占いだよ☆おっかさん!!

子どもってさドリンクバーを目の前にすると全種類混ぜたがるよね。高校生になってもやってたりするよ。


テーマ:
いただいたコメント読ませていただきました。

皆様の丁寧で温かいお言葉、胸にしみました。

本当にありがとうございます。

返事を書いていないのに
更新をするのは、大変心苦しいのですが
ちょっと状況が変わったので
一回、頭の中を整理して
後日、まとめてみたいと思います。

本当にごめんなさい。

きちんとしたお返事を書きたいので
もう少し、時間をください。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
この写真、順子(三原)かと思ったらリンダ(山本)だったのね。先月、渋谷駅で見て「これってさぁ、誰?」なんて気になってたけど……これでやっとスッキリしましたわ。でもマジでリンダ?(敬称略)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
毎日毎日、たくさんの方に来ていただいて
うれしーわぃ!のmomoblogです。

今までの状況からは考えられないほどの訪問者数です。
アメブロ登録者数も10万人突破と言うことなので
訪問者数が増えるのも当たり前なのかもしれないけど・・・
本当にありがとうございます。

長男の学校の事件
今のところですが、何事もないので
ちょっと安心なんですけど
明日「緊急保護者会」が開かれるので
参加してこようと思います。

保護者会の内容は明日のブログに書きます。
皆さんの参考になる話が聞けるといいな。
ちょっと怖いけどね。


長男の学校の事件の日のお迎え時に
長男が騒いでしまっていて、先生に怒られたんですが
そのときの私の対応(ブログ内の中~後半に書いてあります)が
先生にはとても気になるらしく
なんとまぁ

専門機関への相談を進められてしまいました。

手短に書きますと
私が長男を怒った時の
長男の態度に
不安を覚えたそうです。


何のことか分かりませんね?
もう少し、詳しく書いてみましょう。

帰りの会のときにウロウロと教室内を歩き回った長男は
お迎えに行ったとき、廊下に立たされてました。

先生の気持ちとしては
「廊下に立たせる事もなかったかなぁ・・」
だったらしいのですが、
悪い事をしたんだから、立たされるのは当然です。

私としては、オプションとして
正座で反省!も加えて欲しかったくらいです。

先生は、廊下に立たせた事も気にしていたのですが
もっと気になったのは
私が怒った時に
長男が頭を手でかばい
怯えた目をしていた
という点でした。

・・・・子どもってやらない?
そういうことを・・・・
うちだけ?
私のうちだけ?

先生は長男の怯えた目が相当ショックだったようで
夕方、電話を掛けてきてくれました。

学校で見せない長男君の怯えた表情が
とても気になったんです。
いつもああいう風に怒ってらっしゃるんですか?
左手に付いた傷も気になります。
心に深い傷を持ってるんじゃないでしょうか?
お母さんは子育てを手伝ってくださる方がいるんですか?
お父さんは子育てに参加してくださってますか?
ひとりで抱え込んで大変な思いをしてるんじゃないですか?
つらい思いをしてらっしゃるんだったら
専門機関への相談
視野に入れて考えて行きませんか?
お母さん一人で専門機関へ行きにくいなら
私もお供させていただきます。


と一気に喋っていらっしゃいました。


・・・うーん。
確かに孤軍奮闘の我が家ですが
このようなこと言われるなんて思ってもみなかったです。

真面目な先生なんです。
先生になって二年目で熱いモノを持ってます。
ありがたいんです。
ありがたいんですけど・・・
どうしようかな?と思ってます。



「左手の傷」というのは
先週、宿題を見ていたときにつけたものなんです。

ちょっと難しい問題が分からなかったので
私が教えていたら
「わかんねーからできねー」と鉛筆を投げたので
怒った私が大声で怒鳴ったら
「いぃぃぃー!!」となってつけたものです。
私は、やる前から「わかんねー」と言った長男に
腹が立ちました。
「やるだけやってから諦めろよ!」って思ったんです。

私も「いぃぃぃー!!」ってなった時(主に小学生の時)
手に噛み付いたり(自分のね)
手にペンをグリグリと押し当てたりしてたので
長男の気持ちや行動がよく分かります。

今は自傷行為と言う言葉が
一般的に使われるようになりましたから
それに当てはまるんでしょうね。
一般的になったからこそ、先生としては
余計に気になるんでしょう。
私が小学生の頃は、この言葉が一般的じゃなかったから
「傷なんてつけてバカみたい」と母から言われてました。



我が家の長男は生きにくいものを
もって生まれた子なんです。
自分で自分を縛ってしまうっていうのかなぁ・・?
本人がツライのは、そばでいつも見ている私も知っています。

