こんにちは〜
薬膳インストラクターのイトウです。


淡路島(実家)に帰ってきてのお楽しみ💖と言えば、新鮮なお魚



これに尽きまする照れドドーン🌊(昭和音)
{7186D8C9-B366-47D7-A223-016DF421EC5E}
このお刺身、魚の卸🐟のとこで頼むのが我が家流。その時の時価によるけど、これで1500円ぐらい!!




京都じゃあり得んグラサン値段も新鮮さも。




お刺身、好きな人は多いですよね〜。
お刺身とビール🍺、くーーーっと一杯飲んだ日にゃ、たまらんですなニヤリ




でもね。
実はカラダを冷やすので、冷え症さんは要注意なの。ビールもカラダの中から冷やすしね。





薬膳では、食材それぞれに


カラダを温める食材(温熱性)
カラダを冷やす食材(寒涼性)
どちらでもない食材(平性) 



に分かれるという考えがあるんだけど、
どういう食べ方をするか?も関係してくるの。




例えば、サーモンはカラダを温める食材。
だけど、これをお刺身で食べると、カラダの中に冷んやりした生ものが胃に入っていく訳です。




冷え症の自覚があるなら、せめて冬は控えるのも一つの方法。あとは、食べ過ぎない程度に抑えとくウインク調理してみる、とかね。

 

好きでやめられない♪  止まらない♪  …なら、「よく噛む!!」これに尽きますな。



よく噛めば、冷たいまま胃にはいかないし、消化の負担も軽減される💖




ご参考までに。
カラダを冷やすか・温めるかの判断目安は、


★暖かい地域や国で採れるものは、基本カラダを冷やす。

★寒い地域や国で採れるものは、基本カラダを冷やす。


と言う分かりやすいもの。



よく地産地消とか、聞きますよね?
これは、理にかなってて、その土地に必要なものが、その土地に住む人たちに必要な食材ってわけです。



他には、季節
★夏が旬の食材は、カラダを冷やす。
★冬が旬の食材は、カラダを温める。




私は、バナナ🍌が大好物だったんだけど、、バナナは、暑い国で出来ますよね??



当然、冷やす食材に入るのです。




年中売られてるバナナ、お通じに良いと思って食べてませんか?
冷えからくる便秘もあるので、要注意ですぞウインク


まだまだ寒い季節。
春を元気に迎えるには、冬の過ごし方がポイント!今日からでも、ちょっとだけ意識してみてくださいねおねがいおねがい


最後まで読んでいただき、ありがとうございますチューチューチュー
AD