2017-06-13 12:12:51

フランス旅行記☆part4

テーマ:ブログ

パリに行ったら欠かせないのが美術館ハートキラキラ

 

 

ルーブル美術館、オランジュリー美術館、オルセー美術館を堪能してまいりましたハート

 

 

・ルーブル美術館はとっても広くて迷いやすかったです。それでも頑張って絶対見ておきたい作品はおさえてきました。

 

 

とっても広いルーブル美術館。まず見ておきたいところを入口階から順に見進め上の階へ行き、残り時間で他の見たいところを回るという作戦で臨みました!(笑)

 

すごいものしか展示されてないので全てを見て帰れないということは残念ではありますが、旅行の期間には限りがありますので時間が許す範囲で楽しみました。全部見たいと言ったら、ルーブル美術館だけで1週間はかかるようですase

 

 

 

中世のルーブルのコーナーでルーヴル宮の壕の遺跡や模型を見学。

 

 

ミロのヴィーナス、サモトラケのニケ、奴隷像、マルスなどの彫刻を本物だと興奮しながら見て回りました。しなやかだけど力強く存在感がすごかったです。

 

 

 

モナリザ、民衆を導く自由の女神、ナポレオン1世の戴冠式などフランス絵画の大作を堪能。モナリザは大人気で人で溢れていますが、並びながらだんだん前列に進んでいけて一番前でちゃんと見れましたキラッ

 

 

 

ナポレオン1世の戴冠式はとっても大きい作品で驚きました!

有名な作品ばかり飾られているので "これ知ってる!すごい!!" の繰り返しでしたはーと。

 

 

 

最上階へ行き、14~19世紀のフランス絵画を見学。レースを編む女など見当たらなかった作品もあったので尋ねてみると旅行中とのことで残念。

 

そしてまた下の階へ。

エジプト美術やイタリア絵画フランス彫刻など時間が限られてるなりによく楽しんできました!!*

 

ランチは美術館一度出たところのフードコートを利用しました。午後も引き続き見学するのに便利です。

 

 

美術館の建物からすごいので本当に贅沢な時間をすごしましたキラキラ

 

 

 

 

・ルーブル美術館の中庭のピラミッドと小さくて可愛い凱旋門とお別れをしてチュイルリー公園を散歩しながらオランジュリー美術館ハート18時が閉館時間でしたのでルーブルを夕方出て急ぎぎみでオランジュリーへ向かいました。

 

 

 

オランジュリー美術館もすごいんです!ルノアールにモディリアーニにセザンヌにドガに!!

 

写真はモネの睡蓮の間にてピカーン

 

 

 

 

 

ルーブル美術館のような規模ではありませんが、やはりすごい作品ばかり展示されていて、その作品をゆったり見ることが出来てオランジュリー美術館もお気に入りの美術館となりました。

 

 

 

 

 

 

・別の日にオルセー美術館へ開館時間からお昼過ぎまで見学しました。

 

 

オルセー美術館も広いので中で迷うという話も聞いたことがありましたが、壁などに記載されている表記を見落とすことがなかったおかげでしょうか、すんなり回れました♪

 

 

やはり一番人気は印象派の部屋。

どこに目を向けても代表作しか並んでいないような情景ですキラキラ

 


 

 

 

ランチもオルセー美術館内のレストランで食事しました。

レストランの中もすごい!!

その時の気分でなんとなくメインをチキンにしてしまいましたが、おすすめのお魚料理にすれば良かったな汗ボリューム満点はなまる笑

 

 

 

 

 

 

 

ルーブル美術館にオランジュリー美術館にオルセー美術館へ行き、この中の一作品でも日本に貸し出されてきたら人が集まって大混雑しそうな魅力的な作品を、これでもかというほど短期間で見てきて本当に贅沢な時間でしたハート

 

 

 

 

フランスの名所を観光してきまして、とても楽しく良い思い出となり、

旅行する機会に恵まれたことに感謝ですフランスはーときらきら

 

合間の時間でスーパーやデパートやお土産屋さんなども立寄ってお土産もしっかりGETして帰りました。また次の記事に少し載せてみようかと考えています。

 

 

 

 

 

 

いつも有り難うございますハート

 

WEBサイト『MOMOillustration』:http://momo-illustration.com

 

 

 

 

サゲサゲ↓1日1回クリックして投票お願いします!

にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村

どくしゃになってね…ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

MOMO♥illustratorさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■Re:WEB&グラフィックデザイナーかめぴよさん

イギリスの美術館もそうでしたが、フラッシュ無しなら撮影OKです!
模写しても大丈夫です。
絵具やイーゼルなど持ち込むような大がかりな場合は許可が必要だった覚えがあります。

大切な美術品なので私も保存につきましてはナーバスになります。
フラッシュ使ってる人がいても監視の目が行き届いてない場合もあって気になりました。
もちろん怒られてる人もいましたけどね。
場所は違いますがイギリスの大英博物館では触ってる人が結構いて気になって気になって;;
お触りなんて有り得ないですよね!

美術品に影響がないような撮影なら、
ツーショットなんて撮れたらやっぱり嬉しかったりします(´∪`*人)♪
後で撮った写真を見直した時に、嬉しい思い出として残りますしね☆

贅沢すぎてすごかったです!!w

3 ■Re:緑の羽さん

分かります~!
残念ではありますが時間が限られている中で計画しないといけませんからね。
私もあそこ行きたかったなというところありました。

ルーブルは運が良くそんなに並ばないで入場できました。
午前中は混んでいると聞いていたので1時間は並ぶつもりで行ったのですが、
30分もかからなくてラッキーでしたヽ(・∀・*)ノ!!

でもでも、オルセーもすごいですよね!!!!!
まずゴッホの名画が普通に飾られていて本当に大興奮でした。
一部写真禁止の部屋を除いて、フラッシュなしの撮影OKですね。
大好きな作品の前で一緒に記念写真を撮ったりもしてきました♡
日本ではできませんので嬉しかったです♪
本当に誰でも知ってる教科書に載ってる作品があちらこちらに。ビックリです!

オルセー美術館のレストランは、駅として建築された当時の来賓用のレストランだった所だそうです。
シャンデリアに彫刻に天井画もとても素敵で、
お食事のお値段も特別にお高くもなく優雅な時間を過ごせるので入って正解でした◎

一週間ほどの旅行も終了して日常生活へと戻ってまいりましたが、
記憶の中にずっと忘れないでいたいです.+゚☆

2 ■どれも贅沢!

何より日本と違って写真撮っていいんだね!
それがスゴイ!
美術品は確かに繊細だから保存を考えると
ナーバスになる部分は多いですが
私はどちらかというと距離を縮められるアートが
好きなので、一緒に写真に納まってるのとか
美を楽しんでる感がいいですね~^^

1 ■ルーブル!~(´_`。)

時間の関係上と......大行列で!ルーブルへは行かれなかったのです~(。>0<。)

仕方なく!オルセー美術館へ行ったのですが.......
駅舎~ヾ(@^▽^@)ノ
美術の教科書に載ってた絵画がアッチコッチに~(≧▽≦)

ウキャァ~~~ッ!!!ゴッホのヒマワリ~ヽ(*'0'*)ツ
・・・・・何と言っても良いのはセンサーなど無くフラッシュさえ使わなければ絵画に近寄って撮影が可能だった事が素晴らしい~(*゜▽゜ノノ゛☆

オルセー美術館内のレストラン......!(´Д`;)
ココは気が付きませんでした~(°д°;)
凄いなぁ~:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

Madam MOMO~(*^ー^)ノ
睡蓮の風景に......
入り込めそうです~o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。