今はだいぶマシになったんですけど
担任はマシになったところからしか見てないから
(それでも相当なもんです。他の子から比べたら・・)
とても気になるようです。

どうすれば長男が楽に生きられるか?
と模索して(私がね)
占星術の勉強を始めた母でございます。
バカで上等!! ← 開き直ってどうするよ、私ってば(笑

そうしたらまぁー、見事に星回りに現われていたので
納得がいきました。
なんだか分からず(薄々は気付いてましたが)
心配していた事に対してすべて説明が付きました。

そして気持ちが楽になりました。

私の気持ちが楽になったのと同時期に
長男の気持ちも楽になったようです。
(ほんの少しですが・・)

星回り的に「長男が楽になる時期」と
私が「占星術の勉強を始めた時期」が
一致しただけなんですけど・・
これは後付ですね。


生きにくい気持ちを持つのは、小学生までの時期で
中学生以降は楽しい事も待ってるようなんです。
ここが辛抱のしどころなんですが
そんなこと先生に言っても

分かってもらえないんだろうなぁ・・・


専門機関に行くのは全然かまわないし
確かに大変な毎日を過ごしているので
子どもにも迷惑をかけてるかもしれません。
いや、掛けてますね。絶対に。

我が家の人間は
自分だけを見て!
かまって!かまって!
という
人間の集合体なので
(特に夫が)
私の双肩にずっしりとしたものが
のしかかっています。

グチみたいに聞こえるかもしれないけど
今日はグチではなく冷静に書いてるつもりです。
そうは読めないですか?(笑


先生の熱い気持ちを説得するために
情報が欲しいのですが・・・
どうすればいいのか考えたところ
せっかくアメブロに参加してるんだから

お子さんをお持ちブロガーの方や
教育機関・医療機関にお勤めの方に
聞けばいいんじゃない?


というところにたどり着きました。


今回のブログはいつものように長くなってしまったので(笑
もっと短い質問状を改めて書いて
読者登録してくださった方や
読者登録させていただいた方のところへ
伺いたいと思います。

関係ない記事のところへトラバしてしまうかもしれませんが
お許しください。

と、こう考えたんだけど・・・

なんかトラバ数を増やすのが目的みたいで
本当は嫌なんですよ。
そんなつもりは全然ないんでねぇ・・

トラバ以外で大勢の方の意見を聞くには
どうしたらいいんだろうか?
と考えています。

トラックバックステーションにこういうお題があると
いいんですが
トラステには「ホンワカ系」のお題しかありません。

トラステの運営局に
「子どもを怒った時のあれこれ」なんていう
お題を提案してみようかしら?

でもさぁ、そんな御題は「どよ~ん」としてしまうから
受け入れてもらうのは難しそうですよね。


「一度に大勢の方の意見を聞くための方法」について
皆様のお知恵をいただけたらとても嬉しいです。


やっぱ、トラバしかないのかなぁ・・・
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日の「脅迫電話」「安全情報」
たくさんの方が来てくださったみたいですね。
ありがとうございました。

幸い、今日は何事もなく
学校も無事のようです。

長男が風邪のため欠席したので
学校の中のことは分かりませんが
他のお母さん方から聞いたところによると

登下校時間には警察官が門前に居てくれて
休み時間には、子供達と遊んでくれていたそうです。

(遊んでくれたのは「私服警官」だったみたいです)

この私服警官、挨拶などをすると
優しそうな感じなのですが
ぱっと見は「極悪顔」です。
「不審者顔」と言ってもいいかもしれない。

子供達の安全を見守ってくださってる方に
ひどい言い方をしちゃいました。
ごめんなさい。

昨日の「長男の一件」で
今日、先生から電話をもらったので
そのことを書こうと思ったのですが
まだちょっと・・・
うまく自分の中でまとまらないので
後日書きます。



そんなわけで(どんなわけだよ!)
本日は

長女発
「母ちゃん、出ちゃった!」


をお送りしようと思います。


なんかねぇ・・・忙しいんですよ。
別にね、なにが忙しいっていう事もないんですけど
忙しいんですよ。

当然、子ども達への対応も(夫も含む)
うすーくうすーくライトになってしまってねぇ・・・

子供達荒れまくっています。

そのせいで、長男が学校で落ち着かないって
言うのもあると思うんです。

次男なんか、
インネン?インネンつけてるの?
ってくらい毎日泣いてる。

夫は夫で
「あれ取って!これ取って!」とまるで
寝たきりの病人みたいに
私にあれこれ注文をつけてきます。

泣いてるやつは知らん顔してればいいし
学校で落ち着かないヤツは
先生と話せばいいし
「あれ取れ!これ取れ!」は
子どもをパシらせればいいんですが
長女の一件だけは
私以外、どうする事も出来ません。

