最近、テロ問題を別にすれば海外各地も行くのに非常に便利になった。

 しかし、個人で旅行するのに制約があるのは致し方ないが、TV旅行番組では、なかなか行けない所を訪問している。そんな中、過去に訪れた懐かしい土地が放映されると年甲斐もなく心が躍る。


 テレ朝系土曜日の8時から9時半の『朝だ!生です旅サラダ』はよくみる番組だが、5月14日のスイス ルツェルンの旅は、過去に訪れた懐かしい土地だったので、TVに釘ずけになった。

 何でかと言うと、今から22年前の還暦記念ヨーロッパ旅行で家内とともに訪れた印象深い土地だったからだ。

 以下の文字列は、全てURL埋め込み済み。

 ◆ '94 還暦記念ヨーロッパ旅行(PDFファイル)

 ◆ ルツェルン

 ◆ Luzern


 ルツェルン湖からローヌ川にそそぐ首根っこのあたりの山の中腹に泊ったホテルがあり、ここは昔のお城改築した Château Gütsch とういう名前であった。上のPDFファイルは、文字情報が多いが、ここでは写真画像を使ってアルバム的ストーリーを楽しんで戴ければ有難い。


 小生のスイス ルツェルンの旅は、全旅程12日間の真ん中辺で、このあとグリンテルワールトへ向かう事になる、この旅は天下のJTBのツアーだから、中身的に文句は無いほど充実していた。先ずパンフレットから借用した宿泊ホテル Château Gütsch (白亜の城風)を下から見上げた写真と上から見下ろした写真を示す。


◆見上げた写真 この写真の船の上に水の塔がくっついて左右に跨るカペル橋が見える



◆見下ろした写真 この写真の上の方に水の塔がくっついた有名なカペル橋が見える。  


◆ホテル前の私達夫婦 


◆ホテルから見下ろしたルツェルン市街 

◆宿泊客無料のケーブルカー(下から見上げたもの)


◆ロイス川ほとりから見上げたホテル



◆カペル橋の入口付近 三角屋根は水の塔



 これでスイス ルツェルンのアルバム付き紀行の完成である。


 閲覧後のご感想をコメント戴けたら幸いである。




多趣味人間まとの世界




嬉しいお小遣いを貰いましょう!





 

AD