エイジング看板のマイスター

こだわりの看板を一枚ずつハンドメイドで作らせて頂きます。
よそにはない看板をつくりたい!老舗風の迫力の看板がほしい!という方お気軽にご相談下さい
キワ・エンジニアリング
042-557-7967
http://www.hekiga.net/


テーマ:

ここ最近で手掛けた看板の中からいくつか写真アップします。

 

東村山 和食 鰻 草門去来荘

     イタリアンレストラン MON 

看板 ウォールナット

 

 

 

フェライト 銅塗装に緑青

ウォールナットの無垢板を彫った後

塗れる金属ことフェライトの銅を塗装

そして腐食液を使い本物の緑青を生やさせています

塗装では出せない複雑で奥深い色味をまとっています

腐食前

まだ銅色です

フェライトは金属粉と樹脂を混ぜ合わせ、完成すると95%以上が金属の状態になります

少しずつ緑青を育てていきます

 

 

 

徳島 ゴールデンハンバーグ

看板 米杉 切文字

 

ナチュラルな白木系塗装に金の切文字という珍しい組み合わせです

同化して見えないよう立ち上がりを黒にしてあります

 

腐食した真鍮のような風合いをエイジング塗装で再現しました

 

 

 

中目黒 五島うどん 藪椿

看板 ナラ

小ぶりですっきりとした潔いデザインの看板です

五島うどんのコシを白文字で伝えようと思い

彫り方に趣向を凝らしてみました

 

荻窪 とんかつ 富士㐂

切り文字サイン

 

 

カマボコ状に正面を丸くし金塗装 立ち上がりは黒に 老舗のような落ち着いた雰囲気に

 

泉南りんくう 和食 黒長兵衛

看板 タモ 切文字

 

カマボコ文字を漆塗りのようなツヤに仕上げました

稲穂の周りは金でふちどり

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

新年あけましておめでとうございます。

昨年は皆々様お世話になりました。

本年もよろしくお願いいたします。

 

年賀状用に酉を彫りました。

骨董のウルユス看板のサンプリングです。

実物は馬に乗ったオジサマですが

 

 

 

 

どんなものでもご気軽にご相談ください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本年も一年、色々なお話やお仕事を頂き、そのたび試行錯誤しながら

思い入れ深い数々の品たちをカタチにして参りました。

 

そんな中でも特に印象的な作品を紹介したいと思います。

 

南青山 Bar AMARENA

木製サイン

 

グレーウッドやレッドシダーを使い、風合いの異なる板を6種類エイジングによりつくりました

 

マッチングのパターンがとても印象的です

 

 

那須 那珂川  林屋

 看板 

 

 

那須の川魚料理のお店の大きな木製看板です

桧枠にツガ柾の羽目板に切り文字を貼り付けています

腐りづらいものをとのご要望を受けABS樹脂で作りました

 

 

枠には銅板の飾り金具

 

金塗装を落ち着いた雰囲気に見せるため

さりげなくエイジングしてあります

 

京都 宇治 老舗お茶屋さん

看板

 

無節の桧一枚板 幅800mm

板探しから苦労しました。これほど美しい幅広の桧はそうそうお目に掛かれない品です

 

無塗装の白木のように見えますが、特殊な水性塗料を用い経年劣化にも耐える自然な仕上がりを実現しています

 

 

調布 たけちゃんにぼしらーめん

看板 セン一枚板

お店の奥に保管されていた以前掲げていた看板を削りなおし、新たなデザインに生まれ変わりました

 

 

こちらがかつての看板を製材所で挽きなおしているところです

大きな帯のこで一刀両断

 

池尻 五島うどん

藪椿 レリーフサイン

幅2000 高さ650

無垢板を大ノミでガツガツと荒々しく彫り上げました

 

深い色味で彩色しました

 

 

名古屋 そば店 そばちょこ 

飾り棚

6段×14列 計84マスの巨大なそばちょこ棚です

背板と棚の間に空間をつくることで棚裏の間接照明がやわらかな広がりを見せています 

 

 

今年も一年皆々様お世話になりました。

来年も精力的に制作に励んでまいりたいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

早いものでもう年の瀬。

ありがたいことに今年も看板・家具の製作で大忙しで

気が付けば前回の更新から半年も…

たまった写真をアップします。

 

浅草 中華料理 虎軒 看板

高さ1400 幅3500 の特大の木看板です

 

 

 

中国製のものを意識して板面をはげしく荒らしてあります

外枠の中華模様(ラーメンマーク)も全て彫り

これにはシビレました…

 