元々パンツが嫌いな子なんです。
二歳になる夏の時期なんて
うちの中では、ほぼ毎日
ノーパンで過ごしていた女です。

今はオムツも取れて
パンツのみの生活をしていますが
私が忙しいせいで
長女のヤツ、すっかり
お漏らし女になってしまいました。

最初は
母ちゃん、一緒にトイレ行こう!
言葉をめんどくさがった私が
自分で行っといで。
もうすぐ幼稚園じゃない?
なんて
言ってるだけだったんですが・・・

そのうちに
母ちゃん、トイレ行こう!の直後に
母ちゃん、出ちゃった!って言うように
なってしまったんです。

幼稚園に入る前の軽い情緒不安定だと
思うのですが
(長男も次男もそういうことがあったしね)
これがもー、情緒不安定で収まらないくらいの漏らしようです。

まず、毎日洗うパンツが軽く10枚
濡れたパジャマ・ズボン・シーツ・バスタオル・掛けカバーが
山のように洗濯機に投入され
洗濯機フル稼働です。

濡れた布団を干し、
天気の悪い日は、浴室乾燥機で乾かし
足りなくなったパンツは
次男や私の小さめのパンツで代用しました。

女の子なのに・・・
窓付きパンツを履いていた長女です。

我が家は、9時には電気を消して
子供達を布団の中に叩き込むのですが
そんな時間でも私にはやることが一杯あります。
(たいして重要な事じゃないんですけどね。)

そんな時、長女が
母ちゃん、一緒に寝ようよぉと言って来ますが
お皿洗ってるから
先に布団に入っていてね
と答えると・・・

ウンッ!!という力を入れた声の後に

母ちゃん、出ちゃった!と言ってきます。



ウンッ!!って何?
今さ、力まなかった?
力んだってことは・・・
ワザと????




こんな調子で長女が眠りにつくまでこの行為は繰りかえされ
軽く5回はパジャマを
着替えることになります。


そのたびにバスタオルを布団に敷き
(濡れたからといって予備の布団は我が家にはありません。)
パジャマ・パンツ・シャツを着替えることになるんです。

私が悪いって事は分かってます。
皿なんてね、明日洗えばいいんですよ。
部屋だってね、汚くたって朝は来ます。

でもでも・・夫がいい顔しないんです!
部屋や台所が汚いとね。

言葉に出したりしませんが
態度や目つきに表れます。

そして私は
片付け
お漏らしの後始末
悲しそうな声でなく
長女の相手
を一人でこなします。

夫が釣りの仕掛けを作ってる横で・・



手が空いてるなら
オシッコパンツを
履き替えさせろや!!
オラァァ―――!!!




はっ、しまった!
禁じていたはずのデカ文字を使ってしまった・・

オシッコ全般については
私じゃないとダメらしいです。
今の長女にとってはね。

昼と言わず、夜と言わず
私が忙しければ忙しいほど
母ちゃん、出ちゃった!が連発されます。

外出先では絶対にもらさないので
明らかに「確信犯」です。
実際、笑顔で「今、ワザと・・・」と言ってるし。

日に十枚の濡れパンツを出したんだから
忙しいんでしょう、私は。
きっとね。

そしてバタバタと走り回ってる横で
夫はゆっくりタバコを吸ってます

なに?この不公平感は!

今に始まったことじゃないんですけど
この前は
「私、今手が離せないから
長女をトイレに連れてってくれない?」と
夫に言ったら
「うん・・・」とは言ったものの
その素振りを全然見せず
挙句の果て
「やっぱさ、俺キツイから母ちゃんがやって」と
言われてしまいました。


私の体の中の風船は
今にも大爆発しそうです。

そして今日も
ガス抜きのために
シコシコとブログにグチを書いてます。

「涙で前が見えないよぉ~!」ってならないように
明日もブログを更新し続けます。

だからよろしくお願いしますねん♪
(↑ 何にだよ! ↑)(笑



ちょっと追記など・・

私本人はいたって元気です。
花粉症持ちなので
これから多少、ツライ時期を過ごす事になり
眠くなると思いますが
元気です。

花粉症のクスリは飲んでませんが
多少、眠気が出てきてるので
他の方のブログにお邪魔はしても
コメントまでは書けない事も多いと思います。
読み逃げしちゃってごめんなさいね。


そういえばさぁ、今日
次男のピアノのレッスン中に居眠りしちゃいました。
知らないうちに鍵盤を押しちゃって
その「バーン!」って音で目が覚めました。
大笑いです。
ピアノの先生ごめんなさい。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
長女と次男が楽しそうに歌を歌っていました。

♪♪ブキミがとってもオニありですと
肩などあいて~♪♪


・・・?????はて?
このような歌は知らないなぁ・・・



と思っていたら、二人が歌っていたのは

渚のシンドバットだったようです。

それを歌うなら

ブキミじゃなくってビキニです。

それにしても・・・

ブキミがとってもオニありですと~って

何?教えて頂戴よぉ!!!のmomoblogです。

次男の学芸会でこの曲を使ったのでした。




ノンキな書き出しではありますが
ブログの内容はちょっと深刻です。

前回のブログに書いた

脅迫電話ですが
この一報、区の教育委員会からメールで
送信されたものでした。

このメールは
去年末に、働いてる方やお出かけをしていて
昼間、お母さん方と「連絡が取れない」という
昨今の諸事情により、携帯メールアドレスを登録しておけば
何かあったときに、
「区や学校からすぐお知らせしますよ!」ってことで
始められた制度なのです。

