敬老の諸行事

 今年も敬老の日(9月15日)が近づいて来た。


 後期高齢者になって喜寿77歳の時、古巣の会社2社から老記念品の授与があった。


 今年は傘寿80歳で、居住地の自治会から敬老記授与があるとの事で、先日自治会・厚生部員が授与日希望日調査に来訪された。そして今日(10日)午後記念品の文明堂のカステラが配られた。私、飲兵衛だから本当は甘いものより、焼酎の方が好みだけれど、そんな我が儘は通用しないだろうね。トホホ(+_+)


 今日(10日)は、更に市長名のDMで傘寿のお祝い状が届いた。

 日本の男性の平均寿命も80歳というから、自分も随分と長生きしたもんだ。でもタダでもらえるものは、何時でも有難い (^_-)v


 古巣の会社も自治会も、次回は米寿88歳敬老記念品授与する由だから、これから更に馬齢を重ねなければならない(*^!^*)


 古巣の会社は、喜寿77歳の時、OB会費免除で永久会になった。但し、年1回の会社OB会参加者の参加費は有料である。


 居住地の自治会では、70歳以上の高齢者には毎年敬老記念として敬老の集い(シニア交流会)を催し、参加希望者は、参加費500円/人で、参加する事が出来る。


 この敬老の集い(シニア交流会)催しには、5年程前迄は頻繁に参加していたが、加齢により次第に鬱とうしくなり、この数年はご無沙汰している。この催しは、例年つきみ野/イオンシネマで映画鑑賞の後、昼食会がある。


 今年の映画は10月11日封切、吉永小百合 主演の話題作ふしぎな岬の物語」なので、久しぶり参加しようかなと考えている。


ふしぎな岬の物語」

 http://www.chibanippo.co.jp/news/local/212057

AD

コメント(2)