吉永桃子の一夜でキレイになれるシンデレラメソッド

吉永桃子主宰、一夜でキレイになるシンデレラメソッド。日常の体の使い方を直すことで、歪みのない美しいボディーを実現する方法を日々紹介しているブログです。美脚・開脚・歪みのない美しいボディーを目指す方、必見!


テーマ:

 

 

 

 

 

 

この写真・・

開脚の女王の真似と言われそうですね。。

 

 

 

私のトレードマーク的なポーズだったのが

今ではちょっと「真似してる人だ」

と思われるのが嫌だなーと思って

使いづらい今日この頃です。。

 

 

 

が、めげずに今日は開脚のお話を。

 

 

 

180度開脚ができるようになるためには

絶対にやってはいけないことがあります。

今日はその話をしましょう。

 

 

 

「開脚ができないのは、筋肉が伸びないから」

と思って、一生懸命毎日開脚ストレッチを

している方。

 

 

 

これは、ちょっと違うんです。

 

 

 

筋肉が伸びないのではなく、

「関節がつっかかっているから

それ以上骨が動かない」というのが本当です。

 

 

 

筋肉の問題ではなく、骨の歪みの問題なんですね。

 

 

 

開脚をするときは、

骨盤が前後にも左右にも上下にも歪んでいない

「ニュートラルポジション」を地べたに座っている

状態で、できるようにならなければいけません。

 

 

 

そして、その上で大腿骨がしっかりと

外旋できるようにならなければいけません。

 

 

 

外旋とは、膝を外に捻る動きのことです。

 

 

 

体を自由自在に操るバレリーナは、

この大腿骨の外旋可動域が尋常ではありません。

 

 

 

股関節の構造上、大腿骨が外旋できると

最も股関節の可動域が広がりますが、

逆に大腿骨が内旋すると股関節の可動域が

最も制限されてしまいます。

 

 

 

だから大腿骨が内旋したまま

いくらストレッチしても一向に180度に

可動域が広がることはありません。

 

 

 

しかも大腿骨の内旋とは、

膝を内側に向けていなくても、

起きてしまうんです。これがやっかい。

 

 

 

膝を外に開いていても、つま先を膝よりも

さらに外に向けていると、スネの骨に対して

大腿骨が内旋してしまうのです。

 

 

 

この歪みでも股関節の動きは制限されます。

 

 

 

あとは、足にも手と同じ場所に「拳の関節」

があるのですが、この拳の関節の動きが悪い人は

これまた股関節の動きが制限されてしまいます。

 

 

 

ので、足指の反り癖がある人はそこから改善が必要です。

 

 

 

このように、180度開脚といっても、

股関節の問題だけでは解決できないんですよね。

 

 

 

そういう構造を理解し、どうしたら歪まないのか

そしてどうしたら歪みが改善されるのか

という体の使い方をしっかり理解して、

その上でエクササイズやストレッチに

取り組まれることを強くおすすめします!

 

 

・・

 

 

ちなみに、私の開脚プログラム

2014年12月から発売しておりますです。

 

 

 

おかげさまで1336名の方に

ご利用いただいておりますバレエキラキラ

 

 

 

・*:..。o○☆゚+。*゚¨゚゚・*:..。o○☆゚+。*゚¨゚゚・*:..。o○☆゚+。*



【期間限定】ただ今募集中♪

貴女のカラダが90日で生まれ変わるカラダの魔法

書籍化予定の内容の一部を無料レポートでプレゼント☆

 

 

今までのストレッチは間違っていた!?
痛みもなく30日で実現する桃子の180度開脚トレーニング法



肩甲骨ダイエット&肩こり撃退!
あなたの肩甲骨を働き者にさせて
疲れない体質に変える30日プログラム



シンデレラメソッドのメルマガはこちら
(桃子のお役立ちラジオ番組&最新情報のすべてを配信中!)

Facebookはこちら

(フォロワー大歓迎です♪)


桃子のインスタグラム

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(3)

momocoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります