ハイジャックと人質事件②

テーマ:
寒い一日だったね。ちょっと面倒になったんだけど続きを書いておくね。

ダッカハイジャック事件とは。
1977年9月28日に日航機を日本赤軍がハイジャックした事件で。

フランスのシャルル・ド・ゴール空港発でパキスタンのカラチ国際空港、インドのムンバイ空港、タイのバンコク経由の東京羽田行きの日本航空472便。高橋重男機長他乗員14名だった。

犯人グループ5名が、ムンバイ空港を離陸直後、拳銃、手榴弾等で武装した犯人グループ5名にハイジャックされる。機はカルカッタ方面に一旦向かい、進路変更してバングラデシュのダッカ国際空港に強行着陸。

犯人グループは人質の身代金としてアメリカドルで600万ドル、当時の為替レートで約16億円と、日本で勾留中の9名の解放を求めたんだね。

奥平純三、城崎勉、大道寺あや子、浴田由紀子、泉水博、仁平映、植垣康博、知念功、大村寿雄の釈放と、日本赤軍への参加を要求した。

回答が無い時は人質を順次殺害すると警告したんだけど。この時、犯人グループは「アメリカ人の人質を先に殺害する」という条件が付けられた。

この「条件」の影響を受けて、日本政府の対応もアメリカへの外交的配慮があったとする見方もあるんだけどね。今も配慮どこか顔色ばかり伺ってるけど。

 その背景には安保闘争、不平等な日米地位協定への反対を叫んだ学生運動からの流れもあって、米英の帝国主義的支配の姿勢を激しく非難していた、グループの意向が表われていたと思われる。

 ハイジャック機はエンジンを停止してエアコンも停止し。機内の気温が45度に上昇し倒れる乗客が続出したが。乗り合わせた日本航空の嘱託医師が手当てを行ない、機長が空港関係者に補助動力と水を要求し、受け入れられたため大きな被害にならなかった。

 日本政府は10月1日に福田赳夫内閣総理大臣が「一人の生命は地球より重い」、身代金600万ドルの支払いと、超法規的措置として獄中メンバーなどの引き渡しを決断したんだね。

釈放の要求を指名された9人なんだけど、植垣は「日本に残って連合赤軍問題を考えなければならない」、大村は「政治革命を目指す赤軍とはイデオロギーが異なる」と述べ。

知念は「一切の沖縄解放の闘いは沖縄を拠点に沖縄人自身が闘うべきものであり、日本赤軍とは政治的、思想的な一致点がない」と述べて釈放を望まなかった。彼らには彼らの矜持というのもあったんだろうね。

日本政府は釈放リストの獄中者2人については「思想犯ではなく刑事犯」だと釈放拒否で交渉したんだけど。ハイジャック犯は譲らず政府が折れ2人も釈放となった。

 日本政府は同日朝に、運輸政務次官の石井一を派遣団長として、日本航空の社長と役員や、運輸省幹部が中心の対策の政府特使と、身代金と釈放に応じたメンバーなど6人を日本航空特別機でダッカへ送りこんだ。

日本政府が、過激派による獄中メンバーの釈放要求に応じたのは1975年のクアラルンプール事件以来2回目。

 当時の検事総長の神谷尚男と法務大臣の福田一は、この「超法規的措置」に対して強硬に反発し。福田一は施行が決定された後に引責辞任したんだね。意見はことなれ自分の職を投げ打つ覚悟は政治家にもあったんだろう。

 バングラデシュ軍部や政府首脳がこの事件の対応に追われている隙間を縫って、10月2日の早朝に軍事クーデターが発生した。それもすごい話だけど。

それで戒厳令が発令されて、市内や郊外で戦闘が起き最終的に反乱軍は鎮圧されたものの、空港近辺でも戦闘があり政府軍の士官が11名が死亡した。当時は報道規制で詳細は分からなかったんだけどね。

 10月2日に最初の人質との交換が行われ、翌3日に高橋機長とデッドヘッドで乗り合わせていた澤田隆介機長の機転で、更なる人質の解放に成功したとあるが。どんな機転だったんだろう。

 ダッカで乗客乗員118名が解放され。残りの人質を乗せた機はダッカを発ちシリアのダマスカスで人質10名を解放。その後アルジェリアのダル・エル・ペイダ空港に着陸し、ここでハイジャック犯と釈放犯は当局に投降した。最後の人質12名と乗員7名の全員が解放されたんだね。

日本赤軍がアルジェリアを選んだのはアルジェリアと日本がハイジャック防止条約を結んでいなかったためとされる。

 事件解決に協力を受け、11名の死者を出した軍事クーデターのきっかけを作ったことで、日本政府はバングラデシュに謝礼と謝罪の為使節を送った。でもバングラデシュ政府は日本政府に何ら補償や見返り等を求めなかったのよね。

