精神医療の真実  フリーライターかこのブログ

精神医療についていろいろ調べているフリ―ライター。およそ非科学的な精神医療という世界。薬の副作用、離脱症状……精神科医の薬に対する認識に疑問を抱いています。皆さんと一緒に考えていけたらと思います。

当ブログは精神医療を一概に全否定するものではありません。
ただ、現在の精神医療が荒廃していることは確かです。そのような医療にかかることのリスクを考えると、安易な受診は被害の第一歩にもなりかねず、その意味での警鐘は鳴らし続けるつもりです。
また、当ブログは一概に減薬、断薬を勧めるものでもありません。
このあたりのことは拙著をお読みいただければ幸いです。

☆『ルポ精神医療につながれる子どもたち』(彩流社)
☆『精神医療の現実 処方薬依存からの再生の物語』(萬書房)

減薬方法についてのアドバイスは、医療者でない私には不可能です。その点はどうぞご了承ください。
また、コメントについては、不適切と思われるものは公開を控えさせていただいています。


新たに、茶話会等のお知らせ専用のHPを作りました。各地で開かれる茶話会(医療を考える会)の開催予定がわかりますので、ご利用ください。


精神医療の真実 告知板


 


テーマ:

 前回お伝えしたとおり、7月11日の「世界ベンゾ注意喚起の日」に厚生労働省陳情に同行される方をさらに募集します。

 

 顔出しの参加ということで躊躇されている方が多いのではないかと思い、当日のことについて、少し詳しく説明します。

 

① 「ベンゾ」が全面に出ているため、ベンゾだけを処方されていた方限定と思われているかもしれませんが、他の薬との併用で、なにがしかのベンゾジアゼピン系薬物を同時に処方されていた方なら参加資格があります。

 

② 当事者(家族、関係者)は、午後4時から15分間、「質疑応答と担当官等との自由談義」において発言の機会がありますが、もちろん「帯同のみ」でもかまいませんのでご安心ください。

 

③ 要望の趣旨は、昨年薬害オンブズパースン会議が提出した要望書

      http://www.yakugai.gr.jp/topics/file/BDZyoubousho20151028.pdf

  に沿ったものをこちらでも作成しております。概要を記します。

 

1.  ベンゾジアゼピン系薬物処方期間の継続に制限を設けること

2.  ベンゾジアゼピン系薬物依存症に関する全ての医療関係者を対象とした研修を実施すること

3.  ベンゾジアゼピン系薬物依存症に特化した専門医療機関の設置拡充と、治療のあり方の改善をすること

4.   子どもへのベンゾジアゼピン系薬物の安易な投与は厳禁とし、薬剤に頼らない解決策を第一義的に構築すること

 

 以上の要望に賛同し、今後の精神医療を改善させたいという気持ちのある方、どうぞ勇気を出して参加していただければと思います。

 

申し込み先 kakosan816@yahoo.co.jp

       (かこまで)

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)

テーマ:

 7月11日、世界ベンゾ注意喚起の日の活動詳細が決まりました。

 ぜひ、ご参加ください(上限35名)








W-BAD厚労省陳情訪問

参加者募集中!




 東京都議会議員の上田令子氏と「世界ベンゾ注意喚起の日」(W-BAD)の企画者のウェイン・ダグラスと一緒に、「W-BAD厚労省陳情訪問に参加をしませんか?



日時 2016711日(月)午後3:30時~4:20 (50分)

集合 厚生労働省前歩道(午後2:30時)

参加者 当事者・被害者 上限35名


W-BAD
企画者 ウェイン・ダグラス氏

東京都議会議員 上田令子氏
他数名の中央地方政治家に参加を要請中


面会相手方 厚生労働省  各部局・部署担当官 複数名

参加費:  無料(出来ましたらボランティアスタッフの交通費のカンパをお願いします)

締切日 77日(木)


時間割: 14:30 厚生労働省前 歩道集合

15:30 厚生労働省へ陳情訪問

16:30 懇親会(近隣のコーヒー店かカフェレストラン -    要実費)

