おとなのSEI活

身近な女性の性と生殖に関する健康を守る産婦人科医です。


テーマ:
「家内には言えませんが...」

という前置きと共に、

男性陣からよく耳にする質問です。



「やっぱり「イキ」が大事っすよね。」



「イキ」(以下、Shimepedia参照)

主に男性の射精時の興奮度を表す表現。

「イキがいい」とは、かなり興奮度が高く射精した、の意。

興奮度と精液の鮮度と掛け合わせて、

「活き(イキ)のいい精子」などと表現する。



...かどうかは、定かではありませんが、

今、パソコンの前で、大部分の男性が

首を大きく縦に振られたことでしょう。



某大手主婦向け雑誌編集長の

拙ブログに対する「エログ」疑惑を解くためにも、

いつも通り、誠実かつ学問的に考えてみた。

$不妊治療を見える化するコンシェルジュ



Duration of sexual arousal predicts semen parameters for masturbatory ejaculates.
Physiol Behav. 2002 Aug;76(4-5):685-9.
Pound N, Javed MH, Ruberto C, Shaikh MA, Del Valle AP.
Department of Psychology, McMaster University, Hamilton, Ontario, Canada L8S 4K1. n.pound@uea.ac.uk



少し古い論文の要約で恐縮です。

2002年にカナダ人男性25人(22-44歳)から、

4ヶ月間に計292回分の精液を採集し、

マスターベーションによって射精までに要した時間と、

精液の量や濃度、運動率の関係を調べたところ、

マスターベーションによって射精までに要した時間と

精液の量に正の相関を認めたとのこと。

射精までの性的興奮の度合い(時間)が、

射出精液の質を左右する重要な因子だ、と論じている。


一概に、

射精までに時間がかかれば、

性的興奮度が高いとはいえないが、

傍証として思い当たることが2つある。


ひとつ目は、仕事帰りの採精。

夜の診察で多くの男性の精液検査を見ていると、

仕事帰りに採精を試み、

仕事モードから頭が切り替わらないまま、

ごあいさつ程度の精液しか採取できなかった、

と残念そうに話す男性は多い。


もう一つは、外国人男性の採精。

採精室に用意してあるDVDは、

すべて、いわゆる「邦モノ」ですが、

「洋モノ」を用意しておいて欲しかった、

とういうご要望を何度か承りました。

これまた残念そうに。


やはり、

精液の質には、

採精時の性的興奮の程度が

大きく左右する可能性が高い。



結論

精液は「イキと活き」が肝腎。



〆@momcierge


いいね!した人  |  コメント(1)
PR

[PR]気になるキーワード