 

下に立つと圧倒されるような存在感の看板に仕上がりました。

 

 

心斎橋 中華料理 紅虎軒 看板

 

 

同じく中華枠シリーズの看板です

 

 

ラワン材をエイジングで深みのある色に仕上げてあります

 

 

 

東京丸ビル チャイニーズデリ 胡同デリ 看板

 

同じシリーズが続きます

 

 

浅草や心斎橋と同仕様ですが、お店のイメージに合わせて

彫り方や色味を少しずつ変えています。

 

 

 

赤坂 うなぎ 瓢六亭 看板

 

タモ板にカマボコ型の枠を八角形にまわしてあります

文字は中央に稜線をつくる菱彫りという彫り方でつくりました

 

 

カチッとした陰影の綺麗な看板になりました

 

 

人形町 鍋 とんかつ 富士㐂 看板

 

杉古材に菱彫り

 

 

 

 

まだまだあるので近いうちに第二弾アップする予定です。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最新のお仕事のご紹介!

銀座 チャイニーズ ビアホール BLUE LILY

アールデコ調フレーム







オーク材を使用
テーパーカットをほどこした直線的装飾パーツをあしらいアールデコ調に仕上げました






田無 割烹 よしむら

看板



この上なくシンプルで飽きの来ない秀逸なデザイン
店主の人柄や料理への姿勢が伝わるようなつつましい看板になりました







大阪堂島 肉と酒 ダル食堂

切り文字サイン
素材は木質系ですが カマボコ状に面取りし金塗装したあと
アンテーィク風にエイジングし真鍮のような質感を出しています










練馬区谷原 ラーメン 珍珍珍(さんちん)

看板



大きな看板なのでツガの柾目板を5枚ハギ合わせています



落款の部分だけ彫り方をかえ質感を出してあります





この頃おかげさまで看板製作のご相談が増えてまいりました
現在も進行中の面白い案件がいくつかありますので
また順次アップしていこうと思います
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年2月~3月にかけて大変やりがいのある仕事に携わらせて頂きました。

京都 本家西尾八ッ橋 看板


八ッ橋の老舗 西尾八ッ橋さんの京都駅八条口店の看板製作のご依頼です。

西尾八ッ橋さんの本店に掲げられている古~い看板と同じものを、新しいお店にも作れないかというご相談でした。

こちらが本店の看板

ケヤキの一枚板の周りにさまざまな模様の菓子型がぐるっと回っています。

今回制作したものは駅構内ということもあり、ひと回りスケールダウンしたものです。


小ぶりでもデザインの良い菓子型は意外と希少なもので、京都市内と東京中の骨董屋さんを走り回って集めました。
菓子型ひとつひとつのモチーフのデザイン性の高さ、彫りの技術はとうていマネできるものではなく、いくら見ても見飽きません。


文字はカマボコ彫りに岩絵の具の緑青で色付け。
板面は柿渋、荏胡麻油のあと木灰などでエイジングしてあります。


落款には純金箔を使用しました。


外周は銅板をヨロイ状に回してあります。
薬品を使って実際に銅に緑青をふかせ、そのあと上塗りをかけて色調整しています。





文字下地塗装中


併設の甘味処 為治郎の看板 × 2枚


トチの一枚板 幅広で美しい杢のトチを新木場の銘木屋さんで調達しました。







塗装前


今回は今まで培ってきた技術プラス色々な伝統技法にも挑戦しました。
エイジング看板の真骨頂とも云うべき仕事が出来てやりがいがありました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近のお仕事のご紹介です!
ちょっと前のものも混ぜつつ。

京都祇園 和食 豆萬味(まめまんみ)

行灯



こだわりの三方留め

三方向からの留め継ぎはたいへん複雑な仕口加工を必要としますが、その分スッキリとした収まりになります。
今回は木枠が24㎜角と細いため、雇い実を使う方法で組み立てました。



シンプルなケヤキの木枠と和紙をFRPで固めた半透明の板で5面を照らします。



炉縁

ケヤキの角材を4本反時計回りに並べて框組みします。
「入り」の字の向きに並べるのが縁起が良いとの事です。



炉縁は火の近くで熱せられるため、木があばれるのを押さえつけるよう特殊な仕口で組みます。
貫きホゾに最後に割りクサビを入れて抜けないようにしてあります。


塗装は柿渋を何度もすりこみ最後は天然オイルで拭き上げました。



金沢 旅館 緑草音
看板

魯山人が金沢の街に残したいくつかの看板を参考にしながらつくらせて頂きました。
扇型に合わせて曲りのあるケヤキの板を選びました。


うづくりで木目を出し木灰や泥をすりこみ、古色仕上げにしました。



神戸 中華 ドラゴンレッドリバー

看板
ツガの柾目はぎ板を中国風のエイジング







トレッサ横浜 和食 タイガー食堂

看板 タモはぎ板


断面に少しテーパーがつけてあり、より立体的に見えるようにしてあります。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回は日頃看板や家具をつくるのに使っている木工機械や手道具などをご紹介しようと思います。