今は携帯を持ってる人が多いですからね。
緊急連絡網より早く正確な情報が伝わるわけです。
携帯をもっていない方のために
念のため、電話でも連絡が来ます。

今のところ、制度としては始まったばかりなので
面倒な事も多いですが
(メール送信後の電話連絡網での確認とかね。)
今日の事件で
あっという間に正確な情報が
伝わる
と言う事が分かったので
試みとしてはよいと思います。

本来、「自然災害時の連絡」とか
(台風が来てるから、始業時間を遅らせるとか)
「雨が降ったときの運動会の延期のお知らせ」とか
(メール配信は学校からになります。
仕切ってるのは区の教育委員会です。)
などに使う予定でした。

以前、校長先生とこのメールの事を話したことがあるんですが
嫌な事件が多いから
そういう事件で使われない事を
祈っています

おっしゃっていたんですが・・

初めてのメール配信は
嫌な事件の詳細となってしまいました。

私は参加しなかったのですが、今日は
「性教育について語る」という活動が学校であったんです。
それに参加したお母さん方のメール着信音が
会場中に鳴り響いたそうです。

しばらくしてから会場に、校長先生がいらして

メールをごらんの方も
多いと思いますが
すべて事実です。
不審な電話がありました。

説明してくださったそうです。

どんな内容か知りたいですよね?
でも、校長先生は
「電話があった事実のみ」を話されて
会場を後にしたそうです。

無用なパニック?を避けるための措置だと思うのですが
もうちょっと詳しく教えて欲しかったですね。

さぁ、それからが大変です。

近隣の学校・幼稚園・保育園に
情報が伝わり、
各学校・幼稚園では
「念のためお迎えに
きてください。
絶対に一人で帰らないで!」
となるわけです。

メールも頻繁に配信されます。

お迎えは○○時から○○時までとか
迎えに来られない方は連絡をとか
不審者を見かけたら一報をとか。

穏やかじゃないメールばかりです。

そんなこといわれたら、周りをキョロキョロしながら
歩いちゃいますよね?

周りを見回しながら歩いていると、町中不審者だらけです。
どうしてかって?
それは
花粉症の人って
まんま不審者じゃん!
ってことなんですよ。

「帽子」でしょ?「マスク」でしょ?
「サングラス」でしょ?
「ズローッとしたコート」でしょ?

歩いていてちょっと怖くなりました。
まっ、私も花粉症なので似たり寄ったりの格好なんですが・・

神経質になってるんでしょうかね?そうだよな。
だってさ怖いもん。
正直な話・・・

小さな子を連れて歩いてる身である私は
ドキドキしてるんですよ、いつも。
ドキドキしてても、子どもって一人でどっか行っちゃうし。

近所の次男の友人宅に「泥棒」が入ったり
(この一ヶ月の間に2件です)
近所のスイミングスクールに「盗撮魔」が出たり
(この盗撮魔、スクール側の説明によると
保護者らしいですが・・怪しい情報です。)
怖いことばかりです。
上記の件は、学校から配布される
「安全情報」というお知らせにも書いてありました。

大きな商店街が近くにあるので
人の目はたくさんあるんですが
安心してはいられませんね。


そんな親の不安や怖さを知ってか知らずか
長男を迎えに行って、私が教室で見た光景は

うちのバカ長男
興奮しちゃったせいか
教室内を歩き回り
先生に怒られてる最中
でした。

隣では、同じように歩き回っちゃった子が
その子の母に
「ふざけてる場合じゃ
ないだろー!!!」
とねじ上げられてました。

・・・・バカ。
小学生の男子って・・バカ。(脱力)

バカ長男、先生からの
「なんで歩き回った!」の問いかけに
ダンマリを決め込んでいました。
顔を横に向けてダンマリです。

しばらくは、ちょっと離れてみていたんですよ。
でもね、あまりの態度の悪さに
私、キレました。

人が話してるのに
横を向いてるとは何事か!!
バカみたいに口あけてないで
まっすぐピンと立ちなさいぃぃぃ!!!


襟首掴んで、噛み付きそうな勢いだったと思います。

あまりの迫力に
隣のクラスの先生が様子を見に来たほどです。

その隣では
人が真剣に話してるのに
ニヤニヤしないぃぃぃ!!

怒鳴ってる母はいるし、
もー、何がなんだか分かりません。

後で長男に、なんで教室中を歩き回っていたのか?と
聞いたら
俺の椅子がなかったから・・・と答えたので
怒り倍増です。
椅子がなかったら、その辺にしゃがんでろ!
ハァハァ・・ゼィゼィ・・・
息もキレます。


午前中に迎えに行った次男は次男で
お迎えが嬉しかったらしくて
(普段は先生に連れられて集団下校してます。)
キャーッ!!って言いながら
どっかに走って行っちゃうし・・・
心労が絶えませんのよ。

幸い、それ以後
不審な電話はなく
警察官(制服・私服)や警備員の方々が
見回りをしてくださり、少しは安心したんですが
明日も学校があるので
心配は絶えません。

一人の不審者のために
延べ800人の保護者が
振り回され
(近隣の学校・幼稚園分もです)
100人近くの先生・警察官
警備員を動員する事になります。

(お迎えが来ない生徒は、先生方が
家の前まで送っていきました。)

一人の不審者のために
1000人近い人数が
振り回されるのです!!


どうしてこういうことをするのかは
分かりませんが、本当に

やめて下さい!!
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今朝、長男が通う小学校に【脅迫電話】がかかってきたそうです。下校は【お迎え】になりました。
詳細が分かりましたらまた、報告します。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
厳選ねぇ・・・子ども番組でしょ?

私が子ども番組のことを好ましく思っていないので
夕方はニュースを見ています。

朝は朝で、間違っても
教育テレビなんて
つけてもらっちゃ困る

ので、見せてません。

だってさ、朝から教育テレビなんてつけちゃったら
子ども達、動かないじゃん!テレビの前から。

朝は情報番組です。

そんな事いっても、我が家の朝は
おはスタで始まるんですけどね。(笑

おはスタはOKです。
あっという間に終わるから。
でも、その後の
しまじろう
ピューロランドの紹介番組
ディズニー番組になる前に
速攻、チャンネルは切り替えます。

理由は、上記の「教育テレビと同じ」です。

でもあれは見るなぁ・・・
ピラゴラスイッチは。

一時期、長男がはまって
毎回ビデオに撮ってました。

番組が終わったあと、挑戦するわけです。

「ボール」やら「ノート」やら「鉛筆」やら「消しゴム」やら
「ブロック」やら「箸」やら・・と
いろんなものを持ち出して
にわかピタゴラスイッチのオープニング
始まるわけですよ。

いろいろ試してはみるものの
うまくいかなくってドーンと爆発してる
長男です。

母ちゃん、うまく出来ない!!

そりゃそうです。
あのオープニングを考えてるのは
慶応大学物理研究室なんていう
毎日毎日、計算ばっかりしてる人達なんだから。

あんたみたいに「勘」とか
「当てずっぽう」でやってるわけではなく
全部、計算して作ってるものなんだぜ!
知ってた?長男よぉー。

掛け算や割り算を
めんどくせーからやらない!!
宣言してやらないお前とは、
お頭の作りが違うんだよ!!
言ってやってるんですけどね、私。

その辺が理解できていない小学4年生です。
(ちょっとは理解しろや!)


あんたさ、慶応の物理研究室に入ったら
毎日「ピタゴラスイッチ」出来るよ!


といってみたら

行ってみようかな?

ですって。大笑いです。

塾行って、勉強しないと入れないよ

といったら

えっ?塾??やっぱ、やーめた!!

ときました。

やーめた!だと?
そういう発言は
入る努力をしてる
人間が
言うことであろう!!!


と、声を大にしていいたいので
大きい文字にしてみました。


「厳選 子ども番組」のはずなのに
長男へのグチを書いてしまいました。
すいません。

3chの番組はどれもいいと思います。
子どもが飽きない程度の時間配分。
計算されてるらしいですね。子どもの集中力は
15分が限界なので、10分~15分番組で
構成されてると聞きました。

でも、私があまり好きではないので
子どもに見せたことはほとんどありません。

よって、我が家の子供達は
NHKのキャラクターの名前を知らないんです。

我が家の子供達のキャラクター認知度は
「ミド・ファド・レッシー・ソラオ」止まりです。

民放の「ライダー系」とか「○○レンジャー系」は
見ているようです。
私、その時間に寝てるから知らないんですけど・・・(笑

これでもか!と出てくるライダーの名前や
ライダーになる子の名前や技の名前や
敵の名前を全部言えます。(特に次男)

次男は「仮面ライダー555」が大好きで
(ちなみに私は「アギト」が好きでした。)
あまりに好きすぎて、怪人や技の名前を覚えたいばっかりに
すべてのカタカナをマスターしてしまったツワモノです。
(年中の時ですね。)

私がめんどくさがってカタカナを教えなかったら
自主練して覚えてました。
文字積み木を机に並べて
一個一個書き取りして習得したんです。

そのことを葉書に書いて、アンケートに答えて
講談社に送ったら、なんとまぁ
555の武器が当たりました。

そういう意味では、我が家の場合
仮面ライダーが厳選 子ども番組
なるんでしょうか?

違うよな、やっぱり・・・

子どもにいいか?悪いか?なんて
見せてみないとわかんないんだから
見せるのは一向に構いません。

んが、私が子ども番組嫌いのせいで
大人の番組ばかり見せています。
(主にバラエティー系)

だからでしょうか?

お宅のお子さん
なんだか妙に大人っぽいですね?

よく言われます。

・・・そうです。全部私が悪いんです。

これからは厳選して
大人の番組を見せたいと思います。



・・・・・・
おーい!!子ども番組は?
どうしたんだ?


