、靴はやはりモカシン。


私も着替えなくっちゃ!

私もママと同じようにドレスを着ました。
このドレスはママの親戚のローズさんが私の為に2年前に縫っていてくれたものです。
2年前にお合いした時、
「何色が好き?」ってきかれて
「グリーン」と答えた私。
奇麗な明るいグリーンのドレスです。
サイズもぴったり。

旦那様は年中変わらず、Tシャツにジーンズ。


ママと旦那様と私。
教会に捧げるパンを旦那様が持って、グランマの家に届けるたくさんの料理をママと私が持って。
今日の一日の宿となるグランマの家に向かって出発です。

つづく......























AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:


8/4はサントドミンゴ.プエブロ.インディアンの年に1回の収穫を祝うお祭りです。

現在は農耕で暮らしている人はほとんどいません。
インディアンジュエリーを作るアーティストであったり、村を出て大きな町で働いていたり、また、
村の仕事をしたりとさまざまです。

プエブロ..とはスペイン語で『集落』という意味。

皆が集まって川に沿って村をつくりトウモロコシなどを育てていた農耕民族から始まりました。
プエブロ族にとってはトウモロコシはとても大切で神聖な食べ物なんです。


夕食が終わりテーブルがかたずいたら、いよいよパンの粉をこねます。
フィーストディやなにか催しがあった時は必ずパンを焼きます。
例えば...誰かの結婚式、イースター、クリスマス、ハンティング..などです。


とってもシンプルなパンです。
材料は小麦粉、ドライイースト、ぬるま湯、ラード...だけです。

次女のラバーンが一生懸命に粉をこねていきます。
前回観た時は、たしか長女のリンがこねていました。
一人前のインディアンの女性として、..パンをおいしく焼く事ができると言う事は当たり前の事なんですね。

大きなボールの中の粉を、小さなブロックに分けてこねていきます。
小さなブロックをだんだん大きなブロックにして、最後は一つになります。
一つになったら、耳たぶの柔らかさになるくらいまで両手でまた、こねます。
そして、ママのOKがでたら終了です。


時間は午後11時近く。


型をつくるのは明日の朝、4時。
ママに「朝、4時よ、大丈夫?」って聞かれて、
「もちろん!」って返事をして.......


翌朝、なにか物音がするなぁ..って起きて行ったら、5時過ぎでした。
ママが既に型をつくっていて、
「これ、残しておいたわよ、つくりなさい」って。
1つだけ残してくれていました。

いよいよ、オーブンにいれます。
最初は木などを燃やしてオーブンを暖めます。
暖まったオーブンから灰を取り出します。

そして、パンを焼くのにちょうどいい温度をトウモロコシの皮をオーブンの中に投げ入れて、皮の焼けるタイミングで察知します。

すごいですよね。

ママが大きな”しゃもじ”を使ってパンをオーブンの中に入れて行きます。
ここで、なぜか私、日本の炉端焼きを思い出してしまいました。


暫く、パパとアルバカーキーの町に買い物に出かけて帰って来て、
ドアを開けたとたんに香ばしいパンのかおり。
ママのお腹のようにふっくらとまあるく焼き上がりました。


このパンは教会に捧げます。
そして、ママのママ、そう、グランマの家にも届けます。
他のパンはすぐさま冷凍して保存します。

食べる時に薄くスライスしてシチュウなどに浸して食べます。

いよいよ明日はフィーストディ。
500人以上のダンサーが2組に別れて朝から日没まで踊ります。

残念ながら、この村に入ったら写真撮影、録音、スケッチはいっさい禁止されています。
目にしたものだけ、足跡だけを残して行ってください..と入り口に書いてあります。
この村ではアメリカ合衆国の法律よりも村の決まりの方が強いのです。

ですから、ダンスの様子やトラディッショナルな衣装もお見せする事ができません。


いよいよ、明日。




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


さすがのももちゃんも我慢できない。

今日の暑さは格別。
駅から仕事先まで片道、20分近く歩きます。
往復で40分。

帰りの時間は午後1:30...1:30から1:50くらいの一番暑い時間にトコトコ歩いていました。


先日、観たテレビで美しく見える歩き方を特集していました。
一直線になるように足を踏み出します。つま先から...。
横からみて肩のラインは足先から頭までのこれまた、一直線。
そして..

「どう?私を観て!」

....という意識で歩く....そうです。

今日のこの往復の歩きの時間に、練習しよう!って心の底で誓いをたてました。

でもこの暑さです。
右手にカバン、左手は太陽をさえぎるために額に手をかざしていました。

誓いは次回に。

この暑さだからねぇ..。
ももちゃんも今日はめずらしく水浴びをしました。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


サンタフェの空

今回の、旅の目的は...ニューメキシコ/サント.ドミンゴ.プエブロインディアンのフィーストディです。
もう10年近く前から毎年この土地を訪ね、カテ家で生活をともにしています。

人との出逢いは本当に不思議です。

運命の出逢い......人生までも変えてしまうような出会いの糸が、日本と遥か離れたこの土地とつながっていたなんて...。


ニューメキシコの中でも大きな街のアルバカーキーとサンタフェの間に位置するサントドミンゴの村。
集落をつくり農耕からスタートした部族です。
すばらしいインディアンジュエリーを作る部族としても有名です。

サントドミンゴの村から車で30分、北に走れば美しく落ち着いた街のサンタフェです。
すべての建物は街の決まりで日干しレンガ色。
銀行もガスステーションもモーテルもマクドナルドも..。

お土産屋さん、と言っても地元の人もいっぱい買いに来ている、
私も大好きな「ジャッカロープ」のお店で今年も素敵な物、見つけちゃいました。

アメリカの各州のナンバープレートを使った鉢カバーです。

もちろん、ニューメキシコのプレートをGet!!



さぁて、今夜のディナーは恒例の私の手作り日本食。
日本から持ち込んだ「ご飯」と「ちらし寿司の素」に「マーボー豆腐の素」。
みんな豆腐やお寿司が大好きですからね。

おいしい..おいしい..って喜んでくれます。

フィーストディを2日後にひかえて皆大忙しです。

今年はカテ家からは長男のフィルと次男のアーヴィン、孫のジニィーヤがダンスを踊ります。

そしていつだれが来てもテーブルにお料理がいっぱいあって、
おもてなしできるように女性軍はたくさんのお料理を作ります。

私もこれからが大忙しです。

2日後のフィーストディを迎えるまでの準備を家族といっしょに手伝う事ができる喜びを感じながら
サントドミンゴでしばらく過ごします。




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。