11月のなかうみハーフ以来2カ月半ぶりのレースに出場してきました。場所は岡山国際サーキット (旧TIサーキット英田)です。



Momohappyのブログ-IMG_1933.jpg


 今回は、1994、95年と「F1世界選手権パシフィックGP」が開催された有名なコースを自らの足で走れるという甘ーーーい動機と、保育園のママ友のお誘いもあり、軽ーーーい気持ちでエントリーしました。


 コースはサーキットを1周半(約5.5km)した後に公道に出ます。そして折り返し地点まではほとんど下り、ひたすら下ります。ということは折り返してからはひたすら上り、上り。私のコーチの記録では高低差は以下のようになっていました。



Momohappyのブログ-IMG_0905.jpg

 丁度、U字型の一番下の辺りが折り返し地点になります。サーキット自体も29mほどの高低差があるものの、やはり、中間点を過ぎてからのずっと上りは初体験でした。


 どの大会もそうなのですが、皆さんペース速めで、突っ込んで入ります。スタートして5kmほどはサーキットの中を走りましたが、舗装の精度が良く、整備も行き届いているので、とても走りやすいコースであると感じました。


 曲がりなりにも1年半前から走っているので、心拍数などで自分の状態を把握することはできていますので、その範囲を守りつつ効率の良い走りを心がけました。


 そして、5.5kmのサーキットコースランを終えると、一般道へと出ていきます。丁度会場に向けて車で走ってきましたので、おおよその見当はついていたのの、これだけ下りが続く前半は初めてでした。


 まあ中間点までのペースはこれまでで最速というのは分かっていましたが、問題は中間点を過ぎてからの復路です。「行きは良い良い、帰りは怖い。」とはよく言ったものです。


 平地と比べてペースが落ちる事は分かっていましたが、「出来るだけ骨盤の前傾を保って、視線を前に」をテーマに走っていきました。


 また、今回は初の試みで、音楽を聴きながら走ってみました。それも一曲をずっとリピートして。ちなみに今回の選曲はEXILEの「Rising sun」でした。なぜにこの曲?という方は聴いてみてください。この曲は東日本大震災の復興を願って作られたと聴きますが、ランの場面に歌詞が良くMATCHしています。


 前回のレースでは楽しむ余裕はなかったのですが、今回の特に後半は苦しさの中でも楽しんでいる自分がいました。「俺って、ランの時はドMかも」と考える余裕すらあったように思います。楽しんでいる証拠に、自分でも距離が進むのが非常に速く感じました。



 往路からずっと続く上りを終えてサーキットに戻ると、サーキットコースを1周してゴールとなるのですが、上りによって私のハムストリングと臀筋には余裕は残っていません。ここで最初に書いたサーキットの29mの高低差が襲い掛かります。自分ではスパートとかけているのですが、その度に右のふくらはぎは痙攣の一歩手前をいったりきたりでしたが、最後は相方と息子の声援を受けて無事にゴールできました。


 

 ちなみに、レース後に患者さんから聞いたのですが、1周3.7kmのコースをあの「音速の貴公子」ことアイルトンセナは1分10秒218で走ったそうです。



 今回はレース前のコンディションとしてはこころもからだも良い調子とはいきませんでしたが、それもレース。レースに参加させてくれてバックアップに回ってくれた相方をはじめ、関わって頂いた全ての方に感謝したいと思います。本当にありがとうございました。



 ルートラボに今回のコースが投稿されていましたので、興味のある方はご参考に!!→これ。


 

 さあ、次は1カ月後、今日からまた走ります。



カイロプラクティック ももたろう外来センター  



momohappy




AD

今年度はあと2本かな。

テーマ:

 新しい年を迎え、もうすぐ1カ月が経とうとしています。


 私も寒さになかなか打ち勝つことができず、早朝のランが滞り気味になっています。まあ、夕方、夜間にはそれなりに走れてはいるのですが・・・。



Momohappyのブログ-IMG_2503.jpg


 さて、昨今のランニングブームもあってか、各地のランの大会は要項が発表されてから瞬く間に受付が終了されています。


 

 で、私もエントリーに間に合わず、夏までの大会はあと2本になってしまっています。(大会のスケジュール管理も今後の課題です。)



 まあ、いいーーんです。大会に出れなくてもその分走りますから。


 

 ランを通じて、こころとからだがどんどん鍛錬していくことが肝ですから。


 

 今年度の残り2本の内の1本が明後日に迫っていますが、楽しんで来たいと思います。



カイロプラクティック ももたろう外来センター



momohappy

AD
 私自身、Twitterで情報を得ることが多いのですが、今日もショッキングな情報を見つけてしまいました。


それがこの記事なのですが、「体重が急に増える40代は男性ホルモンの危機」と見出しにあります。


自分自身ではまだまだと思ったり、体脂肪計に乗って体年齢は20代と言われても、残念ながら?40代という言葉には敏感に反応する年頃になってきました。


掲載記事によると、男性ホルモンは筋肉量や代謝の維持に関わっているので。男性ホルモンの低下は筋肉量の低下や代謝の低下に関係があるのだそうです。そして、男性ホルモンが減れば、内蔵脂肪が増えるといった悪循環につながりかねません。



当院に来院される患者さんの中でも、40代の方がおられ、「食べる量は減ってきているのに太りやすくなってきた。」と訴えられるケースが良くあります。そういった訴えをされる方にさらに尋ねてみると、「最近、会社が忙しくて運動ができない。」とか「対人関係で疲れることが多い。」などといったお話しをされることがあります。



 男性ホルモンの低下を取り返す方法とは?筋肉を使うこと、つまり運動することが近道ということでした。また、男性ホルモンが競争や競争後の達成感で増えるといった特徴があることから、各種スポーツはうってつけです。私もランをしていますが、ランには毎回達成感がつきます。(達成されないこともありますが。)



 私も身を持って感じますが、「ランっておすすめですよ!」



 と主張できましたので、今日はこの辺で。


カイロプラクティック ももたろう外来センター


momohappy 
AD