もはや、トラックバックステーションのお題にも
外れてしまいました。

やはり、この私が
子ども番組を語ることじたいが無理だったようです。

ビデオは見ますけどね。
しまじろうの。
夫が仕事でもらってきたものです。

みんな知ってる?
あのビデオの音楽や効果音は
うちの父ちゃんがつけたんだよぉ。


思わぬところで「秘話」を公開してしまいました。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
「おかあさんといっしょ」の弘道お兄さんが
「おかあさん・・・」を卒業されるらしいですね。

うんうん、そのほうがいいとオバちゃんは思うよ。
このまま突っ走ってたら
あんた、死んじゃうよ!と思っていた
momoblogです。

いくら体力があるからっていっても
人間、できることと出来ない事があるからね。

弘道さんのことを語り終えたので
さっそく本題へいこうと思います。



熱く語った昨日のブログ
発表会全体について書いたのですが
今日は、

次男のクラスの発表会あれこれ

を書いてみたいと思います。


詳しくは昨日のブログを読んでいただくとして・・・・

まず前日の事から書こうと思います。

前日、我が家の次男は熱のため
幼稚園をお休みしたのですが
最後のリハーサルで

吐いちゃった子がいたらしいです。

緊張したんでしょうね。
舞台上で吐いたらしいのですが、
同じ舞台に上っていた子達は
呆然とその様子を見ていたそうです。

この段階(本番前日)での欠席者は7人です。
一クラス20人ですので
結構な数だと思います。

いない子の分をいる子がカバーして
(子ども自ら「僕が○○ちゃんの役もやる」と
いってくれたそうです。ありがたいですね。)
それはそれは団結したリハーサルだったらしいです。

前日の午後、幼稚園に行って
次男の様子を先生に報告したんですが

みんな、熱く団結して
舞台に望む覚悟は出来ています!


と先生が語っていらっしゃいました。
そう語る先生の声は見事な鼻声でした。
体調が悪いようで、目はなみだ目です。

近所のお店で買ったアメを
先生のポケットに押し込んで
「枯れた声を直してね!」といってしまった私は
相当、オバちゃんが入ってましたね。(笑
(余談です。)


「熱も下がり始めたので、明日の舞台には立てます」と
私が言ったら、先生は本当に安心した顔になりました。

そして当日。
「アリババと4人の盗賊」の始まりです。
(次男のクラスのオリジナル作品なので
本当の話と違う所も多々あります。)

次男のクラスの順番は2番目だったのですが
まずは「ナレーター」(女子:2名、男子:2名)の
語りから始まります。
このナレーターの中に、昨日は吐いた子がいたのですが
無事に一言言って退場。

舞台の幕があがります。

次男は板付きでの登場です。
カシム兄さんと(アリババのお兄さんです)
次男のアリババが相撲をとっています。
遊んでる場面らしいです。
(アリババ:1名、カシム:1名)

「僕の名前はアリババ」

この一言で舞台が始まります。
その一言を言うのは次男なんですが
その声を聞くまで、私は緊張して
手が氷のように冷たくなっていました。
(すぐに安心して元通りになりましたが)

程なくして、盗賊団がやってきます。
(盗賊親分:1名、子分:3名)

「開けぇ~ごま!」のお馴染みのセリフを聞いたら
舞台は町の中へと転換します。

町の中の場面に移ると
踊り子が楽しそうに踊っています。
(踊り子:4名。うち一人欠席)

本当にクルクルと楽しそうでした。
そこで「ふと」疑問が・・・

女子に大人気の踊り子役。
こんだけの人数のはずはないんですが・・・


次男の拙い説明ではすべてを理解することは
困難なんですが
毎年、毎年
この手の「カワイ子ちゃん系の役」の選出には
苦労しているはずです。(先生がね)
(親が「配役に物申~す!」となったりして)
なのに・・踊り子が4人だけ?

???となった頭で舞台の進行を見守ります。

踊り子が去った後は
アリババの妻が出てきます。
(ダブルキャスト・女子:2名)

妻が舞台から去った後
「油売り」に化けた盗賊がまた舞台上に登場します。
(親分のみ交代。男子:1名)

アリババの家に泊めてもらう盗賊団を
もてなすために出てきたは・・・

なんと踊り子5人組
(女子:5名)

そっか・・・そうだったのか!