まずは看板を彫るのにいつも使っている鑿たち



彫りは機械とノミを併用していますが、一枚彫るたびにかなり切れ味が落ちるので、こまめに研いで
つねに良い状態をキープするのは大変な仕事のひとつです。




アーテンドルフ テーブルソー



最近導入したばかりのドイツ製の丸のこ昇降盤
大きな板を切るのも楽で、細かな仕事も数値がデジタルなので正確にできます。




バンドソー

最初に材をおおまかに製材するのに使います。




次に手押し鉋

木材の反りや捩れをとって直角な材をこの機械でつくります。




そしてプレーナー

自動鉋です。材をきれいに寸法に合わせます。




縦挽き鋸

木材を割いたり、ホゾなど仕口加工にも使います。




ベルトサンダー

大きなヤスリです。材料の成形などに使います。




愛用のカンナいろいろ




最後に10年ぐらいまえに自作して愛用しているこれ





いろいろなものをしごいたり、圧着するのに使います。
自分の手の形にぴったりフィットするように削ってあるんです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
このところ和食店の改装が数件続き、またまた看板をつくらせていただきました。


自由が丘 葱や平吉

ケヤキの一枚板に黒文字 
黒を底光りするようなニブイ色に仕上げたく、一度艶消しで仕上げてから研磨剤で磨くことで
奥深いツヤを出しました。





十数年前につくられたお店ですが、新しい看板もすんなり馴染みました。




渋谷南平台 うなぎ 瓢六亭

甲府に続き都内に2店目のうなぎ屋さんの看板です。
カマボコ型の枠と古ぼけた金文字で老舗感を演出しています。









弁柄色を水研ぎして下地の黒を少し出す根来塗装を再現しました。







国立 牛タン平吉

ケヤキの板をカマクラ彫り

民芸調の素朴な味わいを出すため、荒っぽく豪快に彫り上げました。
塗装は柿渋を5回以上塗りこむことで深い色味に仕上がりました。



普段は文字の部分を彫ってゆきますが、今回は逆です。
文字が飛び出すようそれ以外の部分を全て彫り下げました。
神経も体力も普段以上に使います。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回は、先日甲府にオープンしましたお店をご紹介します。

甲府駅の北口から少し離れた住宅街の川沿いに、ひっそりと構える日本建築のたてもの
鰻・懐石のお店「瓢六亭」です。

材料にもデザインにもこだわって造った家具や看板を、たくさん納めさせて頂きました。




ファサード看板
ケヤキの一枚板に菱彫り



文字を山形にとがらせて彫ることでケヤキの木目が面白い表情を見せます




瓢箪看板
杉板に金箔文字



かまぼこ彫りの文字に金箔を押し、少しエイジングではがしてあります



大きな瓢箪型をつくるため450mm巾の杉板を3枚接いでいます



外周は大きな丸鑿でノミ跡をつけて仕上げました




レジカウンターと下足箱
李朝家具のテイストを取り入れつつ和のしつらえに馴染むよう色調にこだわりました





天板や柱などは古い楡材を再生して使っています



下足箱はツガ柾にうづくり
仕口がアクセントになっています




飾り棚
ツガ柾を使いこちらも李朝家具テイストのデザインです







ひょうたん型テーブルと座卓
カエデ(メープル)の板をはぎ合わせ、ウォールナットの瓢箪型ちぎりを埋めてあります



メープルの繊細な木肌は肌触りがたいへん良いです
オイルフィニッシュで仕上げました



こちらは茶室の座卓







ちぎりを埋める途中

切り抜いたちぎりと寸分の狂いなく同じ形の穴を彫るのは緊張の作業です
叩き込んで水を吸わせるとぴったり収まります



色帯テーブル

黒地に弁柄や金の色帯をグラデーションのように並べて塗装してあります



脚にはひょうたんモチーフの抜きをほどこしました




屏風の額装や壁面意匠パネル
酒棚などその他にもいろいろつくりました












甲府にお立ち寄りの際はぜひ!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。