18:00 散会


陳情訪問の内容(見込み)

厚生労働省 1階会議室にて

15:30 会議前挨拶・面会設定への謝辞と自己紹介

15:35 厚生労働省各部局・部署 担当からの回答

16:00 質疑応答担当官等との自由談義

16:15 陳情訪問対応された厚生労働省 各担当官への謝辞

16:20 会議への感謝の言葉・退室退庁




実施概要

厚生省に35人の当事者・被害者を集め、薬害オンブズパースン会議作成に係る要望書の各項目を改めて要望する(W-BADTシャツお持ちの方はそれを着てお越し下さい)。



お問い合わせ

参加をご希望される方またはお問合わせは事務局、若しくはかこさんまでお願いします。



かこさん kakosan816@yahoo.co.jp



世界ベンゾ注意喚起の日 アクション 実行委員会(被害当事者会)

psychoactive.drugs.victims@gmail.com


チラシ配布のお知らせ

711の「世界ベンゾ注意喚起の日」に向けて、チラシ配布を計画していましたが、途中経過をお知らせします。

 東京では、6月27日(月)実行です!

 場所は「新宿小田急百貨店前」

 参加者はすでに10名を越え、あまり多い人数での配布は警察より禁止されていますので、27日分はここでいったん締め切らせていただきます。

 しかし、上田令子都議のご協力により、同じ場所での配布期間が7月11日まで延長されました。

 チラシは4000部用意してありますので、27日に配り切れなかった分を後日の配布に回したいと思います。

 現在決定している日にちは、7月11日の午前中(10時30分すぎ)です。

 参加希望される方は以下のアドレスまでお問い合わせください。

 また、他の日にちで配りたいという方がいましたら、ご連絡ください(100部以上からでお願いします)。

 残った分はポスティングしてもよいと考えています。

 kakosan816@yahoo.co.jp




 名古屋(駅前)でも配布活動を行います!

 6月29日(水)

 午前10時に「ナナちゃん人形前」に集合。

 名古屋では1000部用意しており、すでに3名の方が参加予定です。


 7月11日に向けて、下準備も着々と進んでいます。

 皆様のご協力、よろしくお願いします。















いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)

テーマ:

名古屋でのチラシ配布決定

「世界ベンゾ注意喚起の日」のチラシ配布を6月27日、東京新宿で行うことはお知らせしましたが、今度は名古屋の方が手を挙げてくださいました。


 日時: 6月29日(水)10:00 集合

 場所: 名古屋駅、ナナちゃん人形前


 現在すでに3名の方が参加予定です。

 どうぞお近くの方、ちょっと足を運んで、この運動に参加してください。


 チラシは5000部用意しています。

 そのうち名古屋に1000部。手元に現在に4000部。(まだ印刷は仕上がっていません)。

 もし、他の地域で配布したいという方がいましたらお知らせください。

ただし、配布後残った分を「それなり」に活用できる方にお願いします。費用は持ち出しですので、廃棄ということではもったいないので、ご了承ください。

また、少量の希望がたくさんきますと、作業の手間で私がパンクしますので、その点はご理解ください。できれば100部以上でお願いします。また送料は着払いでお願いできればと思います。

 少量の配布でしたら、それぞれがプリントアウトしたものを配布していただければと思います。

 

 

ゆうさんの会のお知らせ

 ゆうさん会、7月、8月の日程が決定しましたので、お知らせいたします。


日時 78日 金曜日 1317

場所 新小岩駅から徒歩


日時 81日 月曜日 1116

(いつもは金曜日ですが、8月は月曜日です。ご注意ください)

場所 小岩駅から徒歩


それぞれ会費 500

定員 7人くらい

ドタキャンOKです。


詳細をお知らせしますので、簡単な自己紹介を書いて下記にお送り下さい。


※即日返信が出来ない事が有ります。ご了承下さい。

申し込み ゆうさんまで  

pieta2kidsあっとgmail.com  ※あっとを@に変えて下さい。












いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)