大人気のため、毎年もめていた
カワイ子ちゃん系の役をここで使ったんだ。

先生、Good job!です。

なんで私がこんなに興奮して言っているかというと・・

妖精や踊り子といった可愛いキャラは
毎年女子の間で大人気です。
去年は、妖精役に付けなかった子の親が
保護者会で先生に「噛み付く」という
事態にまで発展したことを
ここにご報告申し上げます。


去年の発表会後の保護者会で
妖精役に就けなかった子の親が
「本当に公平に役決めをしたのか?」と
先生に文句をいい(物申~す!状態です)
クラス全体が凍りつき
一緒に来ていた小さい子達(園児の妹・弟達)が
その凄まじさに泣き出したという
伝説を作った一件があったのでした。

私に言わせればバカじゃん?
なんですが、当の本人は必死のようでした。

このような方は、どこでどんな噂を巻き散らかすか
分からないので、幼稚園側でも
対応に苦慮しているようです。
この「噛み付き母」は
お兄ちゃんの時にも園側に噛み付き
いろんな意味で「伝説化」しているので
なおさら対応を慎重にせざるおえないですね。

この母一人のために

女子13人中踊り子9人

という苦肉の策が練られたようです。

何の話でしたっけ・・・・?
あっ、そうだ。アリババでしたね。

苦肉の策の踊り子5人組が
ヒラヒラと舞い踊った後は
アリババたちと盗賊団のドタバタがあるのですが
それが終われば、あとはエンディングです。
(噛み付き話を熱く語ってしまったので
なんか、話が中途半端ですいません。)

すべての劇が終わった後
数人ずつが手を繋いで舞台に出てきて
挨拶をするのですが
(カーテンコールってヤツですね。)
その挨拶の時に、プロのカメラマンが
撮影をしてくれるんです。
(のちに一枚200円で買わされ買うことが出来ます。)

その撮影の時に、カメラマンの頭上にある
「ハートマーク」を2秒ほど見る約束なんですが
(カメラ目線になるためにね。)
子供ですからねぇ・・・見るのを忘れちゃうんですよ。

でも、そんな中でもきちんとそのマークを見て
カメラ目線で写してもらう子もいます。

・毎年、カワイ子ちゃん系の役をゲットし
「私は妖精をやるけど他の子はどうするの?」と
平然と言ってのけ、将来はバレリーナになるNちゃん。

・お父さんが俳優のSちゃん。

・お母さんが中・高と演劇部で活躍していたMちゃん。
(舞台の幕が閉まるときに彼女が舞台上で取ったポーズは
アッパレなほど堂々としたものでした。)

・お父さんが番組制作の仕事をしていて
撮影なれしているKちゃん。

以上の4人はきちんとカメラ目線でした。

環境なんでしょうか?それとも本人の資質なんでしょうか?
不思議でした。

我が家の次男は当然

「見るのを忘れて横を向いちゃってる」組です。

劇が終わって、写真も撮ってもらったら
クラス全員で歌を歌います。
「ゆず」の歌だったそうです。
私、「ゆず」の事をよく知らないので
「だったらしい」としかいえないんですけど・・

無事に劇が終わった安堵感からか
先生は涙でグショグショでした。


二日目も同じような感じでした。
無事にすんだ先生の安堵の表情が
忘れられません。

無事に終わって本当に良かったです。


― さてっと、追記を少々 ―
バレリーナになる夢を持ってるNちゃんは
合奏の時も、首をかしげてにっこりと笑って
鈴を鳴らしていました。
まるで「この舞台は私のもの」といってるかのように。
そのうち、テレビに出るかもしれませんね。
出たら応援してあげてください。

んなこと言っても誰のことか分からないか?(笑



この時期、幼稚園の発表会が行われてるお宅も多いと思います。
皆様のお子さんの発表会はどうでしたか?



ハッ!次男のことを書こうと思ったのに
やっぱりよそのお宅の事ばかりになってしまった・・・
ちょっと反省のmomoblogでした。




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
金曜日、Mステーションに出ていた「シブガキ隊」を見て
「母ちゃん、はなまるが出てるよ。どこに立ってるの?
はなまるは。」と言っていた長女。

80年代トップアイドルも、「はなまる呼ばわり」されて
平成生まれギャルにかかっては形無しです。
あぁ・・昭和は遠くなりにけり・・・の
momoblogです。



ご心配いただきました

次男の学芸会

ですが、無事に終了いたしました。



まずは、発表会の雰囲気を味わっていただきましょう。

まずは「合奏」の映像です。



こちらは「控え室」の映像です。



学芸会は2日間にわたって行われるのですが
年長さんのみ、2日間とも出演します。
年少・年中はどちらか1日のみの出演です。
(集中力の問題とホールに収容できる人数の関係で
二日に渡って行われるのです。)

19日、つまり初日ですね。
次男のことが心配でした。
まだなんとなく顔が赤いし、食事もまともに
取れてなかったので、なんとなく元気がなかったし。

ただ、普段はまるで意気地のない次男ですが
「休む?」の私の問いかけに
「休まない!!」と断言していました。

ダブルキャストのもう一人の主役の子も
前日まで一週間休んでいたのですが
彼も「休む?」の母の問いかけに
「休まない!!」と断言したそうです。

会場に入ることは出来ませんでしたが
(会場が本当に狭いので)
控え室や廊下で待機していた私です。

寒かったです。
この日、東京は行き混じりの雨でした。

隣のクラスの仲良しの子は
普段なら、1秒足りともジッとしていない
元気な子なんですが、高熱が出て
本番前、一週間幼稚園を休んでしました。
前日、点滴を受けて
(本来なら「点滴を受ける」なんて
ジッとしてる行為に耐えているなんてことはできない子です)
「明日の発表会、出られるかな?」と言っていたそうです。

