2013-02-07 23:51:31

心を贈る「印てがみ」

テーマ:書道
余寒お見舞い申し上げます。

立春も過ぎましたので、ご挨拶は「余寒見舞い」。
ふっと、「寒中見舞いは出したことがあるけど、余寒見舞いは出したこと無いなぁ」と・・・。

そもそも、仕事ならいざしらず、プライベートでは年賀状以外でお葉書を出すことはない。
それって、もったいないことかもしれない。
そう思わせてくれる、新刊を担当させていただきました。

$きくらげだより
 
『文字と印で「心」を贈る 印てがみです! 公式ページの案内はコチラ

著者は、書道家・篆刻家の新倉希美(にいくら きみ)先生。
書道・ペン習字・篆刻の指導の他、「印てがみ」の普及につとめられています。
新倉先生のブログはコチラ。HPはコチラ

新倉先生の指導している「印てがみ」とは、
篆刻で彫られた印(一文字、二文字~四文字の熟語の印)と、
筆あるいはペンで書かれた文章を組み合わせた手紙のことです。

「印てがみ」というネーミング、とてもいいですよね?
絵手紙というジャンルはすでにかなり浸透していますが、
「印てがみ」っていうのも、いろんな可能性がありそうです。

↓先生の作品です。

$きくらげだより

絵が描けない!という方でも、こんなにも華やかな葉書が書けます♪

「印てがみ」のよいところは、気に入った印が彫れたら、何度でも使えるところ。
万が一、葉書の文字を書き損じても、くよくよせずに、もう一度印を押して書けば良いので、
私のようなせっかちには向いているかも~(・∀・)

印に重みがあって、文字も毛筆で書かれているせいか、とても上品。
こんな葉書を頂いたら、気持ちも豊かに、優雅なひとときが過ごせそうです。


今回、本書を担当させて頂いて、作品の楽しさもさることながら、
「手紙を出す」ことの大切さを再認識しました。

本書のなかに、母の日の葉書作例が出てくるのですが、その解説に、

日頃から身近な存在の母親にあらたまって感謝の気持ちを伝えるのは
気恥ずかしいものですが、「印てがみ」にすると素直に「ありがとう」と言えます。


というものがあり、ああ、まったく、その通りだ・・・と思いました。

手紙は直接会えない方に出すだけでなく、
身近な人に、いざとなると気を遣ったり照れたりして言えなくなってしまう「言葉」を伝える、
とっておきのアイテムかもしれない!!
会話の中ではなく、あえて、手紙という「形に残るもの」で、しかも丁寧に伝えられたら・・・
これはインパクト大です!

本書では、難しいと思われがちな篆刻を優しく、親しみやすく解説しています。
また、お礼や季節のご挨拶、お祝い、励ましの言葉などの原寸大作例を107点、
原寸大の印影を142点収録しています。

$きくらげだより

「謝」とか、「礼」「楽」、メッセージに添える印にはものすごく使い勝手が良さそう!
しかも、むずかしい篆書ではなく、読める字で彫られている例が多く、
これなら、葉書を出す相手が書の知識がない方だったとしても、すんなり受け入れてもらえそうです。

なんだか、自分でも「印てがみ」を書きたくなりました。

というのも・・・実は、私、新倉先生に印を頂いちゃいまして(≧▽≦)

$きくらげだより

名前印です♪心を込めて彫って頂いて、頂いたときは感激しました!

名前印はこれを使わせて頂くとして・・・メインの印は・・・

あ!!あの印があった!!

あの印とは・・・

そう、多田文昌氏が私の為に彫った(←大ウソ)あの印です。

$きくらげだより

やっと出番がやってきました!





がんばって書いてみましたが・・・・



$きくらげだより

・・・・もっと精進します。



『文字と印で「心」を贈る 印てがみは2月下旬発売です!
店頭でお見かけのさいは、ぜひ、手に取ってご覧下さい!!


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
クリックいただけたら励みになります!^^
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

きくらげさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:無題

>ようさん
うける~~~~о(ж>▽<)y ☆
ようさん、それはそれでインパクト大です!

週に一回、わけのわからない差出人から届く葉書。
しかも手作り・・・これほど深い母の愛をそそがれたら、息子さんは洗濯に、まな板除菌に、せっせといそしみますよ(*^▽^*)

いいなぁ。葉書私も欲しくなった(・∀・)

1 ■無題

私はねぇ…けっこう手紙を書きます。それも葉書が多い。
長男君には、週に1回は書いている。
でも、こんなに素敵な手紙じゃなくって(笑)
テッシュの箱を葉書の大きさに切ったものだったり、お菓子の厚紙を葉書の大きさに切ったものだったり・・・・笑

内容も・・・・「洗濯しなさい!」「まな板の除菌をしなさい」「金の間違いはするな」等々

最後に必ず…「飯を食え」と書き。

差出人の名前も、本名ではなく。

向井理君が好きな時は「向井理子」
大沢たかお君が好きな時は「大沢たか子」

・・・・つぅ、ふざけた手紙です。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。