さくらちゃん❤

テーマ:
🌸さくらちゃんと言います。

もうすぐ、さくらちゃんの名前のように春が来て、桜の花🌸の季節がやって来ます。


今日は、飼い主さんのお迎えを待つさくらちゃんです。

さくらちゃんは、女の子ですから 飼い主さんは、さくらちゃんの避妊を考えておられます。
人では、少ない子宮蓄膿症
ワンちゃんには、とっても多い病気です。
避妊しないでも、病気にはならない子も居ますが、少ない数だとおもいます。


蓄膿症だけでは無く、ガンや乳腺炎、子宮を取らないで寿命まで生き抜く間に、不安が付きまといます。
大丈夫かしら?と不安を持ちながら過ごす後世。

女の子の場合は、避妊した方が飼い主さんにも安心な愛犬との生活を楽しめる筈です。

確かに、避妊手術によるリスクも必ずあります。肥満。肥満からなる関節の問題、心臓の問題などありますが、しなくても子宮に纏わる病気がたくさん出てきます。

手術をしたと、しないとでは病気の種類が違いますが、後は飼い主さんが決める事です。
言ってる内に、さくらちゃんのお迎えが来てくれましたよニコニコ

やっぱり、さくらちゃんの喜び様は、すごいものです。
お疲れさま😆🎵🎵

さくらちゃんの飼い主さんには、避妊手術を、小さな傷痕で(5mm~2cm)短時間で済ませて頂ける獣医さんを紹介させて頂きました。


AD