彼は舞台では「準主役」
合奏では「大太鼓」と
代役を付けにくいポジションにいたため
責任を感じているようでした。



初日の欠席者は4人でした。

次男のクラスは、発表会当日前に
体調不良者のピークを迎えたので
1人の欠席者ですみましたが
隣のクラスは、当日にあわせたかのように
体調不良者のピークを迎えてしまって
3人欠席しました。

隣のクラスの先生は、先生自ら
発表会前々日に高熱を出してしまい

フラフラの状態で当日を迎えました。

「先生、大丈夫?」の私の問いかけに
「大丈夫です。それよりも次男君は大丈夫ですか?」
と聞いてくれました。
若くてもプロですね。

先生は、鼻・ほっぺは真っ赤で
そのほかの顔色は真っ青です。

次男のクラスの先生も

声は枯れ、鼻水が止まらない状態です。

舞台上に目をやれば

まだ熱っぽいのに出演したため「赤い顔の子」や
体調不良のため「青い顔の子」などがいて
ちょっと痛々しい感じでした。


そこらへんが「けなげ」と言えばそうなんですが
見ていた親達が

涙ぐんでいましたね(私もその一人です。)

本番に強い年回りの子達だったようで

舞台そのものは大成功!

ただ、どうしても休んでしまった子のことが
気になってしまった隣のクラスの先生は
お芝居が始まる前のコメントで

昨日は3人欠席者がいました。
その子たちは今日来る事が出来ましたが
その代わり、今日は4人の子が欠席しました


と言ったときに、ちょっと笑い声が出たんです。
後ろに座っていた
京都出身の次男の友人のパパが

ここは笑いとこ、ちゃうやろ!

とちょっと怒って突っ込んでいましたが
まったくその通りで、その笑い声を聞いた先生は
悔しくて悲しかったのでしょう。

トレーナーの袖でゴシゴシと顔を拭くほど
泣いてしまいました。


先生も熱があるので、気持ちも弱っていたんでしょうね。
嗚咽で話が出来ないほどの泣き方でした。

その泣き顔に圧倒された保護者達は
神妙な顔つきで舞台を見ました。

隣のクラスは、幼稚園初の

主役のダブルキャストなし

という状況になってしまったのです。

通常、劇のときの主役は
ダブルキャストです。
(主役でなくても、出番が多い役はダブルキャストです。)
前半と後半に分かれて演じます。

先生が

幼稚園での発表会初の
一人主役で、しかも今日突然こうなったので
舞台袖からセリフの補助をさせていただきます。
お聞き苦しい点もあるかと思いますが
ご了承ください。


と言っていましたが、
先生がプロンプター役をやらなくても
同じ舞台にたっている子達が
立派に「プロンプター」として活躍していました。
(もっとも練習中にセリフは覚えてしまっているので
ほぼ問題なく、劇は進行していきましたが・・・)

劇が終わった後、みんなで並んで歌を歌うのですが
次男のクラスの先生も
隣のクラスの先生も

トレーナーの袖でゴシゴシするほどの
泣きっぷりでした。


安堵・悔しさ・切なさなどが入り混じった涙です。
その涙を見て

もらい泣きする母親続出です。

まぁ、私もその中の一人なんですが・・・
何でなんですかね?
泣くのは母親ばかりです。



このブログを読んで

何も具合が悪いのに出なくたっていいんじゃないの?
なんか泣いちゃって、ヤダわ。


などと思われる方も多いと思います。

私がこの立場にいなかったら
同じことを思ったかもしれません。
でもね、違うんですよ。

「園児本人の熱意」が出演へと導くんですよ。
本人が「出たくない」って言うなら
わざわざ苦しい思いなんてさせません。


なんか、熱く語ってますけどね。
ちょっと恥ずかしい・・

中途半端な直り方で幼稚園に行くから
具合の悪い子を「大量生産」してしまったのかもしれないなぁ・・
とは思います。
我が家も「大量生産」の片棒を担いで
しまったのかもしれません。

でも

子供達の頑張りや先生方の頑張りに
拍手を送りたいです。


なんか興奮してるんですかね、私。

テーマは「次男ネタ」ですが
書いてあることのほとんどが
次男の隣のクラスのことだったなぁ・・・
と、今気付きました。


明日も引き続き
学芸会のことを書きたいと思います。
今度は「次男のクラス」のことです。


明日のお題は
女子13人中
踊り子が9人ってどうよ?


これについて書いてみたいと思います。



熱く語りましてお恥ずかしい次第でございます。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
インフルエンザを「押さえこんじゃって勝ち」のmomoblogです。
おはようございます。先ほど、朝ご飯を作っておりましたら(そんなたいそうなものではない)こんな物が出来上がりました。
さて問題です。これは何でしょうか?
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。