 知人の自然医療の人に、長くバングラディッシュで、貧困層の医療や若い人に職業訓練の指導をしてた人がいるんだけど、そういう草の根の活動や日本人への信用って、こういう時にもあると思うんだよね。それが失墜していくのは何とも残念に感じる。

 この事件の日本対応は、一部の外国から、日本から諸外国への電化製品や自動車などの輸出が急増していたから「日本はテロまで輸出するのか」と非難もあった。どこの国か想像つくけど;

ただ当時は、欧米もテロリストの要求を受け入れて、拘束中のテロリストを釈放することが通常であって(PFLP・パレスチナ解放人民戦線の旅客機同時ハイジャック事件やハーグ事件、ルフトハンザ航空615便事件など)がある。

 日本政府のみがテロに対して受け入れたんじゃないのね。まだ少しでも温和な解決法を選んでいた。その後、世界各国でこんな事件に対処するために、対テロ特殊部隊の創設が進められた。

 テロリストの要求を受け入れる流れが変わるきっかけが、ダッカ事件と同じ年に起こったルフトハンザ航空181便ハイジャック事件で。西ドイツ政府は、ミュンヘンオリンピック事件を機に創設された特殊部隊GSG-9を航空機内に突入させ、犯人グループを制圧し、人質を救出したの。

 日本でもGSG-9の成功例に、特殊部隊を警察に創設。また、アメリカ合衆国もGSG-9の突入作戦を教訓として、陸軍にデルタフォースを設立したんだね。そういう意味では罪深いよね。暴力的制圧を増長させてしまったんだから。

 日本の警察の特殊部隊は、特科中隊とか呼ばれて、部隊の存在が長期間非公開だったけど。1995年に発生した全日空857便ハイジャック事件に出動し犯人を逮捕、人質を救出したことで知られるようになった。

その後に、特殊部隊は部隊を増設し装備を強化して、SAT(Special Assault Teamの略称)と呼ばれるようになったんだね。ふうむ。

また、警察庁は警備局公安第三外事課「調査官室」を設置し。調査官室は現在の国際テロリズム対策課になっている。ここが先日、中田氏とジャーナリストの常岡氏のとこにガサいれしたところね。

 ヘンな話として、福岡県の結核療養所に入院していた患者が「人質がどうなってしまうのか」で同室の患者と口論となってナイフで刺殺してしまうって事件もあったんだねぇ。とちくるった話だけど。

 ダッカ日航機ハイジャック事件から、1か月も経たない1977年10月13日、スペインのマリョルカ島パルマ発フランクフルト行きのルフトハンザ航空181便が、西ドイツ赤軍の依頼を受けたPFLPのメンバーにハイジャックされ、ソマリアのモガディシオに着陸させられる事件が起きた。

 犯人はは西ドイツ政府に対して、身代金と政治犯釈放を要求したんだけど、ミュンヘンオリンピック事件をきっかけにできた、西ドイツの特殊部隊「国境警備隊第9グループ(GSG-9)」が航空機に突入して制圧、人質全員を救出した。

機長1名がテロリストにより射殺されたものの他の乗員乗客は無事だった。西ドイツ赤軍は、内容からしてダッカ日航機ハイジャック事件を参考にしたようなんだね。こういう連鎖が怖いとこ。

ダッカ事件で、釈放された6人メンバーのうち、1986年以降、泉水博、城崎勉、浴田由紀子がそれぞれ身柄拘束され。また実行犯として丸岡修と西川純が逮捕されて無期懲役判決を受けている。

和光晴生は別件で訴追され無期懲役判決を受けた。現在も佐々木規夫・坂東國男・奥平純三・大道寺あや子・仁平映は国際指名手配されている。というのが経緯なんだけど。

 当時ね、重信房子(奥平房子)が日本赤軍の最高責任者だったんだけど、話の特集なんかのサブカル雑誌記事や著作も読んだ事があるんだよね。映画も若松と足立が製作したね。『りんごの木の下であなたを産もうと決めた』幻冬舎とかもある。

後にパレスチナの兵士と結婚したんだけど。その後逮捕され何度か上訴したけど、2010年8月4日に最高裁判所が上訴棄却して懲役20年が確定、服役した。

 こういう赤軍や運動家なんか、跳ね返りの人殺しで、狂っていると云うのは簡単なんだけど。重信の本など読むと彼女の情愛や娘への想いなど、文才のある聡明さを感じるんだよね。公安にも重信のフアンがいあたって話もあるけど全共闘系の学生にも共感を持つ人がいたんだよね。

 またすぐ、反米左翼って言われそうだけどね。けれどダッカ事件の福田総理が人命は重いといったことは、今も変わらないと思うよね。それは人質も兵士もガザの子供も、そうして福島の子供もおなじ命。

 そういう暴力的な事件に何が出来るかはシンプルで、そういう争いの背景を生まぬような世間や社会を築いていくしかないんだろうなぁ・・暴力は暴力を生み、戦争は憎しみを原動力にするんだからね。


AD

コメント(11)