井の中のボウリングぅ~

「井の中の蛙大海を知らず、されど空の深さを知る」

居心地の良い井戸の中を出ないと、外の広さはわからない。でも狭い井戸の中から見上げていると、空の深さは(井戸の外からより)わかる。

「継続は力なり」を信じて上達を願う、おじさんボウラーの悪戦苦闘記^^


テーマ:

対首位中日戦、9回土壇場で引き分けに持ち込む♪

今期初めて負けなかった(^_^;)

しかし、巨○が勝ったので、また背中が遠ざかる~


GW残りあと2戦がんばれ~



・・・


いつものことなんですけど、

ニューボールでスコアが出てしまうと・・・

複雑な思いになります。


神:「お前はまたボールでスコアを買ったな・・・

私:「ううう・・・申し訳ありません(>_<)」

神:「ボールは麻薬じゃ・・・」

私:「自力じゃ、なかなかスキルアップできないのです・・・」

神:「麻薬はだんだん強くしないと効果がなくなるぞ」

私:「わかっているのですが、やめられないのです(>_<)」

神:「覚悟の上なら、地獄に落ちるがよい・・・」


・・・


そんな自分に嫌気がさし・・・


昔のボウリングマガジンを読み返していて・・・


  (前略)

  ・・・

  ほとんどの人は、スランプだと思った時に、

  その状態から抜け出そうとして、

  フォームを変えたり、タイミングを変えたりしてしまい、

  技術的なことだけに目を向けます。


  本来調子の悪いときに、それらを変えてしまうと、

  さらに調子を悪くして、

  長いスランプになる可能性があります。


  調子が良いときにこそ

  ステップアップするための目標を持って、

  課題に取り組むべきです。

  ・・・

  (攻略)



スランプと云う言葉は、極めた人だけの言葉ですから・・・

私たち発展途上人が使うと、上達を阻害する単なる言い訳ですが・・・


私の良くやるパターンに・・・

不調の原因もわからず、改善を試みること・・・私やってるな(^_^;)


  ベストの状態に戻してから、改善を試みるべし・・・


結果から調子を判断するのであれば、

今は悪い部類ではないので、変革のチャンスかもしれません。


・・・


行き詰った時は・・・

昔のボウリング雑誌を読み返します(^_^;)


  と云っても、誰が勝ったとかの記事には興味なく、

  連載コラムやスキルアップ講座♪


当時は興味がなかったことでも・・・

状況が変われば、興味を持てることもあり・・・


ゴールデンウィーク中、

2年前は、あまり興味のなかった・・・

レッシュ4スタンス理論」を読み返しています。


  この理論は、再現性を重視した場合、

  ボウラーによって、無理なく自然に、体を使うやり方がある。


  タイプが違う名人の技を、真似てマスターしても、

  再現性・パフォーマンスの観点で・・・上手くいかないらしい。



それによると・・・4通りあるうちで・・・


私はB2タイプらしく・・・


簡単に言えば、踵重心・2軸タイプ?


  具体的には・・・


  ●力強く、流れの中で投げるタイプ

  ●板目を使ったワイドな走りと、しっかりした大きな曲がりのイメージ

  ●ボールを手のひら側で感じ、密着度が高いタイプ



効果的なアドレスは、


  右足踵の上に、股関節と首の付け根を置く・・・


するとスタートがスムースになるとのこと・・・

前回から、意識して試しています・・・効果は?



まだ、読破、整理、理解できていないので、

中途半端ですが・・・


今まで上手くいっていなかったスキル習得を考えると・・・


再現性の高い体の使い方を学べば、解決の糸口になるかもしれません。

実践に応用しながら、意識して取り組んでみようと思います。




(今日の愚痴)


少しスコアが良くなると、変化から生じるリスクが怖くなる・・・

これじゃ、スキルアップ無縁だな・・・

PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード